6歳児の書いたお別れの言葉ー続き 再掲

小さな人生論〈2〉「致知」の言葉小さな人生論〈2〉「致知」の言葉
(2005/10)
藤尾 秀昭



あの忌まわしい池田小学校の事件の折、先生たちがパニックになり右往左往していた時に、3人の子供が相談して110番しました。この子供たちは丹養塾幼稚園の卒園生でした。
残念ながら園長先生が亡くなられた後、丹養園幼稚園は運営されていません。

「お別れの言葉」で送られた園長先生は吉田良次先生といいます。
兵庫県伊丹の農家の後継ぎとして生まれました。師である安岡正篤氏に出会ったのが昭和24年、18歳の時でした。「自分の人生は一介の農民としてこのまま終わっていいのか」その煩悶が師の門を叩かせました。以来、吉田さんは農業に励む傍ら、安岡正篤氏の教えによって古典の偉人たちの考えを学びました。

吉田さんはその学びを後世に伝えるべく、自宅の納屋を改築し、「丹養塾幼稚園」という保育園を開設し、古典の徹底した素読教育を実践したのです。

 園児たちの1日は、朝30分の"勤行から始まります。本居宣長などの「和歌」や三輪執斎の「憤」など古典の名言を唱和させます。意味は教えず、吉田さんが朗誦し、その後を子供たちが唱和します。ただそれを繰り返すのですが、この繰り返しが驚くべき力を発揮したのです。

1年もしないうちに、どの子も古典の名言をすらすらと朗誦するようになったのです。それだけではありません。新しく入ってきた子は年上の子に倣って朗誦し、いつか漢字まじりの原文を読み、書き、意味を理解するようになっていきました。

重要なポイントを整理すると

1.素読の重要性
古典を原文のまま繰り返し素読することによって、原文の持つ格調やリズムを覚える。
ヨーロッパではシェークスピアや聖書の文言を暗誦させます。

2.丸暗記の重要性
素読によって暗記したことは成長過程でその意味を理解し、気づきや指針となる。

3.幼児期に本物を教える
子供の能力に限界はありません。バッハの音楽を聴いて育てばバッハが好きになり、名演奏を聴かせれば名演奏に感動できる感受性が育ちます。
よく引き合いに出すバイオリンの才能教育は、バイオリンを始めたばかりの子供たちに名演奏を聴かせます。古典の素読です。

昔の日本人の教えに間違いは無かったと、あらためて痛感させられます。





スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア