トイレ掃除に参加してみた

Kai-3.gif

あの世に帰った時に聞かれることは、この世で人のために何をしたかだそうですが、この問いに答えることができない人間として何かしたいと思っていた時、公衆トイレの掃除に誘われました。

朝6時15分に現地集合なので5時過ぎに起床、家内の「うちのトイレ掃除もお願い」という言葉を背中に、あいにくの小雨の中を足取りも重く出発しました。
集合場所は大きな公園のトイレ。
集まったのは11名で、初めての参加は私一人でした。皆さん明るくてすぐに打ち解けます。
若い男女二人は、ある会社の研修で参加していました。

最後に来られた30代の男性は、何と埼玉から名古屋まで高速で6時間も掛けて来たとのことです。5時過ぎに起き、小雨で足取りが重いなどと思ったことを少し反省しました。
この方はみなさんと顔なじみだったので、何回も参加されていたのでしょう。どんな経緯か知りませんが、余程の意志と意識がなければ出来ないことです。

担当したのは男性用便所で、チームを組んだ相方は、会社の研修で参加した現代風の若者です。彼は何度も経験しているらしく、手慣れた作業振りでした。

この会の掃除は徹底しています。
小便器の折り返しの見えない汚れを落とし、便器を固定している足元のボルトカバーまで外して尿石を取ります。
洋式の大便器は蓋のボルトを外し、隠れた汚れを探し出してきれいにします。

力を入れて磨くために、片手でしっかり便器を押え、床を洗う時も片手をしっかり床に手をつき、力を込めてタワシでこすり上げます。
掃除に集中して来ると、顔を便器に近付けて細部の汚れを探しても、汚いという思いはありません。

掃除は原則として素手、裸足(あるいは長靴)で行い、便器の水だまりにも素手を突っ込んで磨きます。
「掃除に学ぶ会」に対して、素手では不衛生で感染の恐れがあるとの批判があり、こうした批判から、手に傷がある人や素手に抵抗がある人は、ゴム手袋をしてくださいと言っていますが、みんなが素手で掃除をしている中で、一人だけゴム手袋をするわけにはいきません。

トイレ掃除の模様は、「日本を美しくする会 掃除に学ぶ会 」の、高浜南中学ミニ勉強会ムービーをご覧下さい。

素手で掃除をする理由については、素手で触る方が汚れが確認できるからと言いますが、目視できない汚れを素手で確認して落とすことが、合理的な理由だとは思えません。
むしろ、素手で掃除を行ってきた人だけが分かる、何かの気づきによるものと思います。

掃除は2時間かけて終了し、手を消毒。みんなで感想を述べ参加費を払い解散しました。
ある方が、「今日は汚れが少なかったので達成感が無かった」と感想を述べていましたが、初心者には言えない言葉です。
参加費は掃除用具や洗剤などの消耗品の補充にあてるようですが、むしろ掃除をさせて頂いたことへの感謝と考えました。
掃除用具の並べ方、汚れに応じた用具の使い方、使った用具の洗い方、仕舞い方など、手順は合理的にシステム化されています。

以前からトイレ掃除で感じていたことは、便器に向かって、いつも汚い思いをさせてごめんなさい、使わせてもらって有難うと思いながら掃除をすると、汚いという感じがしないことです。
いたわりや感謝の気持ちの前では、ネガティブな感情は光の前の闇のように消え去るのでしょう。

トイレ掃除に参加して気づいたことは、「姿勢」です。
中腰の姿勢は不自然で疲れるため、早く終わらせたいと思うのが人間の心理ですが、腰を落とすことによって合理的な力の使い方ができ、おざなりで済まそうとする気持ちが無くなります。
それぞれの作業には、それにふさわしい姿勢がありました。
掃除の専門家である主婦の方から見れば、なんだ、そんな事かと思われるでしょうが、そんなことです。
普段何も考えず、習慣や惰性でやっていると気づかなかったことが、徹底的にやることによって見えてきます。
何に対しても取り組む「姿勢」が大事ですね。意識とは姿勢であることを再認識しました。

200px-Dogen.jpg

曹洞宗の開祖道元は、行住坐臥(ぎょうじゅうざがー生活のすべて)が修行であると説いており、『典座教訓』(てんぞ教訓)の中では、米や野菜の扱い方、調理の仕方などの心構えを述べています。

道元が食事も大事な修行であることを学んだのは中国でした。
彼が中国で修行をしていた時、椎茸を買いに来ていた寺の食事係(典座)の老僧と港で会います。道元はその老僧に、「食事の用意などは若い僧にさせ、あなたのような立派な方は、坐禅や仏道に専念すれば良いのではないですか」とたずねます。すると老僧は大笑いし、「若い方よ、あなたは修行とは何であるかが分かっていない」と言って去りました。

道元は、修行が朝起きてから寝るまでの、すべての生活の中にあることを悟ります。
学びとは、生活の中の「今、ここ」にあるのでしょう。

これから寒い冬を迎え、真っ暗な中をトイレ掃除に行けるか自信がありません。
その時は家内の言葉に従い、家のトイレ掃除をすることにします。

参考:「トイレにも心がある




スポンサーサイト

コメント

Re: No title

rpathさん

ご無沙汰しています。
一灯園はとても清潔な所ですね。
春の桜が印象的でした。
色々なところで掃除をされてきたようで、大先輩ですね。
最近は掃除に目覚めて、汚れを目にするとすぐに雑巾を手にします。
汚れが気にならない人間だったので、掃除に学ぶ会に参加しなければ、
気づかなかったと感謝しています。

2010/11/06 (Sat) 12:41 | パック #- | URL | 編集
No title

お掃除お疲れ様でした。

僕も、もう15年くらい前になりますが
京都の一灯園というお寺でトイレ掃除を教わってから
たくさんのトイレを掃除してきました。
(最近は自分の家のしかしていませんが)
掃除をすることで得られる気づきは多いように思います。

2010/11/06 (Sat) 10:57 | rpath #m391ozp6 | URL | 編集
Re: No title

midoriさん

midoriさんのように上手にお菓子や料理が作れる人は、人のお役に立っていますが、浅薄な知識だけの人間は、人様のお役に立つようなことはまるで出来ていません。(100%謙遜でなく)
陰徳を積むという言葉がありますが、、世の中には人知れず陰徳を積んでいる人間がいることを、今回参加してみて知りました。
後は如何に継続するかですが、記事を書いたのは自分の退路を断つためでもありました。

2010/10/26 (Tue) 20:28 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさん、こんにちは。まず、奥様の”「うちのトイレ掃除もお願い」という言葉を背中に、あいにくの小雨の中を足取りも重く出発しました。”に、くすっと笑ってしまいましたが、収穫は大きなものだったようですね。またその様子をわかりやすくお話くださり有難うございます。どんな作業でも黙々と勤しむなかに魂と対話ができると、仕事の成果以上の何かが返ってくる、神が聞く耳をもつ人に語りかけられる、そんなイメージをもちました。パックさんには天(あの世)におもちかえりになるものが、すでにたくさんのお有りのように思われます。

2010/10/26 (Tue) 19:12 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: No title

ひふみさん

レストランやスーパなど、自宅以外のトイレを利用する時は、きれいであることを要求しますが、それぞれ掃除をしている人がいるのですね。
汚せば誰かが掃除しなくてはならないのですが、きれいなトイレを使っているとその人たちの苦労が見えず、勝手にきれいになっている位の感覚でいます。

すべてのトイレは誰かが苦労して掃除をしているという、当たり前のことを忘れていました。
そのことの有難さを初めて知ったと言ってよいでしょう。

「いつも汚い思いをさせてごめんなさい、使わせてもらって有難う」と思いながら掃除をすると、汚いという感じがしないと言うのは実感です。

トイレ掃除は普通の掃除と違って、心の教えに繋がる真理を含んでいるように思います。

2010/10/26 (Tue) 14:40 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさん、おトイレ掃除に誘われたのですか!楽しそうですねえ。私も誘って欲しいほどです(笑)

それにしても、ゴム手袋なしで掃除する、という箇所を読んで、とても驚いてしまいました!実は自分もゴム手袋なしでトイレ掃除するのですが、ただ単にゴム手袋をつけていると、やりにくいという理由だけです。本当ならば、つけたほうがいいのではないかなと思っていますが。でも、もしもそれが公衆トイレだったとしたら、ゴム手袋つけたくて泣いてしまうと思います。パックさんは文句も言わずに、、、。尊敬します。

あとは、便器に向かって「いつも汚い思いをさせてごめんなさい、使わせてもらって有難う」と思いながら掃除をすると、汚いという感じがしない、という気持ち。これを読んで、なるほどなあ、と納得しました。ほんと、トイレがなかったらみんな大変ですもんね。

この記事を読んで、トイレットペーパー会社の人と、ゴミを集める仕事をしている人にも、深い尊敬を感じました。誰かがやらないと、人類揃って、困ってしまうお仕事ですよね。

2010/10/26 (Tue) 01:20 | Hifumi #0TlNs/vs | URL | 編集
Re: パックさんへ!!

荒野鷹虎 さん

私の実家も曹洞宗です。
法事がある度に、精進落としに住職にも同席してもらって話をしますが、禅宗の清潔感と厳しさが好きです。

トイレ掃除は自分を下座に置くので、修行になるのだと思います。
たった1回のトイレ掃除で偉そうなことは言えませんが、細部の汚れに気が付くようになりました。
できるだけ続けたいと思っています。

2010/10/25 (Mon) 23:26 | パック #- | URL | 編集
パックさんへ!!

いつも、自分には重い言葉と思いつつも、自然に引き込まれて残りの人生を全うしたいと思っています。私は禅宗で道元師を尊敬しています。愛語は慈愛の心だと教えられています。ご不浄は特に、綺麗にすべき場所と思い
北海道にある、永平寺の次といわれる、中央寺のトイレの入り口にある。文字は忘れましたが、「おんくろだのううんじゃく・・・云々」というトイレの仏様に、必ず拝顔するようにしています。
貴重な言葉有難うございます。!

2010/10/25 (Mon) 21:13 | 荒野鷹虎 #wMBZjTJ2 | URL | 編集
Re: No title

シェイドさん

京都の一灯園を作った西田天香さんは、見知らぬ家を訪ねてはトイレ掃除をさせてもらったようです。
トイレを磨くことは、自分の心を磨くことに繋がるようですが、それも嫌々であれば得るものはなく、前向きな心次第なのでしょう。
今回の掃除会の参加者の方々も、皆さん明るく穏やかな方たちでした。

最近の子どもは学校のトイレ掃除を嫌がるようですが、さすがにシェイドさんの息子さんは、きちんとやっておられたのですね。
公衆トイレやスーパーのトイレなどを汚したまま出てくる若い人が増えていますが、きっと学校で真面目にトイレ掃除をしてこなかった人たちなのでしょう。

こんなところにも、戦後の日本の教育の失敗が現れていて、子供たちだけでなく、最近の教師にもトイレ掃除をさせなければならないと思います。
ついでに、政治家にもさせたいですね。

2010/10/24 (Sun) 22:16 | パック #- | URL | 編集
No title

とってもいいお話をありがとうございます。
かなり前になりますが、このトイレ掃除の話を読んだことがあります。
ひとつは駅員さんのはなし。もう1つは倒産間近だった会社の社長さんの話です。

駅員さんは、駅のトイレの掃除が嫌で嫌でたまらなかった事、それでも汚いカチカチになった便をこすり落としながら、自分の姿に気がついて、きれいにする事で乗客の態度が変わってきた事など、社長さんは自分の愚かさを悟り、なくなる物は仕方が無い、細かな事に目を向けることも無く、何もかも人任せにして肝心な事を見落としてきた事などを気付くというものでした。

そのときも感動した覚えがあります。
改めてあちこちに目配りしたいと思います。うちは長男はトイレ掃除を嫌がらずにやってくれます。
学校のときも当番のときはきちんとやっていたようです。後に先生にそんな話を聞かせていただきました。
他の子はさっさと逃げて帰っていたようです。
ドンくさいと言われればそれまでなのですが、しなければいけないことはするといって言っておりました。

そうそう倒産間近の社長のトイレ掃除の話ですが、社長のそんな姿を見て、自分達に出来る事が無いかと社長を助けて、仕事をしながらの合間を縫って色々と機械を掃除したりとしているところを誰かが見て、そんなところならと仕事をくださったようです。

かなり前に読んだ話のなので記憶が曖昧です。
とても良いお話だったのを思い出しました。^^;

リンクをありがとうございます。
私のほうもリンクさせていただきました。

2010/10/24 (Sun) 20:45 | シェイド #iAn.OV3g | URL | 編集
Re: 浄化

風光さん

会社の中で、一番きれいな場所がトイレだと言える会社は素晴らしいですね。
優良企業であり続ける会社には、それぞれノウハウがあるのでしょうが、古い便器を清潔に保つ努力に経営者の思想を感じます。

最近、シンプルライフに興味を持っており、如何に物を少なくするかを考えています。
ものが少ないほど掃除がしやすく、心の中も整理できそうです。
豊かになった弊害は、こういうところにもありそうですね。

2010/10/24 (Sun) 15:10 | パック #- | URL | 編集
浄化

魂の浄化をみる・・・
読んでおりまして魂の浄化を感じました。
目に見える汚れた部分を自らの汚れとしてそれを洗浄していく様は心の清めであるように思います。
サラリーマン時代、有る会社の社長にお会いした時、「わが社で一番きれいな場所」としてトイレを紹介されました。
工場に沿って建てられたトイレは、古い便器で昔からあるタイル張りの壁ですが、臭いも無く光っていたのを記憶しております。
この会社は自動車関連の企業ですが、この不況時にも相変わらず毎年優良企業の上位にあります。

その家(会社)の顔はトイレにありとも言われますが、ここ1週間トイレを掃除しておりませんでした。
雑巾を手に、せめてわが家のトイレだけでも掃除します。

2010/10/24 (Sun) 13:56 | 風光 #- | URL | 編集
Re: No title

タヌ子さん

体験しただけなので偉そうにいえる立場ではありませんが、自分の身を低くして奉仕するところに学びがありそうです。
腰を落とすことがポイントだと気づいたことは収穫でした。その後の生活の中で応用しています。

トイレ掃除を国民の義務にすることは、きっとプラスになるはずです。
広島で暴走族にトイレ掃除をさせたら、犯罪件数が大幅に減っています。

最近は日本の学校でも、子供にトイレ掃除をさすのに反対する親がいるようです。
子供が感染したらどうするのかと、学校に文句を言うようですが、ずっと日本人は学校のトイレ掃除をしてきましたが、感染した人間はいないはずです。
むしろ、そういう親に育てられると、異常な精神が感染します。

公共の場を汚さないと言う意識は、きっと学校の掃除体験が生きていますね。

2010/10/24 (Sun) 10:27 | パック #- | URL | 編集
No title

ただただ頭が下がる思いです。
水周りは常に清潔にしておかなければ気持ちが悪いので、トイレ掃除は頻繁にしていますが、腰を落としてしたことはなかったと思います。
きっとその分、いい加減な掃除の仕方になっていたるのでしょうね。
素手で掃除をしたこともありません。
確かに水垢は素手で触らないと、残っているかどうかは分かりません。
洗面所は素手で確認するけれど、便器まではしたことがありませんでした。
サイトを拝見すると、お子さんもトイレ掃除に参加されていて、便器の中に顔を突っ込むようにして熱心に掃除をしている男の子の姿が印象的でした。
一度自分で掃除をすると、トイレを綺麗に使おうという意識が生まれますよね。
トイレ掃除を国民の義務にすれば良いのではないかと思うぐらいですが、率先して参加するのではなく、義務となると楽しくできなくなる人間の心理。
難しいですね。
でも、学校の掃除を自分達でした経験のある日本人は、校舎の掃除を業者に委託している外国人に比べて公共の場を汚さないと言う意識は強いと思います。
そんなことをした経験のない夫が頻繁に的を外してくれるので、私が夜中の2時にトイレ掃除をしてるなんて思いもよらないようです。
夫にも一度トイレ掃除に参加させて、感謝の気持ちを学んでほしいです。
私もこれからはもっと感謝の念を抱きながら、家事をすることにします。

2010/10/24 (Sun) 08:34 | タヌ子 #0PjcFRdk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する