はい、喜んで

不満はまわりにあるのではなく、心の中にある。

siberiaheidesu.jpg
強制収用所 早田貫一画伯のシベリア抑留鎮魂歌


以前、シベリアで抑留された日本軍兵士の記事を読みました。

敗戦後、65万人以上の日本兵がシベリアやモンゴルに抑留され、強制労働に従事させられました。
彼らは、極寒の中、わずかな食料で過酷な労働に従事させられ、ひたすら日本に帰れる日を待ち望みながら死んで行きました。
(アメリカの研究者によれば、100万人以上が抑留され、死者は25万4千人以上だと言われます)

直木賞を受賞した胡桃沢耕史の「黒パン俘虜記」は、強制収容所の地獄の日々を綴ったものです。僅かな黒パンとスープしか与えられず、栄養失調と病気の体で厳しい労働にかり出され、多くの仲間が泡のように命を落としてゆきます。
これほど読んだ後に心が重くなった作品はありませんでした。

そうした強制収容所の生活の中で、「自分たちは捕虜ではなく、日本兵だ」と誇りをもって強制労働に従事した日本兵たちがいたそうです。
彼らが与えられた作業現場で、女性将校の命令に対して、「はい、喜んで」と返事をし始めたら、女性将校は顔を赤らめて感激し、労働条件が良くなっていったと言います。
不安や絶望しかない中で、積極的につらい労働を受け入れる人間がいるなど、女性将校には想像もできなかったことでしょう。

siberiafusyo-1.jpg
病人・負傷者たち 

不平不満を言っていたことも、「はい、喜んで」と積極的に受け入れることができれば、それはいやなことではなく有難いことに変わるのかも知れません。

罰としてランニングをさせられたら不満しかありませんが、自分の能力を高めるためだと思えば、成し遂げた後の達成感があります。気持ちのあり方で、まるで結果が違ってきます。

私たちが生きていること自体が、この世と言う厳しい収容所で、つらい体験を重ねていると思えることがあります。
もし、シベリアの兵士のように、「はい、喜んで」と積極的に与えられた環境を受け取めることができれば、きっと人生は好転するのでしょう。

追記:ある方からシベリア抑留裁判が京都で始まったとの情報を頂きました。日本国政府がソ連に対し、日本兵を自由にお使いくださいと申し入れた文書が、旧ソ連崩壊によって出てきたとのことです。それが本当だとしたら、シベリアに抑留された人たちは日本国によって売られたことになります。


☆ご訪問いただき有難うございました
  リンクフリーです。ご連絡頂ければ相互リンクさせていただきます


スポンサーサイト

コメント

Re: No title

Beeさん はじめまして。

今、言葉と思いについて考えさせられています。
聖書の冒頭に「初めに言葉があった」とありますように、すべてに言葉が先立つように思います。

最近はやっている、ついてる、有難うなどのプラスことばは、
とくに苦境にあるときに重要だと思います。
Beeさんのおっしゃるように、頭で分かっていて常に葛藤です。
きっと死ぬまで葛藤を繰り返すでしょうが、その葛藤が学びなんでしょうね。

コメント有難うございました。
これからもよろしくお願いします。

2009/06/03 (Wed) 09:28 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさま、はじめまして☆

これは、非常に難しい事ではありますが、実は真理だと思いました。感謝を忘れた人には感謝は訪れません。。逆もしかりです。であれば、なんでも感謝したモン勝ちなんですよね。いつもそう思いつつも葛藤しつつ、壁を越えられずにおります(笑)。早く大人になりたいもんです。。

Bee@明日は今日よりも感謝の数が多くなりますよ~うに!

2009/06/02 (Tue) 23:19 | Bee #- | URL | 編集
Re: 誇り

ひろさん こんにちは

虚栄は自己顕示欲ですが、真に自己を確立した人は謙虚です。

誇りと感謝を持って生きる人間になりたいですね。

コメント有り難うございました。

2009/06/01 (Mon) 09:54 | パック #- | URL | 編集
誇り

誇りを持って生きたいですね!

命を喰らい、生きていく。

その命に感謝しながら、

有難うを忘れずに…。

2009/06/01 (Mon) 09:25 | ひろ #- | URL | 編集
Re: No title

こんにちは。

シベリア抑留の裁判が今尚行われていることに驚きました。
貴重な情報を有難うございました。
そういうことがあったことさえ、多くの国民が知らない時代になってしまいました。
私もシベリアでご主人を亡くされた方に会ったことがありますが、
抑留体験を直接聞いたことがなく、その悲惨さの理解は表面的です。

おっしゃる通り、現在の日本は国が国民やその財産を平気で売り渡しています。
国民はその実態を知らされていません。
以前の武士道精神を持った日本人が今の日本を見たら、どれだけ嘆き悲しむことでしょう。
コメント有難うございました。

追伸
さっきも猫に、うちにもらわれて良かったねと言いましたが、知らん顔をして寝ています。

2009/05/30 (Sat) 13:58 | パック #- | URL | 編集
Re: No title

こんにちは。

フランスも自然が一番美しい時期ですね。
parismidoriさんのブログを拝見しながら、この時期のフランスの田舎の美しさを思い出しています。

極限状態に置かれたとき、人が自己保存だけに生きることを非難できませんが、
そのような状況でも、コルベ神父のように崇高な行為に命を捧げる人もいて、
その信念や価値観がどれだけ強固で深いものであったかが現れてきます。
名も無いシベリアの日本兵たちが、極限状態の中で心の尊厳を保ったことは
すばらしいことだと思います。
程度の差こそあれ、我々が苦しさの中で前向きな心をもって生きなければならないことを、
あらためて教えられました。

コメント有難うございました。

2009/05/30 (Sat) 13:39 | パック #- | URL | 編集
No title

そうですね!
不満は心の中にあると思います。
何事もありがたいと思えばそう感じますが・・・
心の持ち方次第ってありますからね!
又、以前にパックさんがいっておられた言葉の力もすごいと感じます。
きっとシベリア抑留の方って偉かったと思いますよ~
私は個人的に抑留されて命かながら帰ってこられた方に直接お話を聞いたことがあります。
涙で顔がくちゃくちゃになりました。。汗
シベリア抑留の記事をありがとうございます。
知らない人が多いので・・・
現在京都市内で裁判が行われています。
参考までに・・・http://www.kyoto-minpo.net/archives/2008/03/18/post_629.php
国は国民を売りました。。汗


お心優しいお子様ですね!
動物には言葉が通じると私は思っています。
言葉を理解できるのではなく、通じるとあえて書かせて頂きました。
自分の為に自分を売る・・・
悲しい事ですが被害者は自分一人です。
自分の為に他人を売る
戦争ってそういうことなんですね!
戦争したい人は戦場の最前線には行った事がないのですから・・・

いつもいい記事をありがとうございます!
(*^_^*)

2009/05/30 (Sat) 09:20 | コトママ #- | URL | 編集
No title

こんにちは。ご無沙汰しております。「生きることの意味あるものにする可能性は、自分のありようががんじがらめのなかでどのような覚悟をするかという、まさに一点にかかっていた。」、夜と霧のこの一説や、M.コルベ神父のことが思い起こされました。シベリアやアウシュビッツの極限状態は想像をはるかに超えるものだと思いますが、その中でさえ、高い精神性を保つ人のあることを思えば、日常のささいなことに不満をもつ自分の小ささと同時に、発想の転換によって誰もが強くも生きられるのだという大きな希望をいただく思いがいたします。”はい、喜んで。”や”お蔭様で。”これらの言葉は、どんな時でも聞く人に心地よさを伝える魔法の言葉のようにも思います。きょうもよいお話をありがとうございました。

2009/05/30 (Sat) 07:32 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: No title

こんばんは。

昔、ご主人をシベリア抑留で無くしたおばあさんがいました。
戦後、小さい子3人を女手で育てて、大変苦労したようです。
その人の子供もソ連は好きになれないと言っていましたが、
戦争で生き残ったお父さんを殺されたら、その気持ちも理解できます。
死と隣り合わせの環境で、はい、喜んでと言えた日本兵がいたことは驚きです。

2009/05/30 (Sat) 00:10 | パック #- | URL | 編集
No title

こんばんは!

「はい喜んで」なかなか、日ごろ言えそうで言えてないですね。
しかし、シベリア抑留なんて、我々現代の日本人は誰として堪えれるとは思えません。
そんな中、この極限と言える状況で、「はい喜んで」と言える日本兵の逞しさに感動しました。

何気に、挿絵も素晴らしいです!

2009/05/29 (Fri) 23:00 | せばすてぃあん #- | URL | 編集
Re: No title

matsuyamaさん こんにちは

若いときに目標を持つことは何より大事ですね。
その目標が一生を通して追い求められるものだったら、充実した人生だと思います。
以前の記事に書きましたが、将棋の棋士の卵たちが集まる奨励会の子供たちは
みんな天才と言われる才能ですが、頭角を現すのは、自分は名人になると言う
志を持った子供だけだと言います。
才能があっても目標がなければ花は開かないようです。

コメント有り難うございました。

2009/05/29 (Fri) 14:25 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさん、こんにちは。
学生の頃、部活で毎日苦しい練習を積んでいました。
何度辞めようかと思いました。厳しい練習だけが目の前にあって、目標がなかったんですね。
この練習を耐えればレギュラーになれる、本大会に出場できるという目的が。
結局最後は身体を壊して退部したことがありますけど、目標がある人とない人とでは、
歴然とした格差ができてしまいますね。
また来ますね。

2009/05/29 (Fri) 12:40 | matsuyama #- | URL | 編集
Re: No title

Yumiさん こんばんは

人間の想いや言葉が現実を作ると言われます。
絵を描く場合も、最初にイメージがなければ何も生まれないですね。
「大変な時こそポジティブに」、その通りだと思います。
そしてポジティブな想いを言葉に出したいと思います。
コメント有難うございました。

2009/05/28 (Thu) 23:32 | パック #- | URL | 編集
No title

パックさんこんにちは。
まさにそう思います。捉え方次第でそれに対する対応が違ってくるのでしょうからその結果も自ずと変わってくるのでしょうね。私も大変な時こそポジティブな考え方を忘れないで頑張って生きたいと思います♪

2009/05/28 (Thu) 21:50 | Yumi #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する