人を敬う言葉

96854f14-s.jpg
yumiさん お借りします

最近、若い人が「勇気をもらう」、「元気をもらう」という言葉をよく使います。
「勇気づけられる」、「元気づけられる」という言葉に慣れた耳には何か違和感があります。

なぜ違和感があるのでしょうか。文法的には、「勇気をもらう」が他動詞で、「勇気づけられる」が自動詞ですが、どうもそのような事ではなさそうです。

「もらう」の反対は「あげる」です。目上に対してあげるとは言いません。誰かにあげる、誰かからもらうという言い方は遠慮のない間柄を示します。「勇気をもらう」という言葉の違和感は、その人に対する敬意が感じられないことにあるようです。もし、「勇気を頂いた」であれば違和感はないでしょう。

若い世代の言葉の変化は、総じて人間関係の距離感が縮まっていることの表れのような気がします。
年齢や地位に対して遠慮や気兼ねがなくなり、その結果として屈託のない表現に変化しているのでしょう。
そのことは必ずしも悪いことではありませんが、年長者を敬う心が薄れ、日本語の特徴である豊かな謙譲語や尊敬語が失われてゆくとすれば寂しいことです。

最近、若い人たちがインタビューに答える時に共通する言い方があります。
たとえば、「今日の試合はどうでしたか」と聞かれてこう答えます。
「今日は勝ちたいと思っていたんで、勝ててうれしいです」
思っていましたので」と丁寧に答える若者は、ほとんどいなくなりました。
たまにスポーツ選手が丁寧な答え方をしてるのを聞くと、ホッとします。その代表が山下泰裕さんです

image.gif

先だって、このようなことを考えていた時、読売新聞の編集手帳にこんな記事が載りました。

「ドイツのソプラノ歌手エリカ・ケートさんは言葉の響きや匂いに敏感であったらしい。歓談の折に語った比較論を「劇団四季」の浅利慶太さんが自著に書き留めている。
イタリア語を「歌に向く言葉」、フランス語を「愛を語る言葉」、ドイツ語を「詩を作る言葉」と評した。
日本語はー浅利さんの問いに彼女は答えたという。「人を敬う言葉です」(文芸春秋刊「時の光の中で」)

t021146.jpg

一昨日、甲子園の高校野球中継で実例に接した。横浜隼人(神奈川)戦に完投した花巻東(岩手)菊池雄星投手の勝利インタビューである。
「これまでも練習試合で対戦し、ずっと横浜隼人のようなチームになりたかった。今日勝てて、少し近づけたかなと思う」
選抜の準優勝投手で、屈指の左腕で、文句なしの快投を見せた直後で、多少の大口は許されるだろうに、
この言葉である。
実を言えば小欄は郷土の代表、横浜隼人を応援していたのだが、負かされた悔しさはどこかに消えていた。
言葉は、人の心を潤す魔法の水だろう。・・・・。」


☆ リンクフリーです。ご連絡頂ければ相互リンクさせていただきます




国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

こんにちはー^^
はじめまして
相互リンク依頼にきました
こちらはリンク済みです
ご検討のほどよろしくおねがいします
リンクOKの場合当方ブログにコメントいただけるとたすかります

http://muyoutube.seesaa.net/
音楽動画 YouTube PVの楽園

2009/09/21 (Mon) 13:24 | 音楽動画 YouTube PVの楽園 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

アラレさん こんばんは。

古代からの日本人は、いったい何だったのだろうと思うほどすばらしいですね。
特にすごいと思うのが言葉です。
言霊の幸きわう国と言われるほど、言葉の重要性を知り、その言葉で美しい和歌を詠み、
物語を作ってきました。
アラレさんが言われるように、今の若い人たちは底の浅いお笑い番組や性的刺激のみ
与えられ、感動する機会を与えられてきませんでした。
若者たちも戦後教育の被害者ですね。
コメント有難うございました。

2009/09/03 (Thu) 23:55 | パック #- | URL | 編集

そもそも、今の子供や若者はどれだけ正しい日本語、きれいな日本語に接しているのでしょうか?人を敬う機会となるとなおさら少なく、人を馬鹿にし、蔑み、見下し、陰口をたたく我々大人たちばかりが日常にあるような気がします。使ったり触れたりする機会が少ないものは、たとえ知識として知っていてもなかなか身に付かないでしょう。
私自身も、日本語の素晴らしさに気付いたのもここ数年のことですし、人を敬うということに関しては、まだまだ好き嫌いの方が先に立ち、中々身に付きません。

2009/09/03 (Thu) 22:57 | アラレ #CJ549cZM | URL | 編集
Re: タイトルなし

宇宙・音楽さん こんばんは。

人間関係の距離感はむずかしいですね。
昔は、「君子の交わりは、淡きこと水の如し」でしたが、いまそれを心がければ
あいつは変わり者だと言われそうです。
それに言葉は多すぎたらうるさく、少なすぎたらやはり変わり者だと言われそうです。
何事も中庸ですね。
コメント有難うございました。

2009/09/01 (Tue) 23:33 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは。

今回も考えさせられる記事でした。  

自分も結構無神経な事言ったりするので、ちょっと反省します。 

人間関係は、近過ぎてもバランス感覚見失うし、
遠過ぎると続かないし、難しいですよね。

いつも言葉に品を保ってるパックさんに、強さを感じます。

ありがとうございました。

2009/09/01 (Tue) 20:19 | 宇宙・音楽 #- | URL | 編集

時音さんの文章に感心していましたが、やはり日本語に対する思い入れがあったのですね。
上代の歌人や作家が使いこなした日本語の美しさや豊かな表現力には、本当に感心します。
むしろ、近年になるほど日本人は日本語の使い方が下手になっているように思います。
テレビやパソコン、音楽など様々な媒体が増えたため、文章と向き合う時間が減ったためでしょうか。
時音さんがおっしゃるように、立派な日本語を使えるようになりたいと思います。
コメント有難うございました。

2009/09/01 (Tue) 20:16 | パック #- | URL | 編集
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009/09/01 (Tue) 11:08 | # | | 編集
こんにちは

日本語は、いにしえの歌人の頃から、とても美しい、豊かな表現が多くある言葉だと思います。
わたし自身、正しい日本語をきちんと使えているのかどうか不安ですが、ブログにおいても出来るだけきちんとした日本語を使おうと思っています。
「敬う言葉」、まさに人の心を潤すものだと思います。
たとえブログでも、頭ごなしに否定したり、押し付けるような記事やコメントは書くことはもちろん、見かけることもあまりいい気分になるものではないな、と思います。

これからも沢山勉強して、美しく正しい、そして人の心を潤す事の出来るような日本語を使えるように日々精進したいと思います。

2009/09/01 (Tue) 11:05 | 時音 #zLTxOIGE | URL | 編集
Re: タイトルなし

parismidoriさん おはようございます。

日本語の人を敬う言葉はみんなきれいですね。
耳障りな言葉が一切ありません。
もともと大和言葉には耳障りな言葉がありませんが、きっと日本人の人と自然を敬う気持ちの
表れだと思います。
おっしゃるように、yumiさんの写真から伝わる穏やかな美しさを拝借したいと思いました。
コメント有難うございました。

2009/09/01 (Tue) 07:32 | パック #- | URL | 編集

しばしコメントをご無沙汰しておりまして・・・、でも、記事はいつも拝見しております。きょうも心に残る話題をありがとうございました。
”日本語が人を敬う言葉”と聞き、感動と嬉しさを覚えました。言葉は、まちがえなく心の表現法ですね。外国に来て、日本語の奥深さに気づかされます。亡父は、言葉づかいにとても煩い人でしたが、私はブログなど、文章を書くたびに、今でも何か注意されるのではないかとびくびくしています・・・。パックさん、何かお気づきになったら、どうぞご教示くださいますよう、おねがいいたします。Yumiさんのお花が日本語の美しさにぴったりです。

2009/09/01 (Tue) 01:41 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: タイトルなし

yumiさん 写真有難うございます。

言葉にはすべてが出ますね。
yumiさんのブログの、やさしくて素直な言葉にいつも癒されます。
日本語は自然や愛を歌い、人を敬い、真理を語り、すべての価値を表すことの
できる言葉だと思います。
その日本語にふさわしい生き方ができないのが残念です。
また、写真お借りします。

2009/09/01 (Tue) 00:17 | パック #- | URL | 編集

こんばんわ☆
まさにパックさんがおっしゃること、私も耳が痛い思いです。
自分では気をつけているようでいてふと気付くと砕けているんですよね。。。言葉は本当に大事なものだと思います。
日本語が人に敬意を表す言葉としてたとえられるのはとても嬉しく思いました(^^)その大事な日本語の品格を失わないように気をつけなくてはいけませんね(^^;) 

2009/08/31 (Mon) 23:12 | Yumi #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する