中国との相互理解に必要なこと

national_0602_026.jpg
Searchina

かっての日本と比較すると、最近の日本は悪いところばかりが目につきますが、外から見れば日本にはまだ立派な礼儀や習慣や心が残っているようです。

中国最大のサイト「Searchina」に、日本を訪ねた中国人が初めて知った日本のへの驚きと感動が報告されています。
彼らが一様に述べているのは、反日教育によって日本に良い印象を持っていなかったのが、日本訪問によって変わってきたことです。

中国や韓国は反日政策を行っているため、日本に反感や恨みを持つ多くの人がいます。
そのことに対して日本はきちんとした反論をして来なかったため、歪曲され、ねつ造された歴史が事実として定着しています。
日本を訪れ、日本の現実を知ってもらうことは歓迎すべきことですが、反論すべきことを毅然として反論しなければ、いつまでも相互理解は進まず、望ましい交流はできないでしょう。

戦後、日本のすべてが否定され今日に至っていますが、日本人自身が正しい歴史を知らなければ、反日政策に対して正しい反論を行うことはできません。

欧米列強の脅威を知った幕末の志士たちは、命を掛けて日本を守ろうとしました。
革命は抑圧された側が、抑圧した側に対して行うものですが、明治維新は支配階級と言うべき武士たちが、自らの特権を捨てて階級の無い社会を作りました。
世界の歴史上、空前絶後の出来事ですが、それが日本を守る最善の道だと判断したからです。

幕末の志士達は、イギリスの東インド会社が行った残虐(例えば、自動織機を売るため、おびただしいインド人織工の手首を切り落とした)や、アヘンによって中国人が廃人にされ、国を蹂躙された中国の実態を良く知っていました。
欧米列強の植民地政策との戦いは太平洋戦争に至り、日本は力尽き敗戦を迎えましたが、日本の戦いによって、アジア・アフリカの国々が独立できたことは事実です。

この間の出来事はネット上で調べることができます。是非ご確認ください。

「Searchina」に掲載されている、日本に来て感動した中国の人たちの感想をご紹介します。

中国から見た日本「恐ろしい日本人に学べ!」
「私はこれまでに一人の日本人とも接触したことが無く、日本人に対しても好印象は持っていない。私の日本人に対する理解は年長者から聞いた話や本や映画、テレビを通じて知ったことばかりである。
  ー略ー  
  書籍「醜い中国人」の作者、柏楊氏はかつて、「日本人は一人だけであれば虫のような存在だが、三人集まれば龍になる」といったことがあるが、これの正反対の存在が中国人である。感情抜きで日本人を見れば、我々中国人に欠けている多くの美点を日本人の中に見出すことが出来るだろう。

  1994年、広島で開催されたアジアオリンピックの閉会式終了後のことだった。スタジアムには閉会式を見るために6万人が集まったが、彼らが去ったあとにはゴミ一つ落ちていなかったという。これについて、世界中の主要紙が「恐ろしい!」と報じたものである。

  95年に阪神大震災が発生した際、ある銀行が被災者向けに無担保・無利子の融資を行った。融資の条件は名前と連絡先を記載することだけであったそうだが、この融資を受けた全ての被災者が返済したという。こういった部分こそが日本人は「恐ろしい」と言われる所以であろう。

  過去の日本人に対する感情を持っているため、我々は今日の日本人の姿を正しく捉えられていない。私は感情的になって日本人を恨み続けるよりも、冷静になって日本人に学び、自らを向上させるべきだと考える。敵であろうと味方であろうと、優れている箇所は学び、取り入れるべきだ。報復のための最も良い方法は相手よりも優れる存在になることである。」

4d7d8abf449c08fb1a5b5000.jpg
Searchina

客室乗務員が語る日本人の素養の高さ
「大学で日本語を専攻した私の友人は、大学卒業後にアモイにある全日空(ANA)支店に就職した。このたび、彼女が出張で北京に帰ってきたため、私たちはしばらくぶりに顔を合わせることが出来た。彼女に仕事面で何が最も感慨深かったかを尋ねたところ、何件かの出来事を話してくれたのだった。

  全日空を利用するのは大部分が日本人だというが、ある時、東京行きの荷物を大阪に運んでしまうミスが発生したことがあったという。その荷物の持ち主であった男性は全日空にとっての上顧客であったため、社員たちは緊張した面持ちで男性に謝罪を行ったという。

  しかし、男性の反応は予想を裏切るものであり、穏やかな態度で社員たちの労をねぎらう言葉を発したのだという。友人が言うところによると、人は立場が高くなればなるほど姿勢は低くなり、そしてこういう人間こそが本当に成功することが出来るのだと語った。

  またある時、空港内でペットボトルを持ちながら走り回っている子供がいたという。彼女は子供に何か助けが必要かを尋ねたところ、その子供は「どのゴミ箱にペットボトルを捨てればよいか分からない」と答えたそうで、このような小さな子供でもゴミの分別という概念を持っていることに驚いたという。

  中国人が国外に出ようとしてもビザ取得が非常に難しいのが現実だ。しかし、日本人は同じアジア人だというのにビザの取得は非常に簡単であり、ビザ無しで訪問することが出来る国も多くある。これは日本経済によるものではなく、外国人が日本人の教養・素養を中国人よりもはるかに高く評価していることに起因するものであろう。

  人間の素養は行動一つ一つの細かいところに見え隠れするものであり、いくら素養を高いように飾って装っても最後には必ず露見するものだ。人にとって国籍は最大の名刺となると言っても過言ではないだろう。」


【「生卵」を通じて感じた日本人の恐ろしさ
「 仕事のため、私は愛憎相半ばする日本を訪れることとなった。日本に足を踏み入れて、まず驚いたのは日本人の秩序への意識の高さである。

  日本の道路では、気の向くままに車線変更する車などは見られなかった。交差点で対向車に出会えば、双方がほぼ同時に停車し、互いに譲り合っていた。横断歩道では、ほぼ全ての車が停車し、歩行者に道を譲るのであった。

  日本を訪れる前は中国国内での報道にあるとおり、物価が非常に高いのだと思っていたが、一人当たりGDPが中国より数十倍も多い国であるにもかかわらず、日本の物価が中国と大差ないのには驚いた。中国に比べ、交通費や外食費が多少高いくらいで、食材や洋服、日用品、車、電化製品などは意外と安かった。

  日本滞在中はホテルに泊まっていたのだが、朝食は日本食であった。日本人は生卵をご飯にかけ、醤油を加えて食べる習慣があるが、私は生の食べ物は嫌だったので、他のおかずだけを食べ、生卵は食べずに残していた。

  次の日の朝食にも同じように生卵があった。眉間にしわを寄せながら、何気なしに卵を触ってみると、今日の卵は熱いではないか。周りの客の様子を見てみると、皆は普通に生卵を食べており、私の卵だけが熱を通してあるようであった。

  私は生卵を食べないということを誰かに喋ったことは無く、ただ生卵を食べずに残しただけである。ホテルの従業員は私が生卵を食べない人間であることを見抜き、次回からは熱を加えた卵を供してくれたのである。

  この出来事は、私が日本で最も震撼した出来事であった。日本人は敬服の念を抱かせる民族であると同時に、何と恐ろしい民族なのだろう。」

column_1015_007.jpg
Searchina

日本で暮らす中国人が帰国をためらう訳
「 私は今でも、十数年前の日本で暮らした生活を思い出すことがある。旅行で日本を訪れただけでは何とも思わないかもしれないが、ある一定の期間を日本で暮らしてみれば、恐らくはもう帰国したくないとの気持ちが芽生えていることだろう。

  日本滞在中、地下鉄から地上へ出てみると雨が降っていたときがあった。私は傘を持ち合わせていなかったのだが、それに気付いた日本人のご婦人が自分が持っていた傘に入れてくれたのである。私達はおしゃべりをしながら歩き、とても楽しく、そしてとても感動したのを覚えている。

  中国であれば見知らぬ人が助けてくれるなど思いもつかないことであるうえ、知らない人が近づいてきたら何か企んでいるのではないかと思うことであろう。

  外国での生活は物質面で満ち足りているということもあるが、最も大きいのは人間関係だと思う。煩わしさがなく、静かな生活を送ることが出来るのだ。

  中国人同士の人間関係は全て「利害関係」であり、話をするにも仕事をするにも「利害関係」であることを気に留めていなければならないため、非常に疲れてしまう。これこそが日本で生活したことのある中国人が帰国をためらう最大の原因ではないだろうか。」

column_0930_005.jpg
Searchina 四川大地震に対する日本の救援活動への感謝

大陸の中国人が知らない日本
「 まず日本の治安であるが、日本は世界で最も安全な国と言われている。しかし、近年は大陸出身者の増加により、日本の秩序・安全は下降線をたどっている。なぜなら中国人は日本でありとあらゆる悪事を働くからである。例えば、窃盗や詐欺、交通ルールの無視、ゴミのポイ捨てなどを挙げることが出来るが、まさに中国人として面汚しの事態である。

  また、日本では物を失くすのが難しいほどである。私が学校に通っていたとき、財布と携帯電話を教室に置き忘れてしまったことがあったが、翌日、教室には私の財布と携帯電話が置かれていたのだった。また、私はこれまで6回も財布を落としたことがあるが(注、ちょっと落とし過ぎですね)、その都度、一円も盗まれること無く私の手元に戻ってきている。ある時などは、財布を落としたことに気付いた日本人が私のところまで走り寄ってきて財布を手渡すと、そのまま去ってしまった。これには本当に驚かされた。

  私は風邪で入院したことがあったのだが、入院期間中、学校で共に学ぶ中国人学生はあまりお見舞いに来てくれなかった。中には一度も来てくれなかった人もいたが、私の身の回りの日本人の多くが見舞いに来てくれた。彼らは花やチョコレート、人によってはお金までも持参して見舞ってくれたのだった。

  また、私の学校の留学生が住む家が火事になったとき、日本人学生は彼のためにお金や物資を寄付していたのと対照的に、中国人留学生たちは全く無関心であった。多くの留学生たちは日本滞在中に「感動の涙」を流すことがあるが、それは日本には自国では体験できない人間関係があるからだろう。

  利己的で冷酷、法を守らず、他人をだますという往年の日本のイメージは存在しない。だから私は大陸の中国人たちに本当の日本を伝えたいと思ったのである。」



7月から中国人に対するビザの発給が緩和され、これまでの10倍以上の人が来日すると予想されます。
ゴミのポイ捨てやあたり構わず痰を吐き大声でしゃべるなど、マナーの悪さや治安の悪化が懸念されています。
経済効果を求める声ばかりが多いようですが、これを機に日本に対する正しい理解が進むことを願います。

日本が外国から評価され、愛されるのは、日本人の優しさや思いやり、礼儀正しさなどの心の豊かさに対してであり、いつまでもその心を失なってはならず、また子供たちにも伝えていかなければならないことを改めて思います。





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

コトママさん

ご心配でしたね。ホッとされたことでしょう。

自分の国に不都合だという理由で、他国の教科書の内容に口を挟むことは許されないことです。
事実は何か、それはなぜ起きたかを客観的に研究するのが歴史ですが、始めに結論ありきで歴史問題を語ることは徒労に終わります。
客観的に歴史を見る冷静さが、真の友好のためには必要ではないでしょうか。
恨み、憎しみからは何も生まれませんね。

No title

彩羽の事でご心配をお掛けしました。
ありがとうございました。

日本人が正しい歴史の認識が必要なんですよね。
いつも教科書問題で他国ともめているのも問題だと思います。
戦後60年経ってもアメリカ追従の国というの言うのは何となく幕末の志士を見ていると悲しくなりますね。
同じアジア人同士なんだから仲良くなれると思います。
仲良くして行きたいですね。

Re: パッくさんへ!!

荒野鷹虎さん

中国は余りのも多くの問題を抱えています。
様々な民族を抱え、それを一まとめにするために強権的な支配を緩めることができません。
貧富の差は限度を越えていて、とても社会主義と呼べるものではありません。
世界のCO2の20%を排出し、環境破壊は止まるところがありません。
世界中の資源や食料を買い漁り、需給バランスを破壊しています。

自己利益中心の考えで、協調して生きてゆくことの出来ない民俗です。
このような国こそ、孔子の教えに立ち返ってほしいと思います。
中国や韓国と協調したいのは山々ですが、反日政策を行う限り、日本だけが手を広げて受け入れることは困難ではないでしょうか。

パッくさんへ!!

中国は一党独裁政権ですが、グローバル化の荒波に、遂に民主化路線に変貌しつつあります。日本文化は、中国の儒教精神にもとずいていると思います。しかし、西欧文化とは、相容れないものがあると思います。私は日本はあくまで東アジア中心の生き方をするのが賢い方法だと思います。倫理、道徳観の高さは、アジア固有の文明です。中国と西欧が協調の心構え、平等な対話、を通して互いに、覇権主義を捨てなければならないものと思います。ただ中国の一番危惧するのは、民族の対立を抱えていることです。国内にもこの精神を発揮されて、自由な国になって欲しい物です。!

Re: No title

rpathさん

ご無沙汰しています。
日本は中国や韓国に巨額の金を払い、その金で経済発展を遂げていますが、両国はそのことを国民に知らせずに反日政策を行っているため、日本に対する恨みや反感が根強く残っています。
言うべきことを言わず金で解決しようとした結果、領土を不法占拠されても何も言えない状態になっています。
中国が力を付けた現在では、もう手遅れになってしまいました。

No title

よい記事ですね。
ココロに響きました。

パックさんも書いておられるように、
言うべきところはしっかり言う。
これもとっても大切なことですよね。
個人レベルではそうであっても、
国を代表する人たちがそうでないと、いけませんよね。

Re: No title

風光さん

人は白紙で生まれてきますので、教育次第で立派な人間にもなれる一方、昔インドでオオカミに育てられた子供が人間に成り切れなかったように、動物のような人間にもなります。

中国人は自分達がどれほど利己的で、非人間的な振る舞いをしているか、理解できていないと思います。
中国に工場を持っている経営者と話をしましたが、このような人たちで成り立っている中国が、本当の成功を収めることは考えられないと言っていました。

日本が敗戦の焼け野原から、僅か30年で世界第2位の経済大国に成れたのは、国が破れても心を失わなかったためだと思いますが、自信を失いつつある今こそ、教育の復興が必要ですね。

Re: No title

midoriさん こんにちは。

かつてチェリストのカザルスが、「日本は心の中の心」と言いましたが、今でもその言葉は日本を表す言葉として生きているようです。

私達の誇るべき国が、世界から失われてはいけない、心の国であり続けてほしいと思います。
midoriさんの涙を知り、記事を書いた甲斐がありました。

No title

世界中でどんな人間が育って行くかは、その国の教育制度によるものが大きいですね。

もし他国を非難するような教育がなされれば、その国の人々は敵・味方と人を区別するでしょうし、
金持ちが優遇される環境にいれば、人よりお金を大切に思うでしょうし、

できれば、人とは何であるかを教え、なぜ人生があるのかを日本でも他国でも、
もっと教えるべきだと私は思います。

日本は“モノヅクリ”では世界一になりましたが、いつしか“人ヅクリ”を忘れてきましたね。

一部の中国の方が見た日本の姿は、人として当たり前の姿なのですが、
これに驚くのもどうかと思いつつ、嬉しくもあり、
ただもっと素晴らしい日本人が居た過去から見れば今の日本を寂しくも思います。

No title

パックさん、おはようございます。きょうはなぜか涙が出ました。嬉しく思いました。遠くにいるからなおさらでしょうか、私達の日本。

Re: No title

タヌ子さん

このような感想を持った中国人は、知識人に属する一部の人で、大多数の人間はルールもわきまえず、自分さえ良ければ良いという人たちでしょう。
このような国が力を持ち、世界に影響力を発揮していることに危機感を感じます。

今、日本は中国資本によって至る所が買い漁られています。
しかし、実体経済でなく、投機によってふくらんだ資産は必ず限界を迎えます。
バブルの時に、日本が同じようなことをしていました。
近い将来、中国のバブル、特に上海バブルが終わりを迎えるはずです。
その時が国としての力を問われる時ですね。

私の知り合いの華僑も、中国人にしておくのが惜しいような人ですが、根本的なところでは中国人のメンタリティを感じます。
孔子や孟子や老子を生んだ国でも、教育によってどこまでも人間性を失って行く証明のような国です。

日教組のボスが参院議員会長をしている今の日本に、教育の復興を期待することは出来ません。
大人が模範を示すことが大事ですね。

Re: No title

yumiさん こんにちは。

書かれていることは、私達にとっては当たり前のことばかりですが、そのことが面映ゆく感じるのは、そうでない日本人が増えてきた結果なのでしょうね。

車を運転していて信号待ちの時、中央分離帯に捨てられているゴミの多さに唖然とすることがあります。
心に何の咎めもなく、ポイ捨てしているとしか思えません。
昔もそんな人間はいましたが、数が増えてきたことに危機を感じますし、そのような親に育てられた子供たちが大人になったら、もう日本人とは言えない人種になってしまいます。
いつまでも誇りを持てる日本人でありたいですね。

No title

この記事を拝読して、逆もまた然りなのだろうなと思いました。
この方々は外国を訪れ、暮らしてみて、改めて自国に対して厳しい目を向ける機会を得たからこそ、日本の素晴らしさをより強く感じることができたのだと思います。
中国人と言えば、パリの中国人街の愛想のない店員、デパートの階段に座りこむ行儀の悪い観光客ばかりで、今でもあまり良いイメージを持っていませんが、夫の仕事関係で接した中国人は色々なことに興味を持ち、『理解する心』を持った素敵な人々でした。
潔癖症候群、ルールがないと生きていけない日本人が中国を訪れて快適な時間を送ることができるかどうかは疑問ですが、一度も訪れたことのない国を批判するのは考えものですね(私は一度訪れたら、思いっきり批判すると思います…笑)
日本がこうして世界から良い意味で驚きの目で見られていることは嬉しいことですね。
でも、その良さが年々薄れてきているのが残念でなりません。
実るほど頭を垂れる稲穂かな。
長がそういう姿勢を持っていれば、必ず下にいる人々もその姿勢を学ぶはずです。
年々自己中心的になってきている子供達には相手を尊重し、思いやりを持つことをしっかり教えてほしいものです。
まずは大人が手本を示すことが大事ですね。

No title

パックさんこんにちは。
ここに書かれた日本人の褒め言葉、なんだかくすぐった異様な気もしますね。。。実際それが一部の人間だけでその正反対な人間もずいぶんといるものだという部分も見ているとなんだかこのままじゃいけないな。こういう人たちの心に恥じないようしっかりしなくちゃなんて思います☆16年前はごみひとつないオリンピック、今開催されたらどうなることかしら??なんて思ってしまいますから。。。。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア