日本人は死んだか

8_5_9_tutuji.jpg 
角館伝承館のつつじ 角館観光協会


娘が地下鉄の駅で若い女性のホームレスと会いました。最初、後ろから見た時は、50歳位だろうと思われたのが、切符を買って振り返ったところ、そのホームレスは二十歳過ぎの女性でした。足は裸足で真っ黒で、その姿に思わず涙が出たと言います。


その話を聞き、二十歳過ぎの若い女性が乞食に身を落とすまで、どれだけつらい経験をしたのだろうか、あるいは、路頭に迷い救いを求めた時、誰も救けてくれなかったのだろうかと、暗澹たる思いになりました。


中年以上の人が人生に敗れ、希望を失い、ホームレスに身を落とす光景はめずらしくありません。それは悲惨なこととは言え、その人たちにはそれに至る人生の戦いがあったはずです。しかし、二十歳過ぎの、人生を始めたばかりの女性が希望を失い、生きることを放棄するなど、かってこの国にはなかったでしょう。


生まれ育った厳しい環境の中で、たとえ犯罪に手を染めることがあっても、希望と尊厳を失わない限り、道は開けるでしょう。しかし乞食になることは、希望を失い、価値観を失い、人間としての尊厳を捨てたことであり、生きる意味を失ったことになります。
いや、そうではなく、すべてを捨てたと見えるこの女性も、心の中には捨てきれない大事なものがあるはずです。それは愛だと思います。もし無償の愛がこの女性の心に届けば、希望が生まれ、人生は生きるに値することに気づくはずです。日本人はきっと彼女を見捨てないと思います。


今から30年位前にユダヤ教のラビ(長老)である、マーヴィン・トケイヤー氏が書いた、「日本人は死んだ」という本があります。衝撃的な題名ですが、トケイヤー氏はこの本の前書きに、「最近数年、ますます募る私の日本に対する友情と敬意、日本そのものの中で失われようとしている日本的な認識や評価を惜しむ気持ちを著書として世に出した。それは日本人に対する私の心を込めた忠告であり、祈りでもあった」と書いています。


トケイヤー氏は、勤勉で和を尊び、親に対する愛、師に対する尊敬、友に対する信義、己に対する慎みなど、謙虚で心豊かな日本人の生き方に、人間の理想を発見しました。そしてそれを日に日に失う日本人への限りない愛惜を込めてこの本を書いています。
それから30年、日本人は死んだのでしょうか。


フランスに在住されているparismidoriさんから、「敵国に尊敬される武士道」の記事にコメントを頂きました。日本を客観的に見たご意見ですので、勝手ながらご紹介させて頂きます。

「こんにちは。おくればせながら、前回、今回の記事をじっくりと読ませていただき、まず感動いたしました。そして、嬉しく思いました。 フランスの人も日本人とみると、時折、サムライ、ブシ、ゼン(禅)などの言葉を投げかけてきますが、恥ずかしながら私にはその心がはっきりとはつかめずにおりました。
また、以前にこちらで扱われた桜の花を愛でる歌の特集にも同じように感動しましたが、一方、その眼差しの深さ、情緒なども現代日本からはどんどん薄れているような気がしてなりませんでした。
どうやら今の日本では、美しいもの、善なるもの、美徳なるものを茶化したり、真面目であることが馬鹿にされがちとも聞きますが、それはとても残念なことだと思います。
海外にいれば、そんな日本でも、その仕事ぶりは依然として正確で丁寧、責任感や勤勉さの優位は明らかです。 まだ遅すぎないと思います。深遠な精神性とともに、日本人の誇りを次の世代にも伝えられたらと心から願います。略」


parismidoriさんのおっしゃるように、 日本人の心を次の世代に伝えなくてはなりません。まだ間に合います。
10年近く前、名古屋で起きた水害のボランティアに参加したことがあります。そこには驚くほどの数の金髪や茶髪の若者たちがいて、一所懸命に働いていました。
日本人の中に眠る美しい心、優しい心が、人々の困難の中で目覚めることを知りました。
希望は残されているはずです。


(追記)
今回の記事は内容を大幅に削除してアップしました。削除した部分は、日本人がなぜ心を失ったのか、あるいは日本の家族制度や社会がなぜ崩壊したのか、その原因はどこにあるかというもので、戦後の日本占領政策に係わる部分です。この部分を書き始めるとブログの方向性が変わって行くと考え、削除しました。
戦後占領政策で行われた「日本弱体化計画」は、それを立案した一人で、ルーズベルトのブレーンでユダヤ教のラビである、モルデカイ・モーゼ氏が書いた、「日本人に謝りたい」という本に詳しく書かれています。

☆ご訪問いただき有難うございました。




スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009/05/02 (Sat) 16:57 | # | | 編集
Re: タイトルなし

コトママさん、こんにちは。

子供と動物だけに純粋さがあり、色々学んでいるはずの
大人になるほど、愚かで汚れてくるのは悲しいことです。
自己中心の心を制御する教育が行われていないためでしょうね。
先日、先生のおしりを蹴った子の親が、先生が子供を壁に押し付けたと
訴えて無罪判決になりましたが、先生を蹴るような子供を育てた
恥ずかしさを感じてないようです。

2009/04/29 (Wed) 18:37 | パック #- | URL | 編集

全くその通りですね!
見返りを求めない愛こそ本当の愛だと思います。
どうしてこんな国になってしまったのでしょうか?
私も日本人として頑張らないといけないと思いました~
私は動物から見返りのない愛をいつも貰っています。
透通った目は動物と子供だけになってしまいました。
大人になると汚いものを見てしまいますので、どうしても瞳が曇ってくるのでしょうか?
悲しいことですね!
いい記事を有難うございます。

2009/04/29 (Wed) 18:00 | コトママ(コトハ) #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

こんにちは。

ありがとうございます。こちらもリンクさせていただきます。
これからもよろしくお願いします。

2009/04/26 (Sun) 09:23 | パック #- | URL | 編集

再びこんにちは。おくればせながら、こちらのサイトをリンクさせていただきましたが、よろしかったでしょうか。差し支えるようでしたら、改めます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2009/04/25 (Sat) 17:34 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
Re: タイトルなし

parismidoriさん、こんばんは。

娘もパリにいた時は、しょっちゅうこうした体験をしていたようですが、 日本での体験にショックを受けたと言っていました。
私が中学の時、近くの橋の下に女性の乞食が住みつきました。
余りにも気の毒で、母親に布団を持っていって欲しいと頼みました。
その乞食は母親が通ると、「奥様、こんにちは」と挨拶し、日中は
本を読んでいました。その教養が返って気の毒で哀れで、
なぜこのような人生になってしまったのだろうかと不条理を感じました。(忘れていた体験を思い出しました)
日本は大きく変わってしまいましたが、日本人の遺伝子が 目覚める時が来ると思います。

2009/04/25 (Sat) 05:13 | パック #- | URL | 編集
Re: 幻想

> こんばんは!
>
> ハーディングの幻想をFMやってたのですか?
> まったく知りませんでした。
> 教えてくだされば良かったのに(笑)

******
 ほんとうですね。
 帰りの車の中で聴いていて、余りの名演に
 家についても車の中で最後まで聴いてしまいました。
 いい演奏でした。 
 今度はテレパシーで連絡します!
 

2009/04/25 (Sat) 00:25 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

宇宙・音楽 さん こんばんは。

「日本人に謝りたい」は絶版のようですが、Amazonの中古が出ています。
日猶同祖論を信じているユダヤ人は多いですね。
正倉院の御物をみても、シルクロードを通って中東から様々な物が
入っています。ユダヤ人が沢山日本に入って来たのは間違いありません。
以前、ユダヤの血を守っている京都の姉妹に会ったことがあります。
少しエキゾチックですが日本人に同化しています。
3S政策で日本人は完全に思考能力を奪われました。すごい戦略です。
日本は一度死んで、いずれ再生すると思います。
その役割がある故に、武士道精神を破壊されたのだと思います。

2009/04/24 (Fri) 22:51 | パック #- | URL | 編集

こんにちは。このたびは、先日の私の拙いコメントにお心のこもったご返答をいただきありがとうございました。フランス(パリ)で暮らすようになったばかりの頃、道ですれ違いざまに急に手を差し出され、また、地下鉄の中で乳飲み子を胸に、座席をまわってお金を乞う人に出会ってとても衝撃を受けたことを思い出しました。幸いなことに日本にはない光景、そのときはそうでしたが、今はちがうのですね。その方たちに救いが差し伸べられることを心からお祈りいたします。同時に、これまでは、世界のどこか遠くで起こっていることとしか考えられなかった人の姿、生き様を日本に居ながらにして目にすることで、私たちが学べることも少なくないことと気づかされます。日本がこうした社会の局面を迎えたことが、今後、世界の中でもっと堂々と、活躍できる日本に変わっていくきっかけとなるよう願っています。きょうも深いお話をありがとうございました。

2009/04/24 (Fri) 22:41 | parismidori #SQbl7Cak | URL | 編集
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009/04/24 (Fri) 22:41 | # | | 編集

パックさん、こんにちは!

紹介された二冊の本、興味が湧いたので読んでみます。
日本とユダヤは似てるとこが多いようですね。
日本の古い神社にもダビデの星が入ってるって聞きます。
ユダヤの歴史は、本当に興味深いです。
歴史を調べると、出てくる出てくるユダヤの文字。
びっくりします。

身近に戦前から生きてる人がいる事が少なかったんで、あまり実感湧きませんが、戦後の占領政策で日本人は、ほんと変わってしまったようですね。
以前、3S政策というものを知った時は、衝撃でした。
うまい事考えますよね、ほんと。

日本は一度死ぬかもしれませんが、そっからまた生まれ変わるはずです!!
これからも日本の素晴らしさを書いた記事を期待してます!!

2009/04/24 (Fri) 21:12 | 宇宙・音楽 #- | URL | 編集
Re: 主題とは外れますが

冬日向さん、こんにちは。

今回の記事を書くにあたり、乞食にするかホームレスにするかは、
ご指摘の意味で最後まで迷いました。
売春を援助交際と呼び、罪の意識を薄れさせて、売春する子供を
増やしてしまったように、ホームレスという言葉には悲惨さを伝えない
軽さを感じ、また今回の女性の場合、裸足で真っ黒になった状態を
ホームレスと呼ぶには違和感があり乞食としました。
語感がきつかったかも知れません。

福祉行政の救いについては、若い女性で五体満足であれば、
働けるのに働かないとみなされ、生活保護は難しいと思います。
しかし、相談すれば何か解決策が得られるはずです。
是非そうしてほしいと思います。

2009/04/24 (Fri) 18:33 | パック #- | URL | 編集
主題とは外れますが

こんにちは。

主題とは外れるのですが、

わたくしはパックさんの選ばれた「乞食」という言葉にハッといたしました。
乞食とホームレスでは与える衝撃が違います。
私の中ではすっかり死語となっていた言葉でしたから。

家がないということではいっしょなのですけれど、
乞食というと古い言葉で「おもらいさん」というような、
物乞いをする人。
物乞いをする行為は大変卑しい行為に感じます。
現代は物乞いをしなくとも、コンビニや飲食店から廃棄される大量の食物を、
あさって命を繋ぐことができる。
そういう意味では家のない人、というのが現代にはふさわしいのでしょう。
乞食という言葉に時代の変化を感じた次第です。

それにしても、20代の女性のホームレス(あえてこちらの言葉を)何か行政の救いの手が差し伸べられないのか、、、、
不況で精神を病む人も多く、家を失う人はこれから増えないともいえない。
暴力は弱いものに向かいます。同じ女性として、そして娘を持つ母として、
若い女性のホームレスの存在には胸がふさがる思いがいたします。

先日歌舞伎町では子供のホームレスもいて、カメラマンが写真集にしているのをニュースで見ました。
親がホームレスになれば自動的に子供もそうなるのですから、不思議ではないのですが、
この豊かな日本で幼い子供がホームレス!!!!!衝撃的でした。
(今は施設にはいって路上生活はしていないようですが)

物乞いをするという精神的な屈辱がなく、
寒さ暑ささえなんとか我慢すれば、飢えなくとも済む。
そういう日本の現状が、精神にも影響を及ぼしているのかもしれません。

2009/04/24 (Fri) 15:17 | 冬日向 #qsvP4ThM | URL | 編集
Re: はじめまして

カノンさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
いつもカノンさんの記事を拝見しながら同じまなざしの方だと思っていました。
おっしゃるように、自分自身が美しい心の人間になりたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

2009/04/24 (Fri) 13:07 | パック #- | URL | 編集
Re: 素晴らしい記事です

アカシさん、こんにちは。

記事に共感いただきうれしく思います。
ユダヤのラビたちは、日本人の本質をよく理解しています。
彼らは「日猶同祖論」を信じており、ユダヤの末裔である
日本人の現状を憂いているようです。
つくづく、戦後の日本人が失ったものの大きさを感じます。
ありがとうございました。

2009/04/24 (Fri) 12:59 | パック #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

セバスティアンさん

コメント有難うございます。

記事をアップする時に、内容を大幅に削除したため、
タイトルとそぐわない内容になったかも知れません。

二十歳過ぎの乞食がいるとは驚きでした。
日本が立ち直るには、かなりのショックが必要でしょうが、
可能性を信じたいと思います。

記事の内容に関係ありませんが、昨日NHKFMでやっていた、
ダニエル・ハーディング指揮、スウェーデン放送管弦楽団の
幻想交響曲は、すばらしい演奏でした。
お聴きになりましたか。


2009/04/24 (Fri) 12:51 | パック #- | URL | 編集
はじめまして

はじめまして、いつもすばらしい記事勉強になっております。

「日本人の中に眠る美しい心、優しい心」このことが目覚めることをいつも願っております。
そして、自分の中にでも目覚めてくれるよう日々暮らしていければとも思っています。

2009/04/24 (Fri) 09:20 | カノン #- | URL | 編集
素晴らしい記事です

こんばんは、パックさん。

今日の記事、とても素晴らしいです。
人々の中にある、崇高な精神が奮い立ちそうな、そんな記事です。

「今日、真面目な事、美しいこと、崇高なことを茶化したり馬鹿にしたりする傾向があるよう」
だとparismidoriさんがコメントされていましたが、私も同感です。
努力することが、格好悪いことのように考えられているのは本当に残念な事です。

しかしこのような状況にあっても、私たちの心に眠っている道徳心・敬いの心が
真に美しいもの、まことのものに触れることにより目覚めるのだと私は信じています。

とても素晴らしい記事、有り難うございました。

2009/04/23 (Thu) 22:17 | アカシ #- | URL | 編集

こんばんは。

日本人は死んだか?
深い問いかけです...
勿論、現実的には死ぬ人はおりますが、
日本人と言う人種は残っております。
日本人の魂は無くなったか?
日本の文化は消えたか?
と言う事になるのでしょうか。
正直、
今を生きる僕には分らないとしか答えられません。
実際には、文化も残ってますし、日本人も存在してます。
そう考えると、おかしな問いかけですが、
この国自体の、アイデンティティが欠如している状態なのかと思います。
今回の記事で、二十代の女性が、
ホームレスになっているという話に正直おどろきました。
今この国の現状を見てると、今までやってきた結果がコレか?
という空しさも感じました。
「深は新なり」
もっと自国の文化や風土を煮詰めていく事が必要だったのかなと感じます。

でも、仰るとおり希望はあると思います。
僕も頑張らないと!
そう思いました。
どうもありがとうございます!

2009/04/23 (Thu) 21:41 | せばすてぃあん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する