子供の鑑

untitledjpg.jpg


作家の丸谷才一さんが、ポール・ギャリコの「ゴールデン・ピープル」を紹介したエッセイから引用します。


「ある年のシーズンが終わったあとの、野球記者晩餐会で、なにがしという上院議員がベーブ・ルースに訓戒を垂れた。
ルースはそのシーズン、とりわけ悪童ぶりを発揮して、トレーニングはサボる、監督と喧嘩はするで、罰金、出場停止、自宅謹慎になったのだ。

上院議員は、ベーブ・ルースに、改心して行動を慎むよう、切々と訴えた。なぜなら、この名選手は彼を崇拝するアメリカの少年たちに大きな責任があるからで、この責任から逃れるわけにはゆかない、というのだった。

ベーブ・ルースはこの泣き落としの意味をすばやく理解した。彼は立ち上がると涙を流し、アメリカの少年たちのため改心すると誓った。

“彼は、アメリカのすべての名士たちが学ばなければならないことを学んだ。なるべくこっそりとささやかな罪を犯すことである。
それまでのルースは公然と微罪を重ねていた。”」


最後の文章はユーモアですが、ここにあるピソードは、アメリカの古き良き時代を表しています。
子供たちのために、行動を改めるように説得した上院議員の良識と、子供達のために、それに答えたベーブ・ルースの良心。

アメリカも日本も変わってしまいました。
今、日本の政治家が語る子供達のために・・・という言葉を、額面通り受け取ることはできません。
それはスタンド・プレイだろうと、まず疑います。第一、政治家の言葉を、額面通り受け取る人はいないでしょう。
選挙のマニフェストでさえ、選挙用だと、はなから信じていません。

鳩山首相の定見の無さ、無責任さを見て育った子供達に、信義や約束を守るように教えることは困難です。
アメリカ大統領に、“Trust me”と言った舌の根が乾かないうちに、平気で約束を反故にし、自分だけでなく、日本という国の信頼を失ったという自覚が、この人にあるのでしょうか。
ベーブ・ルースが理解した、影響力のある人間の子供に対する責任について、鳩山首相に限らず、この国の指導者は無自覚と言わざるを得ません。

鳩山由紀夫vs 鳩山由紀夫(you tube)


昔、文化人類学者のルース・ベネディクトが、「菊と刀」の中で、日本人には罪という意識が無く、行動を律する規範は恥の意識である、と述べました。
ベネディクトの言うように、キリスト教の神を持たない日本人に、罪の意識が無いわけではありませんが、恥の意識が重要な行動規範であったことは間違いありません。
日本人の恥とは、行動の美学でした。

人前で物を食べ、化粧をする若い人だけが恥を失ったのではありません。
国をリードする政治家や財界人、文化人、マスコミに係わる人間他、我々を含む多くの日本人が恥や品格を失い、その結果として若い人が出来上がったはずです。
恥を知らぬ大人が、どうして子供達に、立派に生きることを教えられるのでしょうか。

a80f84bec8258228f1c476c53abacfdc.jpg


民主党の小沢幹事長が国会議員143人を含む、総勢600人を引き連れて胡錦濤国家主席に会いに行きました。
今や中国が重要なパートナーであることは言うまでもないことですが、恥も外聞も無い土下座外交で、まるで宗主国に対する属国の朝貢使節団です。
しかも、天皇陛下に対して、強引に中国の習副首席との面会を強いるなど、あたかも、自分がこの国の支配者であるかのごとき振る舞いです。

これが日本人が選択した、政権交代の実態です。国会議員だけを責めることはできないでしょう。

日本が終わったことを見せつける、悲しい映像でした。




国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: NoTitle

アラレさん

コンディションを崩されているようですが、気を使って頂きありがとうございました。
全国的に寒波が厳しいようです。
ご自愛ください。

2009/12/19 (Sat) 11:19 | パック #- | URL | 編集
NoTitle

パックさん、いつもながらブログへの温かいコメントありがとうございました。

先ほどから頑張ってそれらしいコメントを書いていましたが、今度はパソコンの方が拗ねてコメントを消してくれました。

余計なことは書くなということかと思い、挨拶のみで失礼します。

次の記事も楽しみにしています。
まずは、お元気でお過ごしください。

2009/12/18 (Fri) 22:26 | アラレ #- | URL | 編集
Re: NoTitle

タヌ子さん

自民党の腐敗政治が、この国に衰亡をもたらしたことは間違いありません。
しかし今、民主党は日本を亡国に追いやろうとしています。
マスコミはその事を承知していながら、民主党の危険性については一切触れません。
テレビ局の株式が、外国勢力によって買い占められているためです。
今回の天皇陛下の政治利用については、国民の反発が大きく、漸く批判を始めていますが、
すぐに終息してしまうでしょう。

タヌ子さんは海外にいて、小沢幹事長のマスコミ恫喝の映像をご覧になっていないと思います。
これまで様々な政治家の傲慢を見てきましたが、ここまで傲慢で、横柄で、猛々しく
マスコミを恫喝した人間はいません。
情けないことに、記者たちはその恫喝に屈し、何も追及できずに終わってしまいました。

日本人は昔から、価値あるもの、学ぶべきものについては尊敬の気持ち大事にしてきました。
中国の四書五経は大事な教科書であり、三国志や水滸伝や漢詩は、多くの日本人に愛されてきました。
しかし今の中国は、拝金主義、覇権主義で、かっての学ぶべき中国ではありません。

まさに、「泥のついた中国人の長靴を舐める日本人の姿」を見るのは悲しいことですが、
あろうことか、嬉々として舐めているのです。
亡国の足音が大きく近づいて来ました。
このような日本にも、もしかしたら神風が吹くのではないかと一縷の期待をしていますが、
宝くじに当たる程の確率でしょう。
コメント有難うございました。




2009/12/17 (Thu) 06:05 | パック #- | URL | 編集
NoTitle

腐敗しきっていた自民党が一度野党に落ちることは必要だったとは思いますが、民主党は日本を完全な迷走状態に陥らせてしまいました。
その民主党を選んでしまったのが日本国民であるのだから、まさに憂国の思いです。
マスコミはお買い得情報を垂れ流し、デフレに輪をかけ、己のことのみを考える人々は、物が安くなったことに喜び、このデフレがどれだけの生産者の家計を直撃しているかなど、考える余裕もない様子。
政府はこの異常な経済状態から脱却することよりも、次期のの参院選のリップサービス準備に専心し、国の将来のことなど何も考えていない様子。
巨大な中国市場に如何に参入するかは今後の日本の将来に大きく影響を与えることは否めないにしても、泥のついた中国人の長靴を舐める日本人の姿を見るのは悲しいことです。
実質上第二の経済大国となっているにもかかわらず、途上国と言う旗を振りかざし、資金援助を求める狡猾な中国の企みにまんまと引っ掛かっている日本が情けなくなります。
鳩山由紀夫vs鳩山由紀夫、野党だった時のあの力強さは何処へ行ったのでしょう?
一国の首相があんなにおどおどした態度を見せて、それこそ『j恥ずかしい』という気持ちはないのでしょうか?

2009/12/17 (Thu) 00:27 | タヌ子 #- | URL | 編集
Re: NoTitle

風光さんのご意見は、おそらく日本国民の多くが感じていることだと思います。
民主党の支持率の低下がその表れでしょうし、今後さらに急低下するはずです。

自民党が長年の政権政党として、腐敗や堕落を深めていたことは事実です。
小泉・竹中がその筆頭でした。
しかし、自民党の中には日本国の事を真剣に考える、真の政治家が何人もいました。
今の民主党にもおそらくいるのだと思いますが、例えいたとしても、
小沢幹事長の独裁の前に、何の発言もできないはずです。

実のところ、私は過去に一度も自民党に投票したことがなく、
批判票として少数政党に投票していました。
しかし、先の衆院選挙で民主党の危険を感じて、初めて自民党に投票しました。
民主党の真の危険は、これから出てくるはずです。
民主党首脳部は、利害のためなら平気で国を売ります。

今回の天皇陛下の立場をないがしろにした小沢幹事長の行動は、
彼が日本のことを考えず、中国と自分の立場を優先した現れです。
この次には、韓国を日本より優先するでしょう。

来年以降、世界はますます混迷を深め、恐慌になる可能性もあります。
その時、民主党が目先の利害に走ってしまえば、日本の悲劇が避けられません。

マスコミは反日外国勢力に握られ、売国報道を繰り返しています。
これから唯一、事実を伝えるメディアはインターネットになると思います。
民主党の危険が、これほど早く露見するとは予想外でしたが、何が真実かを
見極める目と耳を持ちたいと思います。

コメント有難うございました。


2009/12/15 (Tue) 18:09 | パック #- | URL | 編集
NoTitle

鳩山議員は選挙前と選挙後では何処を見て何を大切に議員活動をしているのかが全く分かりません。
指導力不足と言われていますが、恐らく人として問題を解決してきた経験がないようにしか思えません。
人は誰でも結論を迫られる機会を目の前にします。
この方には、すべて結論付けをしてきたのが親であったのではないかと思わざるを得ない行動です。
小沢議員にしても、自分の名声しかないように・・・
記者団を前にして威圧的な言葉が彼の人としての行為に疑問を持つばかりです。
仕分け作業をTVで見ても民主党の議員の言動や目つきは、上から物申すという態度でしかなく、協調して国を良くするという雰囲気さえ感じられないです。
しかし、この人たちを選んだのは日本国民です。
自民はもう駄目だという言葉だけに影響され自論を持たずに選挙に出向いた結果です。
経済対策など具体的な行動は全く見れず、この年末に塾生の親は週3回の勤務に変わり、給料カットです。
中2の子をお預かりしていましたが、長男が来春から私立大学に入学するために・・・中2の子は塾を止めました。
鳩山さん、小沢さん、貴方達の懐は温かいでしょうから、先の見えない国民の気持ちは分からないでしょうね・・・と言いたくなりました。
バックさん、こんな事を記載してすみません。
独裁的な方向に見える民主党の上層部と思うのは私だけなのでしょうかね。。。
就職できない学生、授業料が払えない学生、クリスマスのプレゼントがない幼児、お年玉を考える親の切なさ・・・
私立大学を受験できない学生も・・・これで日本の将来はどうなるのでしょう。
今、中国へ韓国へ出向き笑っている国会議員がいても良いのでしょうかね。

2009/12/15 (Tue) 14:41 | 風光 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する