街の灯

imagesCA64R4IT.jpg

カンヌ映画祭で、是枝裕和監督の『そして父になる』が審査員賞を受賞しましたが、三池崇史監督の「藁の盾」は大ブーイングを浴びました。やはりと言うしかありません。私もその場にいればブーイングしたでしょう。
というのは、新聞評を見て「藁の盾」を見に行ったのですが、あまりにもお粗末な出来だったので、最後まで見ずに出てしまったからです。


194113_400.jpg

ストーリーは少女が異常者に殺され、その富豪の祖父が、犯人を殺してくれたら10億円を進呈すると呼びかけたため、犯人護送中に様々な人間が襲いかかり、それを意に反しながら刑事たちが守るという荒唐無稽なものです。

と言っても映画はもともとフィクションの世界であり、荒唐無稽は問題ではありません。
「藁の盾」の問題は、少女を殺した犯人に対する怒りや憎しみや嫌悪感を感じさす演出が不十分で、感情移入ができないことにあります。感情移入ができなければ虚構は成立しません。
犯人役の藤原竜也には異常性が不足しており、童顔の藤原竜也を起用した時点で、この映画は失敗しています。

この映画がカンヌのコンペティションに参加したと聞いて、「やめろ!」と思ったのですが、日本での評判は意外にもそれほど悪くなく、私の感覚がカンヌの観客に似ているようです。と言うことにしておきます。

「藁の盾」についてスペースを取り過ぎましたが、映画が時代を越え、国を超えて愛されるためには、心から心へ伝わるヒューマニズムが必要です。

チャップリンの「街の灯」のラストシーン、手術を受けて目が見えるようになった花売り娘が、ルンペンのチャップリンに小銭を握らそうとして手を取った時、そのルンペンが自分の恩人であることに気づきます。この3分程のシーンを撮るのに、342回のNGが繰り返され、撮影には1年以上を要しています。製作日数534日のうち、なんと363日がこのシーンの撮影に費やされたのです。(NGは700回以上とも言われています)

チャップリンの完全主義を物語るエピソードですが、NGのたびにセリフがそぎ落とされ、最後に残ったのは、たった三つの短いセリフです。


citylights.jpg

imagesCATSL112.jpg

チャップリンの手を取り、驚いたように見つめる花売り娘は、「あなたでしたの」(you?)とチャップリンに言い、チャップリンは「見えるの?」(You can see now ?)と答えます。娘は「はい、見えます」「Yes I can see now」と答え、喜劇は感動的に終わります。

「あなたでしたの?」、「見えるの?」、「はい、見えます」、この短いセリフの、なんと美しく雄弁なことでしょうか。
この映画のタイトルが、「街の灯」(City lights)と名付けられた意味が、この時わかります。
灯りとは、心を照らす灯りだったのです。

まだご覧になっていない方は、youtube をご覧ください。



チャップリンの両親は1歳の時に離婚します。10歳で地方劇団に入り、12歳の時、父親はアルコール中毒で死去、母親は心の病で入院したため、チャップリンは孤児院で生活するこになります。

この生い立ちの悲劇性は、エディット・ピアフの生い立ちの厳しさに似ています。
演劇や歌や絵画を表現するためには、幸せや愛に対する満たされぬ思い、あるいは心の内に秘められた恨みや怒りの感情が、より良いもの、より美しいものを求める情熱に変わることが必要なのでしょう。

人は生まれる環境を、自分で選んで来ると言われます。
チャップリンは映画製作のために、厳しい環境を選んで生まれてきたのではないか、そんな気がします。






スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

タヌ子さん

確かにフランスではハニートラップの効果があまりなさそうです。
イタリアに至っては、ベルルスコーニのように、ハニートラップであろうと、自分から喜んで掛かりに行く人間が首相をやっていましたからね。

韓国では内容を知らない内から、早々と上映禁止を打ち出していました。
中国は多分内容を確かめてから判断するでしょうね。
まあ、どっちでも良いですが(笑)

2013/08/31 (Sat) 12:23 | パック #- | URL | 編集

ハニートラップにかかっても、相手が職業として体を提供しているのなら、『据え膳食わぬは男の恥』と堂々と言える軍人がいたら、世界の歴史は変わっていたかもしれませんね。
男女の関係に関しては個人の問題と割り切っているフランスに比べ、日本は女性スキャンダルが命に取りになる国。
中国もその日本の国民性を重々承知の上なのでしょう。
風立ちぬ、中国や韓国では公開されないのでしょうね。

2013/08/30 (Fri) 18:46 | タヌ子 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

チコ母さん

コメント有難うございます。
最近は大した記事を書いていなくて、もう自分がブログを書く意味は無くなったのではないかと思っていますが、古い記事には、少しはお役に立てる記事があるかと思います。お暇な時に覗いてみてください。
昨年お母様が亡くなられたようですが、魂が永遠であることは疑いのない事実です。
お母様は、きっといつも見守り続けていると思います。

2013/08/20 (Tue) 09:45 | パック #- | URL | 編集

初めまして。今日たまたま見つけて何日分か読ませて頂きました。
最新のブログ生まれてきた意味も拝読しました。
昨年母を亡くし天涯孤独の様な状態になってからよくよく考えるようになりました。
チャップリンなどの生い立ち…
どんな事でも意味があるのでしょう。
今はわからなくてもきっと『あぁ』と思える時が来ると信じたいです。
これからも時々お邪魔します。
ありがとうございます^^

2013/08/20 (Tue) 07:34 | チコ母 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

yumiさん

絵や音楽が好きですが、自分では何もできない人間なので、芸術家の創作活動の源泉がどこにあるかはわかりません。
しかしどんなに才能があっても、それを表現しようとする情熱が無ければ作品は生まれません。
情熱は肉体からではなく、魂から生まれるように思います。
魂はいつも向上することを願っているのではないでしょうか。
秋に向けての作品を頑張って下さい。

2013/06/18 (Tue) 21:35 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは

この生い立ちの悲劇性は、エディット・ピアフの生い立ちの厳しさに似ています。
演劇や歌や絵画を表現するためには、幸せや愛に対する満たされぬ思い、あるいは心の内に秘められた恨みや怒りの感情が、より良いもの、より美しいものを求める情熱に変わることが必要なのでしょう。
→この解釈はわたしの心が救われる思いです。満たされてないものは描けないのでは、、、、と思ってました。。。。だけどそうパックさんがおっしゃるように考えれば、、、、自分の人生を歩んでいく自信がわいてきます(^^)パックさんありがとうございます♪

2013/06/18 (Tue) 18:37 | Yumi #- | URL | 編集

ライフ・オブ・パイとアルゴは春の帰国の際に機上で観ました。
通常機上で見る映画は私にとっての睡眠導入剤なのですが、2作とも面白くて、睡魔に襲われることなく、最後まで観入ってしまいました。
ライフ・オブ・パイは映像も綺麗だったので、もう一度大きな画面で観てみたいです。

2013/05/31 (Fri) 16:15 | タヌ子 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

タヌ子さん

「藁の縦」は上映時間の関係で観てしまい、途中でうんざりして出てしまいました。
カンヌに参加すると聞いて「止めろ」と思いましたが、フランスでも『なんでこんな映画が映画祭に参加できたのかわからない』『最低』との評があったのですね。
予想した通りですが、カンヌまで金と時間をかけて恥を曝しに行った見識を疑います。

昔の映画は繰り返し観るに耐えますが、CGに金を掛けたハリウッド映画はその場限りですね。
しかし「ライフ・オブ・パイ」は面白かったですよ。
機会があればご覧ください。





2013/05/31 (Fri) 10:21 | パック #- | URL | 編集

映画祭の開催中、ずっとカンヌ関係のテレビ番組を観ていましたが、『藁の盾』は『なんでこんな映画が映画祭に参加できたのかわからない』『最低』、映画評論家からは酷評を浴びていて、きっとフランス人には理解できない日本人の心の機微が描かれているのだろうと思っていたら、そうじゃなかったんですね。
元々この手の映画は見ないし、ここまで酷評されたらフランスでの公開もありえませんね。
昔の映画は本当に丁寧に作られてましたね。
チャップリンが何回も撮り直すというのは、他の俳優の演技に対する要求の強さではなく、自分への厳しさの現れなのでしょうね。
今のハリウッド映画はCGなど、テクニックに頼ったものが多く、ストーリー性もあまりなく、目と耳が疲れて終わってしまうものが多くなってしまったのが残念です。

2013/05/31 (Fri) 09:18 | タヌ子 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

amiさん

最近の日本のテレビは、お笑い芸人の芸ともいえないトークばかりを流し、
視聴者もそれに慣らされてしまっています。

チャップリンの演技は、NGの連続だったようですが、こころざしの高さが違います。
黒沢明もそうですが、映画に理想を追求した時代だったのですね。

2013/05/29 (Wed) 17:17 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

patapataokanさん

そして父になるは秋に公開されるようですが、福山雅治主演なのでヒットするでしょうね。

最近の若い人はチャップリンを見ないようですが、もったいないと思います。
うちの子供たちとは、昔の映画をずいぶん一緒に観ました。

今のハリウッド映画と違って、古き良きアメリカには、心に残る映画がたくさんありましたね。

2013/05/29 (Wed) 17:02 | パック #- | URL | 編集

バックさん
チャップリンの映画は声が聞こえなくても、こころで通じるものがありますよね。
改めて感動~!

昔の映画はその分大切なお知らせをちゃんとみんなの伝えていますね

2013/05/29 (Wed) 09:42 | ami #- | URL | 編集

今日の新聞で「そして父になる」が
受賞したと知りました。

一度見てみたいと思っていた所なので
こちらでパックさんが書かれてるのを見て驚きました。

チャップリンは母が好きでよくTVでやっていたのを見ました。
「街の灯り」も見ました。

子供の頃見たのですが感動したのでよく
覚えています。


見返りを求めないで他人のために
これだけ尽くせるなんてこれはチャップリンの
憧れでもあるのではないでしょうか。


2013/05/28 (Tue) 22:44 | patapataokan #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する