スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥の文化の終焉

201006052021539ad.jpg
National Geographic

電車の中で化粧をする女性や、物を食べる若者の姿には、残念ながらもう驚きません。
しかし、スーツ姿で電車のホームに座り込む若者の姿を見た時には驚きました。
おそらく新入社員で、就職する前の癖が出たのでしょうが、土足で家に上がり込むような違和感を覚えました。
(今の日本で、こんなことに驚いてはいけないのかも知れません)

躾ができない親が増え、道徳教育が失われた結果、恥やルールを知らずに育った子供が増えてきましたが、彼らに社会のルールやしきたりを教える、最後の砦が会社でした。

会社は甘えの許されない世界で、ルールを守れない人間、だらしがない人間、上司の命令に従わない人間を許しません。
甘やかされて育った人間に厳しさを教え、社会のしきたりを教える最後の教育機関が会社であり、日本の社会を規律正しく、健全に保つための安全弁でした。

ところがバブル崩壊後、終身雇用制度が揺らぎ、会社は派遣社員やアルバイトを増やすことで経費を削減するようになりました。
フリーターと言う名前が生まれ、ルールに縛られない生き方を選択する若者が大量に生まれました。
その結果、最後の教育機関が揺らいできたのです。

imagesCAFXVAZL.jpg
ルース・ベネディクト

日本の文化は美意識の文化です。恥をさらすことが何より辛いのは、それが美意識に反するからでしょう。

切腹は単に死を以って責任を取ることではなく、美しく散るための儀式であり、儀式であるためには、茶の湯や生け花のような美しい所作、手順が必要でした。
茶道、華道、剣道、合気道他、日本の文化が道となるのは、様式美と精神性が一致した結果です。

社会学者のルース・ベネディクトは、「菊と刀」で、キリスト教の罪の意識の代わりとなるものが、日本人の恥であると分析しましたが、恥には善悪と美意識が含まれており、罪の意識よりも、さらに美的な心の働きと言えます。

しかし、恥が日本人の行動規範であると言えなくなって来ました。

一国の総理や国会議員が平気で嘘をつき、恥じることが無い現在の日本の深刻な心の崩壊を見る時、冒頭の若者を非難することは出来ないでしょう。

そして、そんな国会議員を選んだのは国民であり、つまりは我々一人一人の心の現われが、国会議員や政党に投影されていることになります。

7月の参院選挙が近づいてきましたが、今回の選挙は日本の命運を決める重要な選挙となります。
恥を知らない人間が国の未来に関わらないよう、国民の正しい選択を祈るばかりです。





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

風光さん

教育現場の荒廃は目を覆うばかりで、日教組の強い、広島や北海道では多くの悲劇が生まれています。
モンスターペアレントと呼ばれる非常識な親に、断固とした対処ができない背景には、針小棒大に書きたてるマスコミの存在があり、現場の教師は事なかれ主義に閉じこもっています。
日本の教育は余りにも課題が多すぎますが、低級なマスコミが追い打ちをかけています。

以前、警察官と話をしたことがありますが、今の若者のレベルが余りにもひどく、何を言っても無駄でなので、自分の仕事に無力感を感じ、辞めて行く警察官が多いと言います。
法律の限界を良く知っており、例えばコンビニなどにたむろする若者に家に帰れと促すと、20歳以上の成年と一緒であれば、強制的に排除できないと食って掛かると言います。

いじめの問題は、昔はあまり無かったように思います。
弱い者いじめが卑怯だということは誰でも分かっていることで、卑怯者と呼ばれることを嫌っていました。
「会津藩10(什)の教え」にあるように、「ならぬものはならぬ」と、理屈ではなく教え込むことが必要だと思います。

教育とは子供手当をばら撒くことではないことに、為政者が気づかないようでは、国の再生は望めません。

2010/07/02 (Fri) 16:38 | パック #- | URL | 編集
No title

先日来コメントを書かせて頂こうと思っておりましたが、早急に入塾の判断をしなければならない件が有り、また同時に学生は夏休みに入りますので夏期講習などの日程調整など、仕事が遅い私ですので今日の日付のコメントとなりました。

今回の入塾希望者は中1の女子生徒です。
学校に行けなかったり行ったりの繰り返しで精神的にもかなりまいってしまったようです。
この日曜日に私の時間調整が出来、本人とお会いすることに本日決まりました。

この女子生徒は学校で、
いじめが起きている場面をもう見たくないと言って学校に行けなくなったようです。
同時に、今度は私が・・・という恐怖感もあるようです。

学校の崩壊は先生の指導も効かない状況になっており、
教育委員会はいじめている親達の都合のよい言葉だと分かっていながらも
断固たる処置をしないままでいます。
現場の先生の一人は精神的に疲れて療養中のようです。

国会議員も同じです。
現場を知りませんね。知っていても触れない方がいいと思っているのでしょう。
国の進む方向を決めることが出来る力を与えられていても、
その議員の倫理意識がない為に荒廃した日本になってしまっていると
極論かもしれませんが思ってしまいます。
まだこれからの学生を正しき方向へ導くことが出来ない地方組織や国の責任は
重罪に等しいと思わずにはいられません。

自己中は国会議員を見ていても随所に見られます。
ころころ変わるマニフェスト。
危険を察知して退陣する総理大臣。
党の権力を優先する選挙活動。
一度は座ってみたい大臣の椅子。
そんな事を思ってしまいます。

私に何が出来るかは分かりませんが、
身近な学生やお子さんの事で悩む日々を過ごす親御さんの為に
今日を生きていきたいと強く思います。

バックさんが先回記事にされました「和をもって貴しと為す」の言葉は
今回のワールドカップでの日本チームが証明してくれたように感じながら、
その試合を観ておりました。
まさしく日本が活気に満ちた瞬間でした。

2010/07/02 (Fri) 15:33 | 風光 #- | URL | 編集
Re: No title

アラレさん

すべての人間が、悩みを抱えて生きています。
強い人間は一人もおらず、皆弱みを見せずに頑張って生きています。
なぜ人は苦しまなくては生きていけないのか、その原因と答えは、それぞれの人の心の中にあるはずです。

今、私自身がその答えを探しています。
以前、その答えを見いだしたと思ったことがありますが、一つ解けばまた新しい問題が出されます。
そして新しい問題は、以前の問題と比べて格段に難しくなります。
死ぬまでその繰り返しです。

コメント有難うございました。

2010/07/02 (Fri) 11:56 | パック #- | URL | 編集
No title

私自身が、恥知らずな人間ですのでコメントをするのも気が引けますが・・・。
いつもながら、パックさんの話にその通りだとうなずきながら、またいつものごとく、ならばどうすべきかの答えを見出せずに空しい諦観に押しつぶされてしまいます。
外見やしぐさ、振る舞いを目立たされる事を、かっこいい、面白い、イカシテいると煽り、もてはやす連中がいて、それを安易に真に受ける馬鹿がいる。
たやすく目立とうと思うなら、恥知らずでみっともない格好や振る舞いをするしかない。
政治家については、おそらくこの国では恥知らずこそが政治家としての最大の資質なのでしょう。そして、その資質の優等生が総理という事でしょうね。

確かに答えを見出せず、空しい気持ちにはなりますが、他人事ではなく自身の問題として考えるためにも、これからも、パックさんの記事を心待ちにしたいと思います。
ありがとうございました。

2010/07/02 (Fri) 10:42 | アラレ #- | URL | 編集
Re: No title

midoriさん

おっしゃる通り躾が出来ない親は、自分たちもちゃんとした躾を受けてこなかったのでしょう。
その根底には、核家族化があると思います。
日本の様々な美風が、代々伝えられてゆく仕組みが失われてしまいました。

世界から賞賛された日本人の高潔な精神性が失わて行くのは、本当に残念です。
日本がどうなるのか、海外で暮らされていると特に強く思われることでしょうね。

2010/06/30 (Wed) 23:21 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさん、こんにちは。躾のできない親というのはどういう人たちなのでしょうか。すでにその子供達に欠けていることへの問題意識さえないからなのでしょうか。根深い問題ですね。急がないと、危機感を持つ人が少数派となり、世の中の良識や常識が変ってしまってからでは講じる策はなくなってしまいます。日本という国のよいところ、誇りを保っていきたいものだと海外にいると強く思うのですが。

2010/06/30 (Wed) 21:14 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/06/29 (Tue) 22:23 | # | | 編集
Re: No title

荒野鷹虎さん

日本人にとってあたりまえの恥を、外国の人に理解してもらうのは簡単ではありませんが、
今の若い人たちの中にも、恥が何であるか分からない人たちがいるのかも知れません。

無関心は精神の休眠状態です。
結局、行き着くところまで、行かなければ目覚めることはないでしょうね。

2010/06/28 (Mon) 23:06 | パック #- | URL | 編集
No title

同感です!
恥をとがめる勇気が求められます。
「無関心」が増えた事への、猛省を反省いたします。!

2010/06/28 (Mon) 21:00 | 荒野鷹虎 #- | URL | 編集
Re: Re: 子供を守ろう

なでしこさん

「おバカ教育の構造」は読んでいませんが、教育現場の信じられない実態は耳にしています。
教育の荒廃の根源には、アメリカによる戦後の日本弱体化政策があり、この政策は日本人を破壊しました。

日本の教育を危機的なものにした原因の第一に、文部省の学習指導要領があげられます。
さらに日教組や人権を掲げる左翼思想が追い打ちを掛けました。

タバコを隠れて吸っていた子供たちが、公然と吸うようになったのは、子供の人権という言葉によって、心の育っていない子供たちのわがままを許すようになってしまったからではないでしょうか。

学校は教育の場であり、第一義的には知識を与える場所です。
躾をするのは親の義務でありながら、すべてを学校に押しつける親が増えたことを見逃すことはできません。

民主党についてはアメリカ追従の政策からの脱却を期待しましたが、それは出来ず、返って中国への従属となってしまいそうです。
自民党への批判票として民主党に投票し続け、今度民主党の大臣となった国会議員の発起人集会にも参加しましたが、今の民主党は危険な政策を実行しようとしており支持できません。

教育の再生こそが、日本を再生する鍵であることに、多くの国民に気づいてほしいと願います。
コメント有難うございました。

2010/06/28 (Mon) 12:21 | パック #- | URL | 編集
Re: No title

タヌ子さん

海外のブロガーさんの記事がどのようなものか分かりませんが、率直な感想だったはずです。
反対意見が多数寄せられたとのことですが、おそらくその反対意見は、マナーが悪いのは一部の人間で、大多数の日本人のマナーは良いと言うものだろうと思います。
しかし、小さながん細胞がいつの間にか全身を犯すように、気づいた時には手の施しようがない状況になっている恐れがあります。

海外、特にアメリカに行った時には、他人の目を気にせずに行動する人間をうらやましく思うことがあります。
タヌ子さんが言われるように、日本人の「慎ましさ、奥ゆかしさ」には美しさがあり、傲岸不遜より、謙遜、謙譲の心が優れていることは明らかです。

日本人は死に至る病に冒されており、それに気づくためには更に病状の進行が必要なのかも知れませんが、部分が全体を表すことに早く気づいてほしいと思います。

ありがとうございました。


2010/06/28 (Mon) 09:56 | パック #- | URL | 編集
子供を守ろう

「おバカ教育の構造」(阿吽正望 日新報道)を読まれましたか。現在の学校教育に、子供の人生を壊される恐怖を感じませんでしたか。デタラメな文部科学省の政策に、腹の底から怒りがこみ上げてきたのではないでしょうか。
 私たちは、すべての親に、この本を読むことを求めています。教育を変えなければ、子供の人生も、私たちの人生までも壊されてしまうと分かったからです。
 多くの人に読んで頂き、政治家や教員に呼びかけて欲しいのです。事情あって匿名ですが、同じ思いを抱かれましたらご協力下さい。
 愚民化教育を行い、民主主義を破壊し、米国従属、格差社会、社会荒廃を作り、子供達を引きこもりワーキングプアにした「自民党・官僚政治」は、生き返らせてはいけません。

2010/06/28 (Mon) 09:02 | なでしこ #mQop/nM. | URL | 編集
No title

先日海外在住のブロガーさんが、久しぶりに帰国すると日本人のマナーの悪さに驚かされるという記事を書かれていたのですが、その記事を頭から否定する厳しい反対意見のコメントが多すぎて、続きが書けなくなってしまったそうです。
他人の意見を良い反省材料として受け入れ、もう一度考えてから自分の答えを出すという態度がなくなってしまった証拠ですね。
マナーがどんどん悪くなっているのは日本だけの問題ではありませんが、他人の目をここまで気にしなくなってしまった日本人の変貌振りには私も驚かされます。
個性とルーズさを混同している人が増えているのでしょうか。
実際海外で暮らしてみると、日本人特有の『恥』の意識が邪魔して上手くコミュニケーションを取れないというネガティブな面もありますが、日本人の慎ましさ、奥ゆかしさは外国人の目にも美しく映っているようです。
人に迷惑をかけることを嫌う日本人の美徳が薄れ、自分のことしか考えられなくなってしまった一部の日本人(決して若者だけの問題ではない)を見ていると、この先、秩序のない国になってしまうのかなという不安は感じます。
人口密度の高い国であるだけに、最低の秩序だけは保っていきたいものですね。

2010/06/28 (Mon) 07:55 | タヌ子 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。