アセンションー次元上昇の意味

photon.jpg
 フォトン・ベルト


2012年のフォトンベルトによって、地球は5次元に次元上昇(アセンション)すると言われています。

フォトンベルトによって、本当に次元上昇が起きるのかどうかわかりません。又、次元上昇が起きたとしても、どのような世界になるのかもわかりません。
しかし、なぜ4次元ではなく5次元なのか、その理由について考えてみます。

フォトンベルトに興味のない方には、荒唐無稽な記事になるでしょうし、事実、証明できる根拠もありません。
極めて宗教的な内容であり、異論、誤解を承知して書くことにします。


音の世界からあの世を考える」で書きましたように、宇宙はすべてエネルギーで出来ており、エネルギーの究極は光です。
物質とは光が最も振動数を落とした状態で、言わば凍結した光です。

次元とは何かと言えば、エネルギーの振動数の諸相です。
水の相で例えれば、氷は3次元、水は4次元、さらに振動数を高めた水蒸気は5次元と言えます。

4次元、5次元、6次元・・・がどこに存在するかと言えば、当然ながら3次元の物質の世界には存在しません。
高次元が存在するのは人間の意識の中です。

魂とは何か」で書きましたように、意識は4次元、5次元、6次元・・・と多層構造になっており、中心には自分に嘘のつけない神の心が存在します。

さて、フォトンベルトによる次元上昇がなぜ5次元なのか、そのことを考えたいと思います。

魂はエネルギーとして不滅です。肉体が死を迎えたとき、魂は肉体を離れ、元の光の世界に帰ります。
しかし、生前に人を犠牲にして、自己中心的な人生を送った魂は、振動数(波動)が低いため光の世界に戻れず、暗い世界に留まることになります。
光を失ったこの暗い世界が4次元で、幽界とも言われます。

物質は光が凍結した状態と言われるように、極めて振動数が低く、4次元(あの世の一番低い世界)と言えども、物質より遥かに高い振動数の世界です。
4次元以上の世界は、少なくとも現在の素粒子実験で観測可能な、10-18m以下の世界と考えられます。

ところで、5次元、6次元・・の光の意識体は、人間の自力修行のために、基本的には見守ることしかできません。
しかし、4次元の意識体は、未成仏霊、地獄霊、キリスト教では悪霊、サタンと呼ばれ、人類の長い歴史の中で、人間を苦しめてきました。

フォトンベルトによって、5次元に次元上昇する意味はここにあります。
5次元に移行すれば、4次元の意識体、自己中心の魂は、次元上昇によって消滅するか、少なくともその影響は無くなります。。

黙示録の予言とフォトンベルト
新約聖書の最後に、ヨハネの黙示録がありますが、これまで何を意味するのか良く理解できませんでした。
しかし、フォトンベルトと併せて考えると、不明であったその意味が理解できます。

最後の審判とは、フォトンベルトの次元上昇のことで、「死者を墓場から引きずりだして裁く」とは、4次元(幽界・地獄界)が抹消されることだと理解できます。

ヨハネの黙示録に次のような文章があります。

「もう一つの書物も開かれた。それは命の書である。
死者たちはこれらの書物に書かれていることに基づき、彼らの行為に応じて裁かれた。
海はその中にいた死者を外に出した。
死と陰府(よみ)も、その中にいた死者を出し、彼らはそれぞれ自分の行いに応じて裁かれた。
死も陰府も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。
その名が命の書に記されていない者は、火の池に投げ込まれた」

火の池とは、フォトンベルトのことではないでしょうか。

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人とともに住み、人は神の民となる。
神は自ら人とともにいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。
もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」

「すると玉座に座っておられる方が、『見よ、わたしは万物を新しくする』と言い、また、
『書き記せ、この言葉は信頼でき、また真実である』と言われた。

フォトンベルトによって本当に次元上昇が起きるのか、起きたとしてどのような世界になるのか、本当のことは分かりません。

しかし、もしかしたら聖書の予言にある、至福千年と言われる人類が待ち望んだ世界の実現かも知れません。
3次元での様々な苦しみや悲しみから解放され、輪廻転生から解放され、人と人は信頼し合い、愛し合い、助け合う理想の世界が実現する、是非そうであってほしいと心から願います。

2012年まで、あと2年余、夜明け前が一番暗いと言われるように、これからのしばらくは、戦争や食糧危機、転変地異や様々な災厄が避けられない時期になるでしょうが、夜明けを信じたいと思います。


ここまで書いてきて、小惑星探査機「はやぶさ」が帰還しました。
最近に無い、感動的なニュースです。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の技術と努力と情熱が成し遂げた、奇跡的な快挙でした。
JAXAのスタッフは、7年振りに帰還した「はやぶさ」が燃え尽きる前に、最後に地球の姿をを見せてやろうとして、2時間かけて地球の方を向かせました。
はやぶさはそれに応えるように、大気圏突入のぎりぎりの時に、1枚の地球の姿を送ってきました。
(ボイジャーが太陽系から去る時に、振り返って太陽系の写真を送ってきたエピソードを思い出します。)

PN2010061301000706.jpg

満身創痍のはやぶさ君、お帰り、最後まで良く頑張ってくれました。お疲れ様、ありがとう、!!
JAXAの皆さん、おめでとう。!! 
JAXAのF君、おめでとう!! 君から航空宇宙センターに移ろうと思うと相談された時、賛成して良かった。

民主党、こんな素晴らしい仕事を事業仕訳するな!!

すこっちさんが描いた素敵なはやぶさのマンガです。





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

yumiさん こんばんは。

地球上には命が溢れているので、命の不思議さを思いません。
しかし、地球以外の星から見れば、命が存在することは、奇跡中の奇跡ですね。
女性は自ら命を育むので、命の不思議さを実感するのだろうと思います。
(最近は、邪魔に思う女性もいますが)

yumiさんは数字に興味を持たれているようですが、数にも不思議な性質がありますね。
フィボナッチ数列なども面白いですし、数は宇宙の本質に関わっているようです。
古代の人は、そのことが分かっていたようです。
インドの数学者、ラマヌジャンなども面白い話が沢山あり、いずれ記事にしたいと思っています。

2010/06/20 (Sun) 22:57 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさんこんばんわ☆
今回の記事もまたとても興味深く読ませていただきました。私は結婚の時に一応仏教徒になっているのですが、元々無神論者です。でも神という言葉で片付ければ理解しやすい命のエネルギーの流れを作っているような大きなものがあるとは感じていたのでそういうことなのだろうなと漠然としながらも落ち着けていました。
そんな私のいつも漠然としたところをすっきりさせてくださるのがパックさんの記事なんですね☆
偉大なる叡智の分かち合いの時代になるのでしょうね。。。。。。
調和、秩序、、、、、この頃数字に興味を持っています。すべての物事が調和をとるように出来ているんですね。。。。。

2010/06/20 (Sun) 22:28 | Yumi #- | URL | 編集
Re: No title

風光さん

ニュートンが、「自分は真理の大海を前にして、砂浜で遊んでいる子供に過ぎない」と言っていますが、大天才が真理に対して謙虚であるのに、普通レベルの科学者が、簡単に神を否定するのは、傲慢であると言わざるを得ません。

量子力学が宗教と科学の壁を取り払ってくれました。
すべての根源は光であり、光は愛であり叡智であると、確信を持っています。

そして、大いなる神の光が、一人ひとりの心の中心にあることに、もうすぐ人間が気づく時がくるのだと思います。
それが2012年かも知れません。

2010/06/16 (Wed) 21:41 | パック #- | URL | 編集
No title

「旧約聖書」の「創世記」第一章に
「はじめに神天地を創り給えり。地は形なく空しくして闇わだの面にあり。神の霊水の面を覆いたりき。神光あれと言い給いければ光ありき」とあります。
私は今だ分からないことが多く時々いろいろな本を読んで知りたい欲求をおさえております。

この「神光あれと言い給いければ光ありき」というこの言葉が天地の創造がいかにして行われたかと言う神秘が暗示されているように思います。
水素の存在など云々とバックさんにお話することは必要のないのですが、
光を言葉をもって創造された神は宇宙に普遍的に満ち満ちている大生命だと言う事が
間違いのないことであると私は思っています。

今回のバックさんの記事、更に私の欲求を満足してくれるものでした。

2010/06/16 (Wed) 17:55 | 風光 #- | URL | 編集
Re: No title

タヌ子さん

フォトンベルトについては、私自身も全く信用していませんでした。
しかし、7~8年前に、NASAのホームページからフォトンベルトについての詳細な記事が削除され、その後、すべての科学的な立場からの発信が無くなってしまったことに、むしろ違和感を感じていました。

はやぶさの帰還は、日本の力を久しぶりに証明できて、うれしい出来事でしたね。
鼻高々だったタヌ子さんの姿が目に浮かびます。

友人がJAXAにおり、さぞ喜んでいると思います。
技術は日本の生命線なので、民主党が愚かな政策をしないことを願っています。

興味が無い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

2010/06/16 (Wed) 10:37 | パック #- | URL | 編集
Re: No title

えりさん

えりさんが体験されたことは、人に話をしても理解できないことだと思います。
そのことを説明できる理論が今の科学にはなく、イエスや仏陀などの叡智に頼るしかありませんが、しかし、キリスト教や仏教も、長い歴史の中で歪められてしまい、肝心のところが説明できなくなっています。

私は無神論者でしたが、量子論や宇宙論、遺伝子構造などを学ぶ内に、宇宙や命は偉大なる叡智によって、完璧な調和を原理として作られていることに気づきました。

そして、世界が不調和に満ちている現在は、宇宙の根本原理から外れており、その結果は人類自身が引き受けなくてはならず、その時が近づいていると思います。
調和を実現するための仕掛けがフォトンベルトかも知れません。

すべての根源は光であり、その光は愛と叡智そのものであり、人間の心の根源は、神の光を宿す偉大な存在なのだと思います。

えりさんが言われるように、あの世に持って帰れるものは心に刻まれたものだけですね。
もしメールアドレスを教えて頂ければ、ご連絡させて頂きます。

ありがとうございました。




2010/06/16 (Wed) 10:09 | パック #- | URL | 編集
No title

こういう分野の知識は全くないので、まずはwikiでフォトンベルトのなんたるやを読んできました。
フォトンベルトに関しては色々説があり、科学的根拠はないとのことですが、実際に突然電子機器が使えなくなったら地球は大混乱ですね。
そこで初めて人間がなんであるかを見直すことになるのかも知れません。
これからは少しでも振動数を高くするように努力したいものです。
2012年に地球の全ての膿が吸い上げられて、ユートピアに近付くといいですね。
はやぶさのニュースはフランスでも報道されており、日本人として、夫の前でちょっと鼻高々な瞬間でした。
はやぶさ君、お疲れ様。

2010/06/16 (Wed) 08:17 | タヌ子 #- | URL | 編集
No title

パックさんへ

我儘をお聞き入れ下さり、とても素晴らしい記事を、本当にありがとうございました。

私は医療に身を置く者で、精神世界の事柄は、学ぶ上でのほんの一部で、最も蔑ろにされている分野です。
事実私も、オカルトな話を長年馬鹿にし続けていたほどなのです。

ですが、突然ある夜、いつもどおりに寝ようとした時、閃いたように、私の中で何かが変わったのです。(この変化はうまく言葉にできません。)

私が突然こうなってしまったのは、何かで頭がおかしくなったんだろうか、と思い悩んでおりました。
実際に、周りの一部の人はそのように笑っていました。
あるいは死期が迫っているのかも、と悩みました。
何故か直感は当たるし、思ったことが翌日実現したり、連絡が来る前にその人が夢に出てくる、など頻繁になり確率の問題で片づけられない何かを感じたのです。

それで色々調べて、アセンションが近づくと、私のような状態になる人が増える、という記事を見つけ、自分なりに調べるようになったのです。
あなたのブログもその過程で見つけました。
心と科学のバランスが非常に見事な記事ばかりで、感動しました。

宗教や思想だけでは、考えが偏ってしまうので、なんとか今は、物理学の法則や、歴史上のことも調べているところです。
記事に書かれているように物理学上も波動が高いものほど微粒子となることも知りましたし、どうやら宇宙空間では自分が心で疑問に感じたことの答えがすぐに返ってくる(タイムラグが短い)、というようなことも読みました。

恐らくは、私自身も何かに導かれるようにして、今この状態にあるような気がしますので、私生活を通じて出来る限りのことはしてみようと考えております。

いつかは、おのおのが自分の幸せを人にも分けてあげたい、と自然に思えるような世界が来るような気がします。そこに業の深い自分が、いるとは到底思えませんが、死んだ時持って行けるのは心に刻まれたもののみだと思っておりますので、意識的に生きてみたいと思います。

本当に、迷いながらもの素晴らしい記事、ありがとうございました。
これからもますますのご活躍、心より楽しみにしております!

2010/06/16 (Wed) 02:23 | えり #- | URL | 編集
Re: マインドシフトみたいな

ジェームスダブルおさん

迷いながら書いた記事です。
もっと書きたいことがあるのですが、宗教と科学の折り合いがついていない現状では、
この程度しか書けませんでした。
おそらく、アセンションは起こり、光の時代が来るのではないでしょうか。

2010/06/14 (Mon) 21:03 | パック #- | URL | 編集
マインドシフトみたいな

今回もとても興味深い内容ですね。ありがとうございます。v-22 わたしはそうなっていくだろうと思ってます。v-48 今から物質面から精神面に徐々にシフトしていってると思っています。

2010/06/14 (Mon) 20:06 | ジェームスダブルお #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する