はい、喜んで

不満はまわりにあるのではなく、心の中にある。

siberiaheidesu.jpg
強制収用所 早田貫一画伯のシベリア抑留鎮魂歌


以前、シベリアで抑留された日本軍兵士の記事を読みました。

敗戦後、65万人以上の日本兵がシベリアやモンゴルに抑留され、強制労働に従事させられました。
彼らは、極寒の中、わずかな食料で過酷な労働に従事させられ、ひたすら日本に帰れる日を待ち望みながら死んで行きました。
(アメリカの研究者によれば、100万人以上が抑留され、死者は25万4千人以上だと言われます)

直木賞を受賞した胡桃沢耕史の「黒パン俘虜記」を読んだことがあります。
強制収容所の地獄の日々を綴ったもので、僅かな黒パンとスープしか与えられず、栄養失調と病気の体で厳しい労働にかり出され、多くの仲間が泡のように命を落としてゆきます。
これほど読んだ後に心が重くなった作品はありませんでした。


そうした強制収容所の生活の中で、「自分たちは捕虜ではなく、日本兵だ」と誇りをもって強制労働に従事した日本兵たちがいたそうです。

彼らが与えられた作業現場で、女性将校の命令に対して、「はい、喜んで」と返事をし始めたら、女性将校は顔を赤らめて感激し、労働条件が良くなっていったと言います。
不安や絶望しかない中で、積極的につらい労働を受け入れる人間がいるなど、女性将校には想像もできなかったことでしょう。

siberiafusyo-1.jpg
病人・負傷者たち 


不平不満を言っていたことも、「はい、喜んで」と積極的に受け入れることができれば、それはいやなことではなく有難いことに変わるのかも知れません。

罰としてうさぎ跳びをさせられたら不満しかありませんが、自分の能力を高めるためだと思えば達成感があります。
気持ちのあり方で、まるで結果が違ってきます。

私たちが生きていること自体が、この世と言う厳しい収容所で、つらい体験を重ねていると思えることがあります。

もし、シベリアの兵士のように、「はい、喜んで」と積極的に与えられた環境を受け取めることができれば、人生は違った展開になるのかもしれません。


追記:
ある方からシベリア抑留裁判が京都で始まったとの情報を頂きました。
日本国政府がソ連に対し、日本兵を自由にお使いくださいと申し入れた文書が、旧ソ連崩壊によって出てきたとのことです。
それが本当だとしたら、シベリアに抑留された人たちは日本国によって売られたことになります。


☆ご訪問いただき有難うございました


国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」
 




 
スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア