神は悪を許しているか

嘆きの天使 アミアン大聖堂
嘆きの天使 アミアン大聖堂

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」だったと思いますが、「神が存在するなら、なぜ兵士が赤ん坊を放り投げて銃剣で刺すことを許すのか」というような文章がありました。
神が存在するなら、なぜ戦争を許すのか、なぜ犯罪を許すのか、なぜ人は不幸や災難を避けられないのかという疑問は誰しもが抱きます。

悪とは何でしょうか。なぜこの世に悪が存在するのでしょうか。

自然界には善も悪も存在しません。ボールを投げると重力と空気抵抗で落下して行きます。初速や仰角などが決まれば落下点を求めることができます。必然の世界です。ガリレオが言ったように、自然の書物は数学の言語によって書かれており、必然の世界、自由意志の無い世界には善も悪もありません。価値すら無いと言ってよいでしょう。

ライオンが人間を噛み殺しても悪ではありません。なぜなら、それは餌を求める本能であり、他に選択肢が無いからです。しかし人間が行うのであれば、殺人はもとより、嘘をつくことも悪です。何が善で何が悪かを知っているからです。聖書でアダムとイブが知恵の実を食べたことが罪の始まりだと書かれていますが、悪いと知って行うことが罪です。

ところが、もし無人島に一人で住むのであれば、悪や罪は存在しません。どんなに暴れようが暴言を吐こうが、それによって害を受ける人が存在しないからです。つまり、悪そのものがこの世に存在するのではなく、悪とは人間関係の中で生じるものだと言えます。他者へのいたわりや思いやりを失い、自己の欲望のままに行動することが悪となります。

神はなぜ悪を許すのかとの問いかけは、人間の心を神が作ったのかとの問いかけとなります。
一人ひとりの心をすべて神が作ったのであれば、神が悪を許したことになります。しかし、私たちが生まれた時、心は真っ白です。それが成長するに従い、我がままや欲望に支配され心を汚してゆきます。
神は人間に自由意思を与えています。どのような生き方も自分で選択できます。

光と神ーアインシュタインのエピソード」で書きましたように、冷たさとは熱の無い状態を言い、闇とは光の無い状態を表し、悪とは神の光を失った状態を言います。

雨雲に覆われた空の上にも太陽が輝いているように、私達の心の中心には輝く光があります。光をさえぎっているのは、私達の自己中心の黒い思いです。
善も悪もすべては人間の心が作り出します。美しいものに感動し、価値を作り出すことができるのは人間だけであり、同時に信じられない残酷も行います。神は決して悪を許さず、善も悪もその結果はすべて自分が引き受けなくてはなりません。

今、人類がその結果を引き受けなくてはならない時期に来ていると思われます。それは2012年に迫っているのかも知れません。そのことは改めて書きたいと思います。




国際有機認証「しらい田七人参」- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

咲季あまね さん もちろん良く覚えています。
そして久しぶりのお便りをうれしく拝見しました。

繋がるべき縁が繋がり、それぞれの約束を果たす時が迫ってきたのでしょうか。
アセンションとフォトンベルトについては、近々記事を書かなければいけないと思っていました。
このブログの最終目的は、それを書くことにありました。
しかし、何分霊的能力が無く、知識だけで捉えようとすると不明な点があり、延び延びになっています。
今後、あまねさんからのメッセージによって、自分の中の不明なパズルが見つかるのではないかと考えています。

マシュー君は光の国に帰ったのですね。後ほど、ご紹介頂いたブログを拝見します。

あまねさんのおっしゃる通り、お会いした事もないのに、こうして交流できるのは不思議な御縁だと思います。それも約束の一つだったのかも知れません。

『生まれ変わり』地球アセンション2012 ~光への道~ の出版を楽しみにしています。
きっと多くの気づきを頂けるものと信じています。

今回のお便りを公開させていただきます。
お体に気を付けてご活躍ください。
有難うございました。

こんにちはバックさん。お元気ですか?バックさんは私のことを覚えてくださっているかちょっと心配ですが・・・以前、訳あって突然ブログを閉鎖しまして、バックさんに自分の役割を思い出すように・・・とメッセージを受けた者です。
 あれからいろいろなことが起こり、有難いことに神の恩恵を受け必然が必然を呼び、自分の役割を思い出すことができました。本当にありがとうございました。
 
今では高次の我とオンタイムで会話することができるようになりました。直感を信じるというのでしょうか・・・20年前に交差点で私の目の前を低空飛行したUFOがその正体だということが分かりました。彼らはいつも私の上に存在し、あの九死に一生を得た時、電車に引かれず肉体に留まることができたのも彼らの計らいだったそうです。

現在、その存在たちと共同で執筆を進めております

『生まれ変わり』地球アセンション2012 ~光への道~

 彼らによると、この三作目が出来上がって初めて『生まれ変わり』が読み物としての価値が生まれてくるそうです。今まであまり理由もわからず
書かされていた理由がやっと繋がってきた感じがします。

尚、2005年に出版した『生まれ変わり』1 ブログで公開していた『生まれ変わり』2は、携帯小説サイトにおいて無料で購読できます。3作目もこちらへ投稿予定(なんとか年内に・・汗・・)です。

http://ncode.syosetu.com/n3672i/

・・・アセンション・・・私の中ではこの言葉が神様との約束を思い出すキーワードになりました。現在地上には宇宙からたくさんの愛と光が降り注がれています。一人でも多くの魂がこの美しい地球と共に5次元へ移行できますよう、地上から微力ですがお手伝いさせて頂きたいと思っております。

ちょうど15年ほど前、このアセンションとフォトンベルトの話は何となく聴いていたのですが、こんなにも身近で自分が関わっていたとは全然実感がなく今日まで来てしまいました。それを思い出すきっかけになったのがある方のブログでした。

 そのブログには、『マシュー君からのメッセージ』なるものがあるのですが、それは太陽系の高次元に存在する意識体のマシューくんのメッセージを母親のスージーがチャネリング執筆しているのです。私の直感からですと、このスージーは15年前私をオーラリーディングしてくれた方なのです。
 そのとき、私はスージーからたくさんの霊的アドバイスをいただきました。今の私があるのもスージーの霊的指導があったからです。なので本当に偶然ヒットしたブログでしたが、必然だったと痛感しております。

当時、スージーに「自分の役割は自分で思い出すので私の本質を教えて下さい」と言って本質を教えていただいたことを思い出します。今思えば、今の私をあのときスージーには既に観えていたんだな(笑)と思います。

マシュー君は17歳で地球を離れ、現在太陽系から地上に向けてメッセージを送っています。大変興味深く、愛あふれるメッセージですのでブログと共にご紹介しておきます

http://blogs.dion.ne.jp/megumin/

バックさん、私はバックさんにお会いしたこともありませんし、会話を交わしたこともありません。しかしいずれ必要なくなるでしょうが・・・このインターネットを通じて心から感謝できる方に出会えて本当に有難く思っております。これからのバックさんにたくさんの神からの恩恵がありますようお祈りさせていただき、長くなったコメントを終わらせていただきます。

ありがとうございました


愛と光を


咲季あまね




 





Re: タイトルなし

yumiさん こんばんは。

ロセッティは初めて知りました。
ネットで見ましたが、ラ、ファエロをもっと軽やかに、明るい色彩にした感じで、
イタリア絵画には無い独特の世界でした。
こんな素晴らしい画家がいたのですね。
ラ・トゥールの絵も、闇があって光が際立ちますね。
神様が3次元を作られたのも、きっとそのような意味があったのだと思います。
輪廻転生を繰り返少して自分を向上させ、最後は光だけの世界を目指すのが
生きる意味だと思いますが、苦しみがあるから喜びがあり、悲しみを知って、
人を思いやる心も生まれるのだと思います。
真善美を少しでも実現できる人生を送りたいですね。
コメント有難うございました。

こんにちは。
パックさんの記事をよんで
私の好きな画家のロセッティを思い出しました。
ロセッティの描く愛の女神様の絵なのですが、死や悪を象徴するものと愛や善を象徴するものが描かれてました。確かどくろとエンジェル、バラとケシみたいな。。。。本物の愛の女神は優しいだけではないと、死や悪をも従える強さがあるだったか受け入れられるだったかのニュアンスは日本語訳だったのでどうかはっきりしませんが☆そんな説明も書いてありました。その説明と絵を見てすごく感動したのを思い出したんです。
悪がよしとして許してるのではないのだと思いますが、善と悪とがあってバランスが取れている部分もあるのかななんていう風にも思ったのでそのどちらかだけがいいとか言うものでもないのかなと。今の世界もよりよくなるためにそれを引き出す悪が起こるというような必然もあるような気もするんです。。。。
ただ父がよく真善美とかいうものを口にしてましたが、真の世界から善、そして美の世界へと上がると光のみ善のみの世界になるのかもしれませんね。。。。。こういうことを考えると面白いですね♪

Re: こんにちは

時音さん こんにちは。

2012年はフォトンベルトのことです。
マヤの暦でもあり、聖書のヨハネの黙示録でもあります。
いつかフォトンベルトのことを書きたいと思っていました。
いよいよ光の時代を迎えます。
人類にとっての大転換期です。
光の時代にふさわしい人間になりたいと思っています。

リンクの件、勝手にリンクさせていただきました。
こちらこそよろしくお願いします。



こんにちは

2012年と言えば、マヤの予言のことでしょうか?
それともフォトンベルト…?続きがとても気になります。
光ある、人々の心が共鳴し合う瞬間を繋いで行きたいと切に願います。

余談ですが、リンクしてくださっている事に恥ずかしながら今気づきました。
とても光栄です。ありがとうございます。
もしご迷惑でなければ、是非拙ブログにもリンクさせてください。どうぞ今後とも、末永くよろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

せばすてぃあんさん こんばんは。

善悪は人間が作り出したものだと思います。

宗教も人間が作りだしたもので、その結果、宗教に縛られていますね。

芸術や詩歌も人間が作っていますが、こちらは大歓迎です。

モーツアルトの音楽で不幸になった人はいないでしょうね。

こんばんは!

善悪という価値観。
神という存在。

これらは人間が作り出したものではないのかと思えて仕方がありません。
何かを支配したり、逆に逃れようとしたりすることを考えた後に、出てきた存在だと思うのです。

同じものに、哲学や詩などの文学もあると思うのですが、どうでしょうか?

Re: タイトルなし

風光さんがおっしゃるように、
「 この世の舞台に立つ者としては、エンディングは輝くライトの下で皆が笑顔で終演出来れば」良いですね。
かなしい第一幕が終わりに近づき、夜明けの第二幕が始まろうとしていると思っています。
出来れば、第二幕の登場人物になりたいですね。

その時は、ご挨拶します。


自由意思を与えられた人間は、何をやっても何を言っても自由ですね。

でもお書きのように、その結果は当然自分で解決しなければなりません。

誤った宗教心も、地位の高さだけで判断した蔑みの心も、その本質を忘れさせてしまうようです。

人生はその事を知る道なのかもしれません。

この世の舞台に立つ者としては、エンディングは輝くライトの下で皆が笑顔で終演出来ればと思っております。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア