不条理の意味

201103200159095c1.jpg


世の中の不条理と見えることにも、すべて理由があるはずだと考えてきました。しかし、東日本大震災で亡くなられた多くの方々や、今も困難な状況に耐えなければならない方々について、どんな必然性があって幸福な人生を奪われなくてはならなかったのか、その答えを見い出すことができません。

単にプレートに蓄積された膨大な力が解放され、その結果、そこに住む人たちが大震災に遭ったのだと考えれば不条理ではありません。
しかし、三次元を支配するのが原因結果の法則であり、善因が善果をもたらし、悪因が悪果を生むのであれば、素朴で忍耐強く、堅実に生きていたはずの人たちが、なぜこのような災害に遭わなければならなかったのか、不条理と言うしかありません。

この世は生まれ変わりを繰り返して学ぶ学校であり、不幸さえも学ぶためにあると考えることもできます。しかしそうであれば、やはり長く生きて様々な人生経験を積むことが望ましいはずであり、若くして命を落とすことの意味を理解することは困難です。


20110422041_DAT_20110422234645001.jpg


先日7歳の日本人の女の子が、ローマ法王に「私はとても怖い思いをしています。大丈夫だと思っていた家がとても揺れ、同じ年頃の子どもがたくさん亡くなったり、外の公園に遊びに行けないからです。なぜこんなに悲しいことになるのか教えてください」と質問しました。

ローマ法王ベネディクト16世の答えに、もしかしたら納得できるヒントがあるのではないかと期待しましたが、「我々は答えを持っていませんが、罪なきキリストがあなた方と同じく苦しまれたということは知っています。
真実なる神は我々と共にいるのです」と答えるに留まりました。

ローマ法王が、まさかこのような安直で凡庸な答えをするとは思いもよらず、大阪弁で言えばスカタンを食らわされた思いでした。しかし誰であれ、この質問に答えることのできる人はいないでしょう。

破壊的な出来事に直面した時、怒りや悲しみを略奪や破壊や暴行にぶつけるのが世界の通例です。しかし今回被災地の人たちが示したのは、お互いに助け合い、譲り合い、悲しみに耐えながら感謝する美しい姿でした。
これまでどこの国においても、大災害の中でこのような美しい心と行為が示されたことはなく、その姿に世界は感動しました。

不条理な出来事に対して、怒りや悲しみや不満をぶつけ、犯罪的行為を行うのであれば不条理に意味はありません。
しかし不条理を受け入れ、それに負けずに未来を作り上げていく姿には、強さと美しさと希望があります。
不条理と見えたことが、新しく生まれるための陣痛であったことになります。

未曾有の大災害が日本にとってどのような意味があったのか、その答えが出るまでしばらくの時間が必要でしょう。
何年か経った時、この大災害によってもたらされた多くの犠牲が、希望を失っていた日本を再生するための尊い献身であったことに気づく日が必ず来ると信じます。

「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」
 ー ヨハネによる福音書 第12章24節

コメントのご配慮は無用に願います。


スポンサーサイト

コメント

パックさん、すみません。さきほど慌てて名前をいれるのを忘れた気がして戻ってまいりましたら、もうお返事くださったのですね。ありがとうございました。わたくしparimidoriでございました、どうぞそのままで。

Re: タイトルなし

はじめまして。

過去の記事まで読んでいただいて、有難うございます。
海外にお住まいのようですので、大震災に遭った日本を、さぞかし心配されていることと思います。
日本だけでなく、世界的に災害の規模が大きくなっており、地球に重大な異変が起きているのではないかと、多くの人たちが不安に思っています。

足ることを知らぬ物質文明は、日本人の価値観にそぐわないものであったはずですが、戦後の高度成長の中で豊かさを追い求め、自然と調和して生きる日本の心を失ってしまいました。
今回の大震災で、ブランド品より、1杯の水の有難さを痛感しましたが、そのことを忘れてしまえば、第二、第三の災害が避けられないのではないかと案じています。

拙い記事を書き散らしていますが、これからも宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。

パックさん、こんにちは。コメントがまとまらずに繰り返し読ませていただくばかりでした。そんな中で、パックさんの過去の記事の中に、今、考え直してみるべきことがたくさん散りばめられていることを再発見しています。以前にご紹介くださった環境問題の権威の武田先生は、今、福島の母子さん達の救済に多大なお力を尽くしていらっしゃるようですね。震災からこれまで、私は遠くから日本をみていることもあり、当たり前に盲目的に信じ(させられ)ていた制度、価値観などすべてのものが、次々に覆されていく今の状況が、現実とは信じがたいなにか映画をみているような不思議な気持ちでおります。これこそが時代がかわる予兆なのでしょうか。一粒の麦もし地に落ちて死なずばは、イエズスが十字架で自らの命を捨てることの意味を説いた箇所ですね。ひとりひとりがこの出来事を謙虚に深く受け止め、その気づきのきっかけをわれわれに遺し、先に亡くなっていった方たちの魂に報いるよう努力できるようでなければ、すべてが不条理に終ってしまう、そうであってはいけないと感じています。とりとめもなくなりました。またお話きかせてください。

Re: 不条理に生き耐えること=人生の目的

Kenさん

人間がどのような思想を持つかは、どのような環境に生まれ、どのような肉体を持つかに影響されます。
中東の厳しい環境が、善悪を峻別し、厳しい裁きを伴うユダヤ教やキリスト教を生み、温かい気候で、自然が豊かな恵みを与えるインドにおいて、中道を説く仏教が生まれたことも、環境と思想の密接な関係を物語るものです。

不条理を矛盾と考えれば、2x2=4に不条理はなく、2x2=8は不条理です。
しかし、2x2が実は2x2aであり、未知のaが2であることがわかったときには条理となります。

人生は多くの変数や未知数を含む故に、不条理に見えますが、未知数や方程式に気づいた時に、不条理と見えたものが実は条理であり、必然であったことが分かるでしょう。

人が人生を生きるのは、不条理の意味を理解するためかも知れません。
従って、「人生が不条理であれば、即刻、自殺してしまえば良い」のではなく、不条理を受け止めて生きることによって、初めて人生は意味を持つのではないでしょうか。

通りすがりのコメント有難うございました。

不条理に生き耐えること=人生の目的

もともと自然というのは、人間に対して残酷なんじゃないですか。西欧から『聖書』が生まれたのも、自然が残酷だったからで、日本の古典が「やんわり」しているのは、四季のある自然が人間に優しいからじゃないですか。東北の大震災で亡くなった方には気の毒ですが、地震で苦しむだけが不条理ではないし、そもそも生きることそれ自体が「不条理」なんじゃないかな、と私は思っています。ダンテの『神曲』は喜劇=人間の人生は素晴らしい、という展開ですが、私はどちらかと言うと、悲劇=自分の宿命(理想と現実との葛藤)と格闘すること、それで最後は敗れる、そんな生き方が人生ではないか、と思っています。私の考えは間違っているかも知れません。しかし、そもそも人生が不条理であれば、即刻、自殺してしまえば良い。そんな極論も考えてしまうんですね。人間の問題には人間自身が解決するしかないですが、おそらく人間という永遠の問題は未来永遠に解決しない、そんなことを言ってみたくなりました。通りすがりで、失礼しました。

Re: こんばんは。

シャエイドさん

シェイドさんが、記事を書かれる余裕ができたことをうれしく思います。
被災地の中で起こる、ネガティブなことは余り伝わってきませんが、現在の日本人の中には、非常識な人間も少なくないのだろうと思います。
そのような人たちに対しても、献身的な作業をされている自衛隊の方には、申し訳なく心が痛みます。

おばあさんのされたことは、昔の日本人なら多分殆んどの人がやったのだと思います。
広島の原爆の詩「生ましめんかな」の、“かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ”を連想しました。

ありがとうございました。

こんばんは。

ご無沙汰しております。

昔はもっと心も通い合っていたのでしょうか?
今ボランティアも被災された方の中にもモンスターといわれる人たちが居ると言います。
ボランティアに来たのに食べる物や寝るところくらい用意して当たり前と言うらしい。
また被災者の中には、私達は被災したんだから、してもらって当たり前。
自衛官に向かって泥をふき取れといい、予備自衛官の方がその場所を拭き掃除をしていたとか、こんな物ばかり食べられないとか・・・寂しいですね。

心はどこへいったのでしょう?
私のところのお婆さんのお話に後日談があります。
ブログには載せませんが、23日に知りました。

お婆さんの気持ちと外人さんの気持ちが通じ合った瞬間でした。
異国の地で災害に遭い、わが身を省みず手当てをしてくれたお婆さんの温もりが
不安にさいなまれていた外人さんの心に火を灯したのです。
この話を読んだときに、古きよき時代の日本人の姿を見た思いでした。

あまり深く考え込まないようになさって下さい。

Re: タイトルなし

yumiさん こんにちは。

あとから振り返った時、歴史の転換点が見えますが、あの日はきっと日本の転換点になったのだと思います。
最近、ブランドのバッグの売り上げが落ちているようですが、カモにされていた日本人が、本当の価値とは何かに、気づき始めたのではないでしょうか。
日本は必ず復活すると思います。
愚かな政治家が、邪魔をしないことを願っています。

Tちゃん、見るたびにしっかりしてきているのに驚きます。
早く大きくなってほしいのと、いつまでも可愛いままでいてほしい両方の気持ちがありますね。

パックさんこんにちは。
やっと余震も少し落ち着いてきましたね。
パックさんもお心がとても感じるものが強くてらっしゃるだけに相当な衝撃を受けられていらっしゃるようで心配してました。体調は大丈夫ですか?
今回の東日本の惨状はやはりなぜ?と思ってしまいます。
でもきっと時間が経ってからわかってくるものと思います。
世界中の国が注目しているのですもの。
きっとその模範になれる将来よりよくなる何かを世界に示すために必要な何かがあると。
全てをうばわれた被災地の方たちにまた希望の光が注がれる日が少しでも早く来ますようにと祈るばかりです。。。。

Re: タイトルなし

冬日向さん

お久しぶりです。お元気でしたか。
なぜ日本が、なぜ東北がという思いは、ずっと心の中にあります。
いつか多くの貴い犠牲に、意味があったことがわかる日が来ると信じています。
その日が遠くないことを願っています。

不条理であっても、不条理であるからこそ、愚直に良い方向に行くと信じたいです。
信じるだけではなく、何かしなければならないのでしょうけれど、まだまだ、立ち尽くす感じがあります。

Re: 相互リンク依頼

なわたろうさん。
はじめまして。
リンクの件、承知しました。
こちらもリンクしますので宜しくお願いします。

相互リンク依頼

はじめまして。なわたろうです。
いつも参考にさせて頂いております。
もしよろしければ相互リンクをお願いします。
こちらのサイトには貼らせて頂きました。
よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

さつきさん

言うのは自由だという風潮がありますが、良い言葉も悪い言葉も一度外に出ると引っ込めることができません。
人を傷つけ貶めることや、不安をあおり不愉快にさせる言葉は、いつか自分に返ってくることを知れば、軽々しく言葉を使うことはできません。

大和言葉に耳障りな言葉がないのは、古来日本人が言霊の力を知っており、悪しき言葉を謹んできたからでしょう。
言霊の幸わう国と言われた日本で、乱暴な言葉や耳障りな言葉が氾濫してきたのは、言論の自由、思想の自由と関係があるでしょうし、戦後、日本的なものを否定してきた結果だと思います。
「初めに言葉ありき」、言葉を大事にする躾や教育が、失われた日本人を取り戻す鍵ではないでしょうか。

今回の大震災で、日本人の心が失われていなかったことが闇の中の光でした。
被災地の人たちは、流言飛語に惑わされずに、復興に向けて突き進まれることを願っています。
ありがとうございました。

バックさんへ

コメントありがとうございます。

「見ない」確かにそうなんだと思います。

それでも私が何故見るかと言うと、そんな不愉快な情報が
被災者の耳に入ったらどんなに悲しいのだろうとか
信じ切ってしまう人がいたら、恐れを蔓延させて今は決して良い事はないと。
被災者の気持ちを考えると どうにもいたたまれないからです。

一種のサイバー犯罪に近い種類のものであると思いましたので
警察に相談もしたんです。

警察のサイバー担当の方もおっしゃっていました。
「確かに沢山そういう根拠無い情報が氾濫しているのは知っています。
しかし個人的には いくらネットでの自由が許されていても 今こんな発言は
ネットだからこそ如何なものかと思っています。
しかし言論の自由がある国なんで見ないことにするしかないです。
それに反応する事によって アクセスの数だけでも
その人たちは 更に加速した意見を述べたがり こんなに自分の言っている事は
正しいんだと 自分の発言が正しいと思いこむから。
こちらは申し出のいくつかのブログも今後監視してますから
犯罪性を感じたらきちんと対処しますから大丈夫です」
と。

バックさん、言論の自由はとてもいい事ですが、
同じ被災国の国民として恥ずかしいですが 人の温かさと力強さを知ると同時に 
こんなにも理不尽な事も同時に混在していると言うことを意識して参りたいと思います。

言葉は 一度出したら拾えない。
だから今こそ思いやりを!
これを良くわきまえた人々が増えることを願いたいと思います。

ありがとうこざいました。

Re: タイトルなし

さつきさん

今回の地震について様々な憶測が流布していることは承知しています。
もしかしたら本当のことも含まれているのかも知れません。
しかし私自身は、なぜ日本が、なぜ東北がこのような試練を受けなければならなかったのか、そのことが頭から離れず、様々なことを考える余裕がありませんでした。
被災地の人たちが深い悲しみと困難な状況の中で、人を思いやり助け合ってきた心と行為の美しさこそが確実な事であり、心を暗くする理由を探したくなかったのかも知れません。

今回のことに限らず、ブログや匿名性の高い媒体で発信される意見には、不愉快なものが少なくありません。
自由に意見を述べることの重要さと引き換えに、それらの意見も許容するしかないでしょう。
意見を述べる自由を否定しない代わりに、私たちは見ない自由を選ぶしかないのだと思います。

有難うございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

私 ご質問したいことがあります。

この震災に対して 今何をすべきかを理解できずに、エゴそのもの 洗脳そのものに
地震兵器だとか 水爆だとか 
闇の勢力が日本沈没を企てて失敗したとか 
人口淘汰の一環だからこの位で済んで良かったとか 
原発現場に赴いているのは闇に飼われた奴らだから収束するわけがないとか 
予言した日に地震が起こらなければ「つまらない」とか 
被災者はテレビや新聞から被災者意識を振りまくなとか 
富士に爆弾が仕掛けられるとか 
原発が今何とかなっているのは 自分達が祈ったからだとか(この手の方達は必ずこうした発言で辻褄を合わせますよね)
 
天皇が闇に脅されて揺れているから 日本が揺れて当然ですとか
人々の切なる思いがこもった義援金と言う真心に対して 
無駄だとか まだ日本人はお金に依存しているとか
被災者は依存するなとか
本当に本当に「心ない非人道的な発言」をしているブログがいくつかあります。


これらに対して 発言は確かに自由に許される国ですが、人として人の愛として
許されない事だと思うんです。
自分は愛に溢れているといいながら 全くそれを感じ取れる愛は見あたりません。

思想は自由だけれど 「今」こんな発言の数々が必要でしょうか?
アセンションしようがしまいが  信じようが信じまいが 個人の自由だと思うのに 
選択は自己だといいながら 何故押しつけがましく 正論だと言い張り
攻撃的になる方達がいるのでしょうか。
思想に肯定も否定も致しませんが 同じ日本人として
同じ人間として 何を思っていてもこうしたネットで
「今」言うべき事ではないと感じます。
「大変恥ずべき事」だと思います。
後で言えばいいじゃないですか。
相手を思いやれない大変悲しい人間性だと思います。
どんなに愛を説いても それは決して人に伝わるものではない方達だと思います。
正直 本当に怒り心頭です。

私は バックさんだからこそこの事を問うて見たいと思いました。

震災は 大きな被害と悲しみを残しました。
同時に 人の心の力強さを感じました。
命の大切さを知りながら 改めてそれを実感しました。
不条理ながら天に昇る魂もあれば 仕事での出来事の中で
生まれくる命もある常も改めて感じました。

今 被災者は何が必要なのかは現実です。
必要なのは 訳のわからない根拠の理解できない情報ではなく
安息の場所や 日用品や 仕事や様々。。つまり今手をさしのべられる現実そのものだと。

私事で言えば、少なからずも義援金や 全く知らない避難民の自宅への受け入れの申し出など阪神大震災の時と同じにしました。
それでも尚 自分に何が出来るかを日々模索しています。
そこに 見返りなんて当然求めていません。皆そうだと思います。

あまり 人のブログ上の事について発言することは避けたいのですが
今回ばかりは 何故? 何故? 前述した数々の発言や発言者たちについて
人道的 かつ 常識的にバッグさん意見を求めさせていただきたいと思います。

もしも このブログに一つでも前述したような言葉があれば 決して質問なんてしませんでした。
正直 バックさんなら無いと信じながらも 恐る恐る今回は拝見させて頂きました。
安心しました。


Re: タイトルなし

patapataokanさん

多くの人が、なぜ日本なのかと考えたようです。
この疑問の答えはわかりませんが、これほどの大災害の中で示した東北の人たちの心と行いに、なぜ日本で起きたかの意味があるように思います。

日本は世界の雛型といわれますので、これから世界で大災害が起きてくるのではないかと懸念されます。
その時、東北の人たちの行動が、世界のお手本になるのではないでしょうか。
日本の復興もお手本になって欲しいですね。

私もこの震災が起きた時、なぜ日本で?と
思いました。

でも東北の方々の人心さや粘り強い姿を見て
同じ日本人として自分が恥ずかしく思いました。

もし、近畿であれと同じことが起こったら
あれだけ冷静に対処できたでしょうか?

パックさんがおっしゃってるように
私もこの辛い経験をした方々の中から
きっと将来の日本を担う素晴らしい方が
出てくるのではないかと思います。

また、これだけの犠牲が出たのですからその方達の
犠牲を無駄にしないような未来を築けたらと思います。

Re: タイトルなし

風光さん

神戸の地震の時は感じなかった不条理を、なぜこの大震災で感じたのだろうかと言えば、津波の残酷な映像を見たことによるものだと思います。
しかし、スマトラの津波の映像を見て、30万人近い犠牲者が出たことを聞いても不条理を感じなかったことは、自分の身近に起こることでなければ、人間は無関心なのだと痛感します。

阪神大震災の時は、1か月半で7000戸以上の仮設住宅ができていたのに、今回は250戸程度しかできておらず、政府の拙劣な対応をもどかしく思います。
この大震災が菅内閣で起きたことについては、国民の選択であり、原因結果の法則と言うしかありません。

私もこの震災の後、何故・何故と繰り返し考えるも私ではその原因も解らずに
またローマ法王と少女の事に着きましても記事で読み、ローマ法王が?とその返答に少々落胆しましたが、返答できないほどにこの災害は大きなものであった事を逆に知らされたとも思いました。

因果の法則を考えれば、いづれ今回の災害の原因も解るのかもしれません。
そうこう思っていても、現実に被災された方々の明日を心配せずにはいられず
更にはその対応も急務であり、日本国民全てが力を出さなければなりません。
震災の犠牲になった人々の悲しみや悔しさも全てを私たちは背負って
日本人の心の復興にも力を注いでいかなければと
微力ながら私は私なりのやり方で行動に移していこうと思っております。

Re: タイトルなし

タヌ子さん

大震災以来、なぜ日本が、なぜ東北がという思いがずっと心の中にあります。
記事を書く気にならず、今回も書きたいことをまとめることができませんでした。
たしかにこのような大災害の中では、輪廻転生を繰り返すと考える仏教の方が救いになります。
ローマ法王としても難しいコメントだったと思います。

東北地方の暴走族グループが解散し、ボランティア活動を始めたというニュースがありました。
戦後日本を覆っていた甘えの構造が、大震災によってはぎ取られ、日本復活のきっかけとなってくれることを
願っています。

地震、津波のニュースを知り、最初に頭に浮かんだのは『何故善良な日本人がこんな目に遭わなければいけないの?』『何故日本なの?』ということでしたが、別の国だったら良かったのかと言えばそんなことはなく、どこにもぶつけようのない怒りを抱え込んでしまいました。
誰も答えは見つけられないけれど、計り知れない大きな悲しみや空しさの前では、キリスト教よりも仏教の方が考え方の方向を示してくれる気もします。
今、苦しい状況の中で前向きに一生懸命生きようとしている被災地の子供達。
10年後、20年後に日本の将来を明るい方向に導いてくれるリーダーになってくれると信じています。
彼らは犠牲となった尊い命、そして自分自身の辛い経験を決して無駄にしないと思います。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア