生命は人を癒す

21cid_208EC5CA-8CF7-11DB-8D08-0004E2026382.jpg

植物であれ、動物であれ、生命あるものには癒しの力があります。

なぜ生き物に人を癒す力があるかと言えば、命には意識があるからでしょう。
動物は勿論、植物にも意識があることが電流計を使って実験できます。
植物に対して、枯らしてしまうぞ、ちょん切ってしまうぞと思えばテスターの針が大きく振れます。
別の実験もできます。同じような鉢植えの花を用意し、一方にはかわいいね、元気で育ってと声を掛け、一方には枯れてしまえと声を掛ければ生育が変わります。経験された方もいらっしゃるでしょう。

ペットがかわいいのはペットの心と人の心が通い合うからですね。ネザーランド種のウサギを飼っていますが、ねずみと同じげっ歯類のウサギが、なぜ人間とここまで心が通い合うか不思議に思います。
心が大脳にあるとしたら、人間とウサギが同じような感情を持っていることをどう説明するのでしょうか。

ドイツのマックス・プランク脳研究所を経て、ある国立大学の医学部で大脳生理学の教授をしている知人がいます。優秀な研究者でありながら、率直で謙虚で人の意見に耳を傾ける人です。学者としてだけでなく、人間として尊敬していますが、この方に大脳生理学で一番の謎が何かを聞いたところ「意識」だと言います。

大脳をいくら研究しても意識がどうして生まれてくるか説明できません。率直な科学者であれば、皆同じことを言うはずです。

癒しの本質が何かと言えば、「愛」と言うしかありません。
意識の中でも、怒りや恨みや不平不満ではなく、お互いに通い合う愛の意識が癒しの力となります。
疲れた心、寂しい心が求めるのは愛の安らぎや充足です。
愛は調和をもたらします。

死と対比したとき、生き物の命はすべてひとつです。原始的な生命体であれ、植物であれ、人間であれ、そのあり様はすべて共通しています。宇宙の根源の意識(神)の命が様々な生命体として宿っていると考えざるを得ません。

下の動画は小鹿と野ウサギが心を通わせあうほほえましい様子です。




オマケ。動画のタイトルは「指揮をするツネオ」です。癒されると言うより笑えるネコです。


にほんブログ村 うさぎブログへ 


このブログはリンクフリーです。
田七人参の最高峰 「しらい田七人参定期購入会員」のお問い合わせ


ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
スポンサーサイト
Tag: 癒し