「ありがとう」の反対語

21cid_208EC5CC-8CF7-11DB-8D08-0004E2026382.jpg


ありがとう」の反対語は、「あたりまえ」だそうです。
言われてみればその通りです。

花が咲いて、新緑が萌えること、雨が降り、日が射すこと、新聞や郵便が配達されること、電気があること、車が動くこと、着る服があり、住む家があること、仕事があり、給料がもらえること、当たり前のことです。

料理を作ってくれること、洗濯してくれること、掃除をしてくれること、親に育てられること、
家族がいること、友達がいること、目が見えること、耳が聞こえること、歩けること、健康であること、
生きていること、当たり前のことです。
私たちは、与えられているものが失われるまで、有難いことだと思いません。

今日の延長で明日が来て、あさってが来て、あたりまえのように一日が過ぎてゆきます。
明日になれば朝が来て、朝になれば目が覚めて、そこに家族がいるはずです。当たり前のことです。

今日一日、健康でいられたことを、「自分自身」に感謝しようとして気づいたことがあります。
「自分自身」に感謝することは出来なかったのです。
私たちは意識して呼吸をしていません、意識して消化吸収をしません、意識して体温を36度に保っていません。
心臓も肺も肝臓も腎臓も胃も腸も、それぞれが勝手に自分の役割を果たしてくれています。
協力し合って体を維持してくれています。
何一つ自分でコントロールしていません。体が勝手に生きてくれています。

「自分自身」に、有難うと言うことは、自分自身の内側にあり、自分を生かしてくれている力、体全体を調和させ、命を維持してくれている力に対しての感謝でした。
その力は、人間を、動物を、植物を生かしている命です。すべてに共通する唯一つの命です。

人間が死に、動物が死に、植物が枯れた時、その有様はすべて一様です。
生けるものに宿る命、その命が失われた生と死の様は、すべて一様です。
その命を神と呼ぶとすれば、私たちの中に神が宿り、自分も他人も、犬も猫も、木や花も、すべてが神の命を生きています。

太陽の光や空気や水は、命を維持するために欠かせないものですが、あまりに当たり前に与えられているため、それに感謝することはありません。
私たちは無数の「有難い」ことを与えられて生きています。

昔の日本人が、今在ることはあたりまえではない、こうして生きていられることは得がたいことであると考え、「有難い」と言い慣わした言葉には、深い叡智がありました。

私たちの心から感謝や愛の心を奪う危険な無意識、「あたりまえ」を無くすために、いつも「有難う」を意識したいものです。






スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

Yumiさん、はじめまして。

残念ながら、私たちは失うまでその有難さが分かりません。
特に、太陽・水・空気・体の健康など、失ったら生存できないものほど、
感謝が足りないようです。
昔の人は、太陽をお日様と呼びました。
良い言葉ですね。

コメント有難うございました。
これからもよろしくお願いします。

失ってからそのありがたさに気付くってよくありますものね。
本来はそれを失う前にありがとうって感謝をするべきなのでしょうね。
ありがとう、そう素直に口に出来ない人も増えているのかもしれません。
私も子供を育てている身ですから自分からありがとうって常に言えるようにしたいと思いました。

Re: タイトルなし

あまねさん

コメント有り難うございました。
頂いたコメントは私信として削除させて頂きました。

私自身、言葉にすると過大な表現になったり、虚栄心が出たりと、
ブログを止めたいと思うことが度々あります。

しかし、私ごときものの考えでも、こうしてコメントをいただき、共感して頂けるなら、
もう少し頑張ってみようかと、いつも思い直しながら続けています。
あまねさんの溢れる言葉を発信する場を、是非作って頂きたいと思います。

X-JAPANの○さんとは、最近お会いする機会がありませんが、
彼らの音楽を聴きたいと思う人がいる限り、頑張ってほしいですね。

Re: タイトルなし

なつこさん

感謝を口するのは難しいですね。
自分自身、油断するとすぐに感謝を忘れてしまいます。

コメント有り難うございました。
これからも宜しくお願いします。

私がなんとなく感じていたことですが
なかなか言えなかったことです。
記事を読んで気が楽になりました。

追伸
あし@、私のところも他の人も出なくなってますね。

Re: じ~んと読ませていただきました

冬日向さん

心のこもったコメントを有難うございました。
おっしゃるように、人様に感情をさらすことに耐えられず削除しました。
母の供養であれば、恥を忍んで読んで頂くべきだったのかも知れません。
冬日向さんのブログを勝手にご紹介しましたこと、お許しください。


母思う われの歌への 言葉ありて 
     冬の日向の ぬくもりぞ知る。    


じ~んと読ませていただきました

パックさん!

昨日の短歌、胸がじ~んとしました。
消してしまわれたのは残念ですけれど、
男性は感情を出すことにどうしても恥じらいがおありですものね。
でもそういう部分も男性の魅力のひとつだと思います。
読ませていただいて幸せです。

論理的な文章もかけて、お気持ちのこもった短歌も詠えて、すばらしいです。

それにしても!
わたくしの紹介は恥ずかしすぎます。
俳句なさる方たちに苦笑されます。
冬ちゃんは写真はいいんだけど、俳句がねえ、、、、と
よく言われますし、わたしもそう思います。

恥をかきつつ、勉強することにいたします。
ありがとうございました。

母の日

せばすてぃあんさん

いつも有難うございます。
記事を削除しました。お許し願います。
(ピリスの演奏は、まるで音楽の使徒のように真摯なもので、スタンディング・オベイションが起こるほど、すばらしい演奏でした)

母の日

アラレさん

コメント有難うございます。
いただいたコメントをこちらに移動させて頂きました。
申し訳ありません。
母のことは個人的な思いであり、皆様にお見せする歌ではなかったと考えました。

医療ミスで亡くし、死に目に会えなかったこともあり、母のことはいつも心に掛かっています。

親孝行 したい時には 親は無しです。

Re: 母の日

ys_tate様

いつも有難うございます。

私の歌よりすばらしい歌を有難うございました。
私の母への思いと重なる歌でした。

個人的な思い出や感情を皆様にお見せすべきでないと考え、
昨日アップした歌は削除してしまいましたので、
せっかくのコメントをこの欄に記載して申し訳ありません。

母のことは、親孝行ができなかったことがあり、
どうしても感情過多になってしまいます。

母一人、我の中なる 我にして
     思いは生きる いますごとくに




母の日

母の日
パックさま、こんにちは。
お世話になります。

ほんとうに、ほんとうにお世話になっております。
パックさまの記事、皆様のコメントを拝読させていただき学習することを礎に、日々のステップに、そして心の教へとさせていただいております。

どうかお母様への素晴らしい歌を大事になさって下さい。

----------------
われここに
いのちのははよ
われここに

ぬくもりありて
ともすひとわに


パックさまのログのイメージと、母なる宇宙を思い重ね出でてきた言葉をそのまま記しました。
拙ですが日頃の感謝の気持ちとして添えさせてください。
ys_tate

母の日
こんばんは!

短歌読ませていただきました。
素晴らしいですよ。
そして、素晴らしいお母様だったんですね^^

僕の場合、俳句ですが
―母の日に想う―
「母の日や鞄に弁当嬉しかな」

コチラこそ、どうも稚拙ですが
パックさんに貰って頂きたいです。

良い短歌ありがとうございます!

パックさん、「返すすべなき」っていいながら、今こうやってずっと返し続けていらっしゃるじゃないですか。
思い続けることこそ親孝行ではないでしょうか。
これからも毎日変わることなく「母の日」が続くことと思います。お母さんのためにも、お幸せにお過し下さい。そして、ブログを通して私たちにもお裾分けしてください。
良い話を、ありがとうございました。

Re: タイトルなし

咲季あまね さん、こんばんは

あまねさんからは、以前にもコメントを頂いていました。
その時、あまねさんのブログともリンクしていましたが、
ブログがリンク切れになっていました。

昨年の奇跡的な出来事は、天上界の救いだったのだと思います。
生かされてやらなければならない理由があったのでしょう。
エンストしたこと自体、それを知らせるためだったのかも知れません。

その役割を果たされることをお祈りします。
今後ともよろしくお願いします。

コメント有難うございました。

こんにちはバックさん。はじめてコメントさせて頂きます。
本当に生きていること・・・いえ、『生かされている』ことって奇跡なんですよね^^・・私はこんな経験をしました。一年前に踏み切りで遮断機が下りてきてエンスト、あと一秒車が動くのが遅かったら、肉体を離れなければならなかったでしょう。・・・それが不思議です。車は何故か動いて踏み切りを渡っていたのです。自分でも何が起きているのかよくわからず、頭の中は真っ白でした。今思い出してみても、本当に怖い体験です。反面、こうして日々を家族と幸せに暮らせること・・・本当にありがたく思います。当たり前の毎日は奇跡の連続なのですね。自然や宇宙が人の命の儚さを災害などで教えてくれているように・・・私たちは、もっとそのことに敏感になる必要があるようです。   生かされていることに感謝できるよう、日々をおくりたいものですね。いつも素敵なブログ拝見させていただいております。これからも楽しみにしております。あまね

Re: タイトルなし

こんにちは。


「ありがとう」、と言うことが流行っています。
ありがとうで人生が開けたり、ツイてくると言われており、
良いことだと思っていましたが、改めてその意味を考えてみると、
生きていることは、有難いことばかりでした。
「当たり前」のことは、一つとして無かったことに気づきました。

コメント有り難うございました。
これからも宜しくお願いします。

はじめまして。
何度か寄らせていただいておりました。
はじめてコメントさせていただきます。

有難うと当り前。
普段何気なく使う言葉ですが、
その意味をよく考えてみないといけないと思いました。

この記事に書かれていた【当り前】の内容「花が咲いて~給料がもらえる」も、
例えば外国に行けば有難いことだったりするわけですものね。

そう考えてみると、当り前なんてのはホントは無いのでしょうね。
よい記事に出会えたことに感謝したいと思います。

Re: 有難う と 有難い

冬日向 さん、こんにちは。

長年一緒に暮らす家族は、一番感謝の言葉を表しにくい間柄かも知れません。
今回の記事は、家内のことを考えながら書いた部分があります。
家庭内の家事労働について、ほとんど感謝の気持ちを表していなかったからです。
最近食事の時は、何でもおいしいと言葉に出すようにしています。
まだまだ感謝が足りないと反省しています。

本当に「小さなことへの感謝が幸せの道」だと思います。
コメント有難うございました。

有難う と 有難い

漢字にするとすっとその意味が手にとって見れます。

夫が朝コーヒーを入れると必ず、「ありがとう」という言葉を言ってくれていました。
ただコーヒーを入れることでそういう言葉をかけてくれる夫を変わってるなあ、、、、でもなんだか嬉しいなあと(^^)
今いろいろ二人の間であって、その言葉が聞かれない状況なのですが、私は朝一杯のコーヒーを出したときに「ありがとう」と言ってくれた夫の心根を信じています。
言われなくなったのは、わたしのあり方に問題があるのかもしれません。

小さなことへの感謝
当たり前と思わないことの感謝、
これは幸せになる道筋ですね。

Re: こんにちは!

セバスティアンさん、今日は。

当たり前という言葉の否定力はすごいですね。
あっという間に、有難いことを全否定してしまいます。
こんなに破壊力のある言葉とは意識していませんでした。
逆に、当たり前という言葉を全否定できるのが「有難う」なんですね。

ところで、明日はピリスの演奏会です。
曲目はオールショパンで、最後にチェロソナタが入っています。
好きなピアニストで楽しみです!

コメント有難うございました。



こんにちは!

ありがとう!
って良い言葉ですね!ってよく話をしますが。
ただ、言ってるだけという感じが無くもありません。
その言葉の意味を、今回感じさせて貰いました。

この、社会で僕達が日ごろ、
享受している全ての事がありがたいものなんですよね。
勿論、人間関係や金銭の上、はたまたウィルスなど、
色々厄介なものはありますが、まずここに在る不思議という事を最近感じます。

科学と宗教は相容れないもののようですが、実は同じ事を追求している気がします。

なんて、今回の文章を読ませていただいて、感じました。
どうもありがとう御座います。

Re: アリガトゥッ

ひろさん、こんにちは。

息子さんの「アリガトゥッ」 は絶妙の描写ですね。 暖かい家庭の情景が目に浮かびます。
ひろさんは言われてないようですから、ちゃんと奥さんに感謝されているのですね。
「放りっぱなしにしないで!」 は、エネルギーが安定から不安定に向かう
エントロピーの法則が支配する私の部屋に関しては、完全に諦められています。(これは安定に向かっているのかな?)

アリガトゥッ

こんにちわ。パックさん!

いつも僕の妻が子供たちに怒ってますよ!

「食べたお皿くらい、自分で持ってきなさい」

「どこでもかんでも、放りっぱなしにしないで!」

「なんでも、ママがやるのが当たり前だと思わないでよ!」

「ありがとうは?少しくらい感謝しなさいよ!」

反抗期の息子はふてくされながら、

「はいはい、アリガトゥッ」

愛を感じるにはまだほど遠い日常です。





Re: ありがとう

フラペチーノさん、こんにちは。

カンザスも暖かくなって、一面の春でしょうね。
相変わらず、製作や原稿やヨガで忙しい毎日を送られていることと思います。
夜寝る前に、今日の有難かったことを思い出すのはいい習慣だと思います。やってみます。
最近、何でも口にした時、おいしいと言うようにしています。
野菜でも魚でも肉でも、自分の命を差し出しているのに、それをおいしく
ないといったら申し訳ないですね。

コメント有難うございました。


ありがとう

「ありがとう」の反対語。。。というタイトルを見て、答えを見ずに考えてみたところ、「クソクラエ」としか思い浮かばなかったアホな私です。(笑)

「あたりまえ」ーーーそうですね、その通りです!
私も毎日、あたりまえなことに感謝をしています。夜寝る前に、今日起こった出来事など数えたりしています。

人間の身体は小さな宇宙、、、これにも共感しました。実は雑誌のエッセイに書いたばかりの内容だったので、シンクロしてる!と驚いてしまいました。パックさんの考え方、素敵です。

Re: タイトルなし

アカシさん、こんばんは。

人体は小宇宙と言われていますが、完璧な宇宙ですね。
一つの細胞さえ人間は作ることはできません。
生命は最大の奇跡です。
偉大な叡智が魂の乗り舟として与えてくれた肉体を、
私たちは有難いとも思わず使っています。

そういう私たちを見捨てず、愛し続けてくれる神の
愛の大きさを思わずにはいられません。

コメント有難うございました。



Re: タイトルなし

アラレさん、コメントありがとうございます。

本当に、すべてが奇跡の連続でありながら、
その奇跡が当たり前になっています。
十分すぎるほど与えられると、それが当たり前で、
有難いとも幸福とも感じなくなってしまいます。

自分自身、そのことを忘れないように、些細なことにも、
ありがとうの言葉を習慣にしようと思っています。

アラレさん、有難う!

Re: タイトルなし

コトママさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
何でもすぐに当たり前になってしまうので、
いつもプラスの言葉が出るよう、習慣にしたいと思います。

子猫ちゃん、無事に生まれて良かったですね。
かわいいですね。

こんばんは、
またまたとても素敵な記事です。

息をしようと息をしているのではなく、胃や腸、私たちの体の中で
リズムよく機能しているこの大宇宙の縮図である小宇宙。
沢山のことを知識として知っている私たち、
でも最も身近にある存在について、体について、
私たちはいったいどの位知っているのでしょうね。

有難う、有り難い、感謝それからその源にはいつも愛があるのでしょう。

素敵な記事を有り難うございました。

Re: ご無沙汰しております

風小僧さん、ご無沙汰でした。

「今を生きる」を削除されたのですね。
「風露草の視界」を拝見しました。
書かれている内容に、すべて同感しました。
リンクさせて頂きますので、これからも宜しくお願いします。

本来「当たり前」な事など何もないのですね。生き物が生き、草木が生えるというそれだけのことでさえ、数ある星の中の「有り難い」この地球という星の、長い長い時間の中の「有り難い」今という時にやっと実現できている奇跡でしかないのですね。
ただ、悲しいかな人間は「有り難い」ことをたやすく「当たり前」のことと勘違い出来てしまいます。
食べたい物を食べ、好きな人と愛し合い子を産み年老いて死んで行く、それだけのことを「当たり前」のことにするために先人たちがどれほどの血涙を流し、少し場所が変われば未だにそれすらも「当たり前」ではないことになかなか気づけません。
この星の、この国の、この時代の我々はあまりにも「有り難い」今に胡坐をかき過ぎているようです。

ありがとうは素敵な言葉です。
怒っている人に怒ってくれてありがとうって言うと納まる事が多いですね!
心に優しさをもたらしてくれると思います。
いつもいい記事をありがとう!!

ご無沙汰しております

ご無沙汰しておりました。
風小僧です。
エディタを退会されるようですね。
私は「今を生きる」をPC上から削除しました。
そして数日前から別の視点で「風露草の視界」を掲載し始めました。
宜しければ覗いてください。

最後に、当たり前と思うことへの感謝が大切だと私も思います。
では。。。

Re: タイトルなし

薄荷グリーンさん、こんにちは。
連休はいかがお過ごしですか。

有難うの反対語が、あたりまえとは気づきませんでした。
当たり前という言葉自体が、怒りや恨みなどのようにネガティブな
イメージがないだけに、マイナスの力を見落としがちです。

コメント「ありがとうございました」

こんにちは!

「有難う」の反対が「当たり前」。これ云われて初めて気がつきました。
有難うって有る事が難しいということなんですものね。

日常だと思って必ずそこにあって当然だったのものでも、簡単に失ってしまうものだということは、何か一つでも失ったことがある、失いそうになったことがある人だと容易に理解できるんですけど、普通はなかなかそういうことには思い至らないですよね。
体験すれば分かるといっても、失ってしまってからでは遅いわけで、そういう部分を補うのは想像力になるんでしょうか。
非公開コメント

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア