スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコに襲われた鳩のこと

P1011260.jpg

先だっての夕刻、家を出たところに鳩がうずくまっていた。どうしたのかと思って周りを見ると黒猫がじっと様子を見ていた。このネコにやられたのだ。
辺りには抜け落ちた羽がたくさん散らばっていて、怪我の大きさを物語っていた。
おもわず鳩を抱き上げて家に連れて帰り、バスケットに入れて風呂場に置いた。
皮肉なことに家には2匹のネコがいるからだ。

抜け落ちた羽の多さにかかわらず、出血が見えなかったのが救いだったが、多分明日の朝まで持たないだろうなと思われた。
死んだ鳩の始末をどうしようか、生ごみで捨てるのもかわいそうだが他にどうしたらよいか思い浮かばなかった。
多分だめだろうと思いながら、水とパンのかけらをバスケットに入れておいた。

翌朝バスケットをのぞいたら、鳩はまだ生きていた。パンくずは食べた形跡がなく、水もそのままあったが生きていたことにホッとした。
万が一と考え、ベランダに出してバスケットの蓋を開けておいた。
30分くらい経ってのぞいてみたが、鳩はまだバスケットの中にいた。やはり無理なのだろうか。
しばらく経ったとき、鳩がいないという家内の声が聞こえた。
あわてて見に行くとバスケットは空だった。やった!と思いながらベランダの外をのぞくと鳩がたどたどしく歩いていた。
しばらくして様子を見ると鳩の姿はなかった。
やった!助かった!!

子どもの頃、すずめのヒナを屋根から取ってきて何度か育てたが、育ったのは1羽だけだった。
つり竿を振りまわしてコウモリを落としたことがあった。こうもりの体には血がにじんでいた。
どうしたらよいかわからず、かごに入れて育てようとしたがすぐ死んでしまった。
子どもの頃は自分の好奇心の残酷さを知らなかった。
1羽の鳩を助けたが、自分の好奇心で命を落とした生き物の方がはるかに多いことを思った。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。