スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央ちゃんとゆるキャラ

images223.jpg


ショートプログラムの失敗の後、インタビューに力なく答える真央ちゃんの姿から、フリーの完璧な演技を想像した人はいなかったはずです。誰もが真央ちゃんのオリンピックは終わったと思いました。

フリーの演技が終わって、天を仰いで涙をこらえる姿に多くの人が感動しました。
もし金メダルを取っていたとしてもこんな感動はなかったはずです。

フリーの演技で、トリプルアクセルを含む6種類8つのジャンプをすべて決めた真央ちゃんの点数が、4種類6つのジャンプを決めたキム・ヨナより低かった不明朗さを考えると、例えショートで満足の行く演技をしたとしても、金メダルは取れなかったのではないかと思います。
だとすれば、真央ちゃんは最高のストーリーを演じたのかも知れません。

スケート界にとどまらず、真央ちゃんが国民的なスターになったのは可愛さにあるでしょう。
日本人が好むのは可愛さです。
それは可愛さには素直さや明るさや優しさが含まれ、過剰な自己主張や生意気さが含まれないからです。

すました美人や傲慢なヒーローを日本人が好まないのは、そこに不調和を見るからでしょう。
イチローはスーパーヒーローになるにつれて、ずいぶん傲慢な態度をとったようです。そのことをマスコミは報じませんでしたが、もし報じられていれば日本人はイチローをそれほど愛さなかったでしょう。

イチロー に対する、元車掌の言葉。
「アイツな~むかし乗車券の確認の時に毎回手渡しせんと切符を放り投げやがってたんや!!」「ずっとやで・・・ほんまなめとんか!!」

これが本当のことかどうか知りません。しかし誰ひとり悪く言うことのない松井秀樹には、このような悪評は生まれませんでした。

韓国に於けるキム・ヨナの人気はすさまじいようですが、あのようなタイプが日本で人気になることはありません。金メダルを取っても、スターにならなかった荒川静香を見れば日本人の求めるものがわかります。

5512.jpg


ゆるキャラが日本を席巻しているのも同じ理由によるものでしょう。
世界のどこにおいてもこのような現象が起きないのは、かわいさを求める日本人の特徴が、極めて異例であることを示しています。
ゆるキャラの特徴はかわいさですが、かわいさの属性にこそ、日本人がゆるキャラを愛する理由があります。
真央ちゃんとゆるキャラが愛される背景には、「和をもって貴しとなす」日本人の国民性が現れているように思います。
いつまでも調和を愛する民族であってほしいと願います。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。