桜の歌人 再掲

咲きかけた桜が、冬のような寒さにとまどっています。
花冷えという言葉がありますが、桜の時期に冬のような寒さを体験したのは初めてのことです。
この気候は2008年に太陽活動が弱まり、100年振りに太陽黒点が消えたことが原因だと思われます。
(地球の寒冷化については、「情報を疑うー地球は寒くなる」をご参照ください。)

ともあれ、今年も桜が咲いてくれたこと、健康で桜を見ることができたことを、喜び、感謝したいと思います。

4月中に書かなくてはいけない論文があり、しばらく新しい記事が書けません。
昨年の記事、「桜の歌人」を再掲させていただきます。

新緑の頃に、また記事を書きたいと思いますが、皆さまのブログは、できるだけ訪問させていただきます。

追記
「ねずきちのひとりごと」というブログがあります。
過去の日本人の高潔さ、優しさ、無私の心を表す様々なエピソードが紹介されていますが、この中の「真実の物語・・・ウズベクスタン」で、シベリヤに抑留された日本人墓地に、1300本の桜が植えられている理由が紹介されています。日本人は素晴らしい民族であったことを、再認識させられます。

パラオ・ペリリュー島の戦い」は、感動の秘話です。人にこのエピソードを話すたびに、涙が出ます。是非、ご覧ください。


cherry-trees-walkway-ga.jpg
ナショナル・ジオグラフィクスより
(私の実家の近く、岩国市の錦帯橋周辺の桜です)



櫻ばな いのち一杯咲くからに 
       いのちをかけて われ眺めたり  ー岡本かの子ー



春の喜びを伝える桜ほど、日本人に愛され続けた花はありません。

本居宣長の、「しきしまの やまと心を人とはば 朝日ににほふ山桜花」は有名ですが、寒い冬が終わり、桜の花と共に、いのちあふれる春を迎えた喜びが感じられません。観念的な歌だと思います。
一茶の俳句、「日本は はいり口から 桜かな」の方が、素直に桜を愛する日本を歌っています。



cherry-tree-swing-ga.jpg
ナショナル・ジオグラフィクスより

               ぶらんこや さくらの花を 持ちながら  一茶

  

桜を詠んだ代表的な歌人は、何と言っても西行です。

西行の歌には、桜の開花が近づいてきた時の心のときめき、咲いた桜とともにある喜び、咲いた桜がいつはかなく散るのか、気がかりで仕方の無い心の様が、素直に切実に詠われています。
恋人を歌っても、西行が桜を歌ったほどには歌えないでしょう。

次のように歌う西行のこころは、日本人なら良く理解できるのではないでしょうか。


吉野山 こずゑの花を見し日より 心は身にも添はずなりけり

たぐひなき 花をし枝に咲かすれば 桜に並ぶ木ぞなかりける

花見れば そのいはれとはなけれども 心のうちぞ苦しかりける

春風の 花を散らすと見る夢の さめても胸のさわぐなりけり

眺むとて 花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ悲しかりけれ

いざ今年 散れと桜を語らはん なかなかさらば風や惜しむと

梢うつ 雨にしをれて散る花の 惜しき心を何にたとへむ

西行の桜への哀切な思いは、桜の花の咲く下で死を迎えたいとの歌に集約されています。
ここまで桜を愛した歌人はいなかったでしょう。
そして西行のこの願いは、旧暦如月の頃に死を迎え、遂げられました。


願わくは 花の下(もと)にて春死なん そのきさらぎの望月の頃




国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

yumiさん 有難うございます。

共同執筆者がいて、概論を私が書くことになっていますが、
桜ばかり見て論文の勉強が全然進まず、頭を抱えています。
出来が悪くて審査を通らなかったら、私の責任です。
論文は、http://www.oxfordjournals.org/に寄稿する予定です。

yumiさんの短歌を、是非発表してください。
以前作られた歌に感心しました。

2010/04/06 (Tue) 23:10 | パック #- | URL | 編集
No title

今頃論文でパックさんもお忙しくされてらっしゃるのかしら。。。。そんな中サクラの風景でも見にちょっとお散歩に出られたら心が和むことでしょうね。。。。
美しいものを見たときにそれを短歌にしたくなる気持ちはとてもわかります。。。。でも私にはその才能はないのですが。。。(^^;)
うちの近所が今こんなお写真のような満開の状態です。
サクラのときだけはどこか日本人の魂に訴えかけられるような美しさを感じる人が多いですよね。。。。
気温差も激しいですし、体調崩されてる方もかなり多いようです。。。論文作成で根詰められてお風邪などひかれませんようご自愛くださいませ(^^)

2010/04/06 (Tue) 21:17 | Yumi #- | URL | 編集
Re: No title

せばすてぃあんさん

「花あれば西行の日とおもふべし」 
まったく同感です。
桜=西行、この関係を上回る歌人はもうでないでしょう。

若い頃、花見に行く時は、「山家集」を持って行きました。
西行の桜への思いを、追体験したかったのですね。

今度の土日、晴れると良いですね。

2010/04/01 (Thu) 23:58 | パック #- | URL | 編集
No title

心は身にも添はずなりけり

西行の歌にはゾクゾクさせられます。
なんか憑いてそうな気もします。
言霊ってヤツでしょうか。

花あれば西行の日とおもふべし 角川源義

桜を見るたびに西行が出てきますね。
一茶の句も良い句です。

2010/04/01 (Thu) 21:48 | せばすてぃあん #- | URL | 編集
Re: No title

yukkinaさん

はじめまして。

この近辺は、日本の桜100選に入っています。
実家の近くの風景ですが、残念ながら、桜の咲く頃に帰る機会が無く、
しばらく見ていません。
春の訪れを何より感じさせてくれる花だと思います。

2010/04/01 (Thu) 18:40 | パック #- | URL | 編集
No title

こんばんは
一枚目の写真、特に美しいですね!
新しい季節の訪れを何よりも知らせてくれる花だと思いますw

2010/03/31 (Wed) 22:48 | yukikina #fbyCTERU | URL | 編集
Re: No title

風光さん

ありがとうございます。
まだ切羽詰まっていませんが、20日までに書き上げたいと思っています。
お花見は、何が何でも行きます。
この時期、お花見がすべてに優先します。
日本を実感する季節ですね。

2010/03/31 (Wed) 18:38 | パック #- | URL | 編集
No title

お忙しい状況が続くようですが、桜を見る時間があればと、ふと思ってしまいました。

どんな花も咲く時も惜しむことなく満開を見せてくれますね。
私も今ある力の全てを出しきる生活をしなければと・・・。

記事掲載のお時間が取れる状況になる日を、楽しみに待っております。

2010/03/31 (Wed) 17:56 | 風光 #- | URL | 編集
Re: No title

アラレさん

毎年桜を見る度に、この一年が無事に過ごせたことを実感します。
正月を迎えても、ただ暦上の行事としか思えないのですが、
桜は生きていることを実感させてくれます。
病気の人は、特にそのことを実感するようです。

日本の四季には、旧暦が合います。
お正月に、初春のお慶びと書いても、どこにも春はありません。
西行は今頃、西方浄土で花見をしていると思います。

2010/03/31 (Wed) 17:47 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさん、こんにちは。

「ともあれ、今年も桜が咲いてくれたこと、今年も健康で桜を見ることができたことを、喜びたいと思います。」
パックさんの言葉をしみじみ実感しています。

しばらくお忙しいみたいですね。お体にも気をつけて、お仕事頑張ってください。

旧暦で云えば今はまだ如月なんですね。昨日あたりが望月でしたね。
西行法師は願い通り、お釈迦様の命日に一日遅れて、西行の名前の通り西方の浄土へ行かれたのでしょうね。

2010/03/31 (Wed) 17:01 | アラレ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する