スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーさんが喜ばぬ蜂蜜

po6.gif


子供のころ蜂蜜は貴重品でした。
蜂蜜が安くなったのは輸入品が入り始めてからですが、それにしても昨今の安さは尋常ではありません。
スーパーでは1リットルくらいの容器に入ったものが1000円以下で売られています。
砂糖やブドウ糖、異性化糖などの混ぜものが入っているのだろうとラベルを見ると純粋蜂蜜と書かれています。

一匹のミツバチが一生のうちに集めるのが1gと言われますので、ミツバチの一生の働きが1円にも満たないことになります。
いくらなんでも安すぎると思っていたらこんな話を聞きました。

健康のために世界中の蜂蜜を探して、ついには世界最高といわれる天山山脈に自分用の蜂蜜採取場を作ったある方から聞いた話です。

冬になると花も蜜も少なく蜂も活動しません。冬場に蜂蜜の採取量を落とさないためにはどうしたらよいのでしょうか。
こういう時の中国人の発想は日本人にはマネができないものです。

なんと屋内に巣箱と砂糖水を置き、ミツバチに採取させるのだといいます。
蜂が採取したもので、糖分を加えてなければ純粋蜂蜜ということになるのでしょう。
蜂蜜は冬になるとブドウ糖が白く結晶化しますが、こういう「純粋蜂蜜」が結晶化するかどうかはわかりません。

yjimage.jpg


ニュージーランドに「マヌカハニー」という蜂蜜があります。
ニュージーランドに自生するマヌカの花から採れる蜂蜜で、ピロリ菌を殺す強い抗菌作用があります。
抗菌作用の強さによって値段が変わりますが、一番高いものは500gで4万円近くするものもあります。

マヌカハニーのニュージーランドの生産量は1700t位ですが、イギリスで販売されているものが1800t、世界の販売量は1万tを超えます。
偽物の多くがオーストラリア産ですが抗菌作用はありません。
消費者は大金を出して偽物を買っていることになります。

テレビで蜂蜜の宣伝を見るたびに、蜂蜜はイメージ商品だと感じます。
本当の「純粋蜂蜜」であればよいのですが。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。