魂と物質

gemma2.jpg
  ジョルダーノ・ブルーノ

ジョルダーノ・ブルーノ、この名前を聞いたことがある人はほとんどいないでしょう。
誰も知らないこの一人の死が、その後の思想と科学を変えました。その影響は現在に及んでいます。

ジョルダーノ・ブルーノは、16世紀のイタリアの聖職者で哲学者です。地球が太陽の周りをまわっていると地動説を唱えたため、火あぶりの刑に処されました。そのニュースはヨーロッパ中に衝撃を与え、それを聞いたガリレオは、「それでも地球は回っている」と、有名なことばを残し、沈黙しました。
子供の頃、科学雑誌でジョルダーノ・ブルーノの処刑の絵を見て、強い印象を受けました。リアルタイムでこのニュースを聞いた人々は強い衝撃を受けたはずです。

科学はキリスト教に支配され、聖書と矛盾する説を唱えることは死を意味すると知ったフランスの哲学者デカルトは、キリスト教の弾圧を受けずに真理を探求する方法を考えました。それが物質と心を分けて考える「心身二元論」です。
物質と魂はまったく別物と考えることにより、物質を研究する科学は、キリスト教の影響から逃れられることになります。この考え方は成功し、その後の科学的発展につながりました。

img832d8ad5zik5zj.jpg
  魔女の火あぶり

その一方で、科学は魂や霊を除外しなければならないこととなり、魂や霊は科学の対象でないばかりか、魂を語ること自体が非科学的と考えられるようになりました。さらに、魂や霊は存在せず、この世に存在するものは物質だけであると主張する唯物論が共産主義思想と合体し、世界的な影響力を発揮しました。

hegel.jpg
  ヘーゲル

弁証法は、哲学者のヘーゲルによって大成されました。
弁証法と言うと、何を弁償するのかと勘違いしますが、簡単に言えば、ある意見には反対意見が成立し、それを統合することにより、より視野の広い、正しい見解に到達できるという考えです。つまり、絶対的な意見や価値観にこだわることは、それ自体が誤りを含んでいることになります。これは真理に到達する正しい考え方です。
又、この世には、男と女、光と闇、陰と陽など、相反する性質を持ったものが存在し、これらのものが調和して生成発展を繰り返す仕組みが存在します。

絶対的な意見や価値観が誤りであれば、共産主義も資本主義も、どちらも絶対ではありません。Co2が温暖効果をもたらすことは事実ですが、それを絶対化して、太陽の強い影響を否定する意見も正しくありません。右に振れすぎた時には左に、左に振れすぎた時には右に振り返す必要があります。

唯物論が誤りであると断定することも誤りです。三次元の世界では、物質しか存在しないことも事実です。
魂や霊は、エネルギーの振動数の高い高次元に存在します。科学は3次元の世界だけを見て、魂や霊は存在しないと考えますが、現在の科学レベルでは、振動数の高い世界を観測したり測定したりできないだけです。

上記のものの考え方や仕組みは、この世はバランス、調和で成り立っていることを意味します。

11875fcffa40eaa0a2fd6e27b4f123d0.jpg

今世界は、破壊や憎悪や自己中心の考えに支配されています。来年は、もしかしたら更に振り子が不調和に向けて振れて行くかも知れません。

アインシュタインの有名な言葉があります。

「近代日本の発達ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違ったなにものかがなくてはならない。果たせるかなこの国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて一系の天皇を戴いて来たという国体を持っていることが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。

私はいつもこの広い世界のどこかに、一ヶ所ぐらいはこのように尊い国がなくてはならないと考えてきた。なぜならば、世界は進むだけ進んでその間幾度も戦争を繰り返してきたが、最後には闘争に疲れる時が来るだろう。このとき人類は必ず真の平和を求めて世界の盟主を挙げなければならない時が来るに違いない。

その世界の盟主こそは武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古くかつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの高峰日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国を作って置いてくれたことである。」

アインシュタインが現在の日本を見たら、この言葉を取り消してくれと言うでしょうが、かって彼が見たものは、聖徳太子が説いた「和を以って尊しとなす」という心が実現した、調和された国でした。
今こそ世界は、「和を以って尊しとなす」という心を必要としています。

今年一年、皆様の言葉に励まされて、拙い記事を書いてきました。
大変お世話になりました。
新しい年が、皆様にとって輝かしい年になりますよう、お祈り申し上げます。



国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

コトママさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

自由にものを考えることができるのが人間の特質ですが、
マインドコントロールを受け、思考力と価値観を奪われる怖さを、
戦後の日本人に見ることができます。

しかし日本人のやさしさは、まだ残っているように思います。
これから世界が迎える困難な時代に、日本人のDNAが目覚めるかすかな期待を
持っています。

コトママさんにとって、安らかな年になりますよう、お祈りします。

あけましておめでとうございます。
今年も平和な1年であります様に・・・
パックさんにとって素晴らしい年であります様に・・・

日本は素晴らしい国だと思いますが経済至上主義にふりまされてホントの心を捨ててしまった人が多い事が悲しいです。
年間3万人も自ら命を絶つ国があるでしょうか?
今の日本は病んでいると思います。
アメリカ発の経済至上主義・競争社会というウイルスにかかってしまって・・・
親方発病で飼い犬ぽちに移ってぽちは瀕死の重傷って所でしょうか?
新型インフルエンザよりも怖い病気だと思いますが・・・

今年も宜しくお願い致しますm(__)m

Re: 新年のご挨拶です。

アラレさん

明けましておめでとうございます。
年末からの寒波で、雪の年明けを迎えています。
良い年にしたいですね。
今年もよろしくお願いします。

新年のご挨拶です。

明けましておめでとうございます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

本年もよろしくお願いいたします。

今年もパックさんの思いをたくさん記事にしてください。
楽しみにしています。

今年、ブログを通してパックさんと出会えたことは私にとって大変大切な出来事でした。
こちらのブログの記事を読むたび様々なことを考えさせられ、また、私のブログへ優しいコメントをいただくたびずいぶん励まされました。
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

では、良いお年をお迎えください。

Re: タイトルなし

ひろさん 

今年一年、有難うございました。
時間経過の早さに驚かされます。
世界は進むだけ進み、やがて行きづまるとのアインシュタインの予言通り、
世界はいよいよ行き詰ってきました。

しかしそれは、夜明け前が一番暗いのと同様、愛と調和の世界が訪れる前の
苦難だと思います。

どうぞ輝かしい年をお迎えください。

こんにちは、パックさん。

今年一年、素敵な記事をありがとうございました。
来年もいい一年にしたいですね。

よいお年を、、、
真実の愛と調和を、

今日も好き日に…。

Re: タイトルなし

風光さん

命という、あり得ない奇跡を当たり前の事として考え、スプーンが曲がった位で
奇跡だと思ってしまう現代人は、本当に愚かな存在だと思います。
未開の地に住む人間の方が、はるかに神への感謝を知っています。

動物も植物も、すべての命が神の命でなければ、これほど巧妙・精妙な
命の仕組みが出来るはずがありません。
イエスが、けし粒程の信仰があれば、山を動かすことが出来ると言っていますが、
神が我が内にありとの実感を得ることができれば、可能なのだろうと思います。
私は、まだ頭の中だけで神を捉えています。
その実感を得ることが、これからの課題です。

今年一年、色々お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

バックさん、生命が物理的法則も利用しつつ、それ以上の力を加えて生命体が作りだされていると言う神秘的な事実を考える人は少ないのでしょうか。

例えば、湯呑に消化剤と水とご飯を入れて掻き混ぜますと数時間後ドロドロな液体になりますが、それ以上の変化(発展)は見られません。
その後は腐るだけです。
これは物理化学の法則を利用していますが・・・
しかし、同じ事を人間の胃袋の中、腸の中でおこなえば、動物を食べようと、野菜を食べようと、みんな人間になりますね。
これは物理化学現象以上の力を生命が持っていないと起こり得ないと思うのです。

人間の身体を見ることからでも、それを想像した力が神であるとしか私には思えないのです。
人間は単なる物質の唯物論的な塊でないことを多くの人間が知ることで、神が創造する世界に戻れるような気がしております。

同時に宗教は神をいろんな形に置き、他の宗派の悪口を重ね、人が神を信じる門を塞いでしまったようにも思います。
私はそんな経験もしながら、宗派に属することなく真理を追い求めています。

バックさんの記事には、それを教えてくれる内容が多く感謝しております。

これからも宜しくお願い致します。

Re: タイトルなし

Yumiさん

日本の古代は殆ど分かっていませんが、最古の文献と言われる日本書記に、
一書にいわく、と書かれているので、それより古いことは間違いありません。
神武天皇に先立ち、26代あるいは260代さかのぼるとの説もあります。

卑弥呼の時代の中国の文献に、倭人は温厚で正直だと書かれており、
日本人の精神文化は、もっと古くから形成されていたのでしょうね。

アトランティス大陸も証拠も残されていませんが、2500年前のプラトンの著書
「ティマイオス」で、エジプトの神官から聞いた話として記述されていますので、
きっとあったのだと思います。
お父さんと話が合いそうです。

今年1年、大変お世話になりました。
yumiさんも良い年をお迎えください。
元気な赤ちゃんが生まれることを、お祈りしています。

そうですね、アインシュタインも今の日本をみたら幻滅することでしょうね。。。。
このごろ父が日本の起源について色々調べているようなのですけどね、
エジプトよりもふるい歴史と知恵をもった民族だと息巻いてます(^^;)
今そんな日本人の源となるような要素がどこをみたらいいのかしら?なんて思うことがあるのですが、それも歴史教育が役に立たないあり方だからそんな自分たちの起源もわからないのでしょうね。。。。
神と通じる精神をもつそんな崇高さを取り戻せたらどんなにか素晴らしいかパックさんのお話をいつも読むたびにそう思います。

今年もいっぱい素敵なお話ありがとうございました♪
また来年も色々教えてくださいね(^^)
よいお年をお迎えくださいませ。。。。

Re: NoTitle

せばすてぃあんさん

資本主義は断末魔ですが、来年は清算に入るような気がします。
一部の金融資本が、富を独占する現在のシステムは、宇宙の原理に反していますね。

来年、アメリカは鳩山政権に報復するため、超円高に誘導し、日本経済は厳しい状況に
追い込まれそうです。
もしかしたら、食料不足の追い討ちがあるかも知れません。
人類全体が、新しい価値観に目覚めなければ、生存が難しい局面にあるのでしょう。

今年後半は、超多忙な毎日だったようですね。
年末年始、ゆっくりと休養してください。
来年もよろしくお願いします。

Re: もう一度“和”を

そばゆうさん

おっしゃるように、日本の真の世界貢献は、物や金だけでなく、人を思いやる優しさや、
調和された社会を世界に発信することだと思います。
戦後、日本が失ったものの大きさを痛感する昨今です。
しかし、日本人の心に内在したDNAが目覚めることを期待しています。
コメント有難うございました。

NoTitle

こんばんは。

現在の社会状況、深刻ですよね。
ある意味今までの秩序とは違う世界を、今後我々は模索しないといけないのではないかと思います。

というのも、資本主義も限界ではないだろうか?
と、最近良く感じるのです。

そのために何をすべきか?
これもまた、私ごときでは思い浮かびません(><)
困ったもんです。

今年もまだ4日残されてますが、
良いお年をお迎えください。
また来年も良い記事をお願いします^^

もう一度“和”を

いつも勉強させてもらっています。せっかくのアインシュタインの言葉を取り消されないように、もう一度原点に戻って「和を以って尊しとなす」という心を実現させたいですね。そして世界に発信していけるといいですね。

Re: NoTitle

えんくんさん

宗教が絶対的になったら怖いですね。
しかし宗教に限らず、絶対的な権力はすべて危険をはらんでいます。
今の日本も、絶対的な権力を持っている人間が支配していますので、危うさを感じます。
振り子が振り切れるまで、もう少し時間が掛かるかも知れませんが、
やがて、二元論から一元論の世界が実現すると思います。
来年もよろしくお願いします。

NoTitle

パックさん、こんにちは。
「太陽と月の結婚」をやってる者です。
「宇宙・音楽」という名前から「えんくん」にしました。
よろしくお願いします。
昔は、キリスト教に科学が支配されていたとは知りませんでした。
聖書と矛盾したら火あぶりなんて、、、どう考えてもおかしいですね。
宗教に科学的な批判の目を向ける事ができなくなったら、視野が偏狭になって、ただの迷信に堕していきますよね。
血が通った思想と科学は、二つで一つだと思います。
二元性が統一されて、調和した世が待ち遠しいです。
今回も濃くて深い記事ありがとうございます。
そして、今年一年ありがとうございました。
色々教えてくれて感謝しています。
来年もよろしくお願いします。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア