争いのなかった日本

   b0165703_048566.jpg


もうかなり前、あるローカル線に乗っていた時のことです。
4人掛けの席の窓際に男性2人が座っており、私はその隣に座っていました。
しばらくして、若い方の男性がもう一人に話し始めました。

「国選で何人もの弁護をしましたが、裁判が終わってお礼に来た人は一人もいませんでした」
それに対して年配の方がこう答えました。
「そんなもんだよ。お礼に来るような人間なら、悪いことをしないから」
二人は弁護士でした。

それを聞いて、なるほどと納得するとともに、弁護士とはなんと因果な仕事であることかと同情を禁じ得ませんでした。世の中には何年もかけて司法試験を目指す人が大勢いますが、人間の暗い部分、醜い部分に係る仕事のどこが良くて一所懸命に勉強するのか、弁護士になりたいと思ったことのない私には理解できません。

争いごとの根底には人間の自我や欲望があり、それらの自制を学ぶのが躾や教育です。
小さい頃から人の生きる道を教えられてきた日本人にとって、嘘をついてはいけないことや人に迷惑をかけてはいけないことは当たり前のことですが、世界を見渡せば、それは決して当たり前のことではありません。

日本人は古代から温和で調和を愛する性格であったようです。聖徳太子が「和をもって尊しとなす」と教えたからではありません。
1万6000年前から3000年前までの縄文時代、人を殺す武器を持たなかったことは、日本人が如何に争いごとを避ける民族であるかを物語っています。

八戸市~1
合掌土偶

青森県八戸市の風張1遺跡から、両手を合わせた土偶が出土しています。縄文後期の出土品で、合掌土偶と呼ばれて国宝に指定されています。
この土偶が、本当に祈りを表しているのかどうかわかりません。しかし世界中で祈る時になぜ手を合わせるかというと、左手と右手を合わせて、陰陽を調和させることが祈りの前提になるからです。
平和を愛し、調和を愛した縄文人なら、祈りのために自然に手を合わせたとしても不思議ではありません。

江戸は人口100万人を擁す世界最大の都市でしたが、この大都市を取り締まるのに、南町奉行所、北町奉行所を合わせて、僅か与力50人、同心が200人でした。他に非公認の岡引が、同心一人につき二人がいましたが、いかに犯罪の少ない安全な町であったかがわかります。

「行列のできる法律相談所」という番組があります。話し合いでの解決でなく、訴訟を勧める番組で、本来の日本の社会にはなじまないものです。
「人の振り見て我が振り直せ」「七たび探して人を疑え」など、昔の日本人は諺で生きる知恵を教えてきました。人を責めるより自分を振り返って人間性を高めれば、争いの無い調和された社会になります。
昔の日本には弁護士はいませんでした。弁護士のいない世界が理想です。






スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

あいこさん

あいこさんの言われることはよく理解できます。
多分、私自身はもっと厄介な性格だったと思います。
我が強く、頑固で、おまけに腕力が強かったので、周りからは嫌な人間だと思われていたはずです。
自説を譲らず、いつもああしろ、こうしろと周りに警句を吐いていました。
それが間違っていることを指摘してくれたのが、高2の時に読んだパスカルの「パンセ」でした。
こんな一節がありました。
「警句を吐く人、悪い性格」

この言葉で、自分は悪い性格であることに初めて気づきました。
それから警句を吐くのを止めようとしましたが、今でもこのブログで警句を吐いているのかも知れません。

ところで、日本の戦後教育の誤りに留学時代に気づかれたのなら、遅くはなかったと思います。
私自身、それに気づいたのは30歳の時でした。
このブログで何回も書きましたが、あるとき皇居のそばを歩いていると、突然「天皇制は日本の救いだ」との思いが湧いてきました。
それまで君が代が歌えなかったほど反日思想を刷り込まれて人間がにとって、パウロの回心といえるような出来事でした。
それから戦後のマインドコントロールに気づきました。
過去の記事に書いてありますので、よかったら読んでください。

「日本の戦後に行われたこと」
http://denhichi.blog105.fc2.com/blog-entry-208.html
「日本の戦いとは何であったか」
http://denhichi.blog105.fc2.com/blog-entry-205.html
「日本の戦いとは何であったか(2)」
http://denhichi.blog105.fc2.com/blog-entry-207.html

またのこのこと出てきてすみません。

私は、やっかいな人間です。争いごとが苦手なくせに自分の意見を持っていて譲らない頑固な性格です。

小さい頃は、自分の意見を言うと、家族からわがままだと言われることが多く、けんかになるのを恐れ、たとえ自分の意にそわなくても静かにしようとしていました。でも、ここでやっかいな性格な私は、揉め事になるのはいやなのに、自分の意見を言えないことに欲求不満でいつもむすっとした表情のかわいげのない子供だったと思います。今、振り返ると、わがまま8割、自分の主張2割といったところだったと思いますが。

みんなと同調しなければ、変わった子と言われるのがいやで、アメリカへ逃げて行ったようなものです。アメリカで学んだことは、自分の意見や考えを持ち、きちんと主張できることは重要なことであること、他者の違った考えにも耳を傾け、意に沿わなかったとしても、それを受け入れる柔軟性も持つことです。

遅くて恥ずかしいことですが、私が日本について考えるようになったのは、アメリカに行ってからです。それまでは、教科書や周りの大人のいうことを正しいと思い込み、疑うことがなく、日本の戦後教育がおかしいとは考えていなかったです。

韓国人留学生に、君の国は戦争で私達の国にとてもひどいことをしたんだから、この場で私に謝ってくれと言われたことがあります。きっと、韓国ではその国の中の視点で教科書が作られ、先生や親によって教えられたことを自分の思想に取り入れて、私に言ってきたのだろうと思います。(教育は人の心を創り上げる核になりますね。)

もうひとつは、2001年9月11日に起きたテロです。その時、アメリカの報道は真珠湾攻撃とテロを比較し、同じ扱い方をしていました。奇襲攻撃と言う意味で同じだと表現したのか、この事態でアメリカは国民が団結しなければならないと言う意味で士気を高めるために比較されたのか、いろいろな見方ができますが、私は、あの戦争とこのテロを比較し、同列にしたことに違和感を感じました。また、アメリカはイラクに戦争をすることに決めましたが、日本だったら、どのように対応するだろうかと考えました。

主にこの2つの出来事によって、まだまだわからないことばかりですが日本について考えるようになりました。

Global Studiesという世界の社会時事について学ぶ授業だありました。私は、その時自分の専攻科目で余裕がなく、履修しませんでしたが、そのクラスのプレゼンテーションに誰でも参加できるので聴きに行きました。

あるアメリカ人の学生が取り上げたことは南京大虐殺についてでした。彼の主旨は、ドイツはナチによる大虐殺を認め謝罪したが、日本は大虐殺をしたのに、謝罪をしないどころか、認めもしない国ということでした。

思わず、質疑応答でどこの文献をもとに言ってるのか、詳細は省きますが、間違っていると思うところを次々質問し、反論しました。ほんの一部の書物だけを根拠に物事の是非を論じ、肯定した進め方に納得がいきませんでした。あまりに熱くなりすぎて、しまいには、先生に仲裁に入られてしまいました。ほんの20人前後の参加者でしたが、彼の発表で日本を野蛮で卑劣なことをした国だととらえてほしくなかったです。単に日本人の血が騒いだのだとも思います。後で、参加していた学生や先生方に、いい討論だったと言われ、言いすぎて反省してる自分と、言ってよかったんだとの思いでちょっと恥ずかしかったです。

私は、まだまだ未熟者ですが、日本のとくに戦争関係のことを知ろうとするとき、著者や出版社なども注意を払い慎重になります。でも、彼の発表で、よその国の歴史を理解することは、言語などによる事情で手に入る文献も限られたり、文化もちがうので難しいこともあるなあ、私自身、他の国のことをきちんと理解しようとしているかと問われると自信がないとも思いました。

バックさんの下さったコメントの返事を読んで、私は、日本人であることを意識して過ごしていたことを振り返ることができよかったです。ありがとうございました。












Re: 日本文化のルートと今

あいこさん

私も争いごとが好きではありません。
みんな仲良く、楽しく暮らせればと思います。

しかし若いころはまるで逆でした。
人と協調できず、自分の意見が絶対正しいと思うような独善的な人間でした。
自分ではそのことを反骨精神と錯覚し、相手かまわずぶつかっていました。
そしてぶつかった挙句に逆境を経験して、自分の間違いに気づきました。

協調性のある人間なら、最初からみんなと調和して生きることができるのでしょうが、私のような人間は、逆境に置かれないと気づくことができませんでした。
しかし結果としては、失意は気づきのために必要であったと思っています。

穏便に済ますことは大事ですが、戦うときには戦はなければならないと思います。
戦いは勝たなければならないので、男であれば理論武装と強さが必要です。
昔の日本人は、文武両道と言いました。
女性の場合の戦いが何であるのかはわかりませんが、「知は力なり」は女性にも当てはまるのではないかと思います。

あいこさんはアメリカから帰られて、日本の社会のあいまいさや価値観の混乱に戸惑っているのではないかと思います。
日本人は大切なものを失っていると感じておられるかも知れません。

戦争に負け、戦後の占領政策の中で、日本人は一番大切なものを捨て去るように教育されてきました。
私が単純に日本の素晴らしさを賛美できるのは、そのことに気づいたからであり、知れば知るほど素晴らしい民族であることを痛感し、誇りに思います。

あいこさんにも、昔の日本人の素晴らしさを知ってほしいと思います。
ありがとうございました。

日本文化のルートと今

前回の記事のコメントに返事を下さってどうもありがとうございました。

私は、多分、多くの人がそうであるように、争いごとが苦手です。話し合いや自分の工夫でなんとかなるなら穏便に事を済ませようとするタイプです。でも、今を生きる場合、それが難しいことも多いですね。

縄文時代は、物がなく、何人もの人の知恵を出し合い、融合させて土器など必要なものを創り上げて生活の基盤を固めていったのかなと思います。だから、お互いの存在価値の認識が高く、相手を敬う精神が育まれたのではないかと思います。(私の勝手な憶測ですが。)

日本が調和を大事にし、協調しあう社会であったことが今もいい意味ではなく、悪い意味で残っていると思います。かつては、相手の権利や義務を理解し、お互いを尊重できる社会だったので、秩序を正すための法はおおまかであって、細かく取り決める必要がなかったのではないかと思います。でも、今は、曖昧な法によって、調和を大事にし、相手を思いやる人は、守られるべきなのに守られず、我慢を強いられ、理不尽な行為をする人はゆるい法や、平等の意味を穿き違えた法で守られているような気がします。だから、自分の利益や快楽ばかりを優先したり、個人の権利を必要以上に主張するが、国民、市町民、近隣の人への義務を疎かにする人が増えた気がします。

賃貸物件を探している時に、ルールを違反してもそれは許され、ルール違反によって迷惑を被った側は我慢するか、引っ越すしかないと知ったときは驚きました。秩序のない世の中になるのも無理ないなとがっかりしました。

日本の文化が好きです。かつての日本人の気質を素晴らしいと思ってます。日本人として誇りを持ちたいと思ってますが、一方でいいことも悪いこともいっしょくたんになって規律を守ることの意味が薄れている風潮に息苦しさ(生き苦しさ?)を感じています。祖国を愛したい、でも、今を受け入れらないとの思いも強く、葛藤してます。私も、バックさんのように、この国は素晴らしいと、どうどうと言えるように、もっと日本の国のことを知る必要があると思ってます。とても勉強になります。


Re: タイトルなし

タヌ子さん

契約社会の欧米では、書類の一字一句まで慎重に検討しますね。
昔からそんな社会だったので、「ベニスの商人」の話が生まれたのだと思います。

保険証券や契約書の裏側に、小さな字でびっしり書いていますが、
あの文言のことを、ベニスの商人から取って、「タイガークローズ」と呼びます。
誰も読まないように小さな字で書くところに、契約社会の怖さ、いやらしさがあります。

パリのホームレスの話を読んでいて、忘れていた高校時代のことを思い出しました。
私の部屋から見える橋の下に、女性のホームレスが住みつきました。
高校生には随分の歳に見えましたが、多分50前後だったのでしょう。

冬になってそのホームレスのことが気になり、母親に布団を持って行ってもらいました。
どういう経緯でホームレスになったのかわかりませんが、そのホームレスは教養があって、
日中はよく本を読んでいました。
話をしたこともない人でしたが、教養があるだけ、返って悲しい感じがしたことを思い出しました。



フランスでは事あるごとに弁護士に相談をもちかけますが、アメリカはそれ以上なのでしょうね。
結婚や離婚は勿論、家の売買などにも、必ず公証人を立てなければいけないフランス。
それだけ争いの多い国なのだと言うことがよく分かります。
私も日本ではなるべくいさかいを避けるよう、穏やかに暮らしてきましたが、今は黙っていると相手の良いようにされてしまうので、戦わざるを得ないことも多々あります。
個人的に知っている弁護士は正義派の社会弁護士か、いわゆる悪徳弁護士かどちらか。
中途半端な気持ちでは出来ない職業なのでしょうね。
先日のホームレスの女性の記事関連ですが、パリのアパートの近くにいる40代と思われるホームレス。
酒びたりで精神にも異常をきたしてしまい、言動が変なのですが、先日氷点下の寒い朝に、ファッション雑誌から抜け出てきたような若い男性が、彼にコートを渡しに来ていました。
それだけでもちょっと感動したのに、彼は私が買い物に出かけ、家に戻るまで、30分ぐらいそのホームレスと会話をしていました。
いつもは奇声をあげるホームレスも、笑顔で楽しそうに話している姿を見て、どうせ何を言ってもまともに理解できないだろうと思い込んでいた自分が恥ずかしかったです。
かたくなに閉ざしていたホームレスの心を開かせたあの青年は何者だったのでしょう…

Re: タイトルなし

patapataokanさん

縄文時代がすばらしい時代であったことを、学校教育の中で教えるべきだと思います。
世界最古の土器が、16000年前の縄文前期に作られ、料理が始まりました。
それまで焼く以外になかった調理に煮炊きが加わり、また材料を土器に盛ることで芸術性が加わりました。
集落の周りに植えられたどんぐりの遺伝子は共通で、栽培されていたことがわかります。
縄文の人たちは、きっと今のわれわれより、平和で幸せであっただろうと思います。

縄文時代は争いがなくて
私財を持ち始めた弥生時代から争いが
起き始めたと聞いたことがあります。

それでも戦前までの日本は家に鍵をかけていなくても
泥棒も入らない安全な国でした。

それが今はどうでしょう?

それでも震災時に見せた誇れる日本人の
部分はまだまだ持っていると思います。

幼稚園や小学校のうちから争いのない
日本になるように子供達に教えて行って
欲しいと思います。

Re: タイトルなし

amiさん

1万数千年にわたって殺しあうことのなかった民族、日本人とは何なのか、つくづく不思議に思います。
DNAが違うというより、魂のレベルが違ったように思います。
変な例えですが、イルカに似ている気がします。
本当にすばらしい国ですね。

こんばんは!
そうなのですねぇ!武器を持たなかった日本人!誇りに思います。
合掌も意味があるのですよね。

今日もその話をしていたところです。
エネルギー・波動を高める合掌
無意識に古来からの日本人のDNAに組み込まれているのでしょうか?
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア