丘をこえて

先日、藤山一郎の「丘をこえて」を、矢野顕子がカバーした曲がテレビで流れていて、その時初めて歌詞を見たのだけれど、歌詞の格調の高さや天真爛漫な明るさ、明日を信じて疑わない前向きな姿勢に、当時の世相が窺えて興味深かった。

この曲が作られたのは昭和6年(1931年)だが、当時の日本人は、きっと何の疑いもなく未来を信じることができたのだろう。そうでなければこのような歌は生まれないし、人々に受け入れられることはなかったはずだ。

丘を越えて 行こうよ
真澄の空は 朗らかに晴れて
楽しい心
鳴るは 胸の血潮よ
讃えよ わが青春(はる)を
いざゆけ
遥か希望の 丘を越えて

丘を越えて 行こうよ
春の空は 麗かに澄みて
嬉しい心
湧くは 胸の泉よ
讃えよ わが青春を
いざ聞け
遠く希望の 鐘は鳴るよ

作詞:島田芳文 作曲:古賀政男





同じ藤山 一郎の歌う「青い山脈」も、ずっと明るい曲だと思っていたのだけれど、あらためて歌詞を見ると、昭和24年の戦後の世相を色濃く反映している。

「古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら」、
「雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ」という歌詞には、苦しい過去に決別し、明日を信じて生きようとする、当時の日本人の思いが溢れている。

服部良一の明るい曲に隠れて聴き逃していたが、日本人の悲しいまでのひたむきさ、真面目さ、優しさが、歌謡曲の中でさえ懸命に歌われていたのだった。

若く明るい 歌声に
雪崩は消える 花も咲く
青い山脈 雪割桜
空のはて
今日もわれらの 夢を呼ぶ

古い上衣よ さようなら
さみしい夢よ さようなら
青い山脈 バラ色雲へ
あこがれの
旅の乙女に 鳥も啼く

雨にぬれてる 焼けあとの
名も無い花も ふり仰ぐ
青い山脈 かがやく嶺の
なつかしさ
見れば涙が またにじむ

父も夢見た 母も見た
旅路のはての そのはての
青い山脈 みどりの谷へ
旅をゆく
若いわれらに 鐘が鳴る

作詞:西條八十、作曲:服部良一、唄:藤山一郎・奈良光枝




日本人が、「丘をこえて」のような、天真爛漫な明るさを取り戻すのは、高度成長期を迎えてからだった。
大阪万博のテーマソング、「世界の国からこんにちは」は、三波春夫の明るく晴れ晴れとした歌声が、万博という祝祭空間にピッタリで、日本中に明るく響いた。日本の前途をさえぎる雲はどこにもなかった。

こんにちは こんにちは 笑顔あふれる
こんにちは こんにちは 心のそこから
こんにちは こんにちは 世界をむすぶ
こんにちは こんにちは 日本の国で
1970年の こんにちは
こんにちは こんにちは 握手をしよう

作詞:島田陽子 作曲:中村八大 




この後の日本の転機と言えばバブルだが、バブルを象徴する歌として思い浮かぶのが、ちびまるこちゃんの「おどるポンポコリン」だ。
ここにあるのは、明るさを通り越したお祭り騒ぎ、狂乱の時代を象徴するにふさわしい、賑やかな乱痴気騒ぎだ。


なんでもかんでも みんな
おどりをおどっているよ
おなべの中から ボワっと
インチキおじさん 登場
いつだって わすれない
エジソンは えらい人
そんなの常識 タッタタラリラ

ピーヒャラピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラピーヒャラ おへそがちらり
タッタタラリラ
ピーヒャラピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラピーヒャラ おどるポンポコリン
ピーヒャラ ピー お腹がへったよ

作詞:さくらももこ 作曲:織田哲朗 




さて、バブルがはじけて20年の停滞と大震災を経た日本で、今何が流行っているのだろうか。
AKB48にも興味がないし、最近の歌を聴かないのでまったくわからないのだけれど、もう一度、「丘を越えて」のように、 天真爛漫に明日を信じる歌が流行る日本になってほしいと切に願う。



最後に、「千と千尋の神隠し」の主題歌を、フランスの聖歌隊が合唱している動画をご紹介します。
最近聴いて感心しました。





スポンサーサイト

コメント

Re: 人工地震 不正選挙

ポスティングさん

フリーメーソンやイルミナティーなど、「影の世界政府」と言われるものについては、10年位前までは色々調べ、本や講演で情報を発信している人たちとも会いました。

その存在を確信したのは、ある人物と会って話をした時のことです。
フリーメーソンについての話になった時、それはちょっと違いますとか、あるいはそこまでの力はありませんとか極めて具体的な話をするので、この人物はフリーメーソンに係る人物に違いないと感じました。
それから2年位経って新聞を見て驚きました。その人物がある経済団体の会長になっていたからです。

TPPについては私も反対ですが、日米の力関係で、民主党政権であっても参加せざるを得なかったでしょう。
しかし安倍さんを信じています。安倍さんなら、日本のために最大限頑張ってくれると信じています。

2013/05/21 (Tue) 10:43 | パック #- | URL | 編集
人工地震 不正選挙

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水爆
徴兵制=海外に逃げたら死刑 ↑放射能48時間消
ユダヤ米国、負債222兆米ドル(2京円)破綻
↑が原因で、311人工地震テロ東北大虐殺
安倍は金融ユダヤのイヌ ↑テレビ新聞もイヌ
TPPは医療金融保健他全て=ユダヤ企業の奴隷
TPPで資産数百兆、数千兆?=ユダヤ強盗団
TPPテロ=NWO世界統一政府=ユダヤ世界支配
2013年7月不正選挙、大クーデターまたやる
させねーよ、侍日本人は命を失っても戦います

2013/05/20 (Mon) 20:20 | ポスティング #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

parismidoriさん

ご無沙汰しています。
昭和の歌は、私の中でも両親の思い出と一体になっています。
特に母は歌が好きで、よく口ずさんでいました。

若い頃は遠ざけていた歌謡曲も、年を取るにつれ、身近なものに感じられてきました。
midoriさんのお母さんの年になった時は、多分私も懐かしく口ずさんでいるのだろうと思います。

千と千尋の~は、素敵な合唱ですね。
みんなが好きなポーズで歌っていて、しかも合唱の質が高いところが、如何にもフランス的です。

年を取るにつれ、日本の素晴らしさに目が向きます。
「こころの帰国」のお役に立てればうれしく思います。

2013/05/14 (Tue) 22:24 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは。昭和の歌にはよく大きな声で歌っていた、亡き父の顔が重なります。今となっては話を聞くこともできませんが、戦中、戦後の大きく移り変わる時代を生きていく中でいろいろなことを思い、感じ、自らを慰めたり励ましてていたのだろうと想像します。父は母のことをよく「戦友」と呼んでいましたが、老人会のカラオケで昭和の旋律の美しい歌謡曲などを仲間のみなさんと歌うのが、あとにひとり残された母の、ささやかな楽しみとなっているようです。フランスの若い人の合唱、なぜかとても心に沁みて涙が出ました。いつもよいお話をありがとうございます。パックさんブログに寄らせていただくこと、「こころの帰国」のように感じております。

2013/05/14 (Tue) 17:24 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: タイトルなし

amiさん

「丘をこえて」も「青い山脈」も、子供の頃に聞いて耳に残っていますが、
歌詞を見たことがなく、あらためて見ると、日本人の生真面目さが現れています。

雪崩~のように、子供の頃、聞き間違えて覚えていて、
大人になって本当の意味を知るという経験は、だれにもあると思います。

文語体で書かれた唱歌は、意味がわからずに歌っていましたが、
大人になってその格調の高さに驚きました。

バブルの頃、飲み屋でちびまるこちゃんの歌を歌っている人がいて、
当時の浮かれた世相にピッタリだったことを良く覚えています。

2013/05/14 (Tue) 10:01 | パック #- | URL | 編集

バックさん
今みんな寝静まったので、歌は明日!笑
丘をこえて、、は、大好きな、、おかぁ~をこ~え いこ~~うよ~~!と一瞬間違えましたが、

でも、青い山脈なども、懐かしいです。歌手は違う人も歌っていたような?
おはずかしいのですが、
雪崩も消えて、、、の「雪崩」、、、って子供ごころに、札幌育ちなのに、「流れ」、、、って聞こえていて
今日はじめて知りました!雪崩、、、、びっくり!、、そういえば、なだれって耳に今聞こえます。汗

ちびまるこちゃんは、まったく10歳のときの私の髪型と洋服姿ですが(笑)、まんがが流行った時代に もう日本を離れていましたので、聞いたら思い出しそうです。


まさにことだまの世界のような日本の昔の歌たくさんありますよね。
そして同じまんがでも、いいものは続くのですね。

2013/05/13 (Mon) 22:32 | ami #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

タヌ子さん

昭和初期がどのような時代だったのか見当もつかなかったのですが、「丘をこえて」という曲が生まれたことを考えると、日本人が明日の不安を持たずに暮らせた、良い時代だったのではないかと思います。
「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉を実感します。

“東日本大震災の直後に聴いた『瑠璃色の地球』が、外国の心無い報道で傷ついた心を慰めてくれました。
歌が人に与える影響は計り知れないものがあります”
そんなことがあったんですね。大震災に際して、心無い報道をする神経を疑います。

フランスの聖歌隊の歌声も素敵ですが、バラバラに座っている姿が新鮮でした。
日本人にはおよそマネのできない姿ですね。


2013/05/10 (Fri) 12:08 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

patapataokanさん

昔の歌手は、1曲ヒットを出すと10年は食べていけると言われていましたが、今では半年位ではないでしょうか。
歌が人の心に定着する時間がなく、また定着するような歌もないのだと思います。

去年のレコード大賞は、AKB48の曲らしいのですが聞いたことがありません。
何年か経って振り返った時、歌でその時代を思い出せないことになりそうですが、これは老化現象なのかも知れません。
今の日本だと、映画音楽がその時代を思い出すきっかけになりそうです。

夫婦喧嘩の時は、付き合っていた時の音楽をかけると良いというのは効果があるかも知れませんね。
ただし問題は、どんな曲が流行っていたか記憶にないことです。

2013/05/10 (Fri) 10:20 | パック #- | URL | 編集

歌は世につれ世は歌につれ、と言いますが、確かに歌はその時代を反映したものが多いですね。
昭和初期は国民が日本という国に希望を持っていたし、まだ第二次世界大戦の暗い影も見えず、大国日本として大きく世界に踏み出していこうと言う勢いがあったのでしょうね。
バブル崩壊後は、社会との繋がりがなく、内面に向かっていくような曲が増えたような気がします。
時代とは関係ありませんが、東日本大震災の直後に聴いた『瑠璃色の地球』が、外国の心無い報道で傷ついた心を慰めてくれました。
歌が人に与える影響は計り知れないものがあります。
これからは、大震災で日本人の心に芽生えた『絆』を更に強め、明るい日本、強い日本を作っていきたいと思わせてくれる歌が増えてくれることを願っています。
フランスの聖歌隊、まさに天使の歌声。
少なくともこの歌声を聴いていた間は、心が透明になりました。

2013/05/10 (Fri) 07:11 | タヌ子 #- | URL | 編集

父が歌が好きでよくかけていたので
「丘をこえて」や「青い山脈」は知っていましたが
矢野顕子さんがカバーされてたとは知りませんでした。

歌には時代が反映されていますし
その歌を聞くと流行っていた当時に
瞬時に戻ることができます。

そういえば夫婦喧嘩になりそうな時は
付き合っていた時の音楽をかけると
喧嘩しないですむと聞いたことがあります。

付き合っていた当時のラブラブだった
気持ちを思い出すからだそうです。

それにしても昔の歌は歌詞だけでも充分
通用するものばかりですね。

父が今の流行歌は何を言ってるのか
まったく意味がわからんとぼやいていたのが
わかります。

2013/05/09 (Thu) 23:06 | patapataokan #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

yumiさん

ご無沙汰しています。
記事を書きながら、歌が時代を映す鏡であることを、自分自身が痛感していました。
と言っても古い歌ばかりなので、yumiさんはほとんど御存じないでしょうね。

少し前までクラシックとポップスしか聴かず、歌謡曲が嫌いだったのですが、
最近は歌謡曲もそれなりに良いなと思い始めました。
先週、NHKFMで美空ひばりの特集を1日中やっていたので、結構断続的に聴いていました。

美空ひばりの「東京の花売り娘」という曲の中で、「花を召しませ」という歌詞が出てきますが、
戦後の混乱期でも、きれいな日本語で歌詞が書かれていたのに感心しました。

2013/05/09 (Thu) 16:28 | パック #- | URL | 編集

パックさんこんにちは
時代を世相を映す歌詞やメロディって本当になるほどって思いました。。。
このごろボリウッドのダンスミュージックをよくYouTubeで見るんですよ(^^)
なんだか人生をとっても謳歌しているようなパワーと明るさを感じることができて元気になれるんです(^^)
そして子供の頃歌った合唱曲がなぜだかこのごろふと頭をよぎることがあります
歌詞がいいなって思った合唱曲って結構テレビなどでも流れてその時代はやってた曲だったりしてたのですね、、、、子供の頃歌ってた曲が実はその昔はやってたなんて知らず、、、、って
今はSMAPの世界にひとつだけの花とかまで合唱曲になっているんですよ。びっくり!って思ったらそういう風に流行った曲が合唱曲になるってことは昔からあるんだ~~と今になって改めて知った今日この頃です☆
心に響く歌詞って忘れているようでもやっぱり頭の中のどこかに残っていてふとしたときに出てくるものですね(^^)

2013/05/09 (Thu) 15:37 | Yumi #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する