風たたぬ夏

20130722_665385.jpg

文芸春秋8月号に、「風立ちぬ」をテーマにした、宮崎駿と作家半藤一利の対談が掲載されていましたが、その中に重要な話が出ていましたのでご紹介します。

半藤「堀越がドイツに行った昭和4,5年ごろは、まだ日本とドイツは親密じゃないんですね。むしろドイツは黄禍論の本場で、日清戦争で三国干渉を主導したり、日露戦争でもロシアの味方、第一次世界大戦でも敵国同士だった。

宮崎「高いお金を取って技術提供を約束しているのに、工場の中は見せない。関係する数字だけ持ってきて、別の部屋を用意してそこで勉強しろと渡すだけだったといいます。

半藤「ドイツが日本に急接近するのは、一九三三年、日本に続いてドイツが国際連盟を脱退して以降です。その後も海軍は、日独伊三国同盟に反対してきたのですが、ある時期、親独に転じてしまう。私はこれが不思議でね、海軍の人に会うたびにどうしてかと尋ねたのですが、みなもっともらしいことを言うですが、さらに聞いていくと、ついに一人が明かした。結局のところハニートラップだったんです。ドイツに留学したり、軍事研究に行った人たちは、女性をあてがわれていたんだ、と」

宮崎「『舞姫』だったんですか」(笑い)

半藤「『舞姫』にやられてしまった。ドイツに駐在した人々に次々取材していったら、半分とまではいきませんが、かなりの人が「どうしてわかった」と認めましたよ(笑い)

(笑い)が入っていますが、笑っていられない話です。
ハニートラップの絶大な効果に驚きますが、このようにして歴史が作られてきたことを知れば、親韓派、親中派、あるいは~派と呼ばれる政治家たちが、ハニートラップにからめとられている可能性はかなり高いでしょう。

毎月のように中国に出張し、中国の高官とも親しい知人から聞いた話です。ある時女性デザイナーを含む一団で中国のホテルに宿泊した時、翌日知り合いの中国人から、「お連れの女性に、部屋の中で裸にならないよう注意してください」と言われたそうです。中国のホテルでは、スパイカメラでいつも監視盗撮されていると考えるのが無難です。

ハニートラップに掛かった人間は盗撮映像で脅され、ずるずると売国の道を歩くのでしょうが、それにしても何人の日本の政治家が、ハニートラップに掛かって売国行為をしているのでしょうか。


映画「風立ちぬ」は見所の無い作品でした。宮崎駿の感性には、もう期待すべきものは残っていないのではないか、そう思わせるような不出来な作品でした。
宮崎駿が初めて自分の映画を観て泣いたと宣伝で言っていましたが 、どの辺で泣ける?と思った人も多いでしょう。

堀越二郎を主人公にしながら、ゼロ戦について何も描いていないのは、多分右翼的との批判を恐れてのことでしょうが、それなら最初からテーマにすべきではありません。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


宮崎駿がゼロ戦と特攻隊を描く、百田尚樹の「永遠の0」を読んだかどうかはわかりませんが、ゼロ戦にまつわる若者たちの悲劇に口をつぐむのは、日本人として不誠実な気がします。
世界的な名声を得て、宮崎駿は失うことを恐れる作家になってしまったのでしょう。

亡き児玉清さんは、「永遠の0」の解説で次のように述べています。

「~僕は号泣するのを懸命に歯を食いしばってこらえた。が、ダメだった。目から涙がとめどなく溢れた。

 なんと美しい心の持主なのか。なんと美しい心を描く見事な作家なのか。なんと爽やかな心か。涙の流れ落ちたあと、僕の心はきれいな水で洗われたかのごとく清々しさで満たされた。

ただひたすら、すべての責任を他人におしつけようとする、総クレイマー化しつつある昨今の日本。利己主義が堂々と罷り通る現代日本を考えるとき、太平洋戦争中に宮部久蔵のとった行動はどう評価されるのだろうか。・・・・」


堀辰雄と堀越二郎を合わせたストーリー展開は中途半端で、主人公と菜穂子のロマンスも興ざめでした。二人が親しくなってすぐにキスをするシーンが出てきたからです。

『恋の至極は忍恋と見立て候 逢いてからは恋のたけ低し 一生忍んで思い死することこそ恋の本意なれ』

「葉隠」の言葉が今の時世に合わないことは承知していますが、人の思いの本質は変わっていません。
子供に欲しがるものを与えれば、すぐに退屈して次のものを欲しがるように、会ってすぐに欲望を満足させれば、情熱が恋に高まることはなく、恋の歌が生まれることもありません。
宮崎アニメを映画館に観に行くことはもうないでしょう。


ご意見やご質問は、過去の記事のコメント欄からお願いします。




スポンサーサイト