スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参拝の流儀

奈良 246


今年どれほどの人が初詣に行ったのかわかりませんが、初詣で願い事をしない人はいないでしょう。

神社や寺に参拝してご利益があるかどうかは疑問ですが、私が神仏に願うことを止めたきっかけはある本によってでした。
それはヴァイオリンの幼児教育で有名な「スズキメソード」を創始した鈴木鎮一先生の著書、「愛に生きる 才能は生まれつきでない」によってでした。


00097522_1.jpg


本が手元に無いので記憶で書きますが、若い頃の鈴木先生に対してお父様が、「寺社で願い事をしてはいけない、寺社に行った時はただ有難うございますと感謝だけして帰りなさい」と教えられたそうです。

多くの人間は僅かな賽銭で大きな願いをします。
その願いの多くは自分自身の利害にかかわるものです。いわば欲を満たすために神仏に祈ります。

良い高校や大学に入りたい、恋人がほしい、あるいは宝くじが当たりますようにと言った願いを神仏が聞き入れてくれるとは考えられません。
それよりも現在生かされてあることに感謝する方が、はるかに神仏の心に叶うはずです。

しかし自分自身のためでなく、家族や友人知人のために祈るのであれば、その祈りは叶えられることがあります。
その場合、祈りが叶えられたのは神や仏によってではなく、守護霊や指導霊、あるいは天上界の協力によってであると思います。
個々の人間の祈りに、直接的に神仏がかかわることはないはずです。

いずれにしろ、この世は自力による努力によって魂を高める原因結果の世界です。
神頼みで解決することは、原因結果のルールに反します。

ところで以前「パワースポットという幻想」で書いたことですが、最近神社仏閣をパワースポットと呼ぶようになりましたが、これは非常に危険なことです。

本来、昔の日本人が作った神社や寺は、浄化された場所であったり霊的に重要な場所であったはずですが、欲望の集積する場所となってからは、パワースポットと呼べるものではなくなりました。

以前、名古屋にある有名な寺社に入った時、あまりの邪気に驚いたことがあります。(固有名詞を書きたいくらいです)
そのような場所で願いごとをすることは、邪霊による霊障を招くことになり危険です。

神社仏閣は決してパワースポットではありません。
人間の心の中に最大のパワースポットがあります。
心に火をつければ、どんな苦労も克服できるエネルギーが湧いてきます。

心こそ最大のパワースポットです。


パワースポットという幻想

明日という日

1sbe48f93.jpg


あっという間に三が日も終わり、新しい年も日常になってきました。

「目出度さもちゅう位なりおらが春」
一茶の自嘲的な句に違和感が無くなったのは、自分が歳をとった証拠でしょう。

日本が高度成長期にあった時、
「明日と言う日は明るい日と書くのよ」という歌がはやりました。

誰もが明日は今日より良くなると信じていました。
辛いことがあっても我慢して努力すれば報われると信じることのできる日々でした。

いつかもう一度そんな日本になってほしいと思います。

思い通りいかないと国のせいにしたり、人のせいにするのがあたりまえになっています。
まず自分に原因があると考えることによって、人も社会も進歩するはずです。

あしたと言う日を明るい日と書いた先人の知恵と感性に敬服します。