スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の戦いとは何であったか

sakai-saburou.jpg
坂井三郎氏

ゼロ戦のエース(撃墜王)として、世界に知られた坂井三郎さんの愕然とした体験を、石原慎太郎東京都知事が、文芸春秋12月号で紹介されていました。

ある朝、坂井さんが中央線に乗った時、前に座った学生の会話を聞き、あまりの事に次の駅で降りて心を静めたと言います。

「おいおまえ知ってるか、日本は昔アメリカと戦争をしたんだってよ」
「え、何、そんなの嘘だあ」
「馬鹿、本当の話だよ」
「ええ、マジか」
「マジだよ」
「で、どっちが勝ったんだよ」

坂井三郎さんの自伝「大空のさむらい」、「続大空のさむらい」には、自己を極限まで律し、日本を守るために戦った記録が淡々とつづられています。しかし、命を賭けて守ろうとした日本が、これほどまでに心を失ってしまったことを、坂井さんはどのような思いで見つめられていたのでしょうか。その心中は察するに余りあります。

(「大空のさむらい」は英語に翻訳されてアメリカでベストセラーになり、その後イギリス、フランス、イタリア、ノルウェーなどでも大きな反響を呼び、多くの手紙が坂井さんに送られてきました)

大空のサムライ―かえらざる零戦隊 (光人社NF文庫)大空のサムライ―かえらざる零戦隊 (光人社NF文庫)
(2003/04)
坂井 三郎

商品詳細を見る

この若者たちを無知だと笑うだけでは本質を見失います。
なぜこのような若者が生まれたのか、その背景には何があるのでしょうか。

先だって参加したある集まりでのことです。
日本兵によって弟二人が空中に放り上げられ、銃剣で刺殺されたと語るフィリピン女性のDVDを見た人が、日本人としてどのような贖罪ができるのか考えさせられたと発表していました。

この話が真実なのか疑問があります。少なくとも言葉通り受け取ることはできません。
二人の弟が殺されたのであれば、上の子は2歳以上でしょう。体重は10kgはあったはずです。それを放り上げて銃剣で刺すことなどできるのでしょうか。少なくとも一人で出来ることではなく、気違いじみた二人以上の日本兵が残虐を行い、周囲にはそれを制止する日本兵がいなかったことになります。

(「神は悪を許しているか」で赤ん坊を投げて銃剣で刺すドストエフスキーの小説の一節をご紹介していますが、この話しと無関係なのでしょうか)

会が終わった後にこの方に疑問を投げかけたところ、戦争中だからそのようなこともあったのではないかと言われました。
しかし戦争と言う極限状況の中でこそ、民族の本質が現れるはずであり、日本人にそのような残虐性があったとしたら、過去の歴史の中で同様の残虐が行われているはずです。

日本軍にまつわる話にはねつ造が少なくありません。しかし多くの人が戦時中の日本軍の蛮行と言われれば、無条件で受け入れてしまいます。
なぜそのように条件付けられてしまったのでしょうか。


20100206000917a19.jpg

上記の写真は、米従軍カメラマンのジョー・オダネル氏が撮ったものです。
オダネル氏のこの写真についてのコメントを、「ねずきちのひとりごと」から引用します。


佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。

10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。

少年の様子はあきらかに違っていました。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。

足は裸足です。

少年は焼き場のふちまでくると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしています。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。

白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
私は、背中の幼子が、すでに死んでいることに気づきました。

男たちは幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。

それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。

その時です。
炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気づきました。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。

夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。背筋が凍るような光景でした。


長崎に原爆が投下されたのは、昭和20年8月9日午前11時02分のことです。

原爆は浦上地区の中央で爆発し、長崎市を壊滅させました。

亡くなられた方々のご遺体を焼却しているところにあらわれた少年。

幼い弟(妹?)を背負い、はだしで、歩いてきた。

その子は、泣いちゃいけないと、精いっぱい、涙をこらえて、不動の姿勢をとり、唇に血がにじむほど、歯を食いしばっていた。

こんなちいさな少年でも、その頃の日本人は立派な、サムライだったのです。(引用終わり)


戦前の日本人は、まさに子供でさえ立派に生きることを教えられていました。
戦争のさ中において、日本人は数え切れぬ感動の逸話を残しています。そのような民族が、人道にそむく事を平気で行ったのでしょうか。

日清戦争、日露戦争においては国際法学者を戦場に同行させ、世界から賞賛された日本が、大東亜戦争においては卑怯卑劣、残虐を平気で行える国に堕していたのでしょうか。

和を尊び、礼儀を重んじ、清廉で繊細な文化を作りあげてきた日本人が、戦中・戦前の一時期にだけ、鬼畜のような民族に成り下がっていたのでしょうか。

戦後の占領下で、日本人が二度と脅威とならないように、すべての責任を日本に押しつける、巧妙な洗脳政策が行われてきました。
現在、日本が抱える問題の多くが、その占領政策に起因するものです。

以前の記事「日本人は死んだか」でそのことを書こうとしましたが、ブログの許容を超えると考え中断しました。
日本が戦後語ることを避けてきた大東亜戦争(「太平洋戦争」は、戦後アメリカが意図があって使い始めた言葉です)の事実と、戦後の占領政策とは何であったかについては次回に書きます。

今日、1月14日は歌会始めです。
そのような日に内閣改造を行い、ご高齢の天皇陛下に任命式のご負担を平気で強(し)いる菅内閣に、日本人の心を失わせようとした洗脳政策の、見事な成果を見いだすことができます。

昭和天皇御製  
  あめつちの 神にぞいのる朝なぎの 海のごとくに波たたぬ世を







スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/10/03 (Mon) 15:36 | # | | 編集
Re: タイトルなし

matsuyama さん

山口さんが白人であれば、笑いものにはしなかったのではないでしょうか。
また、ドイツに原爆を落とさなかったのも、人種差別によるものだと思います。
植民地政策は、非白人を同等の人間ではなく、人間の格好をした別の生き物として見ていたからできたのでしょう。

山口さんは数年前にアメリカで、私が見たのは地獄だったと原爆の悲惨さを訴える講演をしていました。
その講演を涙ながらに聞いていた若い女学生もいましたので、すべての人がそうだというわけではありませんが、笑いものにした司会者にその時のビデオを見せてやりたいものです。

私が生まれたのは広島の隣の岩国市なので、小さい頃は原爆のケロイドがある人を良くみました。
日本人は原爆のケロイドを刻印された唯一の民族であり、核兵器反対の訴えをする義務があると思います。(権利ではなく)

2011/01/22 (Sat) 23:45 | パック #- | URL | 編集

先日、英BBCテレビのお笑いクイズ番組で「世界で一番運の悪い男」として冗句混じりで、広島と長崎で二重に被爆した山口彊さんを紹介していたというニュースがありました。
二重苦を背負って悲惨な人生を歩んできた山口さんを笑い物にした番組は、山口さんのみならず、日本をも侮蔑した行為です。いかに欧米人の繊細の無さを露呈した軽薄な番組だったかですね。
日本人の原爆問題に対する潜在感を軽視してますね。欧州人は原爆の悲惨さと核廃絶を訴え続ける日本人の心を全く理解してないそうですが、悲しいことです。
亡くなった弟(妹?)をおんぶしている姿の写真を見ると、ほたるの墓でみた感動的なアニメをついつい思い出しちゃいます。原爆もそうですが、戦争で離散した家族を見るとやり切れないですね。戦争の経験はない私ですが、同じ人間が争い、憎しみ合うのはもう止めてほしいですね。
パックさんのテーマとはかけ離れてしまったかもしれません。ご容赦ください。

2011/01/22 (Sat) 20:33 | matsuyama #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ひろさん

こんばんは。
福岡の大空襲も、無差別で残酷なものだったようですね。

日本の戦いによって、アジアアフリカ他、世界の植民地が独立できました。
これほど世界に貢献した戦いは、歴史上無かったと思います。

侵略戦争の汚名を着せられ、いまだにその呪縛から解放されずにいますが、
若い世代がネットの情報で、真実を知り始めたことに希望を抱いています。
世界には貪欲な国が多すぎます。
一人ひとりの人間が気づかない限り、戦争はなくならないでしょうね。

2011/01/20 (Thu) 23:37 | パック #- | URL | 編集

こんばんは、パックさん。

僕の父も福岡大空襲の際、似たような経験をしています。
当時の日本には、この少年と同じ経験をした人々が大勢いたのでしょうね。

今もどこかで戦争は行われ、多くの子供たちが犠牲になります。
戦争のない平和な世の中を望みます。

敗戦国の日本が戦時中極悪非道なことをしたかのように、
歴史を捏造され、賠償を請求されることには、
日本人としてやりきれない気持ちです。

2011/01/20 (Thu) 22:20 | ひろ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

yumiさん

佐久間のドロップを見るたびに「ほたるの墓」を思い出し、たまに買ったりします。
そんな人が多いのではないでしょうか。
アニメの世界ではなく、現実にあのような悲惨な戦争があったのに、そのことさえ知らない若者が出てきていることに驚きます。
実際に出征した人は戦争のことを話したがらず、その人たちがもうすぐこの世からいなくなることを考えた時、何故戦争が起こったのかを理解しておかなければならないと思っています。

今朝の読売新聞に宗教学者の山折哲夫さんが書いていましたが、日本にはこの1000年間で平安時代の350年、徳川時代の250年、あわせて600年間、戦争の無い時代がありました。
世界の歴史上、そんな時代はありませんので、日本人が好戦的な民族ではないことは明らかです。
明治の開国後、それでも戦争せざるをえなかったのは、自己の利益しか考えない国がたくさんあり、国家間の問題は最後は軍事力によってしか解決できないということだと思います。
日本だけが平和を求めても、力がなければ侵略されることは、先だっての尖閣諸島で良くわかります。
平和は力の均衡によってしか維持できないのは残念です。

2011/01/17 (Mon) 14:31 | パック #- | URL | 編集

宮崎駿のアニメの「ほたるの墓」でも似たようなシーンがありますね。
いつみても涙してしまいますが、この記事でも胸が苦しくなりました。。。
少年が背負った赤ちゃんが死んでしまっていることもひとめでわかり思わず目をそらしてしまいました。。。。。
本当に苦しくて悲しい時代を抜けて今の幸せな時代があるということを忘れてはいけないですよね、そしてその幸せな時代に生きているのは自分だけで世の中まだまだ悲劇惨劇の中で生きている人たちは沢山いるのですものね、それを思うと何かしなくてはという思いがフツフツわいてきます。。。。
日本人の民族性、、、難しいですね。
美しいもの繊細さに独特の感性の鋭さをもっていながらその感性の鋭さの裏腹か精神的ないじめ残虐、陰湿なことも得意な民族に思えてなりません。どんな性質にも表と裏があるから仕方ないのかもしれませんが、マイナスなところは課題にして、いいところを伸ばしていけるように、そのためにも過去からの歴史から学ぶことは色々あるのでしょうね。
日本の教育も何年に何が起きたというような歴史の勉強の仕方ではなくドイツのように過去の歴史からの反省と学ぶべきこととを理解して過去をみる歴史の勉強の仕方をしたらいいのに~~と思ってました。。。。
日ごろ浅いところでバタバタしているだけにパックさんのところにくるといつも深いものを考えさせていただけるので感謝してます(^^)

2011/01/17 (Mon) 12:00 | Yumi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

コトママさん

悲劇的な写真ですが、見るたびに心を打たれます。
幼い妹の亡骸を背負っているということは、少年は両親も亡くしたのでしょう。

“過ちは繰り返しません”と書かれた広島の原爆慰霊碑に、その言葉は日本人が言うべきではないと、アメリカ人がいきどおっていました。
勝者が敗者を裁くことは止むを得ないことかも知れません。
しかし、日本人がその呪縛から目覚めなければ、戦後は終わらないと思います。

2011/01/17 (Mon) 00:18 | パック #- | URL | 編集

画像の少年、何度か目にしましたがそのたびに涙します。
戦後の教育はアメリカによって作られたアメリカの都合のいい歴史ですね。
いかなる時でも敗戦国をして一億総懺悔とはちょっと考えられさせます。
今も世界中のどこかで内紛・戦争・テロ等、人が人を傷つけています。
悲しい現実です。
平和を発信していくことが戦争を知らない私たちのお仕事だと思います。
(=^・^=)

2011/01/16 (Sun) 23:03 | コトママ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

タヌ子さん

戦争は人を狂気に駆り立てる故に、民間人を殺さないことと捕虜の虐待を禁じたジュネーブ条約の遵守が必要なのだと思います。
第二次大戦でこのことを遵守した国があるでしょうか。
アメリカは東京大空襲と広島長崎の原爆で無差別殺人を犯しました。
ドイツのドレスデン空爆も無差別殺人でした。
戦争は相手がいなければできない以上、片一方だけに全ての責任があると考えることはできないはずですが、ニュルンベルク裁判、東京裁判では勝者が敗者を事後立法で裁き、全責任を負わせました。
そのことが、現在に至るまで日本の大きなトラウマとなっています。

あの写真の少年は、『火垂の墓』を思い起こさせますね。
セツコちゃんの“にいちゃん”という声が聞こえてきそうです。

2011/01/15 (Sat) 22:35 | パック #- | URL | 編集

戦争は狂気を駆り立てます。
明日の命も知れない極限の状況に置かれた若者に、冷静に物事を判断しろというのは無理があるかもしれません。
日本人の残虐行為には捏造も多いかも知れませんが、事実もあるはず。
ナチスドイツにも善良な兵士は多かったのに、狂気に駆られた兵士ばかりが取り上げられ、ドイツ人=残忍なイメージが今でも拭い去れないでいます。
しかし、捕虜になったドイツ兵をフランスがどんな残虐な扱いをしたかと言うことは語り継がれず、すっかり闇に葬られてしまっているようです。
戦争について公平な判断を下すことは難しいですが、その後遺症に未だに苦しんでいる日本について、若者にももう少し考えて欲しいですね。
この少年の写真を見て、野坂昭如の『火垂の墓』を思い出しました。
あの映画を観た時、追い詰められた人間は人のことを考える余裕はなく、どこまでも冷酷になれるものなのだということを見せ付けられた気がします。
幼い兄弟を厄介者扱いにする周囲の人々に怒りを感じながら、幼い妹を必死に守ろうとした少年の優しさに涙が止まりませんでした。
第二次世界大戦を知らない若者にも、この映画を是非観て欲しいものです。

2011/01/15 (Sat) 01:59 | タヌ子 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。