様々なこと


日本人の生真面目さは、得てして過剰な反応を示します。
節電で街灯が暗くなったので、ひったくりが40%以上増えたとのニュースがありました。街灯に使われる電力使用量が一体どの位なのか分かりませんが、街灯の使用電力がピーク電力に影響するものでなければ、平常時の明るさに戻すべきです。

juyo_tohoku.gif


使用電力のkwとkwhの違いは、kwが瞬間の使用電力で、時間当たりに積分した使用電力総量がkwhです。
節電で注意しなければならないのはkwです。
福井県では、8月9月の電気使用量が、前年を10%以上下回った一般家庭に対し、5000円の地域商品券を送ることを決めましたが、これはkwとkwhを誤解したものです。
また、節電と省エネは違います。自家発電は節電に貢献しますが、省エネではありません。

東京都で最も電力を消費するのは東京大学で、2番目が羽田空港です。東京大学は大学病院や研究施設があり、命や研究に係わる部分で、多量の電力を使用することは避けられません。

原発事故から原発を廃止すべきかどうか議論がありますが、感情論ではなく、制御技術や危機管理、製造業の競争力などを含めた議論が必要です。
原発の廃止を決定したイタリアやドイツは、原発大国のフランスから電力を購入しており、自国の原発を拒否しても、現実には原発エネルギーを使用しています。

また日本がドイツなみに再生可能エネルギーを推進すれば、一世帯当たりの電気代は、現状の月額平均6270円から9000円以上になります。
再生可能エネルギー(太陽、風力)は、天候に左右される不安定な電源です。既存の電力系統と連携する安定した設備対応が必要であり、そのコスト負担も覚悟しなければなりません。

再生エネルギー買い取り法案が可決されました。多くの問題を抱える法案であり、菅直人の退陣条件という、超低次元の駆け引きで決めるべきものではありません。東日本大震災という国難の中で、民主党政権、なかんずく菅直人という無能にして無責任、暗愚にして卑怯卑劣な人物が、この国の指導者であったことは、返す返すも無念でした。(悪口を言わないように心がけていますが、言わざるをえません)

セミの鳴き声もいつの間にか消え、来週は早9月となります。
これから台風シーズンを迎え、豪雨が気になります。7月末の福島と新潟の豪雨では、福島県只見町で72時間の雨量が700ミリ、新潟県加茂市でも600ミリを超えていました。

1ミリの降水量とは、1時間に1m²あたり 1 リットルの雨が降ることです。リットルに換算して考えると、600ミリ、700ミリの雨がどれだけ大量であるかが分かります。

雨粒の大きさが半分になると、雨粒の数は100倍になります。
雨粒の大きさと雨粒の数は指数関数で表せることを、マーシャルとパルマーが、「マーシャル・パルマーの粒径分布」として発表しています。

DSC_0176.jpg
sostenuteさんからお借りしました

日本語には雨に係わる多くの言葉があり、どれも美しく詩情があります。
春雨、五月雨、梅雨、秋雨、、氷雨、時雨、小ぬか雨、雨垂れ、雨乞い、雨音、雨宿り、雨模様、雨上がり、てるてる坊主、夜来の雨、恵みの雨、・・・数限りなくあります。

日本の美しい自然に降る雨は、様々な表情を見せ、その変化を日本人は美しい言葉として捉えました。雨の日は雨を見つめ、愛したから生まれた表現ばかりです。

和歌や俳句の美しさは、日本の美しい自然と、日本人の美しい心から生まれました。
その美しい自然を破壊する豪雨という言葉は、日本語といえ美しくありません。

大震災以降、記事を書く気になれず、ここ数カ月スポンサーサイトに急かされて記事を書いています。
今回も取りとめのない内容になってしまいました。




スポンサーサイト

コメント

Re: 節電のプラスとマイナス

くるみさん

無駄な電気は使わない習慣が根付き、電気以外でも物を大切にするようになれば良いと思います。
先日亡くなったマータイさんが、もったいないという言葉で環境保護や物を大切にする気持ちを訴えましたが、少し前までの日本人は、もったいないという言葉を当たり前に使っていました。
日本人の節約は、ケチではなく、ものを大切にする気持ちの表れだと思います。
ありがとうございました。

節電のプラスとマイナス

今回の事故を機に‘一致団結’するかのように電力についてまじめに考え、節電に取り組む姿勢は良かったと思います。

電力のピーク時間の注意点など、前もってニュースで教えてもらったりして、その時間帯はこちらも対策を取れました。

しかし、記事にあったように、夜道など暗くて女性には危険や、怖いと思う道もありました。こういう時こそ、犯罪に走るのもいるだろうと予測はつきます。

きちんとした、完璧な対策と言うのはまだまだだと思いました。

Re: 失礼いたします。

正論かもさん

ありがとうございます。
健康願望日記さんは、正論かもさんがおっしゃるように、簡潔で的確な社会評論をされておられ、このところ定期的に訪問させて頂いています。

この記事も良い記事ですね。
しかし日本は本来、子供が挨拶することが当たり前の国でしたので、そのことが記事になる風潮は残念です。

失礼いたします。

今晩は。パック様のブログの記事とは関係の無い事で、コメントさせて頂くことに深くお詫び申し上げます。
 ただどうしてもご紹介したいブログ記事がありまして、ここに書かせて頂くことになりました。
お目を通して頂ければ幸甚に存じます。

 ブログ名・・・健康願望日記 
ブログ記事名・・・見知らぬ子供が「おはよー」  2011*09*17 Sat
07:23
 URL・・・http://mickmac88.blog.fc2.com/page-1.html
     
   かじきまぐろ(mick mac)様のブログです。

 明快で簡潔にして的を射ていて、実に的確な社会論評です。

 失礼は承知しておりますが、宜しくお願い申し上げます。 

なお、かじきまぐろ(mick mac)様の了解を得て、私のブログでも全文掲載させて頂いております。  正論かも

Re: タイトルなし

yumiさん


ナターシャ・グジーの歌を聴きに行かれたようですね。
you tubeで聴いてもあれだけ素敵なので、実際の歌声と話は、さぞ心に響いたことでしょうね。
リンクありがとうございました。

パックさんこんにちは。
残暑がぶり返す日中が続いてますがおかわりありませんか?
昨日実はナターシャ・グジーの歌を聞いてきました(^^)
パックさんのブログで教えていただいたナターシャのお話と音楽を実際に聞くことができて感激しました。それでそのことをブログに書きましたのでパックさんのそのときの記事とリンクさせていただきました。事後承諾で失礼致しますがどぞよろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし

yumiさん

20世紀に入ってから、世界の争いの多くがエネルギー問題に係わっており、原子力が普及したのも利権がらみですね。
化石燃料や原子力に頼らない新しいエネルギーが、日本でも世界でも開発されています。
私の知人も、水で常温核融合を起こす技術を開発済みで、世界特許を出願していますが、そのような物が普及すれば、年間数百兆円のエネルギー利権が消えてしまい、エネルギーを牛耳っている勢力は許しません。

日本語の水の表現や色の表現の豊かさには感嘆します。
萌黄色、浅黄色、藍色なども、その細かいグラデーションにすべて名前が付いており、世界でこれほど繊細に色を表現できる言葉はないと思います。
四季折々、自然の豊かさに恵まれて生活してきた日本人の感性を、いつまでも失わないでほしいですね。

台風一過、朝晩は寒いくらいの気候になりました。
yumiさんもご自愛ください。


パックさんこんにちは。パックさんの記事更新楽しみにしていたというのにちょっとバタバタしちゃっていてお邪魔するのに時間かかっちゃいました(^^;)

一時的な電力不足から電力を今後どうしていくか大きな問題ですよね。
私としてはこれ以上自然を(動植物や人間を含めて)脅威にさらすエネルギーはごめんこうむりたいと思ってしまいます。地熱がもっとうまく使われたら天候に左右されないで安定したエネルギーを産むことができるとききましたので少しでもそんな自然と共存したエネルギーの生産と使い方にシフトしていって欲しいと願ってます。

パックさんのように色々なことにとても精通してらっしゃる方はきっと今回の地震、津波、原発のことについても私なんかの知る以上のいろいろなことを把握されて考えられてることでしょうから、、、、時間がとまってしまうようなお気持ちお察しします。。。

水についてはその語彙の豊富さ、豊かな水に囲まれている日本ならではの言葉の多さですよね。。。。色についてもなんですよ。青という色が緑のかわりに色々つかわれたり、青系の色名が実に豊富にあるのも水に囲まれた日本ならではの特徴なようです。。。そんな自然の恵み多い日本に生まれたことに感謝ですね。。。
ベランダのお花たち見ていて思いました。
自然界では犠牲になる命っていうのはよく聞く事だけど、決して無駄になることはないと。。。自然のままに生きている限り命はまた違う命が輝くための栄養になるということを。。。今回の震災の犠牲者の多さ、酷さ、あまりにもその地獄絵図になったような惨状をみてはそれが当たりまえとも思えませんし、(原発での犠牲は人災のようなこともあると思いますが)とても心を痛めることではありますが、きっとその犠牲が日本をいい方向に導くものと思います(^^)、、、私は良くはわかりませんがそういい方向を信じていたいと思います(^^)
気温差の激しい季節の変わり目ということもありますし、台風などの低気圧のこともあって敏感な人は体調を崩しやすい季節でもあると思います。。。。
パックさんもどうぞご自身ご自愛のほどお過ごしくださいませ(^^)

Re: タイトルなし

matsuyama さん

今回の大震災が、ようやく自分の中で整理できたように思います。
結論は、「散る桜 残る桜も 散る桜」でした。

原発を緊急停止した後の崩壊熱が、現在の技術ではコントロールできないので、できれば原発は廃止すべきです。
しかし、エネルギーは生活や産業の根幹であり、全体のバランスを見ながら徐々に移行せざるを得ないと思います。
感情的ではなく、科学技術の観点から、冷静に判断すべきではないでしょうか。

今回の地震で、唯一うれしかったことは、日本人の精神性が生きていたことでしたね。

パックさんお久し振りです。ご無沙汰しておりました。
大震災以降記事を書けなくなったというパックさんのお気持ちが分るような気もします。
確かに今、節電節電と電気の消費が見直されてますが、節電のあまり街灯まで消してしまうと、逆に2次災害が広がってしまいますよね。
被災地の現場では震災直後、停電で信号も点かなければTVも見れず、街灯もありませんでした。各自治体の警察の応援で交通整理をしてもらいましたが、夜の街は暗国の世界でした。こういった世界には暗躍する輩が出没するんですね。
ひったくりどころか強姦、アダルト女優への勧誘、倒壊家屋からの強奪等々。
海外マスコミからは真面目な日本人として称賛されてましたが、表に出ない事件事故はかなりあったようです。これも電気のない世界での2次災害かもしれません。

電気の供給源としての原子力はコスト面で安いかもしれませんが、運用の面でまだまだ問題がありますよね。にもかかわらず原子力発電所は現在稼働中のものや建設中のものまで各地にあります。
今回の事故により付近の住民は戦々恐々としています。これからの日本は原子力に拘らず、既存の電源と併用するか、代替のエネルギー源を探すべきではないでしょうか。

パックさん、ありがとうございます。

どこまで自分にできるかわかりませんが、私もできる限り調べます。
また、思い当たるところ全て問い合わせてみます。

Re: タイトルなし

Chetnaさん

日本の戦争や原爆の真実と、日本が被ったいわれのない汚名が晴らされなければ、日本のために戦い、死んでいった兵士たちの死が、犬死となります。
また、日本の自虐史観が続く限り、日本精神の復活もありません。

世界のマスコミを牛耳る米英が、緻密に実行したプロパガンダを覆すためには、しっかりした裏づけが必要です。
残念ながら、今現在、ご紹介できる文献を知りませんが、まだ時間があります。
ある国際大学の学長に確認してみますので、少し時間をください。
「Yahoo知恵袋」という手もあります。

真実を知ったものの役割だと思います。
大変な仕事ですが、頑張ってください。

パックさん、お伺いしたいことがあり、コメント欄をお借りします。

私の仕事である心理療法の領域においても、私が理解した近現代史を知る人は世界中でほぼいないと思われます。

2年後にコングレスー世界大会のようなものがあり、主催者の先生から日本に落とされた原爆の非正当性についてスピーチしてはどうかという提案をもらいました。

その提案を聞いたときに、世界中に信じられている近現代史観を真っ向から否定せざるを得ない場所にまるで一人で立たなくてはならないような場面が脳裏に浮かび、冷や汗が出ました。

英語で書かれた、誰もが納得できるような資料を持たない限り、その場所に立つことは不可能と思いました。

もし、アメリカのプロパガンダではない、英語で書かれた偏りのない近現代史をご存知でしたらお教えいただけないでしょうか。

そんな著述はもしやこの世には存在していないのでしょうか?

Re: タイトルなし

hetnaさん

ブログの世界を覗いて、様々な人の生活や素直な気持ちの表現が面白く、自分でも書き始めていました。
しかし、いつも付きまとうのが、自己満足、自己顕示欲に過ぎないと言うことでした。
何度か止めようと思いましたが、温かいコメントに励まされて細々と続けています。

大震災以降の深い喪失感から、まだ立ち直れていません。
自分の中でかなり整理が出来てきましたが、それを書くのは今のブログではなく、別の場所になると思います。

chetnaさんの最近の文章を拝見して、エネルギーの充実を感じ励まされています。
ありがとうございました。

私もブログを更新し続けることの意味を考え始めると、迷宮に入り込むような心もとない気持ちになります。

誰もが自分の期待や不安や善意や妄想を他者の言葉に投影してみては、何らかの安心を得ようと試みるのかも知れません。

そのような現象に加担して何の意味があるのかと自身を疑ったとしても、もしかしたらその書き連ねる言葉によって楽になったり、安心したり、力を得る人がどこかにいるのかも知れないとしたら、無駄な言葉というのは存在しないのかも知れません。

パックさんの書かれる言葉には暖かい説得力があるので、パックさんご自身が迷われても、その言葉に助けられる人はいるのだと思います。

私は助けられています。

Re: タイトルなし

タヌ子さん

原発が無い方が良いことに、異論を唱える人はいないはずです。
安全で安価で、再生可能なエネルギーがあれば、誰だってそちらを選びます。

日本には、原発のセキュリティー問題もあります。
海外では原発は国家管理ですが、日本は各電力会社が管理しています。
外国からの破壊活動があった場合、日本は警備員が飛んできますが、当然何にもできません。
原発事故が国家の存亡にかかわることは、今回の事故が証明しました。
強力な防御システムが必要です。

原子力発電所が稼働すると、それまで稼働していた火力発電所が、4~5か所が停止になりますが、無論廃棄する訳ではないので、メンテナンスをすれば再稼働が可能であり、夏場の需要期には一部稼働させます。(発電所関係の仕事に係わったことがあります。)

再生可能エネルギーはコストが高く、競争力の落ちた日本の企業の足を引っ張りますし、それを金儲けに使おうという人間がいて、結局日本人の税金から巻き上げられます。

電力だけでなく、戦後の大量生産、大量消費という無駄遣いを止め、ものを大事にする日本人の心に帰ることが、環境問題に一番大切なことだと思います。

ありがとうございました。

私もドイツ、イタリアの原発廃止決定については疑問を感じざるを得ません。
他国の危険はそのままにしておいて、自分たちだけ安全な環境で電力を確保しようというのは自己中心的な政策のように思えます。
フランスにとっては逆に電力を更に高く売るチャンス到来で、ますます原発推進に走るかもしれません。
ヨーロッパのような大陸続きの国々は隣国の問題は自国の問題として考えるべきです。
原発の安全性が100%確保されたとしても、使用済み核燃料の問題は永遠に解決されません。
一日も早く原発の全くない世界を作ることが理想ですが、今すぐに半世紀前の生活に戻る覚悟があるかと聞かれれば、多くの人が否と答えるでしょう。
何年までに原発の完全廃止という極論に走らず、新たな発電方法の開発研究に力をいれつつ、長い年月をかけて、原発に頼らない生活方法を地球規模で考えていかなければならないと思います。
福井県の節電に対する報奨金のような制度はいかがなものなのでしょう?
なんだかテストで良い点を取ったらご褒美をもらう感覚。
その分、東日本大震災の義援金に回して欲しいものですが、お役所絡みだからスムーズに進まず、途中で滞ってしまうかもしれませんね。

Re: タイトルなし

amiさん

ヨーロッパの人は合理的ですから、節電が叫ばれなくても無駄な電気を使わない習慣がありますね。
私もその点はヨーロッパ人と一緒で、以前から無駄な電気を使うことに抵抗がありました。(他の事では無駄なことばかりしていますが)
自転車発電は健康に良さそうですが、筋肉痛との戦いになりそうです。

地球のバランスが崩れているので、オーストラリアも洪水などの自然災害が多いですね。
最近、太陽が沈む位置がずれていませんか。
北半球では、夕日が北西に沈んでいます。

夜明け前が一番暗いと言われていますが、もう少し暗くなるかも知れません。
でも、必ず夜明けがきますね。





バックさんこんにちは、、お久しぶりです。

わたしは日本に住んでいないので、入ってくる情報は少なく、こちらに入ってくることと日本で取り上げられていることのギャップがあるかもしれません。

元々、節電は うちは主人がドイツ人なので、結構しているほうかもしれません。
何年か前は、一家でどのくらい電気を使っているのか?調査に人がきました。
家の中の部屋の全部の体積を図って、電気を使っているもののチエック、、など。
今は赤いレーザーで部屋の長さ、高さを見て、機械に体積が出てきます。

わたしは、前にどこかで見た自転車をこいで電気を起こす、、という案を言って見ました。(笑)一家に一台発電自転車!!ダイエットも兼ねて、、、爆笑されましたが、、そのアイディア、あしたニュースになるかもよ!!といわれました。

でも暗くなって引ったくり、、って悲しいですね。今皆がこころ痛めている時期に!!
残念でなりません。

あと、豪雨、、その名の通り、オーストラリアでは よくこの豪雨が1年に何度か降るのですが、、降っている時間が長くないので、よかったのですが、ご存知のように 最近はこちらも長い時間ふり、洪水が続いていました。

早く平和な日々になることを祈っています。ami




Re: タイトルなし

patapataokanさん

みんな原発が無い方が良いと考えていると思います。
そのことに異論はないのですが、理想論を実現するには時間が必要です。
性急な議論には、危うさを感じています。
そのことで、一儲けしようと言う人間(政商)がうろついています。

日本の雨の風情は格別ですね。
こんなに様々な雨が降る国はないと思います。
いつまでも豊かな自然と人情の国でいてほしいですね。

原発がなくて今の生活が維持できるのであれば
廃止もいいかもしれませんが今の状況で
それはかなり難しいと思われます。

原発関連で生活しておられる
方がたのこともありますし早急に解決
しなくてはならない問題ですが時間が
かかりそうですね。

雨も日本ほどいろんな表情を
見せる国も珍しいのではないでしょうか。

それだけにいろんな表現があるんだと
思います。

最近の異常気象はそんな日本の風土も
根底から覆してしまいそうで心配です。

早く穏やかな昔のような日本の
気候になって欲しいものです。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア