ブータンに教えられる幸せ

t_TKY201111170258.jpg


民主主義の生まれた古代ギリシャでも、民主主義は衆愚政治となることが指摘され、プラトンやアリストテレスは優れた指導者による哲人政治を主張していました。
今回、ブータンのワンチュク国王の日本訪問を見て、あらためてそのことを痛感させられました。

テレビと言う媒体から爽やかな映像が流れてきたのは、いつ以来のことでしょうか。
お二人のすがすがしく清潔な映像に、心が洗われる思いでした。
国王の一つ一つの言葉には人間と国のあるべき姿が示され、その多くがかつての日本という国で実現されていたことを誇りにも残念にも思います。

20111116-421431-1-N.jpg

宮中晩餐会での乾杯の折、皇太子様より背の高い国王と王妃は、自分たちのグラスが皇太子様のグラスの上に行かないように腰をかがめていましたが、そのようなささいな気遣いや思いやりに、国民の幸せを心から願う国王の優しさが現れていました。


ワンチュク国王の国会でのスピーチは、多分官僚に書かせたものではなく、国王自身の言葉ではないかと思われます。

「私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち、そして大災害から復興しなければならない日本国民に対する私の深い同情を、直接お伝えできる日を待ち望んでまいりました。
いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。

「ご列席の皆様、我々ブータンに暮らす者は常に日本国民を親愛なる兄弟・姉妹であると考えてまいりました。両国民を結びつけるものは家族、誠実さ。そして名誉を守り個人の希望よりも地域社会や国家の望みを優先し、また自己よりも公益を高く位置づける強い気持ちなどであります。」


国民の97%が、自分は幸せだと思える国にも、開発の波は押し寄せ、貧富やストレスや堕落が始まります。
どうかいつまでも幸福な国でいてほしいと、切に切に願います。

過去の記事「幸せは平凡な日常にある」を再掲します。


bhutan_rooftop-drying-food.jpg

幸福とは何かを考える時、忘れられない光景があります。

以前、ヒマラヤの仏教国ブータンを取材した番組で、痩せた段々畑を耕して暮らす一人の女性に、あなたは幸せですかと尋ねた時、「私は幸せです。いつものように今日が過ぎ、いつものように明日が来ます。何の不安もありません」、そんな風に答えていました。

ブータンは世界で最も貧しい国の一つです。もし、幸せが物質的な豊かさを条件とするものであれば、最も幸せから遠い国です。このような国で暮らしたいと考える日本人は余りいないでしょう。
しかし、「私は幸せです。何の不安もありません」と答えられる日本人が、一体どれほどいるのでしょうか。
私達は不況のこと、学校でのいじめのこと、病気のこと、犯罪のこと、将来のことなど、多くの不安にさらされて生きています。

11664489251584191.jpg
ジグメ・シンゲ・ウォンチュク国王

日本で暮らすには、最低限度の衣食住が必要であり、ブータンのような自給自足に近い生活と同列に考えることはできないかも知れません。しかし、貧しい生活の中で、幸せを実感して生きている国民がいます。
そこに国民総生産ではなく、国民総幸福を標榜し、豊かさが国民の幸せではなく、人を思いやり、助け合う心こそ国民の幸福だと考える、若き国王の理想の実現を見ることができます。

visitor_intro_photo.jpg

私達は幸福を求める時、まず豊かさを求めます。もっと豊かであれば、もっと幸せな人生を送れるだろうし、もし使い切れない程のお金があれば、幸福は保証されたようなものだと考えます。
残念ながら、使い切れない程のお金を持った人がどの程度幸せなのか、経験が無いので分かりません。
しかし、世界一の金持ちと言われたマイクロソフトのビル・ゲイツを知る人が、彼は決して幸せではないと言っていました。先ごろ亡くなったマイケル・ジャクソンも、幸せな人生だったとは思えません。

豪邸で贅沢三昧に暮らしていながら不幸な家庭があり、貧しいながら笑顔の絶えない家庭があります。
豊かさは幸福の決定的条件ではないのでしょう。

63.gif

「幸福な家庭はみな似通っているが、不幸な家庭は様々に不幸だ」、というトルストイ(アンナ・カレーニナ)の言葉があります。幸福と不幸を入れ替えても同じです。
不幸な家庭では、怒りや不平不満・愚痴・悪口が支配し、幸福な家庭は、感謝、優しさ、思いやりに溢れ、笑顔が絶えないはずです。

人はどんな時に幸福を感じるでしょうか。例えば、好きだと思っていた人の愛が確認できた時、病気から回復した時、ごちそうを食べた時、欲しかったものを手に入れた時、旅行に行った時、つまり、何か良い事があった時に幸せを感じます。

しかし、失って初めて分かる幸せがあります。突然病気になった時は、健全であった昨日までの体の有難さが分かります。家族に不幸があった時は、何も無かった昨日までの幸せを思います。不満を言っていた会社がつぶれた時は、仕事の有難さが分かります。
その時初めて、うれしいことや楽しいことがあった時が幸せなのではなく、平凡な毎日こそが幸せであったことに気づきます。
普通に食事出来ることの幸せ、普通に働けることの幸せ、普通に寝ることのできる幸せ、普通の生活のすべてが幸福の連続であり、朝から寝るまで、すべてが有難いことに気づきます。

western_photo.jpg

「私は幸せです。いつものように今日が過ぎ、いつものように明日が来ます。何の不安もありません」と語るブータンの女性のように、平凡な日常の中に幸せを見つけだすことができれば、人の一生は幸福なものとなることでしょう。



スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

タヌ子さん

丁度帰国されていたんですね。
ブログを拝見すると、もう今はパリに帰えられているようですね。

便利さ、快適さを求める心は発明をもたらし、文明の進歩につながりましたが、
物質欲は際限が無く、何かが手に入れば更に良いものが欲しくなります。
その結果、物質に振り回され、心を失って行くのが歴史の示すところです。

ブータンのワンチェク国王があの若さで人間の幸せの本質を知り、
物質欲の危険を避ける政策を実行しているのは驚くべきことです。

そのブータンにも開発の波が押し寄せ、同時に隣の大国の侵略により、
国土の18%が奪われて、現実の対応に苦慮しているのではないかと思います。

あの賢明な国王のことですから、きっと上手に舵取りをして、
国民を幸せに導いていくことだと思います。

2011/12/04 (Sun) 23:55 | パック #- | URL | 編集

ブータンという国は、国民全員が幸せな国=地下資源が豊富で豊かな国なのだとずっと勘違いしていました。
今回の国王御夫妻の来日で、その素晴らしいお人柄に魅了された人も多いと思いますが、ちょうど一時帰国中だった私も、パックさんが仰るように画面から流れてくる爽やな風に心が柔いた一人です。
人間は欲深い生き物。
少し与えられると、更に多くの物を欲し、欲望が満たされないことを不幸と感じてしまいます。
次々と便利なものが発売され、誘惑だらけの今の日本社会にどっぷり浸かり、常に最新の物を入手しなければいけないと思っている若者には、『あるもので満足する』なんて考えもつかないことでしょう。
しかし、便利なものは必ずしも必要なものではなく、むしろ人間の能力を落としてしまうと言うことに気が付く若者は殆どいません。
実際、GPSのせいで、夫の野生動物のような優れた方向感覚が失われてしまいました。
必要最小限のものを持ち、足りないものはお互いに提供しあって、ゴミを増やさず、無駄のない社会を作ることがこれからの日本の課題ですね。
ブータンが隣の大国の影響を受けず、いつまでも国民の幸福第一の政策を貫いてくれることを願ってやみません。

2011/12/04 (Sun) 15:56 | タヌ子 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

patapataokanさん

昔、醤油が切れたらお隣さんに借りに行っていました。
みんな貧乏だったので、何かあると助け合うのが当たり前でした。
物質的には貧しいけれど、それを不幸だと思ったことはなく、小さなことでも喜んでいました。

高度成長期に入り、あっという間に世界で2位のGDPとなりましたが、まだ物質に振り回されている感じはなかったと思います。
戦前の教育を受けた日本人が、政治や経済の中心にいた頃は、日本人の心を大切にしていました。
典型的なのが、東芝と経団連の会長をしていた土光さんでした。
めざしと味噌汁の簡素な食事で、給料は学校につぎ込んでいました。

戦前の心を持った日本人が殆んど消えてしまい、日本の心をブータンの国王に教えてもらわなければならない時代となってしまいました。
これからも日本人の心が消えてしまうことはないと思いますが、現在の愚かなテレビに洗脳され続ければどうなるかわかりません。
そのようにならないことを祈ります。
ありがとうございました。

2011/11/20 (Sun) 21:50 | パック #- | URL | 編集

こんばんは。
ブータンのことは私もニュース等で見聞きして
いますがパックさんがおっしゃるうに昔の
日本に似てるなと思います。

物がなくても分け与えることが当たり前で
他人の子供も自分の子のように叱ったり
可愛がったりできる素晴らしい国でした。

それが戦後、物欲に走り、利益だけを追求して
弱いものを切り捨てる世の中のなって
しまいました。

息子達も私の子供の頃の話を聞くと
「人情もあって物もそこそこ揃っていて
1番いいと気やったね」といいます。

何が悪くてこんなに心の貧しい世の中に
なってしまったんでしょう?

また昔のように人情あふれる日本に戻ることは
やはり不可能なんでしょうか?

次世代に誇れる日本にするのいはどうすればいいのか?
ブータンの国王来日はそんなことを考えさせて
くれました。

2011/11/20 (Sun) 21:00 | patapataokan #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

amiさん

幕末から明治にかけて日本に来た外国人は、口をそろえて、日本人はいつも笑顔で幸せそうだと言っていましたが、ブータンを見ていると、江戸時代か明治初期の日本を見ているようです。
豊かであることは良いことなのに、豊かになるほど人間は問題を抱え幸せでなくなるような気がします。
ウォンチュク国王には、すべての人が幸せと言える賢明な政治を行ってほしいですね。

2011/11/20 (Sun) 20:06 | パック #- | URL | 編集

バックさんこんばんは
ブータンからいらしていたウォンチュク国王の話題はたくさん聞いています。
すばらしい、国王であり、人として高い意識を持った方だと思います。
日本は物質的に豊かな国ですが、心の豊かさを、改めて気が付いていかなくてはいけないときですね。
求めるもの、与えるのも、意識の高いものでありたいものです。
ブータンの国民のように、日本でも一人でも多くの人が幸せで、なにも不安がないと言い切れる時代になってほしいです。

2011/11/20 (Sun) 19:37 | ami #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する