時の早さ

P1011154.jpg


《追記》
人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究に与えられるイグ・ノーベル賞という愉快な賞があります。
日本人の受賞者も何人かいますが、今年は公立はこだて未来大の中垣俊之教授の、粘菌を使った効率的な交通網の研究が受賞しました。
中垣教授は2008年にも、粘菌に迷路の最短経路を探し出す能力があることを発見して受賞しています。

一連の研究で、中垣教授は単細胞生物である粘菌にも知性があるのではないかと考えていますが、NHKの「クローズアップ現代」が、中垣教授による粘菌の記憶力の実験を紹介していました。

粘菌に刺激を与えると動きを停止しますが、この刺激を1時間毎に与えると3時間目には刺激を与えなくても動きを停止します。
この結果は粘菌に記憶力(学習能力)があり、さらに正確な時間感覚があることを示しています。

本文中で、時間は意識の中にあり、時間意識は人間だけが有するのではないかと書きましたが、粘菌に時間感覚があるとすれば、時間はすべての生命の属性と言うことになります。

量子力学で時間は光速度で推移するとの説もあり、時間=意識(生命)=光という関係が成り立つのではないかと思います。
(あるいは、時間 ≦ 意識(生命)≦ 光 )


子供の頃は1日があっという間に過ぎるのに、一年はとてつもなく長く感じました。大人になると1日が長く、1年を短く感じるようになりますが、最近は1日も1年もあっという間に過ぎてしまいます。
なぜこんなに時間が経つのが早いのでしょうか。

時間とは何かについては、昔から多くの思想家や科学者が考えてきました。
現在の量子論では時間を光の性質で解釈したり、過去にさかのぼれない時間の性質を、熱力学のエントロピーの考え方で解釈しています。しかし時間が存在すると言う説も存在しないという説もあって、時間の本質はわかっていません。

時間と空間が、物質のような存在でないことは明らかです。
すべての物質は「今」という時間と、「ここ」と言う空間の中に存在します。
時間と空間は物質存在の枠組みであって、物質的な存在ではありません。

臨死体験をした多くの人が、幽体離脱をした時に、会いたい人の所に瞬時に移動したことを語っており、三次元的な時間と空間は、高次元には存在しないと思わます。

我々は時間が過去から未来に向けて流れていると思っています。しかし、過去と言う時間は存在せず、未来も存在していません。今と言う時間も、意識した瞬間に過去となります。
時間は常に永遠の現在です。時は流れず、流れているのは物質世界の現象です。

我々が時間の経過を知るのは、景色の変化や時計の針の移動など、物質的な変化を時間の経過に置き換えているだけであり、時間そのものを認識することはできません。


奈良 251

もし宇宙に一切の星や物質が存在しないとしたら、宇宙には永遠の静寂と無変化しかなく、そのような無変化は時間が存在しないのと同様です。
時間は宇宙に物質が存在し始めた時に生まれたと考えられていますが、意識の中だけに存在すると考えることもできます。

死んでしまえば時間は存在せず、睡眠中も存在しません。
動植物が季節の変化に対応するのは、温度や日照時間の変化に応じて遺伝子のプログラムが働くためであって、時間を意識しているわけではありません。
時間を意識するのは人間だけであり、意識の中に時間があると考えることができます。(と書いて、忠犬ハチ公が主人をいつも同じ時刻に迎えに行ったのであれば、もしかしたら犬にも時間の意識があるのかもしれません。)

ところで、最近の時間の早さの理由は何でしょうか。
スピリチュアルな世界では、フォトンベルトが近づき、地球の振動数が上がっているからだと説明していますが、時間と空間が三次元の枠組みであれば、距離も短縮されなければならないはずです。
しかし、距離が短くなった感覚はありません。

都会の喧騒の中では時間が早く経ち、人里離れた静寂な場所では時間がゆっくり過ぎるように、過剰な情報に振り回されているのも原因と考えられますが、しかし、何もすることが無い入院患者の方が、1日があっという間に過ぎると言われるように、情報量と時間経過が比例しているわけではありません。

異常気象が起き始めた頃から、時間経過が早くなったような気がしており、何か時間の枠組みに変化が起こっているように思えます。
しかし、単に歳のせいかも知れません。

  ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟 人の齢 はるなつ秋冬 ー枕草子

今年もあっという間に終わりました。
年内に更新できるかどうかわかりませんので、とりあえず皆さま良いお年をお迎えください。
ありがとうございました。


*コメントのご配慮は無用に願います。


スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

Yumiさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそYumiさんのきれいな花や、優しいこころのあふれた記事に癒されてきました。

年末から急に寒くなりましたので、RちゃんとTちゃんも風邪をひいてしまったようですが、子供が元気が無いと
家の中から笑い声が消えてしまいますね。
Tちゃん、早く良くなると良いですね。

年末に迷惑メールを右クリックで削除しようとしてウイルスに感染してしまい、部屋のPCが使えない状態にありました。
Yumiさんもしばらく訪問出来ずにいて申し訳ありませんでした。
これから寒さの本番を迎えますので、Yumiさんも風邪をひかれないようにお大事にしてください。

本年もよろしくお願いします。

2011/01/02 (Sun) 17:27 | パック #- | URL | 編集

パックさんあけましておめでとうございます。
昨年中は色々と励ましてくださり本当に勇気付けられ助けられた思いです。
おかげさまで新居での生活にも期待と笑顔をもって送ることができております。
ただ年末からずっと家族が不調で、、、Rがインフルエンザで治ってから年越しできてよかった~と思ったのもつかの間、また今Tちゃんが熱上がってるような状態で、もう少ししたら病院連れて行こうと思っているところです。。。。(言い訳になっちゃいましたが年末年始のご挨拶遅くなってごめんなさい!!)
パックさんも季節がらお風邪など召されませんようご自愛くださいませ。
本年もどうぞよろしくお願いします

2011/01/02 (Sun) 16:07 | Yumi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Chetnaさん

日本のミッシングリンクが東京裁判にあることは明らかです。
勝者が敗者を裁くだけでなく、二度と立ち上がれないように、いくつもの鎖を巻きつけました。
平和憲法もその一つで、口当たりが良く大義名分に満ちた条文は、それを否定することが悪であるかのように見せかけています。

ネットの普及で、若い人たちに日本が不当に貶しめられてきたことがわかってきたことに光明を感じています。

どこまで書くべきか分かりませんが、戦後病理についてまとめてみたいと思います。
ありがとうございました。

2010/12/28 (Tue) 12:51 | パック #- | URL | 編集

コメントを丁重に受け止めていただきありがとうございます。

私が感じている、日本におけるミッシングリンクのようなものについて、パックさんがご存知のことをもっと詳しく教えていただけたらと切に願います。

もっと多くのことを知らなくてはいけないという切迫感があります。


私のブログへのご訪問もありがとうございました。
そちらでパックさんのコメントに答えさせていただいております。


どうぞよろしくお願い致します。

2010/12/28 (Tue) 12:29 | Chetna #5wNULS9w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Chetnaさん

はじめまして。

現代の日本人の心の病が、日本的精神の喪失に起因しているとのご指摘は、まさにその通りだと思います。
戦後日本に対して行われたマインドコントロールは、歴史上例を見ない程見事なものでした。

その計画を立案した勢力について、ブログで書くことができずにいますが、世界を支配する大きな力があり、その傘下にマインドコントロールを専門に研究している組織があります。
(ドイツを降伏させるために、ドレスデンの空爆を立案した研究所です)

日本の戦後病理とは、豊かさの弊害だけでなく、人は何のために生きるかの中心軸を奪われた日本人固有の病理ではないかと思います。

示唆に富んだコメントをありがとうございました。
参考になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

2010/12/28 (Tue) 11:05 | パック #- | URL | 編集

初めまして。

年の瀬も押し迫り、お忙しい頃とは承知しているのですが、最近パックさんのブログを発見し、このところ頻繁に拝見させていただくようになり、どうしてもお礼をお伝えしたいと思いました。

少々長くなってしまいますがお許しください。

私はドイツ発祥の日本でまだあまり知られていない心理療法を紹介する仕事をしている者です。心理療法といっても、創始者の方は元カソリックの神父だった方で、その技法は宗教と心理療法の間に橋を架けたような少々不可思議な香りを持っています。

そのセラピーの要に、除外されている存在に居場所を与えることが多くの問題を解く鍵となり得るという点があります。

私は日本各地をワークショップのために廻り、例えば鬱や拒食症など様々な症状を持つ人の個人的な苦しみや悩み、問題を異なる視点から見ることができるようにするためのお手伝いをしています。

ここ数年ワークショップの現場で発現する事象として、個人的な問題の背後に除外されていたものが、実は、戦争のときに命をかけて国と家族を守って亡くなっていった祖父や、父親や、おじたちへの尊重であったり、誇りそのものが除外されているということが多々あります。

そのような事象に立ち会うことがあまりにも多くなってきたために、もっとちゃんと理解しなくてはいけないと駆り立てられるように、今年ミュージシャンであり本職がお坊さんという方を誘い、沖縄、広島、長崎でほぼ自費でワークショップを開催してきました。

そして、全てのツアーを11月に終えて、今月あらためて今年を振り返ってみたところ、沖縄問題を解決するためには広島と長崎を理解しなくてはならないと強く感じ、ストックホルム症候群という言葉に行き着きました。

また、ワークショップの中で出会う気高く、誇り高い軍人の父親、祖父、おじたちの姿と現代の日本人との間に、大きなギャップがあること、進化のミッシングリンクではなく、何か退化のミッシングリンクのようなものがあることに気づきました。

それに関してネットで色々調べ探っていくうちにパックさんのブログにたどり着いた次第です。

私は戦後教育の成功例のような人間でした。
大東亜戦争という言葉を知ったのは3週間前、自虐史観という言葉を知ったのは10日ほど前です。
これまで地理歴史政治には一切興味を持てずに、テレビの影響をもろにかぶって今日に至りましたが、今、目から鱗が大量にはげ落ちていっている感覚にあります。

自分の中心の核となる感覚と照らし合わせると、今自分が感じていることがほぼ真実で間違いないだろうと思いながら、この危機感をどうしてよいのか、誰と話せばよいのか、仕事を通して私を知る人たちにとって、今自分が感じている感覚が片寄ったものとして映らないないためにどうしたらいいのか、考えあぐねているところです。

まずは、自分を映す基準としてパックさんの過去のブログを参考にさせていただいています。
パックさんのブログが存在していなければ、私は途方にくれ、孤独で、相当困っていたと思います。パックさんのブログと巡り会えたことに感謝しています。



2010/12/27 (Mon) 21:10 | Chetna #5wNULS9w | URL | 編集
Re: コメントさせてください。

ともずみ ゆうさん

はじめまして。
最近、ともずみさんの似顔絵を拝見しています。
色鉛筆と水彩で、苦労無く描いているように見えるのは芸なんでしょうね。
絵が下手な人間から見るとうらやましい限りです。

これからもよろしくお願いします。

2010/12/27 (Mon) 10:49 | パック #- | URL | 編集
コメントさせてください。

イグ・ノーベル賞のニュース僕も見ました。
面白い事に興味を持つ人が居るもんだと思いました。
でも、そういう好奇心が大事なんだと思いました。

”コメントはご遠慮下さい”
と在ったのにコメントの多さに微笑ましさを感じ
つい、僕もコメントを・・・

2010/12/27 (Mon) 10:09 | ともずみ ゆう #GCA3nAmE | URL | 編集
Re: タイトルなし

ひろさん

あっという間に今年も終わりですね。
時間に追われるというより、追いつけない感じです。
無常迅速という言葉を思い浮かべます。

日本人が、来年は今年よりもっと良い年になるという希望を抱けなくなって何年になるでしょうか。
しかし、だからこそ言いたいですね。
「良いお年を!!」

来年も宜しくお願いします。

2010/12/19 (Sun) 22:26 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは!

今年はありがとうございました。

一年はほんとうにあっという間ですね^^;

年を重ねるごとに、春夏秋冬がパラパラと過ぎていきます。

急に寒くなって、体調の方は大丈夫ですか?

今年もあと僅か、頑張って行きましょう。

来年もいい一年にしたいですね。

来年も宜しくお願いします<(_ _)>

諸行無常、、、。

今日も好き日に、、、。

2010/12/19 (Sun) 19:42 | ひろ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

アラレさん

時間の経つのが余りにも早いので驚いています。
毎日があっという間に終わり、今日も何も出来なかったと反省ばかりです。
時空については若い頃からの疑問で色々考えていますが、未だに何にもわかりません。
時間をつぶさせてしまい申し訳ありません。

2010/12/18 (Sat) 00:18 | パック #- | URL | 編集

配慮でなく、お礼のコメントですm(_ _)m
いつも、ブログにあたたかいコメントをいただきありがとうございます。

量子力学のことは分かりませんが、感覚の話で云えば、1分、1時間という時の長さは決して一定ではなく、誰かの1日と私の1日も決して同じ長さではないことを常々痛感しています。
今まさに、たったこれだけのコメントを書きながら、時間の経つ早さを実感しています。
もう、1時間以上過ぎてしまいました。



2010/12/17 (Fri) 13:19 | アラレ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

荒野鷹虎さん

今年も残り少なくなりました。
1年があっという間に過ぎて、子供の頃の1~2ヶ月の感じです。
来年も宜しくお願い致します。
有難うございました。

2010/12/13 (Mon) 21:09 | パック #- | URL | 編集

貴重なお話大変感謝しております。
来年も、お元気で又お話を聞かせてくださいませ!お世話になりました。!

2010/12/13 (Mon) 20:37 | 荒野鷹虎 #wMBZjTJ2 | URL | 編集
Re: タイトルなし

風光さん

時間は認識の形式ですね。
言ってしまえば、神が宇宙を創った時に、人生と言う学びの場に与えた形式だと思います。
輪廻転生の記憶はすべて魂の中に記憶されており、その記録装置は光のはずです。
結局すべては光に還元されるのだと思います。

「今日無為に過ごした一日は、昨日死んだ人がどうしても生きたいと思った一日である」
という言葉がありますね。
この言葉にうなずかない人はいないと思います。

明日という日は必ず来る、明日も今日と同じように健康に暮らせると思いこんで生きていますが、
突然ガンだと診断される可能性はみんなにあります。
人間はその局面にならなければ与えられていることの有難さがわかりません。

今日という日に感謝して生きたいですね。

2010/12/11 (Sat) 16:09 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

タヌ子さん

配慮ではないご配慮ありがとうございました。
時間についてはアインシュタイン始め、様々な物理学者が、カンカンガクガクの論争をしていますがまったくの謎です。

最近の時間の早さにはあきれています。
ついこの間お正月を迎えたと思ったのに、もう年末です。
最近は、早く来い来いお正月と言われなくても、向こうから走ってやってきます。

授業時間は本当に長かったですね。
面白くない授業は、まるで拷問のような時間でした。
と言っても、ほとんどの授業がそうでした。

翌日が祝日であることを忘れていて、休みだと言われた時は本当にうれしかったですね。
その後の人生で体験したことが無いうれしさでした。(どんな人生や!)

多分、もう1回記事を書くつもりですが、とりあえず良いお年をお迎えください。
今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました。

2010/12/11 (Sat) 15:42 | パック #- | URL | 編集

時間は生命の掌中にあり。
これを握れば一点となり、これを開けば無窮となる。
このような言葉を本から得たように思います。
時間は認識の形式にすぎないですね。

確かに期限と言う時間の尺度で、成長の目標を設定する事も有り
ある一定の期間を持って比較評価することもありますね。
ただ、時間が生きているかのように振り回されれば
自分を見失うことにもなりますね。

何にも影響されない人間(魂)でありたいです。

2010/12/11 (Sat) 14:03 | 風光 #- | URL | 編集

配慮ではないコメントをさせていただきます(笑)
今まで時間について考えたことがありませんでした。
ただ地球の自転により朝・昼・夜が順繰りに巡ってきて、それが時間の経過であると思っていました。
年々一年が早く感じられるようになってきているのは確かです。
会話の中で『このあいだ』と言ってしまうことが1年以上前の出来事だったことなど日常茶飯事。
物質が多くなればなるほど時が早く流れるように感じるのかも知れませんね。
あれもしなければ、これもしなければ…と気ばかりが焦るから、ゆったりとした時を過ごすことができなくなっているのでしょう。
子供の頃は1年が長かったけれど、私の場合1時間の授業もすご~く長く感じられました(笑)
あっと言う間に過ぎてしまうのは遊んでる時ぐらい。
要するに時の長さも気の持ちようで変わってくるということですね。
2枚の写真、どちらも素敵ですね。
パックさんも良いお年をお迎えください。

2010/12/11 (Sat) 07:10 | タヌ子 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する