スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胎児の意識

奈良 208
  遷都1300年の奈良


 青柳の 緑の糸を 繰り返し
       いくらばかりの 春をへぬらむ ー藤原実頼

初春のお慶びを申し上げます。
新しい年が皆様に取りまして、安らかで、幸せな年になりますようお祈りいたします。

  新しき 年の始めの初春の 
      今日降る雪の いや重(し)け吉事(よごと) ー大伴家持

初春の今日降る雪のように、良い事が重なっていけという願いを詠んだ新春の歌ですが、全国的に雪の元旦を迎えた今年が、良いことの積み重なる年になってほしいと願います。

古来日本人は、豊かで美しい自然を、美しい言葉で詠ってきました。言霊の国にふさわしい、言葉の遺産です。
このような比類の無い文化の国に生まれたことを、有難く誇りに思います。


奈良 154
 奈良公園

年末に、お母さんのおなかにいる赤ちゃんがほほ笑んでいる様子を、聖心女子大学の研究チームが、世界で初めて撮影に成功したとの記事がありました。赤ちゃんが微笑する画像は以前からあったと思いますが、1秒以上口角が上がった状態を微笑とする国際基準を満たしたようです。3分間の撮影で計6回、1回あたり平均4・7秒の微笑を見せたと言います。

f9684f12.gif9295a8f7.gif
  超音波診断装置画像


胎内教育の重要性は今や常識になっています。知人の話です。
知人の奥さんは公文式幼児教育の仕事をされていますが、2歳半位までの子供に母親の胎内のことを聞くと、みんな覚えていると言います。

・上から見ていてお母さんを選んで生まれてくる。お母さんには胸のあたりから入った。
・子供はお母さんのおなかの中で聞いている。みんな同じだよ。
・妹も一緒についてくるといったので双子になった。
・お母さんには内緒だよと言って、お腹にいた時に聞いたお父さんの声と、今のお父さんの声が違うと言う。離婚して いた。
・お父さんとお母さんがケンカしていたのでお腹を蹴ってやった。(ほほ笑む映像の赤ちゃんは、きっと幸せなので
 しょうね。)

子供は胎内にいる時や、生まれてから言葉をしゃべるまでも、あらゆることを吸収するようです。「三つ子の魂、100までも」ということわざがありますが、昔の人は良く知っていました。

知人が幼児教育で心がけていたことは、
・幼児言葉は使わない。
・良くほめてやる。ブロックでゾウを作ったと子供が言ったら、大げさにほめてやる。
・良く本を読んでやる。奥さんが幼児教育の先生をしているが、本を読んでもらって育った子は、一目瞭然、集中力が 違う。

DSC_0446.jpg
 スズキメソッドの子供たちの演奏

知人は子供が生まれてすぐに、幼児教育としてクラシック音楽を繰り返し聞かせ(胎教が間にあわなかったようです)、2歳半の時、才能教育研究会(スズキメソッド)に入れました。幼稚園に入った頃、学習図鑑セットを与えたところ、付属のカセットを聞きながらずっと見ていましたが、小学校に入った時に先生から、この子は何でも知っている、どういう教育をしたのですかと聞かれたと言います。能力に生まれつきはないようです。

気になるのは、知人の幼児教育の結果ですが、あまり勉強しないのに、成績はいつもトップクラスだったと言います。
私が胎内にいる時に、親に聞かせたかった話です。





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: こんにちは

空飛ぶミケ猫さん

始めまして。
思春期教育もさかのぼれば胎内教育に行きますね。
そして、すべての原点は夫婦、家族の調和だと思います。
仕事や人間関係は、育児や教育の障害になりますが、原点に愛や調和があれば、
障害も学びと捉えることができるのでしょう。
胎内に戻ることはできませんが、調和を妨げているのが自己中心の心だと気づいた時に、
すべては、無駄ではなかったことになると思います。
コメント、有難うございました。

2010/01/06 (Wed) 09:30 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

yumiさん

胎児の実感は母親にしか分からず、yumiさんのコメントをお聞きしたいと思っていました。
胎内教育の原点は、クラシック音楽を聴かすことではなく、夫婦が調和していることだと思います。
夫婦喧嘩ばかりしている親の声を、胎内で聞いている赤ちゃんは、生まれてくることに不安を持っているのではないでしょうか。
yumiさんが落ち込んでいる時に、赤ちゃんが胎内から励ましてくれるというのも、親子の絆ですね。
母親と胎児が一身同体であることを考えれば、子供の人格や一生は、胎内から始まっていることが良く分かります。
どうぞご自愛されて、心身とも健康な赤ちゃんを産んでください。



2010/01/06 (Wed) 09:21 | パック #- | URL | 編集
こんにちは

胎内教育の重要性…
まさにその通りだと思います。
私は思春期教育に長く携わってきましたが、
小学生、幼児とさかのぼり、スタートは胎内なんだとこのごろ感じます。私自身のことでいえば、もう遅いですが…

2010/01/05 (Tue) 22:50 | 空飛ぶミケ猫 #- | URL | 編集

まさに今それを実感してます。
お腹にいる赤ちゃんにも感情があるんだなって思うんですよ(^^)
Rが騒いで楽しそうな時は一緒にお腹の中で騒いでますし、パパさんがお腹に手を当ててくれるともう一番喜んでそのあたたかさに応えるように反応してくれます(^^)
そして私が落ち込んでいたりすると励ますようなぼこっと蹴る感じがあったり一緒に落ち込んでいたり(←これはあまりよくないと思うのですが(^^;))
Rは生まれたときどんなだった?って聞いたら
パッと明るかったって言いました(^^)
手術台でライト照らされた下で出されたのだからそうでしょうね~~☆
命って不思議ですね♪

2010/01/05 (Tue) 20:59 | Yumi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

風光さん

鈴木鎮一先生の「愛に生きる」は、わが家の進路を大きく変えた本でした。
この本に感銘を受け、娘たちにバイオリンを習わせることになりましたが、その後、バイオリンはずっとわが家の中心となってきました。

鈴木鎮一先生は、「どの子も育つ、育て方次第と言われ続けました。子供に限界はないと思います。
勿論、向き不向きがあり、イチローがバイオリンを習っていても、きっと一流になれたでしょうが、野球のように超一流になれたかどうかは分かりません。
適性を見つけて、その能力を開発するのは親の仕事であり、指導者の役割だと思います。

もし、モーツアルトが未開の地で生まれたとしたら、大天才は生まれなかったでしょうが、魂は自分の使命と役割を果たす環境を選んで生まれてくるので、そうはならなかったでしょう。
自分の使命や目的と出会えた子供は幸せだと思います。

風光さんとの思わぬ接点でした。
有難うございました。



> その本には・・・
>
> 今の社会には、自分は生まれつき能力がないからどうしようもないと観念し、
> あるいは、運命だからと諦めてしまっている人が大変多いように思います。
> そのために、生き生きとした喜びを、ほんとうの生命の喜びを感じる事が出来ないで
> 一日一日を送っている。
> これは、人間の、一番の不幸せと言わねばなりません。
> 人間の能力は生まれつきではない。
> 生まれた子は、大自然によって与えられた、生きようとする生命の働きのままに、
> おかれた環境の中で、その環境に適応して、それぞれの能力を身につけていくのだ。
> 現実に多くの人々は、良い能力が育つ環境が与えられないで、育てそこなわれ、
> しかも、生まれつきだと決められ、それを自分もそうだと決めている。
>
> ・・・こう書かれてあります。
>
> この本から学ぶことも多く、その事から、
> 私が不登校の子も入塾できる塾を開く決意をしたのかもしれません。
> 開設当初にはこの本の事は頭にはありませんでしたが、心が覚えていたようです。

2010/01/05 (Tue) 18:47 | パック #- | URL | 編集

ヴァイオリン奏者で鈴木鎮一という方の本を思い出しました。
「愛に生きる・・・才能は生まれつきでない」という題でした。

幼児教育を歩んできた母の本です。

その本には・・・

今の社会には、自分は生まれつき能力がないからどうしようもないと観念し、
あるいは、運命だからと諦めてしまっている人が大変多いように思います。
そのために、生き生きとした喜びを、ほんとうの生命の喜びを感じる事が出来ないで
一日一日を送っている。
これは、人間の、一番の不幸せと言わねばなりません。
人間の能力は生まれつきではない。
生まれた子は、大自然によって与えられた、生きようとする生命の働きのままに、
おかれた環境の中で、その環境に適応して、それぞれの能力を身につけていくのだ。
現実に多くの人々は、良い能力が育つ環境が与えられないで、育てそこなわれ、
しかも、生まれつきだと決められ、それを自分もそうだと決めている。

・・・こう書かれてあります。

この本から学ぶことも多く、その事から、
私が不登校の子も入塾できる塾を開く決意をしたのかもしれません。
開設当初にはこの本の事は頭にはありませんでしたが、心が覚えていたようです。

2010/01/05 (Tue) 17:57 | 風光 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。