スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫にエサをやってはいけないのか

P10131171.jpg


公園などで「ネコにエサをやらないでください」と書かれたプレートを目にします。
こんな表示があると、野良ネコにエサを与えることが悪いことのように思われますが、本当に悪いことなのでしょうか。

野良ネコにエサを与えることが悪いとすれば、いくつかの理由が考えられます。
・エサを与えるとネコが増える。
・ネコがいつく。
・糞尿が臭い。

しかしエサを与えると野良ネコが増えるのかと言えばそうではなく、エサを与えなくても繁殖期がくれば子猫が生まれます。
糞尿の臭いはエサを与えても与えなくても同じですが、実際に公園でネコの糞尿が臭いと感じることはあまりありません。
また、犬は散歩中に頻繁にマーキングしますが、なぜ犬の尿が許され猫の尿が許されないのでしょうか。
ネコがいつくことは間違いないでしょうが、ネコがいついて困るのはネコ嫌いです。ネコ好きは困りません。

「ネコにエサをやらないでください」と書かれたプレートをなぜ表示しているのかを確かめるため、市の担当職員に電話してみました。
最初に出た職員は私の質問に絶句し他の職員に替わったのですが、替わった職員も答えることができませんでした。
結局、「ネコにエサをやらないでください」と言うのはさして理由のある話ではなく、もしかしたらネコ嫌いな人間からの抗議によって始まったことではないかと思われます。
どうもネコは不当に冷遇されているような気がします。


kijisiro.jpg
 動物愛護センターで里親を待つ猫

「野良ネコにエサをやらないで」ではなく、むしろ子供たちから与えさすことによって、弱いものを守る優しさや命の大切さ、あるいは種の違いを超えた愛の交流を学ぶことができるのではないかと思います。
最近野良猫の手足を切断したり、残酷な殺し方をする犯罪がよく報じられます。このことと「野良ネコにエサをやらないでください」という表示は無関係ではないかも知れません。
なぜかと言えば、そのような犯罪を犯す人間は、野良猫にエサをやることが悪いのは野良猫の存在自体が悪いことであり、従って野良ネコを殺すことに罪の意識を感じる必要がないと考えているのかも知れません。

戦後の日本は少数の否定的な意見が声高に語られることが多く見受けられます。
役所などは繰り返し苦情を言い立てられれば、それが少数の意見でも面倒なのでその意見に従ってしまうことがあります。
学校を悩ますモンスターペアレントや悪質なクレイマーもその本質は一緒です。
相手が弱い立場であれば、居丈高に要求を押し付けます。

和を重んじる多くの日本人はあまり自己主張をしないため、サイレント・マジョリティとして存在します。一方、ノイジー・マイノリティは言い分が通るまでうるさく要求するため、少数の意見が社会を動かす危険性があります。
戦後の日本社会をいびつで不健全にした理由の一つが、このような理不尽な要求です。

「ネコにエサをやらないでください」という表示の裏に、日本の戦後病理が潜んでいると思うのは勘ぐりかも知れませんが、当たり前のこととして受け入れていることも、もしかしたら間違っていたり根拠の無いことなのかも知れません。

  猫の子のちょいと押へるおち葉哉  一茶

犬猫しあわせ検定 


スポンサーサイト

老いと青春

P1011037.jpg


初めて若さを輝かしいものに感じたのは、父親を老人ホームに訪ねた時でした。
献身的にお年寄りを介護する若者たちを見た時、若さとはなんと魅力的なことなのかと目を瞠りました。

それまで会社でいくら若い社員たちを見ても、若さというものにさほど魅力を感じず、むしろ若さゆえの未熟さや危うさを感じさせられていました。当時、自分の中のエネルギーや気力が若者たちに負けていないという自負があったからでしょうが、若さを輝かしく見るという思いはほとんどありませんでした。

しかし老人ホームの中でお年寄りの介護をする若者たちは、老人の枯れて朽ちて行く肉体と、未来のない人生の対極に位置していました。そこには若さの持つ力と輝きがありました。

現在ほど老人の存在が問われている時代はありません。
年金や健康保険、あるいは認知症の問題など、長生きが国の大きな問題となっています。
つい最近、100歳以上の老人が6万人を超えたと発表されましたが、1970年は100歳以上の老人は310人に過ぎませんでした。

「キンは100歳、ギンも100歳」という金さん銀さんのCMがありましたが、100歳が珍しくない今の時代であれば生まれることのなかったCMです。
還暦、古希、米寿、喜寿など、長寿を祝う言葉は、人生が50年以下の時代に生まれた言葉であり、現在はむしろ老害について語られなければならない時代となっています。

自然に死ぬということ

サミュエル・ウルマンの「青春」という詩があります。
この詩を初めて見た時は、「青春」が心のありようであることを言うのに、なぜこのように大げさに語られなければならないのかと辟易しました。

久しぶりにあらためて読んで見ても、やはり大げさな表現に鼻白む思いがしますが、しかしそれはウルマンのせいではありません。原文は平易に青春が心のあり方であることを語っており、訳者の美文調の名訳が私には合わなかっただけです。

しかしこの詩が語っていることはその通りのことです。
人間は魂の修行のためにこの世に生まれてきます。肉体が老化して思考力が失われ、生きていることが魂の向上につながらなくなった時、魂は肉体から離れ死を迎えます。

長生きが単純に良いことであるという認識の中で、病院の延命治療が行われています。しかし老人の延命は、場合によっては好ましくないということを社会の共通認識にしなければならないでしょう。そのことは多くの人がわかっていながら、倫理に反することのように言い出せないでいます。

心にこそすべての価値が存在します。老人問題はこの視点を無視して語ることは出来ません。


  サムエル・ウルマン「青春」
                   佐山宗久 訳 

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方を云う。
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、
たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気、
安きにつく気持を振り捨てる冒険心を意味する。
ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない
理想を失うとき初めて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情は失えば心はしぼむ。
苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥にある。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には、
驚異に惹かれる心、おさなごのような未知への探求心、
人生への興味の歓喜がある。
君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美・希望・喜び・勇気・力の
霊感をうける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪に覆われ
悲嘆の氷に閉ざされるとき、
20歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして已む。

________________________________________

「YOUTH」
Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.

No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.
you are yang as your faith, as old as doubt ;
as young as your self-confidence, as old as your fear;
as young as your hope, as old as your despair.

So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.

When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul
.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。