正しさについて

PN2010082501000986_-_-_CI0003.jpg

 「正義の哲学」で知られるハーバード大のマイケル・サンデル教授の授業は、様々な問題を、「君ならどう考えるか」と問いかけ、代理出産、同性愛結婚、人権など、結論の出ない問題を突き詰めていきます。

NHKの番組でサンデル教授は、日本、アメリカ、中国の学生たちに、原発は必要か、危険な作業は誰がやるべきかなどを問いかけていました。このような討論を行うと自説を主張して激論となり、冷静な議論ができないものですが、サンデル教授は両論を見事にコントロールしていました。無論、結論は出ません。

何が正しいかは状況によって変わり、絶対的な基準がありません。それゆえ、人間の争いの多くが、「正しさ」から生じます。
人の物を盗むのは悪に決まっていますが、鼠小僧のように有り余る金持ちから盗んで貧乏人に施せば、義賊と称され、戦場では多くの敵を殺した人間が英雄になります。この世の正しさは、すべて相対的です。

しかし言うまでもなく、子供に「正しさ」を教える時は、絶対的なものとして厳しく教えなければなりません。
子供は真っ白な状態で生まれてきます。真っ白で生まれるとは、何が正しくて何が間違いかを知りません。
嘘をついてはいけない、人のものを盗ってはいけない、年長者は敬わなければならない、弱いものいじめをしてはいけない、挨拶しなければいけないなど、人間としての生き方を教えられて、初めて子供は人間になります。

お釈迦様は、正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定の、「八正道」を説かれました。
正しく見、正しく思い、正しく語り、正しく仕事をするなど、八つの正しい生き方を示したものですが、肝心の「正しさ」が人によって違うため、その教えを「正しく」理解することは困難です。

お釈迦様の説いた正しさの基準は、調和(バランス)にあります。
正しく見るためには自分中心ではなく、相手の立場に立って考えなくてはならず、お互いのバランスの中に、正しさの基準があります。正しく聞く、正しく語ることも同様です。
つまり、正しさは絶対的基準として存在するのではなく、調和を実現することが正しさの基準となります。

しかし、相手の立場に立って考えることは、簡単ではありません。


pho_01.jpg

ダスキンの創業者であった鈴木清一さんは、『自分に対しては、損と得とあれば損の道をゆくこと。他人に対しては、喜びのタネまきをすること』を説かれました。

いつも損の道を選べば、会社は潰れてしまいます。しかし、人間はそのくらい相手を優先しなければ、自己中心的になってしまうことを説かれたのだと思います。相手の立場に立つことを、これほど明確に示す言葉はありません。

鈴木清一さんの次のような言葉があります。

『夜もふけて悩みも苦しみもひととおりお聞きした後で、私がどうしてもご返事をしなければならないことになりました。
そこで私は「悩んでください。それが生きがいですよ」とお答えをしました。
人間はどんなに努力をしても良い結果になるとは限りません。しかし、どんな結果もありがたいと思えたら本当の勝利なのです。』

若い頃、鈴木清一さんの葬儀に参列しました。当時の三洋電機の副社長が弔辞の言葉を述べられましたが、鈴木清一という人物を失った悲しみを語る言葉は嗚咽で途切れ、折からのどしゃ降りの雨が、悲しみの涙と感じられました。
いまだに心に残る葬儀でした。

日本が高度成長を遂げていた頃、このような立派な経営者が沢山いました。そして、日本の心を持った多くの日本人が、それを支えていました。

今、東日本大震災からの復興を目指す日本にとって、何より大切なことは、先人たちの心の中心にあった、日本人の原点に帰ることだと、改めて痛感させられます。


参考:戒名とは何か

コメントのご配慮は無用に願います。


スポンサーサイト

コメント

Re: 正しさに惑い…

fateさん

正しさの絶対的な定義はなく、争いの多くが、相対的である正義を、絶対と主張することによって生まれます。

「正義」は両刃の剣で、自分も人も傷つけます。
自分が傷つくのはわかりますが、相手を傷つけたことはわからずにいます。

正しさを超えるのは、許しだと思います。
その問題が起きてきたのは、必要必然であると考えれば、受け入れやすくなります。

以前の記事「正義感の落とし穴」でも、正しさについて考えています。

ありがとうございました。

正しさに惑い…

正しいこと、という定義に迷い、惑って、ちょっとお邪魔させていただきました。
正しさは、ときに人を傷つける…ということを踏まえて。

fateは間違っているのかなぁ、と自分でそう感じるときが一番辛いです。
今、まさにそんな渦中で(たいしたことではないんですが)なかなか苦しくて、ブログを放浪しております。

ありがとうございました。

Re: おはようございます

hopeさん

そうなんです。
心がけているつもりでも、自分を優先してしまいます。
人と自分と、もしかしたら5:1位に考えて、ようやくバランスが取れるのかも知れません。
自己保存の本能は、そのくらい強くて厄介ですね。

コメントありがとうございました。

おはようございます

こころがけてても、自己中心になりがちです。気づかないうちに。
「おひとを優先させる」という心構えをもって生きたいな・・・。

すっごい迫力を感じるブログですね。
わたしわ、ねこちゃん。あまり深く考えられないけど、なるほどって思ったら実行するタイプです^^;。




~後記~
哲学的なこと、政治、経済・・・高度な世界にいらっしゃるのですね。わたしごときが・・・って思いました。拝見してわたしなりにでも理解のできることがあれば、すこしでも向上するかな?なんて思いました。
お勉強させてくださいね。
それと、お越しくださって恐縮します。ありがとう。

Re: 正しいを書くと

ジェームスダブルでおさん

確かに正しいという漢字は四角四面で、柔軟性が無いですね。
正しさの主張には、自分の価値観や思い込みを絶対視する危険性があるように思います。
漢字の中に、その特性が現れていますね。

絶対と言う言葉を頻繁に使う人がいますが、そのような人も、自分の価値観の「正しさ」を主張して譲らない気がします。
やはり、バランス(調和)が大事ですね。


正しいを書くと

こんにちは。ひさしぶりにブログを拝見しました。

今回もとってもためになることが書いてあり、感謝です。

「正しい」ということで、ふと思い出したのが、

小学校か 中学校のときに 先生が黒板に なにかをかぞえるときに

この 「正」という漢字をよく使っていたことなんですが

「正」という漢字 今 思ったんですが

つきだしていて どこにも交わっていない

かくかくしてて しなやかさに欠けてますね。

「正しい」をよく使い よく言う人は、

自己主張ばかりで 心のしなやかさに欠けた ところが あるように思います。



Re: タイトルなし

yumiさん

デカルトが、「この世で一番公平に与えられているのは良識だ。なぜなら、もっと良識がほしいと考える人間はいないのだから」と言っています。

学歴や教養の有無にかかわらず、自分の意見や判断が間違っていると考える人はあまりいません。
自分の目を通してしか、外を見ることができないからでしょう。
自分を客観的に見るには、目をつぶり、心を内に向けるしか無いようです。

『広く広くもっと広く それが般若心境 空の心なり』 は、薬師寺の管長だった高田好胤さんの言葉ですね。
仏教を広めるために、宣伝マンに成りきられた方でした。
学生時代にお会いしたことがあり、はからずも当時のことを思い出しました。

いつもパックさんの記事を読むたび考える時間が生まれます(^^)
頭の回転の遅い私はすぐにコメントできなくて何度も読み返してしまうのですが、そのたび色々なことを考えることができるのでとてもありがたく思っております(^^)

自分が正しいということに固執しすぎる人は
きっとものの両面性がみえてないので常にネガティブな方を見ているのでしょうね。。。。どんな性質にも裏と表の二面性があるのでしょうが
正しい正しくないは主観的にちがうとかわってくることもあると思うのでその判断決め付けすぎると、テロのような正論だとする間違った考えが生まれたりして、、、、でもそれがなくなることはおそらく無いでしょうし、、、難しいですね。。。
だからこそ自分だけの考えにとらわれない心が必要なのかもしれませんね。。。。
実家の額縁に『広く広くもっと広く それが般若心境 空の心なり 』
と書かれたのがかざってあるのを今思い出しました(^^)

Re: タイトルなし

タヌ子さん

海外で英語のできる人間を募集すると、英語のできない人間が平気で応募してくると言いますが、
その位自己顕示しないと生きていけないのと、恥の観念がないせいかも知れません。
フランスでは特に、謙虚さが自信のなさに見られてしまうのでしょうね。

しかし、最近は日本の入社試験で、あなたの長所を述べてくださいというと、臆面もなく滔々と自分の長所を述べる若者が多いようです。
入社試験のマニュアルとして教えられているせいかも知れませんが、日本人の謙虚さも変わりつつあるようです。
一度日本が貧しくなって、有難さを知ることが必要なのでしょうね。


「お客様は神様です」と言われてつけ上がり、お客様窓口の担当者を困らせる人間はずいぶん多いようです。
相手の立場を理解しない、利己的な人間が増えていることの現れでしょう。


社会生活における正しさの基準は大体、どんな宗教、どんな国でも同じですが、道徳、美徳の観念は国によって随分違います。
外国に暮らしていると、日本の『美徳』が全く通用しないことが多く、最初の頃は戸惑いを覚えました。
特に日本人が一番大事にしている謙虚さが短所の項目に入れられてしまうフランスでは、とにかく自己主張をしないと相手にしてもらえません。
フランスでは謙虚さは自己を卑下していると受け取られてしまい、日本では自分の意見をはっきり言うと、出る杭は打たれるということになりかねません。
生活する国によって考えを切り替えなければならないのは大変ですが、どんな国にいても思いやりだけは忘れてはいけませんね。
企業も利益中心に考えるようになると、利用者に対する細かい心配りを怠るようになり、信用を落とすことになり経営不振に陥ります。
逆に『お客様は神様です』という日本社会の仕組みが、利用者をつけ上がらせていたことも事実。
東日本大震災で、今まで当たり前だと思っていたことが如何に貴重なことであったかを学んだ人は多いと思いはず。
サービスも提供者がいなければ受けられないことが分かれば、提供者に対する感謝の気持ちも生れてきます。
利己主義だと思われていた若者の間でも助け合い=調和の精神が芽生えてきました。
それが一時的なことではなく、これからの長い復興の時期、そしてその後もずっと続けば、日本はまた以前のような精神性の高い素晴らしい国になると思います。

Re: タイトルなし

rpathさん

ご無沙汰しています。
鈴木清一さんは、一燈園で学ばれましたね。
一燈園を作られた、西田天香さんと言う方の偉大さをあらためて感じます。

鈴木清一さんの葬儀に参列した頃は若過ぎて、その偉大さが見えていませんでした。
しかし、どしゃ降りの雨が、鈴木清一さんの死を惜しむ涙の雨に感じだことは、今でも良く覚えています。

損と得とあらば、損の道を行くこと」は、鈴木清一さんの「祈りの経営」の中核をなすものでした。
倉本長治先生も、「商売は損得より善悪が大切だ」と言われていますね。

今回の記事を書くに当たって、久しぶりに鈴木清一さんの写真を拝見しましたが、その人格のすべてが現れた見事なお顔に、感銘を新たにしました。

ありがとうございました。

お久しぶりです。
パックさんが鈴木清一さんの葬儀に参列していたとは…。
ビックリしました。
以前、一燈園の記事を書かれていましたが、
鈴木清一さんも非常に深い関わりがありましたよね。

「損と得とあらば、損の道を行くこと」
この言葉に対して「正しい道を行く」としたらどうかと
(倉本長治先生だったでしょうか?ちょっとうろ覚えです)の
アドバイスに、何が正しくて何が正しくないかはなかなかわからないと
変えなかったと聞いたことがあります。

Re: タイトルなし

流木作品さん こんにちは。

あし@ は、5月初旬から表示できないので使っていません。
エディタも、ほとんど使っていない状態です。
ともあれ、今後ともよろしくお願いします。


おはようございます バックさん。

流木作品(京都流木民芸)です。
あし@ を 休止して ゆっくりと 各ブログを巡回して各ブログ記事を拝見(拝読)してると再発見が多いです。

あし@を しばらく休止しております。
今後エディタさんの覧から お伺いしますので宜しく。


Re: タイトルなし

風光さん

人間は、生まれた環境や教育が違い、様々な価値観がありますが、みんな自分が正しいと思っているので争いが起きやすいのでしょう。
個性の無い人間や、自己主張の無い人間同士であれば争いは起きにくいでしょうが、逆に、違いがある故に、人間の面白さがあり、創造性に繋がって行くのだと思います。
人と人の間を人間と言うのも、昔の人の知恵なのでしょうね。

「人間」という字を思い出します。
人と人の間に本当の人間というものがある。
肉体一個の塊(物質)が人間かと思ったら、そうではなく
物質ならざるところに、そこに人間があってそして物質を現している。
「自個」と「他個」とまたは「全」との相互関係に於いて
調和ある姿こそ人間を現している。
そんな事を記事を読みながら思い返していました。

Re: タイトルなし

patapataokanさん

家庭の調和がすべての元ですね。
親が子供のために精一杯生きている家庭は、子供も精一杯の親孝行をします。
patapataokanさんの家庭が、その良い例です。

斉藤一人さんが面白いことを言っています。
「どちらが正しいかというから喧嘩になるので、どちらが楽しいかにすればいい。
俺のほうが楽しい、いや、自分の方が楽しい、と言うのなら、お互い良かったねで喧嘩にならない。」

さすがですね。
どちらが正しいかを言い出すと、親子から国の間まで、争いばかり起こります。

子供の教育の第一歩はしつけですが、しつけは体が美しい「躾」と書きます。
背筋の通った姿勢や振る舞いが出来る人は、人間としても魅力があります。
正しい生き方は、美しい生き方なんだろうと思います。

patapataokanさんのコメントを拝見していて、今回の記事は舌足らずであったように思います。
追記した方が良さそうです。

ありがとうございました。




こんばんは~!

正しさとは難しいですね。
文化の違い、価値観の違いからいろんな相違があると
思います。

ただ、今の日本のように親や子を手にかけるのは
どこの国から見ても間違ったことだと思います。

その間違ったことが最近頻繁に日本で起きているのですから
情けないことです。

今回の震災の影響で独身女性の結婚願望が
高まっていると聞きます。

人間一人で生きるのは所詮無理なこと。
喜びを分かち合い、助け舞える家族や地域、
ひいては国を大事にしてこそ
栄えていけるのではないかと思います。

今回の震災で戦後の個人主義でなく地域と共に
生きる昔のやり方の良さがまた見直されて
利己主義に走る政治家でなく、昔の資材を投げ打つような
正義感あふれる人物が出てくることを望みます。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア