卑怯者は安全なときだけ居丈高になる

 「卑怯者は安全なときだけ居丈高になる」  ゲーテ

安全なときだけ居丈高になる姿が、日本のあちこちに見られます。

マスコミや雑誌は些細なことで政治家を叩きますが、それは政治家から反撃されないことがわかっているからです。
子供のいじめに対しては、弱い者いじめは許されないと論じるマスコミが、タレントのような弱い立場の人間のプライバシーは平気で無視し、ゴシップを報じます。
しかし一方、小説家のスキャンダルや不倫は一切報じません。無論それは小説家がみんな品行方正だからではなく、報じれば原稿の依頼や出版ができなくなるからです。安全なときだけ居丈高になるのがマスコミです。

学校教育におけるモンスターペアレントも、安全なときだけ居丈高になります。
学校や先生をいくら批判しても反論が来ることはないし、自分や子供の立場が安全だとわかっているので、無理難題を押し付けます。
モンスターペアレントを作った理由の一つは、マスコミが些細な事を大袈裟に報道し、学校や教師を委縮させたからです。

企業に対するクレーマーも、安全なときだけ居丈高になります。消費者からのクレームに対し、企業が反論することは余りなく、安心してクレームをつけることができます。その結果、お詫びの品をもらったりすれば、小さな事にまで居丈高にクレームをつけるようになります。

人権派と呼ばれる人たちもそうです。従軍慰安婦を糾弾する人たちは、いくら日本を批判しても報復が来ることはないので、安心して正義感を満足させることができます。
しかし過去の問題で日本を糾弾しても、今現在、暴力によって売春を強制され、苦しんでいる女性たちを救うための活動は、決してしません。なぜなら、現実の問題に首を突っ込めば、暴力団から報復される恐れがあるからです。
人権派の活動は、自分の立場が安全なときだけに限ります。

しかし偉そうなことを言っている私自身が、安全なときだけ居丈高になります。
以前、電車の中を歩き回り、暴力団の名前を出して乗客を怖がらせていた男がいました。その男が私の前の座席に座り、タバコを取り出して吸おうとしたので、「禁煙だ」と注意をするといきなり蹴ってきました。私より小さく、たいして強い男ではなかったので、取り押さえて次の駅のホームに放り出しました。その時、車内で拍手が起きたのですが、私の心は沈んでいて、拍手の方を睨んでいました。

その理由は、ひとつは放り出した男が、あの駅で暴れていないかという心配と、もう一つは自分の行動が、相手が弱いとわかっていたからとった行動に過ぎず、もし凶器を持っていたり、自分より強そうだと感じたら、そのような行動をとらなかったはずだったからです。中学、高校時代に空手をやっていたので、相手のレベルは見当がつきます。
残念ながら、英雄的行為も卑怯の裏返しに過ぎなかったのです。

pic.jpg
ミッション・バラバ

ミッション・バラバというクリスチャンの団体があります。元暴力団だった人たちが、キリスト教に目覚め、布教のために作った集まりで、中には組長だった人もいます。
クリントンの招待でアメリカの昼食会に招かれ、背中の入れ墨を見せた時、会場からスタンディングオベーションが起こったと言います。
何回かこの人たちとお会いする機会がありましたが、暴力団だった時、みんないつ殺されるかわからないという恐怖心で生きていたと言います。人間は本質的に弱い存在です。


img_577856_16555894_2.jpg
水師営の会見

「卑怯者は安全なときだけ居丈高になる」、という言葉の対極にあるのが武士道精神です。
大義のために身命を投げ出す武士道精神には、真の強さがあります。その強さは、教育と躾と鍛練によって作られました。
この強さをもっとも恐れたのがアメリカで、戦後の占領政策は日本人から武士道精神を奪うことにありました。

このブログで何度もご紹介している、「国際派日本人」の近着記事で、日露戦争の乃木大将が紹介されていました。
乃木大将は司馬遼太郎の「坂之上の雲」で、日本軍兵士を大量に死に追いやった、無能な将軍として描かれていますが、事実はロシア軍が攻略に3年かかると自負していた要塞を、5ヶ月で陥落させた名将です。

記事を引用します。

『不思議な一葉の写真がある。日露戦争中、日本軍とロシア軍の幹部が仲良く肩寄せ合って並んだ記念撮影である。あまりにも自然に親しげにしているので、あたかも同盟国どうしの軍事演習での記念写真かのように見えるが、それは違う。

 これは両軍合わせて約8万7千人もの死傷者を出した旅順攻囲戦でロシア軍が降伏した後の水師営(すいしえい)の会見での記念写真である。通常、降伏した側は帯剣は許されないが、明治天皇からの「武士の名誉を保たしむべき」との聖旨を受けて、ステッセル将軍以下、軍装の上、勲章をつけ帯剣していた。

 同地にはアメリカの従軍映画技師もいて、この会見を映画撮影したいと申し入れていた。しかし、乃木希典(のぎ・まれすけ)将軍は敗軍の将にいささかも恥辱を与えてはならないとこれを許さず、この一枚の記念写真だけを認めたのである。

 会見の模様は、この写真とともに全世界に報道された。武士道精神に基づく乃木のステッセルへの仁愛と礼節にあふれた態度は、世界を感銘させた。世界はわずか5ヶ月での旅順要塞の陥落に驚愕し、またこの会見に感嘆した。

 この6年後、乃木はイギリス国王戴冠式に参列される東伏見宮依仁(よりひと)親王に東郷平八郎とともに随行してイギリスを訪問したが、イギリスの一新聞は「各国より多数の知名の士参列すべきも、誰か東郷、乃木両大将とその光輝を争いうる者があろう」と報じている。

 その後、乃木はフランス、ドイツ、オーストリア、ルーマニア、トルコなどを歴訪したが、ある欧州人は「彼がほとんど全欧州諸国より受けた王侯に対するがごとき尊敬と希にみる所の賞賛」と形容している。』

是非全文をご覧ください
このような武士道精神に基づく日本軍の心を打つ美談は、枚挙に暇がありません。


250px-Maresuke_Nogi_2.jpg
乃木大将

南京大虐殺や従軍慰安婦などというとんでもない捏造を、鳩山というオメデタイ元首相が信じるほど、戦後の占領軍のプロパガンダは完璧でした。
戦後堕落したはずの日本人でさえ、大震災の折、世界から賞賛されました。
武士道精神を備えた、戦前、戦中の日本人が、鬼畜のような所業を平気でするとは思えません。


yaenosakura.jpg


NHKの大河ドラマ、「八重の桜」で、会津藩の「什 (じゅう)の掟」が紹介されています。

同じ町に住む会津藩士の子供たち十人前後で集まりを作り、そこで教えたのが「什の掟」で、この掟に背かなかったかどうかを毎日反省させました。

一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

最後の「ならぬことはならぬものです」という言葉に、断固たる強さと清々しさがあります。今日本が最も必要としているのは、へ理屈に対して、ならぬことはならぬと断ずる強さであり、それを体現した武士道の復活であると信じます。


参考:アメリカ人青年は"Father Nogi"と父のごとくに慕っていた乃木大将をいかに描いたか?

  :私情を吐露しつつ公の為に立上がった日露戦争当時の国民

  :ロシア人捕虜の墓を護る松山の人々




スポンサーサイト

コメント

Re: パックさんへ!!

荒野鷹虎さん

本年もよろしくお願い致します。
天皇制は日本という国体の根幹をなすものですから、おっしゃるように一代限りの特例法ではなく憲法を改正すべきだと思います。
私は天皇や皇室がムダ飯食らいという戦後の風潮の中で育ちました。
それが180度変わり、天皇は日本の救いだと考えるようになりました。

無論それは政治的なものでなく祭事や文化にかかわることですが、日本という国の存続は天皇制の存続と一体であると考えています。
天皇制の論議には、それ程の真剣さが必要であると思います。

パックさんへ!!

遅らばせながらおめでとうございます。!
私は戦中派で、天皇陛下は現人神として育ったものですので、どうしてもこのたびの有識者会議の諮問には賛成できないのです。一代限りの特例法では将来の皇室や皇位継承の保障がありません。憲法にも違反すると思うのです。退位を決めるには憲法を改正すべきと思うのです。他の部分の改正には反対ですが・・
天皇を元首とする、自民党の草案には大反対です。天皇を政治的に利用しようという意識があります。これだけは許されません。いかがでしょうか!?生意気な意見でしょうか?!

Re: パックさんへ!!

荒野鷹虎さん

ご無沙汰しています。
突然ですが、これまで私が見た一番怖い夢の話をします。
それは「明日からおまえが天皇をやれ」と言われた夢です。
あまりの恐怖に目が覚めました。

天皇になることは一切の自由を失い、自分の生をすべて国民のために捧げることを意味します。
そんなことができるのは私心を捨てた天皇陛下だけです。

陛下を権威づけのために利用するたくさんの人がいます。
むかしあるスポーツ団体のトップと話をしていた時、天皇陛下以下、どの皇族に列席してもらうかでその大会や団体のステータスが決まる。あらゆる方策で陛下に列席いただくようにすると言っていました。
言わば私利私欲のために陛下はご高齢の体を振り回されています。

今回の陛下のお話しに対して、まず第一に考えるべきはご公務を大幅に減らすことです。
権威を利用するだけの無用な御公務を無くし、真のご公務である天皇の祭祀だけに絞るべきだと考えます。
他にも言いたいことがたくさんありますが、天皇制は日本そのものです。

パックさんへ!!

おばんです!
お説いつも同感してみています。!生前退位の問題は自民の言う特例法では陛下の言う心配とは違い陛下は「将来の宮家の減少」にまで心を砕いているのだと思います。だから「皇室典範」を思い切って改正して皇室の長きに渡る繁栄を保障すべきと思います。女性天皇も当然あって然るべきと思います。ただ、このたびお様に宮内庁次長に官邸から官房副長官を送ることは皇室までをも鑑定が管理する故荷の通じよくないことだと思いました。予算は不透明ですが減額をして質素な皇室を目指し、女性見や目をも設ける方向になることが理想と思いますねー。!自民党憲法改正草案の言う「元首」はとんでもないことです。それこそ戦前に戻ります。拙文失礼いたします。汗)

Re: No title

ウルトラマンタロウさん

戦後、自分を安全な場所において人や物事を非難する風潮が日本を支配しています。
こんな日本を見て、先人たちは嘆いていることでしょうね。
やはり教育がすべての元だと思います。

No title

耳がいたいですね。
自分より強者がいない所では
のびのびやってます。
正義や教育を語る暴力は嫌いですが
場面が変われば自分もそうなることあったと
思います。
自分の中に知らぬまにある
卑怯さイヤらしさ。
真の強さを健康なうちに身に付けたいと
思いました。

Re: タイトルなし

amiさん

殴っていません!!逆手を取っただけです。
それに、まだ血の気の多かった20年位前の話です。
自分の心の波動が粗かった時は、そういう場面に出くわすことが多かったように思います。

最近、夜中に大きな声で叫んでいる人がいて、思わず静かにしろと怒鳴ってしまい反省しました。
自分の波動が粗くなっているのかも知れません。

一年前から、自他共に愛す武道を始めています。
「愛」が一番強いことが、最近少しわかってきました。


Re: タイトルなし

タヌ子さん

中国や韓国の反日を見れば、情報操作によって、人は簡単に洗脳されることがわかりますが、
戦後、われわれ自身が洗脳されてきたことには気づきません。
教育と情報を健全にしなければならないことに、多くの日本人が気づいてきました。
マスコミの堕落から、情報を取り戻したのがネットだと思います。

私は安全な時だけ居丈高になる人間であることを自覚しています。
今は出来るだけ対立を避けたいと思って生きています。


バックさん、殴っちゃいましたか??笑
わたしも若いときに電車の中で向かいに座っていた人をどかして、2人やくざ?ちんぴらさんが座ってきて、持っていた本を見せろとか、足をこちら側に乗せてきたり、、怖い思いをしました。

一緒にいた友達が調子が悪くうずくまっていたので、「やめてください!本は見せません!」など
心臓が止まりそうなほど強気でいました。かえって気に入られて下りてからも「ねぇちゃん、一緒にお茶しよう~」って追っかけられました、、笑

大きな口をきくほど、小さく見えたある日でした。

私は週刊誌らしきものは好きではありません。バックさんのおっしゃる通り、人の本当の気持ちをしらず、うその記事で生活している記者の人がいると思うと、若いころは腹が立ち、今は情けないと思います。

日本の武士精神をもう一度見直す時期に入ってほしいですね。はいっているのでしょうか?
今は小さくなった父も今もどこかにその精神性が残っているようで、感動するときがあります。

パックさんがされたこと、決して卑怯者の行為ではありません。
その人だってもしかしたら凶器を持っていたかも知れないし、駅に放り出せば、駅員もすぐに駆けつけられるし、警察もすぐに呼べます。
パックさんは当たり前のことをされたと思っていらっしゃるのに、乗客からヒーロー扱いされてしまったことがご自分の中で納得できなかったのだと思います。
マスコミはどこの国も同じ、視聴率を上げること、雑誌・新聞の販売数を増やすためには、どんな嘘も平気でつきます。
不必要、不確かな情報があふれる中、有毒な情報から自分や子供たちを守るためには、一方的に流れてくるものではなく、自ら情報を探しに行かなくてはなりませんね。
戦争に関しての『真実』は一つではないと思いますが、その『真実』を語れる人が次々と他界され、徐々に戦争が映画や小説を通して、『ドラマ』として語り継がれて行ってしまうことが心配です。

Re: タイトルなし

patapataokanさん

世の中はバランスですので、長いものに巻かれる態度も必要ですね。
若い頃はそれが出来ずに、喧嘩ばかりしていました。
とは言え、結局安全なときだけ居丈高になる卑怯者でしたが。

マスコミをどうにかしないと、日本の復活は無いように思います。
テレビは情けないくらいくだらない番組ばかりで、最近は地上波のテレビを見ることはほとんどなくなりました。
八重の桜は久しぶりに見る大河ドラマです。

新撰組に対する恨みがあったせいかも知れませんが、長州藩は会津の武士たちに対して、情けを欠く仕打ちをしたように思います。
私自身は長州の人間ですが、会津の武士が好きです。

新島八重さんのような人を生んだ日本は素晴らしいですね。
あのような日本に、少しでも戻ってほしいと思います。

Re: タイトルなし

荒野鷹虎さん

平和を守るためには力が必要ですね。
暴力団を取り締まる警察は必要なのに、平和憲法があるから軍隊はいらないという平和論者がいます。
とんでもない話です。
力のない正義は無力です。
最近は力も無くなってきたので、正義を振りかざさないようにしています。

「卑怯者は安全なときだけ居丈高になる」
これは耳が痛い言葉です。

どうしてもやはり自分の保全を考えて
相手を選んでしまって言いたいことも上司なら
間違ってると思っても我慢してしまいます。

ただ、パックさんがおっしゃってるように
マスコミは本当に弱いものいじめだと思います。

学校で何かあったらすべて学校の責任。
親も責任があるんじゃないかと思うようなことも
親には一切お咎めなしで変だなと思うことも多いです。

慰安婦問題はこの前親友とランチに行った時も
話題になりました。

マスコミがあれでは言ったもの勝ちではないかと
思います。

八重の桜は毎週見ています。

新島八重さん、あの時代に鉄砲を担いで
会津城に籠城したなんて凄い女性です。

でもそれだけでなく学力にも優れ
看護婦としても活躍されたそうですから
凛とした芯のある素敵な女性だったんだろうなと思い
ドラマを楽しみにしています。

こんな女性を生み出す昔の日本の素晴らしい

教育、ぜひ再現して欲しいものです。


暴力団の扱いほど難解なものはありません。
パックさんの行動は立派な行為だと痛快に思いました、中々できるものではありません。私も無理です。泣)弱い人たちでも、団体で協力すれば良いと思うのですが実際助けてくれるかどうか、分からず、勇気が出ないことが多いのですねー。しかし、最近相次ぐ、暴対法の強化で彼らも少しは威張れなくなったと思います。温泉では特に、目を配りますねー。汗)
何時も有難う御座います。!
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア