桜の歌人

sakura6.jpg

櫻ばな いのち一杯咲くからに 
       いのちをかけて われ眺めたり ー岡本かの子ー 


春の喜びを伝える桜ほど、日本人に愛され続けた花はありません。

本居宣長の、「しきしまの やまと心を人とはば 朝日ににほふ山桜花」は有名ですが、寒い冬が終わり、桜の花と共に、いのちあふれる春を迎えた喜びが感じられません。観念的な歌だと思います。
一茶の俳句、「日本は はいり口から 桜かな」の方が、単純に素直に、日本人が昔から桜を愛していたことを歌っています。

桜を詠んだ代表的な歌人は、何と言っても西行です。

西行の歌には、桜の開花が近づいてきた時の心のときめき、咲いた桜とともにある喜び、咲いた桜がいつはかなく散るのか、気がかりで仕方の無い心の様が、素直に切実に詠われています。
恋人を歌っても、西行が桜を歌ったほどには歌えないでしょう。

次のように歌う西行のこころは、日本人なら良く理解できるのではないでしょうか。

吉野山 こずゑの花を見し日より 心は身にも添はずなりけり

たぐひなき 花をし枝に咲かすれば 桜に並ぶ木ぞなかりける

花見れば そのいはれとはなけれども 心のうちぞ苦しかりける

春風の 花を散らすと見る夢の さめても胸のさわぐなりけり

眺むとて 花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ悲しかりけれ

いざ今年 散れと桜を語らはん なかなかさらば風や惜しむと

梢うつ 雨にしをれて散る花の 惜しき心を何にたとへむ

西行の桜への哀切な思いは、桜の花の咲く下で死を迎えたいとの歌に集約されています。
ここまで桜を愛した歌人はいなかったでしょう。
そして西行のこの願いは、旧暦如月の頃に死を迎え、遂げられました。


願わくは 花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃








スポンサーサイト

コメント

Re

薄荷グリーンさん
初めまして。いつも素敵なブログを拝見しています。
美術館は岡崎ですね。あの辺りは大好きでよく歩いていました。
桜と、桜が散った後の新緑が好きでした。
高瀬川沿いの桜も風情があり素敵ですね。
京都は青春です。いつまでも変わらずにいてほしいですね。

2009/03/22 (Sun) 21:53 | パック #- | URL | 編集
Re

アラレさん。こんばんは。
春が来ました。
これからしばらく、一年中で一番美しく、自然が輝きますね。
桜も来週は満開、一年分の桜を楽しみます。

2009/03/22 (Sun) 21:41 | パック #- | URL | 編集

初めまして!こんばんは。
わたしも桜の花、大好きです。
わたしの場合は桜の木の下には死体が埋まってると云った梶井基次郎なんかを連想して、満開の桜の下から見上げていると、この美しさはこの世の理を越えているって本当に感嘆することがあります。
パックさんは京都にいらっしゃったそうですが、京都の桜で、美術館脇の疎水沿いに並ぶ桜はご存知ですか?わたしはあの桜並木が大好き。それと高瀬川沿いの桜も。

2009/03/22 (Sun) 20:50 | 薄荷グリーン #56UXBqNU | URL | 編集

こんばんわ。
たくさん良い歌や句を教えていただきました。
春が、来ました。内にも、外にも。
感謝です。

2009/03/22 (Sun) 20:14 | アラレ #- | URL | 編集
Re

コトママさん
こんばんは。
学生時代に京都にいました。円山公園にも良く行きましたよ。
枝垂桜がきれいですね。
休講のとき、加茂川と御所で時間をつぶしていたのが、懐かしい思い出です。
桜は本当にいいですね。大好きです。

2009/03/21 (Sat) 23:45 | パック #- | URL | 編集
Re

せばすてぃあん さん
こんばんは。いつも素敵な記事を拝見しています。
西行の墓が河内にあることをはじめて知りました。
昔、関西に10年(学生時代を入れると14年)住んでいましたが、余りの観光客の多さに恐れをなして、吉野山に行くことができませんでした。
いつか桜が散った後にでも、西行の足跡を辿りたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

2009/03/21 (Sat) 23:31 | パック #- | URL | 編集

はじめまして。
以前に西行法師のお墓のあるとされる、
河内の弘川寺に行った事があります。
漂白の歌人と言われますが、れっきとした武士の出、
どのような心境だったのか?
想像しても分からないですが、興味は湧きますね。

2009/03/21 (Sat) 22:57 | せばすてぃあん #- | URL | 編集

日本人が桜を古代から愛したことがよく分かりますね・・・
季語に必ず出てきますから・・・
パッと咲いてさっと散る、惜しまれる美学でしょうか・・・
ちなみに私は桜が大好きです~
円山公園のしだれ桜も絶品ですよ~
(*^_^*)

2009/03/21 (Sat) 22:27 | コトママ(コトハ) #- | URL | 編集
Re

アカシさん
こんにちは。
桜がこんなにすばらしいのは、きっと冬があったからですね。
余計にいのちの輝きを感じます。
桜を待つ今頃が、一番好きです。

2009/03/21 (Sat) 06:46 | パック #- | URL | 編集
Re

ひろさん
リンク頂きありがとうございます。
こちらもリンクさせていただきます。
よろしくお願いします。

2009/03/21 (Sat) 06:29 | パック #- | URL | 編集

素敵なブログですので
リンクさせていただきました
今後ともよろしくお願いします。

2009/03/21 (Sat) 05:15 | ひろ #- | URL | 編集
歌人

こんにちは、パックさん。
同じ日にパックさんは美しい日本の歌人を、私は詩を紹介していたのですね。
桜をみるのがなんだかいっそう、待ち遠しくなりました。

2009/03/21 (Sat) 01:26 | アカシ #- | URL | 編集
Re

光隆さん
しばらくでした。
昔、西行に傾倒していた時、有給休暇を取って桜を見に行ってました。
もう時効です。
人が少ない時にゆっくり桜を見て西行の歌を思い浮かべると、余計に桜がうつくしく、日本人であることの幸せを感じました。
良寛も桜を人生になぞらえていましたね。

2009/03/20 (Fri) 23:26 | パック #- | URL | 編集
Re

ひろさん
本当に桜はいいですね。
日本そのものを感じます。
西行ほどではないですが、いつ咲くのかを待つ今頃が好きです。
来週には咲くでしょうが、楽しみです。精一杯見ます。

2009/03/20 (Fri) 23:13 | パック #- | URL | 編集

しばらくぶりに失礼します。
桜の歌はいいですね。とくに、やはり西行はいいです。
一つ余計な事、お許しを。
良寛。
「散る桜 残る桜も 散る桜。」
失礼しました。
では。

2009/03/20 (Fri) 22:01 | 光隆 #- | URL | 編集

桜はいいですね
年々、美しく感じる
30歳をすぎるまでは
綺麗だなんて思わなかったけれども
桜の花を見れるのは一瞬
のんびり、寝ころびがら桜の木のした
今年の春を感じよう。

2009/03/20 (Fri) 20:33 | ひろ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する