情報を疑うー地球は寒くなる

9109_soho8-31.jpg
黒点が消えた太陽 (卵黄ではありません)


先日、ヨーロッパから帰った知人の話です。
知人はベルギーの家を2週間留守にし、帰ってみたら1階に50cmの水が溜まり、床、壁、天井、家具など、すべてが使い物にならなくなっていました。寒さで天井を通る水道管が破裂したのです。
出かける前に水道管の破裂を防ぐ為、セントラルヒーティングを18℃にセットして出かけていたそうですが、ブリュッセルでもマイナス20℃近くまで下がり、セントラルヒーティングが役に立たなかったのです。道路ではコーナリングの際、凍結して刃物のようにとがった雪にタイヤが触れて、毎日数百台がパンクしていたと言います。


この冬、ヨーロッパは大変な寒さで、ポーランドやドイツではマイナス30℃近くまで下がり、ロシアが天然ガスの供給を止めたこともあって、多くの死者が出ました。南仏やイタリアでも雪が降り続き、最近、砂漠の国、中東のアラブ首長国連邦(UAE)でも雪が積もりました。

今、ヨーロッパでは地球温暖化Co2説を唱えた専門家を名指しで非難し始めており、その中に日本人の名前もあがっています。気象学の常識である長期的気温変動を知りながら、Co2原因説に加担したのは排出権ビジネスへの協力であると非難されています。

地球は太陽活動の影響で氷河期、間氷期を繰り返しており、2500年周期の小氷河期と、200年周期の太陽活動極小期があります。
18世紀にかけての200年は小氷河期に近い寒冷化で、世界的に農作物が不作で飢饉が起こり、経済活動が停滞しています。

futugona-shinjitu3-1.jpg
日経サイエンス

太陽活動は黒点数に現れ、太陽活動が低下すると黒点数が減少します。昨年は黒点数が3つしかない状態が半年以上続き、8月には100年ぶりにゼロになりました。この冬の寒さは太陽活動の衰退に原因があり、地球は温暖化ではなく寒冷化に向かっている可能性があります。

太陽活動と経済循環との関連は、10年サイクルのジュグラー・サイクルと50~60年サイクルのコンドラチェフ・サイクル(金利サイクル)が立証されています。昨年から始まった世界的大不況は太陽黒点の減少と関わりがあるかも知れません。(太陽活動の異常には別の理由があると思っています)

地球温暖化は二酸化炭素のせいではない」で、気温と太陽活動の関係をご紹介していますが、Co2濃度は、わずか0.03%と言われます。

先日、温暖化ガス探査衛星が打ち上げられましたが、もし地球が寒冷化に向かっているとしたら、二酸化炭素の排出量を増やせというのでしょうか。0.03%のCo2濃度をどれだけ上げれば寒冷化を防げるのでしょう。

マスコミがタブーに縛られ報道できないことがあります。真実が見えにくい時代です。しかし、調べればネット上に真実があり、有力な反対意見があることを知るだけでも意味があります。

参考;「炭酸ガスが世界を救う」ーぜひお読みください。
太陽黒点が消えた
逝きし世の思い出

このブログはリンクフリーです。





スポンサーサイト

コメント

バラバラな文章ですみません。

こんばんは。
私も初めて知りました。
ずっと冬が寒いのもCO2排出が原因の地球温暖化によるものだと思っていました。この記事を読んで自分は何も知らないんだ、と実感しました。
黒点の無くなった地球の写真を見て、一気に怖くなりました。まだまだ知らないことばかりで今ここに書いていることも的外れなことばかりかもしれません。
記事、とても為になりました。ありがとうございます。
地球について、いろいろ調べてみようと思います。

2009/02/10 (Tue) 00:26 | 和水もん #- | URL | 編集
知らなかったです。

本当に為になりました。色んな事考えてしまいました。ありがとうございました。
地球は一つなんでしょうけども。

2009/02/01 (Sun) 10:20 | 糸車広報部長 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する