音の世界からあの世を考える

image8.jpg


今回の話は書くことにためらいがあります。しかし今の時代には受け入れてもらえると考え、誤解を恐れず書くことにしました。

3次元、4次元、5次元などの次元とは何でしょう。
次元は音楽のオクターブの構造を考えると良くわかります。ドレミファソラシドの上にドレミファソラシドが続き、その上にさらにドレミファソラシドが続いています。

オクターブと同様に、次元はそれぞれ隔絶された世界ではなく、3次元の世界と4次元、5次元の世界は切れ目無く続いています。振動数が高ければ高いオクターブになるように、高い振動数が高い次元となります。

オクターブは倍音の関係にありますが、次元は地震のマグニチュードのように、対数関係と考えた方が良さそうです。つまりマグニチュードが1違えばエネルギーは32倍、2違えば1000倍となるように、次元が上がれば飛躍的にエネルギー量が増えます。

宇宙にあるものはすべてエネルギーで出来ています。エネルギーの振動数が一番低く、粗いのが物質です。振動数が高いものが魂(霊)です。水を冷やせば氷に、熱すれば水蒸気になります。振動数による相転移ですが、魂と肉体もエネルギーの相の違いです。

肉体は物質でこの世限りですが、肉体を去った霊は永遠に存在し、輪廻転生を繰り返して魂の修行を続けます。エネルギー保存の法則です。

魂は本来5次元以上の振動数ですが、今世で自分のことだけを考え、人を犠牲にする人生を送った人は、魂の振動数が低く、粗い状態であの世に帰るため、本来帰るべき霊界(5次元)以上に帰れず、幽界(4次元)に留まることになります。4次元は霊的な世界としては最も物質に近い、粗い振動数の世界です。

魂の振動数が高まるにつれ、6次元、7次元、8次元と続きます。振動数が高いほど光の量が増えます。
アインシュタインの相対性原理は、E=MC2 (エネルギー=質量×光の速度の2乗)ですが、昔、エネルギーをなぜ光の速度で説明できるのか分かりませんでした。

この関係式、E=hν (エネルギー=プランク定数×振動数)に見られる通り、振動数が高いほどエネルギーが大きくなります。つまり次元が高いほどエネルギーが高く大きくなります。
(プランク定数 = 6.626068 × 10-34 m2 kg / s)

振動数の高い世界は調和された世界と考えられます。音で例えれば、調和された音は倍音を繰り返して振動数を高め、最後は光となります。不調和な音は倍音とならず、熱エネルギーになって消えて行きます。
魂の振動数を高める為には、魂を調和させなければならず、調和する為には自分の生き方を振り返り、自己中心の見かた、生きかたを改めなければなりません。

物質的豊かさは幸せの必要条件ですが、何十兆、何百兆円あっても不幸せな人がいるように、幸せの十分条件ではありません。物質的豊かさと共に、心の調和が幸せの条件です。
宇宙を支配する法則は調和です。

これから人類は厳しい状況を迎えることになると思います。それは地球の振動数が高まり、その高い振動数に適応できない人間が生きてゆくことが出来なくなるためです。そのことは既に起きつつあり、加速度的に激しい変化となって表れます。

今回の世界不況は、人類が物質にとらわれず、心の調和にこそ幸せがあることを知るチャンスをだと思います。

音楽と天国の話で締めくくります。
宗教家のカール・バルトは、「もし天国で天使たちが音楽を奏でているとしたら、それはモーツアルトの音楽だろう」と書いています。
アインシュタインは死とは何かと聞かれて、「死とはモーツアルトが聴けなくなることだ」と答えています。
いったいモーツアルトの音楽は、なぜ天国的に響くのでしょうか。それは天国が調和の世界であり、モーツアルトの音楽には天国にふさわしい調和があるからだと思います。



モーツアルト「アヴェ・ヴェルム・コルプスーまことのお体」







国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re

 咲季あまね さま
コメントありがとうございました。

すべての魂が光(エネルギー)だと知った、とはすばらしいですね。
そして『光』と名づけられた子供さんは幸せですね。
「想いを清らかにし愛に生きる」、それこそが、本来光である私たちが、肉体を持ってこの世に生きる目的だと思います。
リンクありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

2009/03/04 (Wed) 23:44 | パック #- | URL | 編集
光あれ

 バックさま
 はじめてコメントさせていただきます。
 
 すべての魂が光(エネルギー)だと知ったのがちょうど15年前。そして生まれてきた子どもには『光』と名をつけました。今その子は中学2年生。こんな大変な時代に生まれてきたけれど楽しく日々を送っています。
 想念波動。この記事を読ませて頂いてそんな四字熟語が浮かんできました。「想いを清らかにし愛に生きる」そんな生き方がこの時代には求められているんですね。
 またすぐに立ち寄れるようにリンクさせていただきました。
 咲季あまね

2009/03/04 (Wed) 23:20 | 咲季あまね #- | URL | 編集
Re

ys_tate  さま
いつもありがとうございます。
低周波を何に利用するか、その目的によって変わってくると思います。
以下は医療用に限定しての話です。
ご存知の通り、超低周波は危険性があります。
又、可聴域の音であっても、人間の心身は単一周波数を一定時間以上受けると拒絶反応を起こします。例えば、ピーという音を少し聞き続けるだけで耳を防ぎたくなります。
前回の記事に書きました「サイマティクス」を開発したマナー博士は、音を40年以上研究していますが、ソルボンヌ大学で研究を行っていた時、助手が死んでいます。
理由は超低周波による内臓破裂です。又、高周波は精神に異常を起こす恐れがあります。
こうした失敗を重ねて得た結論は、音を医療用に使うのであれば、可聴域の音を使い、しかも単一周波数であってはいけないということです。
又、複合音であっても、例えば2つ、3つ、4つ・・・などの組み合わせは干渉波となり弊害があります。マナー博士の実験では、5つの音の組み合わせのみが調和音となります。但し、いくつかの音については、2つ、3つの組み合わせで、あえて干渉波として使っています。
倍音について言えば、「サイマティクス」に使用している音は、可聴域の中の最も低い音です。
それらの音は倍音として、どんどん高まってゆき、人体にとって最も必要な周波数で共鳴を起こします。
頂いたコメントの内容と違っているかも知れませんが、音の可能性については、まだまだ研究の余地があると思います。

2009/03/04 (Wed) 20:42 | パック #- | URL | 編集

パックさま
お世話になっております。
有難う御座います。
とても理解し易い内容で音と宇宙の要を表現して下さり、
誠なる感謝、お申し上げ致します。
おかげ様で飛躍的に、次へ向けた発想へ結ぶことができそうです。
私のテーマは
「低周波」と「熱エネルギー」の向うべき「方向」
みたいなものです。
「低周波」はあらゆる「最少公約数」を融和するきっかけだ、と感じています。
初期動作・初期反射、ディケイ(衰滅)までの間に、あらゆる倍音が存在できる
可能性みたいなところと、その時間軸の無限性へ着目したい、という楽しみのようなものです。文書化すると、なんのことだかわかりにくいですね。
淡いテーマですみません。
再度よく考えてみますので、
またコメントを添えさせて下さい。
宜しくお願い申し上げます。
ys_tate

2009/03/04 (Wed) 19:25 | ys_tate #- | URL | 編集
Re

宇宙・音楽さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
おっしゃるように、人類が始めて迎える大転換期が来ていますね。
すべてのものが新しくなるために、一度洗い流されなければいけないようです。
特に、これまで私利私欲で人や国家を食い物にしてきた勢力は淘汰されますね。
戦争の時代も終わりますが、残念ながらその前に、既存勢力が最後の戦争を起こすでしょう。
それも近々。本当に残念ですが避けられないと思います。
モーツァルトは大好きです。昔は特別な存在でしたが、今はバッハ、ブラームス、ベートーベン、シューベルト、ラベル等等等、それぞれ大好きです。
クラシック音楽のない生活は考えられません。
きっと、宇宙・音楽さんも同じだと思います。
音楽や芸術のように純粋な世界が、やがて地球にやってきますね。
又、コメント下さい。 パック

2009/03/03 (Tue) 16:46 | パック #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは。
今回の記事、誤解なんかせずに、全然受け入れる事できますよ。
パックさんの仰る事は、今まさに必要とされてる事だと思います。
地球の振動数が高まる、、、。
パックさんも感じてらっしゃるんですね。なにか宇宙的な規模で変革が起こっているとしか考えられないような変化が起きてますもんね。
数百年もの間、あらゆる戦争を引き起こし、人類を騙し、虐殺し、搾取してきた、
アメリカ・ヨーロッパを中心とした「俺様達に金金・物物もっとよこせ教」の連中も、今最後の断末魔を上げている状態ですし。
もう戦争の時代は、終わります。
歴史が変わる瞬間を目撃できる自分を、幸福に感じます。
モーツァルト。 天界の音楽としか言いようがないですよね。
少し、体験談をさせてもらいます。 かなり強烈な体験だったので、、、。
一度、冬の快晴時に、誰もいない小さい山の山頂に行ったんです。
眼前に太陽と海、山は雪で真っ白、頭上には水色の空。
そこでウォークマンでモーツァルト聴いたら、光に満ちた至福の時でした。
あまりの素晴らしさに圧倒されて、恐ろしかったです。
見過ぎちゃいけない風景のような気がしました。
おかげで人間社会のほとんどの事に、無感覚になってしまいましたし。笑
いいんだか、悪いんだかって感じです。
パックさんは、モーツァルトの音楽が一番好きなんですか?

2009/03/03 (Tue) 11:15 | 宇宙・音楽 #- | URL | 編集

アカシさま
コメントありがとうございました。
すべての本質が光であり、調和であることが、科学的にも理解される時がくると思います。そして、その日は遠くないと信じています。
今後ともよろしくお願いします。

2009/03/03 (Tue) 00:37 | パック #- | URL | 編集
まさに調和ですよね。

はじめまして、こんにちは。アカシと申します。素晴らしいブログですね。
全てがエネルギーであり、肉体と魂は波動数が異なるだけだ、と、とてもわかりやすく
ご説明されていてすばらしいな、と思いました。これからもブログ読ませていただきます。

2009/03/03 (Tue) 00:04 | アカシ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する