スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命について考える(2)

P5040301.jpg


前回、運命は自分で生まれてくる証拠があると書きましたが、そう思った理由の一つが離婚です。

離婚する人の生年月日には特徴があります。
この特徴があれば多くの場合離婚します。
私の経験では、生年月日にこの特徴がありながら離婚しないのは、どちらかが人一倍許す心をもっているか、あるいは耐える心を持っている場合です。しかしそれは少数です。
この数字を持って生まれてきた魂は、相手を許すこと、耐えることを学ぶ計画だったのだと思います。

ところで現在は生年月日に離婚の特徴を持たない人達がよく離婚をします。
昔は離婚して家に帰ることを世間体の悪いことと考えましたが、現在は性格が合わなければ離婚するのが当たり前になっています。
無理して一緒にいるよりはその方が良いのかも知れませんが、生まれる前に決めた運命と異なっていたり、子どもの貧困問題にもつながります。

もう一つ自分で運命を決めてきたのではないかと思ったのは占いです。
四柱推命や占星術を深く研究した人の占いは驚くほど当たります。
作家の五味康祐さんは四柱推命の大家でしたが、自分の死期を四柱推命で占いその通り亡くなったと言われています。

四柱推命や占星術は生年月日で占うものであり、自分の生年月日(時間)における太陽、地球、月の磁場・引力によって、人生を支配する波動や生命のリズムが決定されます。
太陽(陽)、地球(中)、月(陰)の関係は性格形成にも影響を及ぼし、生年月日を見れば明るい性格か暗い性格かがわかります。

もし自分の生年月日を選んで生まれることができれば、運命のかなりの部分が決定されます。
しかし自分が生まれる生年月日(時間)まで、自分で決めることができるでしょうか。
少なくともかなりの誤差があるはずです。

最初に証拠があると書きましたが、そこまで言い切るには無理があります。
運命を生年月日だけで決めることは難しいようです。

(運命は誰が決めるのか)
多くの場合、自分の欠点と同じ欠点が両親のどちらかにあります。
それは親の欠点に影響されて自分もその欠点を持ったのではなく、自分の欠点・カルマが引き出されやすいように、親を選んで生まれて来るからではないでしょうか。

親子は偶然に決まるものではなく、生まれる前に親となる魂に人生の目的を達成するために協力をしてくれるようお願いするようです。
一方で過去世で確執のあった人間と親子の関係で生まれて来ることもあり、その確執がなくなるまでは生まれ変わりを繰り返すようです。

(運命を決めるのは自分自身)
よく神は乗り越えられない試練は与えられないといいますが、それは自分で運命を選んで生まれて来るからでしょう。
自分自身で決めるのであれば、自分で耐えられない運命を選ぶはずがありません。

しかし運命は決定的ではなく、自由意志によって変わります。
また現在の社会は価値の中心が物質にある厳しい環境ですので、過酷な人生に耐えきれず、失敗してあの世に帰る魂が少なくないようです。
むしろ生まれてくる前の魂レベルを下げてあの世に帰る魂の方が多いのかもしれません。
それほど三次元は厳しい環境です。

人生の目標はカルマの修正と世の中のために生きることにあるようですが、それは次回に書きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。