音の力、命の音

cosmossaturn01_01_small.jpg
土星の北極の六角形 (惑星探査衛星「カッシーニ」撮影)

上記の写真はNASAとヨーロッパが共同で打ち上げた惑星探査衛星「カッシーニ」が撮影した土星の北極の写真です。奇妙な六角形が北極を覆っていることが分かります。この六角形はどうしてできたのでしょうか。

下記の動画をご覧ください。7角形が変化する様子です。



良く聞くと音が聞こえ、その周波数の微妙な変化に応じて7角形が変化しています。(You Tubeでは音の変化が良く分かりません) つまりこのパターンを形作っているのは音なのです。土星の北極にある六角形も、土星が発している固有の周波数によって大気が六角形に形作られていることが分かります。
音が作り出す形のことを総称して「サイマティクス」と呼びます。

音の力を最初に研究したのは、ドイツの科学者・エルンスト・クラドニでした。1800年代初頭、彼は薄く砂をまいた皿のそばでバイオリンを弾き、砂が幾何学模様を描く事で、音が物体を動かすことを証明しました。 クラドニ図形と言います。

スイスの科学者・ハンス・イェニーは、薄い金属板上にさまざまな周波数の音を発生させ、液体、固体、粉体などに周波数が与える影響を実験し、「トノスコープ」を使って映像化しました

hansjenny.jpg  01_640_480.jpg
スイスの科学者  ハンス・イェニー               トノスコープ               

ハンス・イェニーの実験を通して、音には「形を作る力があり」、「形に動きを与え」、「形の変化に周期性を与える」ことが分かりました。この分野の科学研究は、日本では全くと言って良いほど行われていません。上記の土星の六角形の意味も理解されていないと思います。

サイマティクスは医学の分野で大きな進歩を遂げました。
イギリスのサー・ピーター・ガイ・マナー博士は人体の臓器や部位、組織にも固有の振動数・周波数があると考え、30年以上かけて、臓器や骨、神経、症状など、3500以上の周波数を特定しました。

そして病気や不調を起こしている部位は、本来の健康な周波数が乱れており、乱れた部位に本来の周波数を共鳴させて元の周波数に戻せば、健康になることを発見しました。
これが「サイマティクス・セラピー」です。
マナー博士は新生児黄疸の治療に使われている、「青色光線療法」の開発者として知られています。



サイマティクス・セラピーの開発者マナー博士

日本で開催されたサッカーワールドカップの折、骨折で参加できないと言われたベッカムが突然来日して活躍しましたが、この時ベッカムは全治3ヶ月の骨折をサイマティクスで治療し、1ヶ月程度で治したと言われています。

サイマティクス・セラピーは、WHOでも手術や投薬に依らない代替医療として認めています。そして医療分野における研究は日本が最も進んでいるだろうと思います。
現在日本では、内科、外科、産婦人科、心療内科、歯科、動物病院、鍼灸、整骨・整体、エステなど、150ヶ所以上でサイマティクスが使われています。とは言え、サイマティクス・セラピーはまだほとんど知られておらず、採用している医療機関は僅かで、保険の対象になりません。

心療内科、メンタル・セラピーで使われるサイマティクスの音の中に、バッチフラワーの音があります。これはバッチ・フラワー・レメディーで使われる花や樹木の香りを周波数に変換したもので、ストレスやトラウマ解放に効果を発揮しています。

量子力学から見れば、すべての物質、すべてのエネルギーに固有の振動数があり、音の研究は新しい科学の体系を作りだすことができると思われます。

日本サイマティクス・セラピー研究会



国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」
スポンサーサイト

コメント

Re

宇宙 音楽 さん
「音の神秘」は面白そうですね。
宇宙と音楽、精神と物質、波動、科学と宗教、生命、音 という言葉をみただけで
内容の豊かさが想像できます。
是非読みたいと思います。
音楽はいいですね。良い演奏を聴いた後の満たされた気持ちは
他の芸術では味わえません。最高の芸術だと思います。
しかし、絵でも一度大変感動したことがあります。
若い頃、ゴッホ展を見終わった後、感動で2時間位口が効けなかった
事がありました。
デッサンや小品が多い展示会で、ひまわりや、夜の星月夜といった代表作があった
わけでもなく、何であんなに感動したのかわかりません。
その時思ったのが、作家の代表作とは何かと言うことでした。
どんな小品でも作家の魂がこもっていれば、その思いが伝わります。
後世の評価だけで作品の価値を決めてはいけないことを知りました。
精神と物質は大きなテーマです。
量子論的に考えれば精神のエネルギーは、物質よりケタ違いに振動数が
高いわけですから、伝達速度は圧倒的に違いますね。
いずれすべてが明らかになる時が来ると思います。
またコメントお待ちしています。
パック

2009/02/24 (Tue) 20:33 | パック #- | URL | 編集

連続のコメント失礼します。
「始めに音があった」、「全ての根本原理は調和」。
全くの同感です。
色や言葉より深いバイブレーションを音は伝えれますもんね。
自分の存在それ自体まで深く突き刺さってくる芸術は、俺は今のところ音楽しか出会ってません。
ある種の音楽は、宇宙の調和のダンスを、音を使って空間に描写したものだと感じてます。
音楽が生み出す図形も調和したものであって当然かもしれませんね。
バッハなんか幾何学模様そのものみたいな音楽ですから、どんな形になるか、俺も見てみたいです。
パックさんの、感じてらっしゃる事と、物凄く似ている本があります。
「音の神秘」という本があるんです。
平河出版社のMIND BOOKSというシリーズの中にあります。
インドの音楽家が書いた本で、宇宙と音楽の関係、精神と物質、波動、科学と宗教、生命、音とは何か?、、、。
などなど、総合的な視点から音楽それ自体を論じている本です。
たぶんパックさんと、共鳴する部分が多々あると思います。
面白いですよ。 気向いたら読んでみて下さい。
東洋には、西洋が科学的に多くの年月かけて辿り着いた事を、直観で最初から分かっている人が多い気がします。
単純に西洋と東洋と割り切る事もできないでしょうけど。
精神のスピードは、物質より全然速いです。
とっちらかった文章になりましたけど(すんません、理系な人間じゃないんで笑)、なんていうか、パックさんって、凄く知的な人ですね!!
これからも宜しくです!!

2009/02/24 (Tue) 00:02 | 宇宙・音楽 #- | URL | 編集
Re

宇宙 音楽 さま

いつもお世話になります。
様々な科学や宗教の本質は同じだろうと思います。
アプローチの方法の違いで、もし音あるいは波動として捉えていけば、すべての根本原理は調和にあると思います。
これからも宜しくお願いします。

2009/02/23 (Mon) 20:43 | パック #- | URL | 編集
Re

ys_tate 様
いつもお世話になります。
また、いつも貴重なコメントを頂き感謝しています。
祝詞やマントラ、あるいは神聖な儀式に使う楽器や音楽など、音の持つ不思議な力を古代の人たちは良く理解していたのだと思います。
日本人の言霊信仰も、古代日本人が音の持つ力を具体的に認識していたせいだと考えられます。
純正律と平均律の問題については、詳しくはありませんが、一つ言えることは、平均律の問題が出たのは、ピアノ(チェンバロ、ハンマーフリューゲル他)と言う、自分でその都度調律できない楽器が誕生したことから生じた問題だと言うことですね。
バイオリン、チェロ、管楽器他については、当然ながら平均律はありえないわけです。
どちらが良いということではなく、ピアノは平均律で楽しむしかありませんね。
音の視覚化については本当にそう思います。
バッハやモーツアルト、ベートーベン他の名曲を、オシロスコープの単純波形ではなく、サイマティクスを通してどんな形をとるのか、是非見てみたいと思います。
音は宇宙の根源に係わる要素だろうと思います。
超ヒモ理論が、宇宙の始まりにある振動があったと仮定して、宇宙の成立仮説を立てたように、
音こそが宇宙の謎を解くカギではないかと思います。
「始めに言葉があった」との聖書の言葉を、「始めに音があった」と考えたいと思います。

2009/02/23 (Mon) 20:36 | パック #- | URL | 編集
純正律と平均律

お世話になっております。
「いわゆる調査研究」など無き私的の説にて失礼いたします。
新田次郎先生の『毛髪湿度計』という文学作品で、
毛髪が湿度に敏感”ということを知りました。
つまり、毛髪は、湿度の状態で、伸縮、重量が変化するわけですから、
当然、人体頭部の外皮、頭部骨格に作用するのだろう、と、考え、
その影響で、耳骨や鼓膜の振動吸収や体内情報伝達で、形状や環境に応じた変化が生じる、と、考えました。
あくまでも例えでありますが、
発声するその瞬間や環境に適した周波数を操るのであろう音楽家の大体の方のイメージが、
中世像のころから長髪であられるのは、
その辺が関係している要因の一つであろうか、と楽しく想像しております。
周波数は決して不可思議なものではない、と自覚しております。
ただ、PCや空調ファンノイズに支配されつつある庶民環境では、
意図のゆるい周波数や、もしくは規律正しく、尚且つ有機的な周波数配列が好まれる傾向にあるかもしれません。
私は純正律、平均律、共に自覚共有すべき、と考えております。
そのためには、「音」を、
ある程度立体視(時間差での調和=協和形態の存在位置の認識)し、
それに言語表現化のような過程を経ることが、
時代に求められている、と感じております。
私にとってのそれらへの希望は、
パック様のおっしゃられる、
「音の研究は新しい科学の体系を作りだすこと」という表現と今回の記事のなかに、
今、見出すことができました。
毎度、感謝の気持ちばかりにてコメントを添えさせていただきました。
有難う御座いました、長文にて大変失礼いたしました。

2009/02/23 (Mon) 17:07 | ys_tate #- | URL | 編集

パックさん、こんにちは。
科学・医学・音楽。
道のりは違えど、やっぱり最後には、生命や宇宙の神秘に辿り着くんですね。
興味深い記事、ありがとうございました。
勉強になりました。

2009/02/23 (Mon) 15:12 | 宇宙・音楽 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する