スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日は母への感謝の日

illust768_thumb.gif

永六輔さんは、映画評論家の淀川長治さんと誕生日が同じだったそうです。
ある年の誕生日に、友人知人を招いてパーティーをすることになり、淀川さんを招待しましたが、淀川さんは、「誕生日は、母が陣痛の痛みに耐えて私を産んでくれた日です。私を産んでくれた母に感謝する日なので、母といっしょに過ごしたい。」と答えたそうです。

子供の誕生日は、母親が祝ってくれるものと考えますが、十月十日母親が胎内で育み、陣痛の苦しみに耐えてこの世に送り出してくれたことを考えれば、誕生日とは子供が母親に感謝すべき日でした。これほど単純なことを、淀川長治さんに言われるまで気付きませんでした。

淀川長治さんは、街中で年老いたお母さんを背負って歩いていたと言います。
石川啄木の、 「たはむれに 母を背負いて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず」という歌もあり、昔は母親を背負って歩くことは、親孝行の自然な現れでした。

但しこの歌については、いくら母の軽さに泣いても、三歩も歩けないというのは不自然だなと思っていましたが、啄木の妹さんによれば、啄木は戯れにも母を背負うような人ではなかったとのことで、想像で詠んだ歌のようです。

かつての日本において、親孝行は人としてなすべき第一の徳でした。中江藤樹は、近江にいる母に孝養を尽くすため、四国の伊予大洲藩を脱藩し帰郷しましたが、もし親孝行より大洲藩での職を大事にしていたら、近江聖人と呼ばれることもなく、歴史に名前を残すこともなかったはずです。

転勤で田舎に親を残して心配している人も多いでしょうが、人生の岐路で、選択の基準を親孝行に置いて後悔した人を見たことがありません。親を犠牲にして多少出世しても、そんなものは何の値打ちも無いことです。
今にして、そのことを痛感します。

母は病院に健康診断に行ったその晩に、病院で急死しました。
医療ミスだと考えるしかありませんでしたが、それも運命だと考え病院を追求することはしませんでした。
多くのものを与えられ、返せたのはほんの僅かでした。

花々を 世話する母と庭にいて 
      憂いを知らぬ遠き日のわれ

亡くなった母に感謝の言葉を伝えることはできないけれど、それでも次の誕生日には、育ててくれてありがとうと言ってみよう。


参考:聖人といわれた人物ー中江藤樹




スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

amiさん

そうでしたか。
形はどうあれ、願う心があれば意識は繋がりますね。

線香はお釈迦様の時代に、夜仕事を終えて集まった人々が、釈迦の説法中に虫に悩まされないように薬草を焚いたのが起源ですから、お香でも十分ですね。

2012/07/27 (Fri) 14:48 | パック #- | URL | 編集

バックさん
わたしも仏壇はありませんが、お香とお水とリンがあるので、お参りしています。
お参りしながらも、家族の安全やお願い事もしているので、(笑)感謝です。

2012/07/26 (Thu) 21:34 | ami #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

patapataokanさん

お母さんとよくランチに行かれていて、仲の良い親子だなと思っていました。
食事を楽しむことで、親孝行になっているのが素敵ですね。
二男さんのことはご心配だと思いますが、大難が小難で済んだと考えることで、前向きに受け止めることが出来るのではないでしょうか。
patapataokanさんも、お体に気をつけてください。

2012/07/24 (Tue) 22:32 | パック #- | URL | 編集

こんばんは。
いつもありがとうございます。

本当に淀川長治さんのおっしゃる通りですね。

私も自分が親になって初めて
親の大変さというものに気付きました。

幸いにも私の両親はまだ元気なので
できるだけ顔を見せなくてはと思っています。

2012/07/24 (Tue) 21:54 | patapataokan #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

amiさん

毎日お母さんに線香を上げながら、感謝されているんですか。
習慣にすれば、毎日忘れずに感謝出来ますね。
我が家には仏壇が無いので、お香を焚きながら感謝するようにします。
参考になりました。ありがとうございました。

2012/07/23 (Mon) 23:48 | パック #- | URL | 編集

バックさんこんばんは。
本当にそうですね。
わたしも毎日亡くなった母にお線香をあげながら、感謝しています。
色々話をしていたわたしたちでしたが、産んでくれてありがとう、といえないままでしたが、今はこころでの会話です。

2012/07/23 (Mon) 23:01 | ami #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

parismidoriさん

お母さん、久しぶりのmidoriさんの声に喜ばれたでしょうね。
最近はSKYEPEでタダで電話出来ますが、パソコンを使う習慣がないと難しいですね。
娘たちがパリにいた時、しょっちゅう電話をしてきましたが、カードを買うと安いと言っていました。
是非お母さんに頻繁にお電話してあげてください。

2012/07/23 (Mon) 11:36 | パック #- | URL | 編集

こんにちは。今朝、久しぶりに東京の実家に電話して母の声をきいたところでした。啄木の歌は子供の頃、亡き父が時折つぶやいていました。今朝は母がちょっとさびしそうだったような気がして、せめてもっと頻繁に電話しようと思いました。パックさんにまた背中を押していただきました。いつもありがとうございます。

2012/07/23 (Mon) 03:36 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: タイトルなし

タヌ子さん

どんなに親孝行をしても、親から受けた恩を超える親孝行はできないようです。
しかし、親が望んでいることは、子供が幸せになることだけで、それが順繰りにまわっているのだと思います。

東京物語に、孝行をしたい時には親はなし、墓に布団はかけられず、と言うようなセリフがありました。
結局、みんな親を亡くしてわかることなんですね。
タヌ子さん、ご両親はお元気ですか。
親孝行できる機会があってありがたいですね。

2012/07/21 (Sat) 09:46 | パック #- | URL | 編集

淀川長治さんの仰有るとおりですね。
誕生日には母からの祝いの言葉を待ってましたが、考えてみればこちらからお礼の言葉を贈るべきですよね。
日本在住時は世話になりっぱなしで、外国に嫁いでからは孝行らしいこともできず、本当に不肖の娘で申し訳ない思いでいっぱいです。
孝行したい時には親はなしということにならないよう、せめて帰国の間だけでも両親に楽をしてもらえるよう、心して過ごしたいと思います。

2012/07/21 (Sat) 06:48 | タヌ子 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。