元気が出るラジオ体操の歌

838983W83I91CC9180.jpg


朝起きた時に、太陽に向かって「ありがとうございます」と言うようにしていますが、先日ふと「ラジオ体操の歌」が浮かんできました。
そして子供の頃よく耳にしたこの歌が、希望に満ちた素晴らしい歌であることに気づきました。

口ずさんでみると、何の心配もなく、ひたすら楽しかった子供の頃や、日本全体が明日に向かって進んでいた頃のエネルギーが思い出され、今日一日、きっと良い日になると元気が出てきます。

宇宙飛行士の若田光一さんは、地上で若田さんを支えた宇宙航空研究開発機構のメンバーが送ったラジオ体操の歌で起床していました。国際宇宙ステーションの日本実験棟の名前が「希望」なので、歌詞に出てくる「希望」が、きっと元気を与えてくれたことでしょう。
無理やりアファメーション(肯定的な言葉を断定的に口に出すこと)やプラス思考するよりも、この歌を口ずさむ方が自然に前向きになれます。
「新しい朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開け 大空あおげ 」と口にすると、きっと今日は良いことが起きると、希望が湧いてきます。
疲れている時、気分が沈んでいる時にお試しください。

忘れた方もおられるでしょうから、歌詞をご紹介します。(二番は歌った記憶がありません)

  新しい朝が来た 希望の朝だ
  喜びに胸を開け 大空あおげ
  ラジオの声に 健やかな胸を
  この香る風に 開けよ
  それ 一 二 三

  新しい朝のもと 輝く緑
  さわやかに手足伸ばせ 土踏みしめよ
  ラジオとともに 健やかな手足
  この広い土に伸ばせよ
  それ 一 二 三

  藤浦洸作詞・藤山一郎作曲




藤山一郎版もどうぞ




スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

yumiさん

この歌は夏休みのさわやかな朝を思い出しますね。
スタンプを押してもらうために行っていたようなものですが、
一度も休まなかったと思います。
今やれば体が動かず、みっともない体操になるでしょうが、
また、子供たちに混じってやってみたいですね。

yumiさんは今年の夏、Rちゃんと一緒にやってみられてはいかがですか。
Xdayまで後2日、すばらしい命の誕生を祈っています。
頑張ってください!!


2010/02/08 (Mon) 16:41 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

えんくんさん

この歌を歌っていた頃は、みんな元気で生き生きしていましたね。
子供の頃を思い出します。
日本の復興期にふさわしい歌です。
おっしゃる通り、もう一度日本がこの歌にふさわしい国になってほしいですね。

2010/02/08 (Mon) 16:16 | パック #- | URL | 編集

懐かしいですね☆
このラジオ体操の歌、歌詞の一番だけですがすぐに歌えました(^^)
やっぱり子供の頃に聞いた記憶が残っているのですね~~♪
小学生の夏休みの時に毎朝ラジオ体操に参加して、カードにスタンプを押してもらうのを楽しみに行ってたのですけどね、その時に聞いてました♪そして中学生の体育の時間ではこのラジオ体操をかなり本格的に細かいところまで指導受けて習ったのですが、これは結構な運動になるのですよね☆また子供がそんなラジオ体操に参加するときには一緒に参加してみたいなって思いました(^^)そのときにもこの歌まだ聴けるのかしら?

そして暖かい励ましのメッセージありがとうございました☆
ショパンの音楽も聴いてみました。。。。。
確かに、今はあまりモーツアルトっていう気分じゃないんですよね。
ショパンのほうが心地よく聴けるな~~って思ったので、
どこかしまいこんでるCDの中にショパンがあったと思うので探して見たいと思いました♪YouYTubeですぐにこんな素敵なピアノ演奏が聴けるって時代になったなんてすごいですね♪いいこと教えてくださってありがとうございました(^^)パックさんのお心遣いを励みに私も頑張ります!

2010/02/08 (Mon) 10:23 | Yumi #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは。

ラジオ体操の歌、凄く懐かしいです。 
小学校の夏休みに通っていたの思い出します。
この国を、こういう歌が似合う国したいですね。

2010/02/08 (Mon) 08:00 | えんくん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

アラレさん

この歌は昭和31年に作られたのですね。
日本は戦争によって、多くのものを失いましたが、希望を失わなかったことが
良く分かる歌です。
もし日本人がみんなこの歌を歌って一日を迎えたら、かっての日本のように
国の雰囲気が明るくなるでしょうね。
アラレさんも一緒に歌いましょう。

2010/02/06 (Sat) 12:29 | パック #- | URL | 編集

『ラジオ体操の歌』、昭和31年に作られたみたいですね。
そう考えて歌詞を読むと、なおいっそう感慨深く感じられます。
戦後の荒廃から立ち上がり始め、国も国民も目指すべきものがはっきりと見え、歌詞の通り新しい朝が来るたびに希望を感じられたのでしょうね。
今は、私自身も、この国も新しい朝に絶望しか感じられませんが、パックさんのおっしゃる通りこの歌を毎朝起き掛けに口ずさんでみましょうか?

また、素敵なお話をご紹介ください。楽しみに待っています。

2010/02/06 (Sat) 02:47 | アラレ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

matsuyamaさん

「ラジオ体操の歌」、分かりやすいですね。そのままです。
夏休みは、ラジオ体操に参加するとハンコをついてくれて、
最後の日に、ノートや鉛筆をもらいました。
国歌についで、日本人に知られた歌かも知れませんね。
こんなに体操を普及させた国は無いと思います。
今と違い、立派な国でしたね。

2010/02/04 (Thu) 21:04 | パック #- | URL | 編集

ラジオ体操の歌っていうんですか。メロディや歌詞は子供の頃から口ずさんでいましたからわかるんですが、題名は知りませんでした。
歌詞を見ながら子供の頃を思い出しましたね。学校の朝礼の時の体操、夏休みの子供会での体操、運動会での体操‥。会社勤めをしてからも朝礼で体操してるところもありましたよ。
国民的に広く浸透してるんですね。メロディを聞いただけで身体が自然に動いていきますよ。ラジオ体操第一よーい、と聞いただけで準備体操の用意をしちゃいます。ある意味息の長いヒット曲ですよね。

2010/02/04 (Thu) 18:43 | matsuyama #- | URL | 編集
Re: こんにちは

時音さん

そうですよね。
気持ちがさわやかになり、元気が出ます。
一緒に歌いましょう。

ウサギのパックへの言葉をありがとうございました。
しばらくウサギがいた場所を通ると、
城山三郎さんの本の、「そうか、もう君はいないのか」を思い出していました。

猫が死んだウサギの顔を何度も舐めていたのは感動でした。
きっと斜頸で全身が痛いのに、良く頑張ったねと言いたかったのだと思います。

シマリスちゃん、可愛がってください。

2010/02/04 (Thu) 16:38 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

風光さん

私も全部覚えていませんでした。
子供の時には気づかなかったのですが、良い歌詞ですね。
こんな歌詞が生まれたのは、日本人が明日を信じていたからでしょうね。
毎日起きたら口ずさんでいます。
風光さんもどうぞお試しください。

2010/02/04 (Thu) 16:18 | パック #- | URL | 編集
こんにちは

パックさんこんにちは。
>無理やりアファメーションやプラス思考するよりも、この歌を口ずさむ方が自然に前向きになれます。

ものすごく同感です。
アファメーション、刷り込み、などにトライしたこともありましたが、何となく違和感がありました。

まさしくパックさんのおっしゃるとおりだなって思います。

こういう歌って、無意識に心が晴れやかになりますよね。
声を出して歌うのがいいですね!


それから、ウサギのパックちゃんのご冥福を、心よりお祈りいたします。
ついついお言葉をかけるタイミングをつかめぬまま、今日になってしまいました。
わたしも実はシマリスを飼っております。
シマリスも当然家族というか、息子です。
あの記事を拝読いたしましたとき、その子を無償に抱きしめたくなりました。

2010/02/04 (Thu) 15:59 | 時音 #zLTxOIGE | URL | 編集

忘れていました。

これから病院に行こうと思いながら
バックさんのブログを見てからと・・・。

思わず歌いましたよ。
忘れていた光景が浮かんできました。
輝く太陽と、すがすがしい空気。
胸いっぱい吸い込んで、心に輝きを持って

行ってきます!

2010/02/04 (Thu) 10:04 | 風光 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する