忘れられた偉人ーこんな素晴らしい日本人がいた(2)

前回の「忘れられた偉人」を先にご覧下さい。

s815.jpg

少し長い遺書ですが、ぜひ一度お読みください。

沈没した潜水艇の中で、有毒ガスによる呼吸困難に絶えながら書いた遺書です。

このような日本人はもう現れないと思います。


<佐久間艇長の遺書>

「小官の不注意により 陛下の艇を沈め 部下を殺す、誠に申し訳なし、
されど艇員一同、死に至るまで 皆よくその職を守り 沈着に事を処せり

我れ等は国家のため職に倒れしといえども ただただ遺憾とする所は
天下の士はこれの誤りもって将来潜水艇の発展に打撃をあたうるに
至らざるやを憂うるにあり、
願わくば諸君益々勉励もってこの誤解なく将来潜水艇の発展研究に
全力を尽くされん事を
さすれば我ら等一つも遺憾とするところなし、

沈没の原因
ガソリン潜航の際 過度探入せしため「スルイスバルブ」を締めんとせしも
途中チエン切れよって手にて之を閉めたるも後れ後部に満水せり
約二十五度の傾斜にて沈降せり

沈据後の状況
一、傾斜約仰角十三度位
一、配電盤つかりたるため電灯消え電纜燃え悪ガスを発生 
呼吸に困難を感ぜり、
十四日午前十時頃沈没す、

この悪ガスの下に 手動ポンプにて排水につとむ、
一、沈下と共にメインタンクを 排水せり灯り消えゲージ見えざるども 
「メインタンク」は 排水し終われるものと認む

電流は全く使用するにあたわず、電液は溢れるも少々、海水は入らずクロリンガス発生せず、
残気は五百ポンド位なり、ただただ頼む所は手動ポンプあるのみ、
「ツリム」は安全のため、ヨビ浮量六百 モーターの時は二百位とせり、
右十一時四十五分
司令塔の灯りにて記す

溢入の水に浸され乗員大部衣湿ふ寒冷を感ず、
余は常に潜水艇員は沈着細心の注意を要すると共に大胆に行動せざれば
その発展を望むべからず、
細心の余り萎縮せざらん事を戒めたり、
世の人はこの失敗を以てあるいは嘲笑するものあらん、
されど我は前言の誤りなきを確信す、

一、司令塔の深度は五十二を示し、排水に努めども十二時までは底止して動かず、
この辺深度は十尋位なれば正しきものならん、
一、潜水艇員士卒は抜群中の抜群者より採用するを要す、
かかるときに困る故、
幸い本艇員は皆良くその職を尽くせり、満足に思う、

我は常に家を出ずれば死を期す、
されば遺言状は既に「カラサキ」引き出しの中にあり
(これ但し私事に関する事を言う必要なし、田口浅見兄よ之を愚父に致されよ)

公遺言
謹んで陛下に申し上げます、
我が部下の遺族をして窮するもの無からしめ給わらん事を、
我が念頭に懸かるものこれあるのみ、

左の諸君によろしく(順序不順)
一、斎藤大臣 一、島村中将 一、藤井中佐 一、名和少尉 一、山下少将 一、成田少将
(気圧高まり鼓膜を破らるる如き感あり)
 
一、小栗大佐 一、井出大佐 一、松村中佐(純一)  一、松村大佐(竜)
一、松村少佐(菊)(小生の兄なり) 一、船越大佐、 一、成田鋼太郎先生 一、生田小金次先生

十二時三十分 呼吸非常に苦しい
ガソリンをブローアウトせしつもりなれども、
ガソソリンにようた
一、中野大佐、
十二時四十分なり、」

isyo-1.jpg
(クリックすれば画像が大きくなります)

佐久間艇長の恩師、成田先生の言葉。
「これを読みて、予は感極まりて泣けり。今泣くものは、その死を悲しめるにあらざるなり。その最期の立派なりしに泣けるなり。」

イギリスの『グローブ』紙.
「この事件で分かることは、日本人は体力上勇敢であるばかりか、道徳上、精神上にもまた勇敢であることを証明している。今にも昔にもこのようなことは世界に例がない」

この遺言に感動した夏目漱石は、病床から佐久間艇長を讃える一文を寄稿しました。
与謝野晶子も10余首の短歌を詠んでいます。

   「海底の 水の明りにしたためし 
         永き別れの ますら男の文」

   「海に入り 帰りこぬ人十四人 
          いまも悲しき もののふの道」

この無私の心で書かれた遺言に対して言うべき言葉はありません。
付記したいのは、佐久間艇長だけではなく、他の13人の名も無き部下も、見事に死を受け入れていることです。
当時の日本人が、どれだけ立派な心の教育を受けていたかを示すものです。

参考:「第六号潜水艇
佐久間艇長の遺書全文


スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

patapataokanさん

ご無沙汰しています。
大往生するには医療にかかわらなければ良いというのは目からうろこでした。
親が生きている内に知ることができなかったのが悔やまれます。

現代医療が、どれだけ自然の摂理に反しているかを痛感しますね。
ご両親とyukiちゃんが長生きをして、大往生できますことをお祈りします。

2014/10/25 (Sat) 18:30 | パック #- | URL | 編集

ご無沙汰しています。
いつも読み逃げしていました。

昨日投稿されました「自然に死ぬということ」の記事、今のyukiに当てはめて
とても感銘しましたので私のブログでご紹介させていただきました。

事後承諾になり申し訳ありません。

こちらの記事もリンクさせて戴きました。
もしご都合が悪ければ至急外させて
戴きますのでおっしゃって下さい。

いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

2014/10/25 (Sat) 16:39 | patapataokan #- | URL | 編集
chetnaさん

Chetnaさん

私の返信コメントが不正な投稿と認識され遅くなりました。

おっしゃるように、これまで日本人の欠点と思われていたものは、実は調和を重んじる、稀有な民族性に基づくものでした。
日本人がイエス、ノーをはっきり言わないのは、相手を傷つけたくないという思いから出ており、これはおもてなしの心に通じるものですね。

縄文時代の1万4000年の間、人を殺す武器がなかったのも驚くべきことです。
平和を愛し、人と協力し合って生きていく日本人の特性は、DNAに刻み込まれているものなのか、あるいは魂の特性なのかわかりませんが、宇宙の根本原理、バランス・調和を体言しており、神の心に最も近い民族が日本人であることは間違いないでしょう。
それだけに、自分を護る英知と力が必要です。文武両道こそが日本の生きる道だと思います。
例の人が表に出るまでには、多分10年はかかるでしょうね。(まだ若い人間なのです)
夏休み、娘が2匹の猫を連れてやってきます。どうなるものか・・・

2014/08/05 (Tue) 12:43 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんばんは。

再びお邪魔いたします。

調べれば、調べるほど、日本ほど希有な国はないことがわかりました。
ほぼ奇跡の国ですね。

日本人は自我が未発達だからダメだのなんだのと言われてきたことを長い年月信じてきましたが、ここにきて実はそれは逆だったことを理解しました。
我欲と自己主張という自我の未発達な文化しか持たない国々に対して、日本人の自我のレベルが数百年から千年近く早く進化しているため、我欲を持つ必要がない程洗練されたのではないかと結論に至りました。
高度に進化した文明が楽園を可能にしていたと。

ただし、それは日本以外では通用しないものなので、やはり身を守る術なしでは文明も維持できないという、現状がなかなか辛いです。

ある団体のトップについた方がどなたかちょっと気になるところですが、現時点では私のアンテナは感知していないようです。まだ、政治には詳しくありません。
もう少し頑張ります。

ネコさんとご家族に平和が戻られて何よりです。

2014/08/02 (Sat) 22:45 | Chetna #5wNULS9w | URL | 編集
Re: ヒントをありがとうございます。その後の歴史探究から

chetnaさん

物質的な貧しさよりも、心の貧しさを恥じてきた日本人は、高潔な魂を持った例外的な民族なのだと思います。
そのような民族が、「欲と利益の分配だけで動いている」諸外国と抗して生きて行くためには、相手が何を考え、どんな策略をめぐらしているかを見抜く情報力が必要ですね。

また、力なき正義は無力ですから、国を守るためには軍事力が必要です。
憲法9条が国を守ってくれるなら、こんな安上がりで楽なことはありません。

ある団体のトップについた例の人は、私との話の中で「そこはちょっと違います」あるいは「そこまでの力はありません」などと、非常に具体的な話をしていました。
彼はその後国会議員になりましたが、どこまで出世するか見ものです。

ネコたちは、結局仲良くなれなかったのですが、娘が結婚して1匹を連れて行ったので平安が戻っています。
人も動物も、相性だけは避けがたいですね。

2014/07/30 (Wed) 14:59 | パック #- | URL | 編集
ヒントをありがとうございます。その後の歴史探究から

パックさん、いくつものヒントをありがとうございます。

まだまだわからないことが多く、世界のエネルギーの流れがうまく読み切れないのですが、少なくとも何がプロパガンダで何が陰謀論で、誰が洗脳されきっているかなどが少し嗅ぎ分けられるようになってきたことを感じています。

世界は今も欲と利益の分配だけで動いているのに、それが日本の中にいると見えなくなってしまうことが恐ろしいです。
戦国時代から世界の動きを読んでいた人もいたし、かつては海外からの侵略や策略の上を行く策士が日本にも多くいたのにと思うと、自分の知恵や知識を奪われてきた者の一人としてとても歯がゆく、もどかしい気持ちになります。
色々な力に挟まれ、なかなか身動きの取れない日本ですが、その一部としてとにかく今日できることをし続けるしかないと自分を叱咤していきます。
ありがとうございました。
また、時々お邪魔させてください。

ところで、ネコさんたちは仲良くなりましたか?

2014/07/30 (Wed) 00:21 | Chetna #5wNULS9w | URL | 編集
Re: その後の歴史探究から

Chetnaさん、ご無沙汰しています。
あまり内容のない私のブログに、定期的に訪問いただいていたようでありがとうございます。

久しぶりに頂いたコメントが、なかなか手ごわいものなので、なんと書いたらよいか迷っています。
Chetnaさんが感じていることは、多分正しいと思います。
歴史修正主義という言葉自体がネガキャン的言葉であり、欧米の人間に対して発信することは控えられた方が良いと思います。

この問題については長い間興味を持って調べていましたが、10数年前にある人間と会ってから調べるのをやめました。
彼の言葉の端々から、この人はあちらの人間であろうと感じていましたが、数年後に新聞を見て驚きました。彼が日本を代表する団体の代表になっていたからです。
彼の組織の規模からしてその立場に立つことは想像できなかったことであり、エージェントとしての見返りであろうと確信しました。
私の中では、もはや調べる必要のない事実になりました。(勘違いかもしれませんが)

「某国と某国はトレーシングペーパーでなぞるように」動いていますが、あまりに愚か過ぎます。
「悪魔的な英知」とは程遠い連中です。
安倍さんに手も足も出ず、それしかできないのが実態です。

享保の20年間、伝馬町の牢屋には一人の犯罪者もいなかった日本こそ人類の理想です。
捏造やプロパガンダを悪と考える日本人は、容易にプロパガンダにだまされ、戦後の占領政策で自らの歴史と価値を否定してきました。しかしネットによる情報拡散で、ようやく真実が知られてきたことを本当にうれしく思っています。

2014/07/29 (Tue) 00:30 | パック #- | URL | 編集
その後の歴史探究から

パックさん、ご無沙汰しておりました。
とは言え、パックさんのブログはずっと拝見しております。

2010年から始まった日本の近現代史を調べる歴史探究の旅は、ようやく世界史につながりつつあります。
そして、現在の私の仕事ではセラピーを教えながら、その技法を使いこなせるようになるための開いた視野を得るために、戦後史観の洗脳を解くことがセラピーを支えるもう一本の大きな柱となっています。

継続している歴史探究は文献からの知識の吸収ではなく、調べた情報の全部を身体感覚と照らし合わせて、自分にとっての真実かどうかを感じ分けながらの作業のため、なかなか容易にいかず時間がかかっています。

ここのところ、イスラエルのガザ攻撃からパレスチナ問題を調べるようになり、ある疑問に突き当たりました。
そこで、以前パックさんがドイツではホロコーストに関する法律が施行され、ホロコーストに関しての研究で新たな発見があっても変更することが叶わなくなったと書いていらしたことを思い出し、いても立ってもいられず、何を書いていいのかもまだわかっていないのですが、とにかく何かヒントをいただけたらと厚かましくもコメント欄に再びお邪魔した次第です。

日本が南京虐殺や慰安婦問題で濡れ衣を着せられている以上、ドイツも敗戦国として相当の罪を盛られているのではないかと仮説を立てて色々調べていった結果、私は修正論者のサイトに行き当たりました。
それらの情報を照らし合わせていくと、自分の中のモヤが晴れて行くような感覚が湧き上がり、今までどうにも繋がらなかった点と点が繋がっていくのを感じます。
私は修正論者でも何でもなく、ただ真実を知りたいだけなのですが、この発見によって自分の視界が広くなったと海外の友人に言ったところ、私がまるで悪魔崇拝者にでもなったかのような扱いを受け驚きました。
陰謀論に巻き込まれないようにかなり慎重に調べているのですが、ことはとてつもなく巨大に思え、もしかして自分は世界のタブーに触れているのではないかと恐くなります。
非常に抽象的な書き方をしていて申し訳ありません。
あからさまに書くにはまだ不安があり、名称を挙げて書くことを躊躇します。
具体的な名称を使用してお話しする方がよいようでしたらおっしゃってください。
このままでもよいようであればこれ以上は名称は書きません。
私が感じとったものは、事実であると同時に世界のタブーで、そして真実なのでしょうか。もし真実だとしたら、彼らがやっていることを某国と某国はまるでトレーシングペーパーでなぞるように、少しスケールを縮小してやっているように見え、世界中で同じ力動が作用していると見えてしまうのです。
パックさんのご存知のことがあれば、何かご意見をいただけないでしょうか。

2014/07/28 (Mon) 22:27 | Chetna #5wNULS9w | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する