心で見るもの

kappabuchi_01.jpg
 遠野 カッパ

6月18日の日本経済新聞にカッパの話が載っていました。この話が素直に心に響いたのでご紹介します。

民話で有名な岩手県遠野市からカッパ捕獲許可の第一号を公認された運萬治男さんが書かれた記事です。
カッパが住むという川の淵を守り、訪れた人にカッパの話をする人を、「守っ人」と呼ぶようです。
「守っ人」第一号は阿部与市さんと言う方です。阿部さんは87歳で亡くなりましたが、7歳の時にカッパを見たと言います。
「顔は赤く、口は大きく、何ともおっかない」

運萬治男さんは「守っ人」の第二号です。
「2002年、岩手から小学校低学年の子供が二人訪れた。川を見るやいなや私の服を引っぱって、
『カッパさんがおなかをすかせている。団子をあげてもいい』 
私がうなずくと、泥で作った団子を川岸に並べた。
その子が帰ったあと、青森から子供3人が来て、またもつぶやいた。

『カッパさんが食べられないって泣いているよ。』 その子は団子を川に放った。
水が濁ると子供たちが、『喜んだカッパが踊ってる』と、見えているかのようにほほ笑んだ。

ほかに、『カッパが川で泳いでいるから一緒に泳ぐ』と、着物姿で水に入った女の子も。
例をあげれば切がないが、数々の不思議な体験をしてから、私は観光客に繰り返すようになった。」
『カッパは見るものじゃない。心の中で会うものだ』


images1

心で見るといえば、「星の王子様」でキツネがこう言います。
「さっきの秘密をいおうかね。なに、なんでもないことだよ。心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」

小林秀雄の「無常といふこと」に次のような言葉が出てきます。
“美しい「花」がある、「花」の美しさという様なものはない。”

批評の神様の有名な言葉ですが、しかし、もし美しいバラやユリの花があって、それを昆虫や動物が見たとしても、そこに美しい花は存在しないでしょう。
美しい花があるのではなく、花を美しいと感じる人間の心によって、はじめて花は美しくなります。

大輪のバラにも野辺のスミレにも、それぞれの美しさがあります。
スミレはバラになる必要はありません。
それぞれの人生に生きる意味や幸せを感じなければ、人生の価値は逃げ水のように、いつも遠くに去って行くことでしょう。

愛を感じ、幸せを感じ、美しいもの、真なるもの、善なるものに感動する・・・すべては心です。
すべての価値は人間の心の中にあります。
人生は心の中に内在された、すばらしい価値を探す旅なのでしょう。

いつか、カッパが踊っているところを、心の目で見ることのできる人間になりたいものです。

「千と千尋の神隠しーいつでも何度でも」
美しい人が、美しい声と美しい心で歌っています。心に響く歌です。

☆ご訪問いただき有難うございました
  リンクフリーです。ご連絡頂ければ相互リンクさせていただきます


スポンサーサイト

コメント

パックさん、いつも優しいお心遣いにとても感謝しております。
先日不用意に木曜日あたりに。。。と申しましたがまた二週間ほど延期になりました☆
でもご心配なさらないでくださいね。そのことだけ申し上げたくコメント欄に失礼致しました。。。。このコメントは削除していただいて結構ですので(^^)

2009/06/25 (Thu) 20:45 | Yumi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Yumiさん 

ナターシャ・グジーさんの歌を最初にNHKで聞いた時は、
こんな純粋な人がいたのだと驚きました。
純粋な心がなければ、あれほど心に響く歌を歌えないでしょう。
Yumiさんが早く元気になられることを祈っています。

2009/06/24 (Wed) 06:05 | パック #- | URL | 編集

まず先ほどはとてもご親切な心強いお言葉をかけていただきましてありがとうございました。こんなにいってくださるなんて感謝の言葉もありません。私の体調はまだよくはないのですが、、、どうかご心配なさらないでくださいね♪乗り越えたところに新しい希望の光があるものと思っております。木曜日あたりにその辺についてご報告できるかもしれません。。。。。
そして今回のウクライナの女性の動画とっても感動しました。
彼女の言葉も歌声もあまりにも心がこもっていて響きすぎて胸が苦しくなるくらいで涙が止まりませんでした。。。。。この彼女の言葉と歌を沢山の人に知ってもらいたいですね。。。。

2009/06/23 (Tue) 19:52 | Yumi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

トレビアン・西さん こんばんは。

いつもブログを楽しく拝見しています。
私も学生時代を京都で過ごしており、ひょっとして同窓かも知れませんね。
京都から遠野に3回も行かれたのは、それだけ魅力のある場所なんですね。
大学を卒業した後、友人たちと東北を旅しましたが、遠野に行かなかったのが残念です。
コメント有り難うございました。

2009/06/23 (Tue) 19:36 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Midoriさん こんばんは

私の体験がお役に立てると確信が持てれば、報告したいと思っており、
その日が近いことを願っています。
Midoriさんの言葉を励みにします。
有り難うございました。

2009/06/23 (Tue) 19:03 | パック #- | URL | 編集

こんばんは。初めてコメントします。
私は京都市内在住ですが、遠野が好きで3回訪れました。
カッパ淵にも2回行きました。きゅうりのお供えを持ってね。
何か懐かしくてコメントしてしまいました。

2009/06/23 (Tue) 18:31 | トレビアン・西です #9B64OxmM | URL | 編集

こんにちは。コメントのお返事をありがとうございます。パックさんにもたらされているという”驚くほどの変化”、お聞かせくださる日を心待ちにしています。どうぞお健やかにお過ごしくださいませ。

2009/06/23 (Tue) 18:23 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: タイトルなし

こんにちは。

遠野の近くに住んでおられたことがあるのですね。
遠野は写真でしか見たことがありませんが、民話の
ふるさとにふさわしい、素朴で美しい自然ですね。

カッパ淵の写真を見ると、清らかな水が流れる浅い川で、
カッパが隠れる場所がありません。
心で見るしかない存在のようですね。

コメント有り難うございました。


2009/06/23 (Tue) 16:25 | パック #- | URL | 編集

遠野の近くに住んでいて、昔1度見に行ったことがありました。
ここに河童が住んでいると聞いた川は、小さな小川でした。
清らかな水が流れ、水辺には雑草が生い茂り、自然がそのままです。
語り部のおばあさんの話は聞くことができませんでしたが、
夢を求めるロマンがありますよね。
南部曲り屋も近くにあって、なかなかいいところでした。

2009/06/23 (Tue) 14:42 | matsuyama #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

こんばんは

カッパは妖怪の類と思っていましたが、子供たちの素直な反応から
きっと子供心に訴える可愛さがあるのでしょうね。

遠野にはなかなか行く機会がありませんが、カッパ淵を訪ねてみたいですね。
コメント有難うございました。

2009/06/22 (Mon) 23:02 | パック #- | URL | 編集

こんばんは!

河童のお話、なんか不思議な感覚の話ですね。
しかし、心が和みます。
河童と言えば、ボクは怖いイメージなのですが、
そうでもないのですね!?

花を愛でるにしても、心からそう思いたい。
感じる心を常に持ちたいと改めて思いました。
どうもありがとうございます!

2009/06/22 (Mon) 22:09 | せばすてぃあん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ひろさん こんばんは。

カッパにはずっといたずらもののイメージがありましたが、
先日の日経の記事を見て、カッパが可愛くなりました。

カッパは日本人の心から忘れられつつある存在ですが、
日本のきれいな自然が失われる時が、カッパがいなくなる
時でしょうね。

コメント有難うございました。

2009/06/22 (Mon) 21:33 | パック #- | URL | 編集

こんにちは、パックさん。

僕のみる河童が笑うのも泣くのも

幸せになるのも不幸になるのも

僕のこころしだいですね。

河童の皿は心を映す鏡かな…。

今日も好き日に…

2009/06/22 (Mon) 20:35 | ひろ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Midoriさん、こんにちは。

いつも有り難うございます。
今、あることを実行していて、驚くほどの変化が自分に起こっています。
そのことは、心に係わることで神の慈愛を確信させるものです。
いずれお知らせできると思っています。

いつも美しい花や景色、暖かい友情、素敵な記事を届けてくれる
Midoriさんに感謝です。

有り難うございます。

2009/06/22 (Mon) 15:50 | パック #- | URL | 編集

こんにちは。”心で聴くのが親友”、というような英語の言葉を思い出しました。ネットでの、私からの発信を心で読んで下さる読者の方との出会い、それからパックさんをはじめいつも心に響く記事を届けてくださる方がたに感謝しています。ありがとうございます。

2009/06/22 (Mon) 14:38 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: タイトルなし

こんにちは。

不登校の子供たちや、心を病んだ子供たちを指導され、立ち直って行く姿は、
多くの人たちの参考になると思います。
これからもご活躍ください。

こちらもリンク変更しました。
有難うございました。

2009/06/22 (Mon) 12:48 | パック #- | URL | 編集

ご無沙汰です。
いろいろ彷徨い続け、FC2ブログで新しい内容で書き始めます。
ころころ変わり申し訳ございません。
「風露草の視界」は削除してください。
新しいブログにバックさんのブログをリンクさせて頂きます。

風小僧→風露草→風光と名前も変えております。

2009/06/22 (Mon) 11:35 | 風光 #QGeU1qdI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する