フォトンベルトによって起きること

675f291e-s.jpg


まだ先だと思っていた、2012年12月23日が近づいて来ました。(21日という説もあります)

フォトンベルトによって、人類は5次元に次元上昇すると言われています。5次元は肉体の無い世界であり、魂が肉体を持ってこの世で学びをする輪廻転生が無くなることを意味します。もしそうであれば、人類が待ちに待った時代が来るわけですが、多分そうではないように思います。

フォトンベルトは、幽界(4次元)とサタンを抹消するために、天上界で計画されたと言われます。私が最も尊敬するある方に、「神はフォトンベルトによる次元上昇を、いつ決めたのですか」と質問したところ、「3000年以上前には決まっていました」と言われていました。モーゼの時代には、すでに決まっていたことになります。

神がこの世と人類を作ったならば、なぜ人間は憎み合い、奪い合い、殺し合って地獄のような苦しみを味わわなければならないのか、そのことを多くの人が疑問に思ったはずです。
それに対する一つの答えが、神は愛し合うように人類を作ったのに、サタンや悪霊が人間を支配し、苦しめているという考えです。

サタンはもともと7大天使の一人、ルシフェルでしたが、神のような自分の力に傲慢となり、地獄の支配者に堕してしまったと言われます。現代の世相を見ると、人間は自己中心の心に支配されて、あたかも魔によって支配されているように感じられます。
もはやフォトンベルトによる光の浄化によってしか、世界は変えられないのかも知れません。
(日本人にはまだ自己犠牲の心があります。様々な予言で、日本人が重要な役割を果たすと言われているのは、この調和された心によるものでしょう。)


Apocalypse_vasnetsov.jpg

フォトンベルト以降、どのような時代になるのか、ヨハネの黙示録には次のように書かれています。
「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人とともに住み、人は神の民となる。神は自ら人とともにいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」

この記述を文字通り受け止めれば、フォトンベルトによる次元上昇によって、人は苦しみや悲しみから解放され、神の愛を感じながら生きることができるということになります。
そのことを信じたいと思いますが、個人的には、フォトンベルトが来て4次元は消滅するものの、三次元はそのまま残るのではないかと思います。それでも人類にとっては大変な福音です。

ほとんどの人は、悪霊や地獄の存在を信じられないでしょう。しかし実在します。具体例を挙げることもできます。(具体例を書いたのですが、気味の良い話ではないので削除しました。)
科学で証明されないことを信じるのは、愚かしいことであると考える人もいるでしょうが、科学的合理性ですべてが説明できるわけではありません。

フォトンベルトによって何が起こるのか、真実は12月23日が来ればわかります。
尚、フォトンベルトによって、3日間、太陽の光が消え、電気も使えないと言われます。事実かどうかわかりませんが、ロウソクと食糧を3日分用意する予定です。
もし何も起きなければお詫びし、今後このような話を一切拒絶して現実的に生きることにします。

参考:アセンションー 次元上昇の意味





スポンサーサイト