成功法則を考える

ise 032


成功法則を実行すれば願いが実現でき、幸福になれるという本がたくさん出ています。代表的なものが「マーフィーの法則」です。
本当にそうなのか、成功法則について考えてみたいと思います。

成功法則は、プラス思考で生きることと、潜在意識に願望を植えつけることの2点に集約されます。

潜在意識に植えつけられたものは、現実化する仕組みがあり、イエスもそのことを語っています。

「まことに、あなたがたに告げる。
 だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、
 ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになる。

 だからあなたがたに言う。
 祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。
 そうすれば、その通りになる。
」 (マルコによる福音書)

想念は現実を作ります。
何か物を作る時には、まずデザインを考え、デザインが具体的であるほど、思った通りのものが出来ます。
具体性は、成功法則の重要な要素です。

問題はそれを実行した人の内、どれだけの人の願望が実現し、幸せになったかと言うことです。
このような成功法則を読む人は、多分何冊も読んでいるはずです。何冊も読むと言うことは、読んで実行したが、うまく行かなかったからでしょう。

なぜ実現しないのでしょうか。
成功法則には、欠けている視点があるのではないでしょうか。

人は幸福から学ぶことはできません。学ぶことができるのは不幸や困難からです。
人生が魂の成長のための学校であるとしたら、厳しい環境や不幸は気づきを得るための重要なチャンスであり、容易な願望の実現が、学びの機会を奪うことさえあります。

宇宙はエネルギーと法則によって成り立っています。
エネルギー自体に善悪はありませんが、宇宙の法則に反する思いと行いによって、マイナスのエネルギーとして働きます。
願望実現のためには、プラス思考だけでなく、行為もプラスでなければならないはずです。


ise 027

カー用品のイエローハットの鍵山秀三郎さんが始めたトイレ掃除運動があります。
入試が零点でも高校に入れる「高校全入」の実施によって、教育が荒廃していた広島で、鍵山さんたちは県警本部長と協力して、暴走族の少年たちをトイレ掃除運動に参加させました。

トイレ掃除を行う内に、すさんでいた少年たちの心に、人のために奉仕する喜びが生まれ、全国有数であった少年犯罪が急速に減っていったのです。
少年たちの人生は、奉仕によって好転しました。ここに願望実現のヒントがあります。
(この時、高校全入を実施して広島の教育を破壊し、子供たちの人生を狂わせた人間が、テレビで教育を語っていました。反省を知らぬ人間です。)

トイレ掃除に関わるもう一つの話があります。ご主人をガンで亡くした72歳の女性の話です。
ご主人が亡くなった後、当時65歳であったこの方は、毎朝5時に起きて大手スーパーのトイレ掃除を始めました。
このスーパーにはバックヤード(作業所)を含めて49のトイレがあり、1分の休憩時間も無く2時半まで働きました。
そして夕方からは居酒屋で焼き鳥の串を刺す仕事をし、その後さらに外食チェーンで食器洗いをしました。終わるのは夜11時でした。

この生活を続ける内に体重が激減し、微熱と咳が出るようになり、このままでは死んでしまうと思い始めた時、5人のフィリピン人女性が派遣会社に入り、彼女はその日の内に首を言い渡されました。
しかしフィリピン女性たちによって、自分は命を助けられたと感じたと言います。

(実はこの女性は歯科医の奥さんでした。しかし、そこまでして金を稼がなければならない理由があったのです。そのことはまたご紹介することがあるかも知れません。)

このような限界を越える仕事をしながら、トイレ掃除においても「仕事をさせて頂いて有難うございます」と、心の中で感謝していたと言います。
それから間もなくある仕事と出会い、今は十分な生活をしています。成功法則を実行したわけではなく、必死に働きながら感謝を忘れなかった心に、原因結果の法則が働いたのでしょう。

成功法則が間違っているわけではありません。
しかし、自力による努力と、心の修正を伴なわない成功法則は本物と言えず、またその願望は成就しにくいのではないかと思います。





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: バックさんへ!!

荒野鷹虎さん

経済とは最小の努力で、最大の成果を上げることですから、楽を求めることは悪いことではないでしょうが、どうしても僥倖を期待してしまいます。
いつも自力を大切にしたいですね。
酷暑の毎日です。お大事にしてください。

バックさんへ!!

神仏に頼りすぎるところがあります。
自助努力が大事なのですねー!
無欲も思うように成れません。健康になりたいと言いながら、不摂生をしている状態です。汗)
小難に終わったことを深く感謝しなければいけませんねー!ありがたい言葉です。!又来ます。!

Re: バックさんへ!!

荒野鷹虎さん

このたびは大変でしたね。
ちょっとした事が事故に繋がってしまいます。
後からしまったと思いますが、その時は気をつけてやっているつもりですから、
大難が小難で済んだと思った方が良いでしょうね。
お大事にしてください。

バックさんへ!!

このたびはお見舞い有難うございます。!
いくら齢を重ねても、中々成長しない、拙者です。笑)
ペテロのように心から改心できるにはまだ遠い存在です。!しかし少しでも、前向きに、祈りをしようと思っています。では又!ご挨拶まで!

Re: No title

アラレさん

欲望が強いことは、成功の条件と言ってよいでしょう。
成功した人間を沢山見てきましたが、欲の量と能力を掛けたものが、結果として現れているようです。
しかし、戦前生まれの人には、徳を兼ね備えた人が多くいました。
日本の今後の発展の鍵は、徳の教育だと思います。
アラレさんが成功しなかったのは、欲が少なかったせいで、寂しいことではないと思います。
人それぞれ、目指すところが違いますね。


No title

私も、若い頃は何冊か成功法則に関する本や、「ビッグ・トゥモロー」などというバカな雑誌を読んだことがありました。
ただ、残念なことにどうやら私には法則やノウハウ以上に大切な「欲」が欠如していたようです。

現実に成功した人間は、法則など無視できるほどの強い出世欲、成功欲、物欲などを持っているように思います。
手段さえ間違えなければ、それらは確かに最高のニンジンになると思います。
まあ、手段に関しては「勝てば官軍」が往々にまかり通っているみたいですが・・・。

私などは「欲」といえばせいぜい「色欲」くらいなものですが、
それさえも、生身よりも、画像や映像で満足出来る程度で、さびしい限りです。

Re: No title

コトママさん

失敗しなければ分からないことがあります。
その失敗が人間的な深みになるのですが、マニュアル本や成功法則で学んだことは知識にすぎず、言葉の遊戯に終わる事が多いのではないでしょうか。

京都の一公立高校で、15人も経済的な理由で修学旅行に行けないとは驚きです。
経済的な不況は深刻ですね。
私の高校の同級生は、時間がもったいないと言う理由で1/4位が修学旅行に行きませんでした。
行かないのと行けないのでは違いますが、思い出を作れなかった子供たちは、試練と考えて頑張ってほしいですね。

高校が義務教育でないのは日本とマダガスカルだけなのですか。
広島の場合は、ゆとり教育などと称して、勉強をしなくて良い風潮が出来てしまいました。
勉強するつもりがなければ、高校に行っても無意味ですね。
日本は教育で世界から尊敬される国になりました。
もう一度、教育を立て直してほしいと思います。

No title

昔からありますよね。
「失敗は成功のもと」な~んて・・・
他人の痛みがわからないと自分の痛みもわかりませんから・・・
本を読んで成功しようと思うこと自体が他力本願ですよね。
自分で試行錯誤するのがいいかと・・・
お掃除のようにね。。

高校全入、知りませんでした。
京都は定時制のクラス削減など、お金がない子は高校にいけない、状態が続いています。
近くの公立高校でも余裕がなくって修学旅行にいけない子が昨年度は15人いました。
貧富の差がそのまま教育に差が出てきます。
何かをばねにこんな子達もがんばってほしいものです。
因みに高校が義務教育でないのはマダガスカルと日本だけです。
暴走族にお掃除はいい考えですね。

Re: No title

タヌ子さん

おっしゃる通りだと思います。
うさぎ跳びを罰としてさせられるのであれば苦痛しかありませんが、自分を強くするためであると考えれば、喜んで耐えることができます。

考え方一つで苦にも楽にもなり、そのことに気づけば人間としてレベルアップできるのですが、そこで自分を過信して増長慢になれば、進歩が止まってしまいます。

タヌ子さんの評価がやがてミシュランのような権威を得て、タヌキ3つが星3つを越える時が来るかも知れません。
いつまでも美しさとスマートさを失わず、美味求真の旅を続けてください。

No title

基本はやはり感謝の気持ちを忘れないことにあるのではないかと思います。
義務だと思ってすることも、感謝の気持ちを持って行えば自然に仕事が丁寧になるし、丁寧な仕事をすれば認められる。
認められれば更にやる気が出る。
どんどん良い方向に向かって行きますが、ある程度のところまで到達した時点で感謝の気持ちを忘れてしまう人が多いのでしょうね。
お腹がいっぱいの時に出されるどんな高級な料理より、空腹時に食べるおにぎりの方が美味しいと同様、困難な状況の中で見つけたものは、どんなに些細な物でも有り難いものです。
これからもどんどん美味しいものに巡り合うために、感謝の気持ちを忘れずに、信念を持って突き進んで行こうと思ってます(目標低すぎ…汗)。

Re: No title

ジェームスダブルおさん

人間は自分の持っている能力の1/10も使っていないようです。
能力に気づいていないことと、自分でリミッターを掛けているからだと思います。
そのリミッターを外すのが潜在意識の活用なのでしょうね。

No title

これもいいことが書いてありますね。ほんとそのとおりだと思います。今日もありがとうございます。

Re: No title

parismidoriさん

願望と言っても、多くの場合は欲望ですね。欲望がみんな叶えば、社会は混乱してしまいます。

成功法則は正しいはずですが、それで成功した人の話を聞いたことがありません。
間違いなく成功したと言えるのは、その本が売れた人でしょうね。

ねこまわしにトライしていただき有難うございました。
midoriさんは神のみ旨に叶う人ですから、ねこまわしが神のみ旨に入っていなかったようです。
これに懲りずに、またのお越しをお待ちしております。

No title

パックさん、こんにちは。各人が私欲のままに願うことが全て叶ってしまうのなら、世の中はとんでもないことになってしまいますものね。成就しないのは、まず、願望の質が問われているということなのでしょうか。あたかも自然の流れのなかに、奉仕、感謝など高次な気づきを与えようとする人生とは本当に深遠なものです。”ねこまわし”も3回トライしましたが、み旨ではなかったようです(笑)。

Re: No title

風光さん

人生は今一瞬の積み重ねですね。
今何を思い、何を行うか、それをおろそかにすることは、
人生をおろそかにすることだと思います。

自戒しなければならないですね。

No title

バックさん、今だ完治せずにモヤモヤの本日です。
短いコメントではありますが記載させて頂きます。

「人生とはその人が毎日考えるそのものになる」
という言葉が有りますが

習慣の心を変えなければ想い通りの人生とならないようですね。
無意識時間の想念が大切かと、記事を読んでいまして思いました。

非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア