心の贈り物

H15-imamichi.jpg
Photograph 国立情報学研究所 


読売新聞の特別編集委員である橋本五郎さんが、読売新聞の「五郎ワールド」で、哲学者の今道友信先生の著書を紹介していました。

『大学院の頃、ライバルでもあった友人が肺結核で入院しました。彼は大学の売店でアルバイトをしている娘さんに恋をしていました。しかし、貧しい家の彼女との結婚は両親が許さないことも知っていました。

そんな彼をギリシャ哲学の泰斗、斎藤忍随先生と一緒に病院に見舞いました。有名ブランド「モーツアルト」のチョコレートを一箱持参しました。

病室で彼は言いました。「嬉しいことがあったんだ。サエ子さん(恋人)がチョコをくれたんだ」。それはたった一枚の板チョコでした。貧しいゆえに一枚しか変えなかったのでしょうが、彼には何よりもうれしく、見せびらかすのでした。

その時、僕は無思慮にも「実は僕たちもね・・・」と、鞄からチョコの箱を取りだそうとしました。斎藤先生はすかさず「僕達も何か持ってくるべきだったなあ」と言って、僕を売店に連れていきました。そして板チョコよりも安いキャラメルを一箱買い病室に戻りました。

先生は「僕達は忙しくて何もお土産を持ってこられなかったんだよ。これで勘弁してくれ。喉にはいいよ」と渡しました。
・・・・
美しい心、美しい行為です。今でも斎藤先生の温かい心づかいに涙ぐみます。』(今道友信東大名誉教授「今道友信 わが哲学を語る」かまくら春秋社)

今道友信わが哲学を語る―今、私達は何をなすべきか今道友信わが哲学を語る―今、私達は何をなすべきか
(2010/07)
今道 友信

商品詳細を見る


今道先生のお年から考えると、このエピソードは昭和20年代の出来事でしょう。その時代にモーツアルトチョコレートがあったことに驚きますが、入院していた友人はきっとモーツアルトファンで、彼を喜ばそうとして当時貴重なモーツアルトチョコレートを持って行ったのでしょう。

この記事を読みながら、自分も多分持ってきたチョコレートを渡さずに帰っただろうと思いましたが、キャラメルを買いに行くことはしなかったはずです。
彼女の板チョコより安い一箱のキャラメルを渡す行為には、やさしい思いやりが溢れています。
キャラメルを受け取った友人にも、その思いやりは届いたはずです。

貧しさや身分の差を越えた恋愛が、かっては文学の大きなテーマでした。貧しさが恋愛を際だたせるのは、金や物を離れて、愛のみが二人を結びつけているからでしょう。高価なプレゼントではなく、一枚の板チョコであるが故に、愛の純粋さが伝わってきます。
もし一枚の板チョコさえ買えず、道端に咲いている小さな花を手折って渡したとしても、大きなバラの花束以上にうれしかったはずです。

心で見るもの」に書きましたように、すべての価値は心から生まれます。家族や友人や恋人の大切な思い出、あるいは感動の体験も、心から生まれ、心の中だけに存在します。
お金や物は生きていく上で大切なものですが、この世限りのものであって、いくら大金を稼ごうとも、1円たりとあの世に持って帰ることはできません。
しかし、魂に刻んだ経験や学びは輪廻転生を繰り返しながら、永遠に心の中に存在します。

人生の価値とは、そのようなかけがいのない思い出や感動や気づきを積み重ねることであり、同時に不幸や挫折や辛い体験であっても、魂の学びにとって一つ一つがかけがいのないものであるはずです。

橋本五郎さんは、読売新聞の書評欄で「今道友信 わが哲学を語る」をこう評しています。
「碩学がたどり着いた終着駅にあるのは平凡すぎるほど美しいヒューマニズムである。哲学は決して遠くかなたにあるものではない。そう語ろうとしたことが実に感動的なのである。」

真理は遠くにあるものでも、難解なものでもないはずです。
喜び、悲しみ、苦しむ、その一つ一つの体験を通して、すべての生の営みが神と言う愛の御手の中にあることに気づくために、我々は生かされているのだと思います。




スポンサーサイト

コメント

Re: パックさんへ!!

荒野鷹虎さん

こちらこそありがとうございました。
来年がどんな年になるか想像できませんが、安らかな一年であってほしいと思います。
どうぞ良い年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。



2010/12/31 (Fri) 01:17 | パック #- | URL | 編集
パックさんへ!!

この一年、大変有難うございました、来年も懲りずに宜しくお願いいたします
頑張りに心、打たれいつも、感銘しています。頑張ってください!
人生の指針として肝に銘じています。!

2010/12/30 (Thu) 22:17 | 荒野鷹虎 #wMBZjTJ2 | URL | 編集
Re: No title

つつじさん

はじめまして。
なるほど、自分では人生論のブログだと思っていましたが、大雑把に言えばスピリチュアル系と言っても良いかも知れません。
フォトンベルト(アセンション)に関しては、無論確証があって言っているわけではありません。
私も当初は否定していましたが、一番詳しく解説していたNASAのホームページから削除されたことで、返って何かあると考えるようになりました。
フォトンベルトは天文学的事実であるにもかかわらず、なぜNASAは隠蔽する必要があるのでしょうか。
しかしこのことについては、2年後の結果を見るしかありません。

言論の自由については、自分の意見を主張することは自由ですが、人の人格を否定する自由があるわけではありませんね。
ブログのような匿名性の高い媒体では、居丈高に人の意見を否定し、自分の考え以外はすべて間違いであるような意見を述べる人もいます。
しかし、もしその意見に正当性があったとしても、人を不愉快にする言説は不調和であり、不調和であるが故に正当性を失います。

争いはお互いが自分が正しいと信じることから生じるように、3次元の世界に絶対は無く、どんなに意見にも反対の意見が成立します。
そうであれば人の意見を尊重することが言論の自由であり、節度を失い、礼を失することは言論の自由の否定となります。

コメント有難うございました。

2010/12/09 (Thu) 23:10 | パック #- | URL | 編集
No title

初めてコメントします。

たまに覗いておりますが、このブログは他のスビ系の方々と少々違い、心地よさを覚えますね。
アセンションに関してはちょっと如何かと思いますが
それ以外はすごく現実的に、実話を感動的に拝見させていただいています。

中には なにやら自分が神や教祖になったように勘違いして妄想に陥っている方攻撃的なブロガーもいますが、
それらは吐き気をもよおします。
が、バックさんのはまた読みたくなります。

ブロガーのみなさんの内容は、皆言論の自由ですが
こうして書く私達も言論の自由だと思います。
まあ コメントを否定し続けるブロガーは私は救いようがないと思いますが、こんな記事をアップしてくれる
バックさんの様なブロガーは 皆に指示されると思います。

また素敵なお話を聞かせて下さいね。

2010/12/09 (Thu) 20:13 | つつじ #- | URL | 編集
Re: No title

amiさん

日本を離れて長く海外にいると、日本人の心に感動されることが多いでしょうね。
私も若い頃に海外に出て、初めて日本を意識するようになりましたが、最近、かっての日本人がどれほど素晴らしかったかに感動することばかりです。

お父様に2日に一度電話されているとのこと、それ以上の親孝行はありませんね。
SKYPEでしょうか?電話代が気になります(笑い)

お日様という言葉、お日様に感謝の心、お父様はまさに日本人ですね。(毛利元就も、毎日お日様に感謝していたようです)
いつまでも親孝行をなさってください。

2010/12/07 (Tue) 23:54 | パック #- | URL | 編集
No title

すばらしいお話ありがとうございました。わたしはもう30年以上も日本から離れて暮らしているので、いつも日本の心に感動します。85歳になる父が札幌でひとりで暮らしていますので、2日に一度電話を入れます。父は江戸っ子で、時々口が悪いのですが、先日怒られたのは、ちょうど お日様に今日のお礼を言っていたところだったのに!!ということです。物忘れが多く 同じことで3回くらい怒られますが(笑)3回感動することを学びます。人への思いやり、物への思いやりを2日に一度体験しています。忘れたくないですね、日本人の心。

2010/12/07 (Tue) 20:04 | ami #- | URL | 編集
Re: No title

tasumiさん

こんにちは。
昔の人のエピソードには、心を打たれる話がたくさんありますね。
「坂の上の雲」をご覧になっていますか。
明治人の揺るがぬ信念と国を思う心には感動させられます。
おっしゃるように、人間の素晴らしいところを見ていきたいですね。
ありがとうございました。

2010/12/06 (Mon) 15:08 | パック #- | URL | 編集
No title

こんにちは・・・
すばらしいお話しです・・・
こんなお話をうかがうと、人はいいなあってしみじみ思います。
今、大変な時期だからこそ、人のいい所、たくさん探していきたいですね・・
素敵なブログです!ありがとうございました!!

2010/12/06 (Mon) 11:01 | tatsumy #- | URL | 編集
Re: しみじみ

宥さん

日本人であれば、このエピソードは良く理解できるのではないでしょうか。
そして多分、今の若い人たちにも同じ思いやりの気持ちがあるのだと思います。

私達日本人は、人間であればみんなこのような気持ちを持っているとかん違いしますが、そのような細やかな心遣いが出来るのは日本人の特性であり、多くの民族は自分が持ってきたものの高価さを自慢するのだと思います。
日本人が、いつまでもその心を失わないでほしいと願います。

2010/12/03 (Fri) 11:43 | パック #- | URL | 編集
Re: No title

アラレさん

時間を取らせて申し訳ありませんでした。
お元気そうでなによりです。
有難うございました。

2010/12/03 (Fri) 11:31 | パック #- | URL | 編集
しみじみ

祖母に、似たような話を子供のころに聞いたことを思い出しました。なんだか忘れている、でも、もしかしたら現代でも生きている、若い人たちの間には、そんな気がします。
逆に40代50代の人間にさまざまな面で余裕がなく、こういったささやかで、かつ微妙で高等な想いやりというものが欠けているようにも思います。私自身が今見失っているのだと感じております。

2010/12/03 (Fri) 10:33 | #qsvP4ThM | URL | 編集
No title

パックさん、なかなかコメントまでは出来ませんが、
毎回、あれこれ考えながら詠ませていただいています。

ブログへのコメントありがとうございました。

2010/11/27 (Sat) 21:36 | アラレ #- | URL | 編集
Re: No title

風光さん

朝元気で出かけたお嬢さんが交通事故に遭うとは、一寸先の分からない運命の過酷さを感じます。
ご両親の悲嘆は如何ばかりでしょうか。お察しします。
集中治療室で治療中とのこと、是非回復され、これまで通りの生活ができることを願います。

>日々心からの言葉を集中治療室の彼女に送っています。
風光さんの祈りは、間違いなく届いているはずです。もし、病院名とお嬢さんの名前をご連絡いただければ、私も一緒に祈りたいと思います。
メッセージ欄からご連絡ください。

2010/11/22 (Mon) 18:23 | パック #- | URL | 編集
No title

本日ブログに掲載しようと決めたことがあります。
私の塾生が交通事故で頭を負傷しまして現在低温治療で強制的に眠らされています。
中学2年生、期末考査中の朝の出来事です。
お見舞いに行ける状態には今だならず・・・
日々心からの言葉を集中治療室の彼女に送っています。
彼女がお母さんのお腹に居る時から今までを知っている私には、
ただただ彼女の思うとおりの歩みをさせてあげて下さいと願うしかありません。
大切なもの・大切な事を学んでいるこの1週間です。

2010/11/22 (Mon) 17:13 | 風光 #- | URL | 編集
Re: No title

タヌ子さん

心遣いと気を使うのは微妙に違いますね。
私は家内やまわりから気のつかない人間だと言われていますが、これだけ気を使っているのに、何でそんなに言われなければならないのかと、いつも心外に思っています。
どうも気を使うポイントが世間とずれているようですが、もしかしたら世間がずれているのかも知れません。

ちゃんとした心遣いのできる人間にならなければと、自戒しています。

2010/11/22 (Mon) 14:14 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

parismidoriさん

物質的に恵まれた人や、能力に恵まれた人は僅かしかいないので、多くの人にとって生きることは容易なことではありません。
苦労の体験が学びに必要だとすれば、物質的に恵まれた人より苦労の多い人の方が、多くの学びの機会を与えられていることになります。

とは言え、多すぎる苦労は避けたいですね。
ロトが当たって、使い道に困る体験をされますようお祈りします。

2010/11/22 (Mon) 14:00 | パック #- | URL | 編集
No title

気を使うのではなく、心づかいが出来る人は素敵ですね。
高級チョコレートを贈ったことで、板チョコ一枚をもらったことの喜び、何にも代え難いほどの美味しさが薄れることはないと思うけれど、斉藤先生のさえ子さんに対する心づかいが心に沁みます。
今まで誕生日、クリスマスなどにもらった数え切れないほどのプレゼントを全て思い出すことはできないけれど、日常の生活の中で親切にしてもらったこと、優しくしてもらったこと、助けてもらったことはいつまでも心に深く残りますね。
それぞれが押し付けがましくない心の贈り物を交換できる社会になれば、本当の意味での豊かな生活が送れるようになるのでしょうね。

2010/11/22 (Mon) 10:43 | タヌ子 #- | URL | 編集
Re: しみじみ

えりさん

過剰な自己主張がみっともないことであることを、昔の日本人はわきまえていました。
今は権利の主張や自己の主張ができないことは、能力がないことだと思われてしまう世の中になりました。

自己愛の行き着くところは争いです。
謙遜や思いやりや奉仕の心を失ってしまうことは、日本人の死を意味します。
日本人の心の火種が絶えない事を願うばかりです。

2010/11/22 (Mon) 07:36 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは。きょうも美しい逸話をお聞かせくださり有難うございます。今道先生が斎藤先生から学ばれたように、私もパックさんのブログに立ち寄らせていただくお蔭で、遠く外に暮らしながらも、大切なものの見方や捉え方をお教えいただき心から有難く思っております(記事の更新を心待ちにさせていただいています。)生の目的が物質でなく精神の旅であるのなら、すべての人に平等にチャンスが与えられるということになりましょうか。それを信じて人との関わりの中での日々を、大切にすごしてまいりたいと思います。うちの毎週ロト(宝くじ)を買うのを楽しみにしている人にもこの有難いお話をしてみます(笑)。

2010/11/22 (Mon) 03:11 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
しみじみ

久々の更新。嬉しく拝見いたしました。気持ちがほんのりとあたたかくなりました。ありがとうございます。相手に押し付けないこころ配り。なかなかできないことですね。自己愛という視点ばかりがクローズアップされることが増えた日本の行く末が心配です。平凡な毎日の中で目に見えないものを伝えてゆけるような大人でありたいと、自戒の気持ちとともに、願う次第です。

2010/11/22 (Mon) 02:09 | えり #s/LT7tYs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する