また泣いたー「永遠の0」

346152view001.jpg


永遠の0」をまた見て、また泣いた。
ストーリーがわかっていて感動するのは、この映画の完成度の高さを物語るものでしょう。
原作になかった、主人公が「必ず帰って来る」と妻に伝えるエピソードが、この映画の感動に大きく貢献しています。
それを追加した山崎貴監督の感覚は見事です。
前回も感じたことですが、元ゼロ戦パイロットでヤクザの親分に扮する田中泯の存在感は際だっていました。

井筒和幸監督が、「永遠の0」は特攻を美化している、観たことを記憶から消したい」と批判しているようですが。どれだけ粗雑な感性であれば、この映画からそういう結論がでるのでしょうか。
「特攻は悪」という観念に凝り固まった人間には何を言っても無意味でしょう。短期記憶を消すには認知症が有効なので、そうなることを願わずにはいられません。

特攻が作戦として間違っていたことは明らかです。しかし特攻という無謀な作戦に身をささげた若者たちが守りたかったのは、日本と言う国であり家族であり文化でした。金や地位や自己のエゴを大事にする昨今の日本人なら、特攻になど志願しません。
国や同胞や家族をまもるために散って行っ若者たちに、感謝をささげることができないほど日本人が落ちぶれたことを知ったら、彼らは自分たちの死が犬死だったと悔しがるでしょう。

話はまるで違いますが、著名な音楽評論家である宇野功芳さんは、チャイコフスキーが嫌いだと公言しています。多分甘美な旋律が俗っぽいのだと言いたいのでしょうが、例えば『「白鳥の湖』の「情景」の美しい音楽を聴きながら、これは美しいのではない、俗なだけだと自分に言い聞かせているのだと想像するとほほえましくなります。

好き嫌いの問題であれば、バッハが嫌い、チャイコフスキーが嫌いと言っても、その趣味をとやかく言うことはできません。
しかし特攻は悪である故に、それをテーマにした映画は無意味だと断ずるのは、論理的に正しくないだけでなく、映画や芸術のテーマを限定し、表現の自由を制限することになります。映画表現は正しさを基準にするものではありません。もしそうであれば、井筒監督の映画も存在理由が無いはずです。


先だって、山田洋次監督の「小さいおうち」を観ながら、しまった、「永遠の0」をもう一度観るべきだったと考えていました。

sub2_large.jpg

「小さいおうち」は、別の映画を観るつもりが、上映時間を間違えて代わりに観たものでした。映画をつくりなれた山田洋次監督らしくそつのない作品で、別に悪く言う出来ではないのですが、松たかこ演ずる人妻が好意を寄せ、不倫関係になる相手の男が吉岡秀隆と言う点で、感情移入ができず白けてしまいました。(彼は無いよ)
もうひとつ、舞台になる家が小さいとは言えなかったのは企画のミスでしょう。家が出るたびに「小さくないよ」と思っていました。
「小さいおうち」ではなく、小さかったのは映画でした。
主人公のお手伝いさんを演ずる黒木華は、昭和の香りがする女優ではまり役でした。

「永遠の0」をもう1回観ようと思っています。
 観ていない方は是非観てください。



スポンサーサイト

永遠の0を観て

無題


「永遠の0」を観ました。涙をぬぐいながら。
感動は人を沈黙させると言いますが、見終わった後に口が重くなっていました。
『ALWAYS3丁目の夕日』の山崎貴監督は、原作を上回る出来に仕上げた、そう言っても、作者の百田尚樹さんは了とするでしょう。
なにしろ原作者が6回観て6回泣いたというのですから。
すべての出演者が、真剣にこの映画に取り組んだことが伝わってきますが、岡田准一演ずる主人公が、特攻に向かう前の演技は鬼気迫るものがありました。

黒澤や小津作品のように、世界で評価されることは多分ないでしょうが、『ALWAYS』が昔を知る日本人の心に響いたように、日本を守るために散華した人たちの姿に、日本人なら胸を打たれるはずです。
これはフィクションではなく、230万人の日本人兵士が戦いで命を落としました。その一人ひとりの犠牲の上に現在の日本があることを思い起こさせる映画です。

imagestokkou2.jpg

日本の戦いは決して侵略戦争ではなく、それは勝ったアメリカが日本人を洗脳するために作り上げたプロパガンダだったのですが、巧妙なプロパガンダは、いまだに日本人をマインドコントロールしています。

侵略戦争どころか、アジアやアフリカ他の国々が独立できたのも、日本人の流した尊い血によってでした。
ビルマの元外相ウー・ヌーは、1943年8月1日の独立の際に、
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。」と演説しています。

タイの元首相、ククリット・プラモードは次のように述べています。
「12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意された日である。
更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。
我々はこの2つの日を忘れてはならない。」

侵略者とは世界を植民地にしていた欧米列強でした。

日本軍の戦いは、決して鬼畜のような残虐なものではなく、武士道精神にのっとった見事なものでした。
マレー沖海戦は、世界で始めて航空機が作戦行動中の軍艦を撃沈した戦いでしたが、この戦いで日本海軍の航空機はイギリスの巡洋艦「レパルス」と戦艦「プリンス・オブ・ウエールズ」を撃沈しました。

「プリンス・オブ・ウエールズ」の艦長のトマス・フィリップス海軍大将は、日本の航空隊に向け、乗員を退官させるため30分待ってほしいと打電しましたが、その間、日本の攻撃機は攻撃を中止し、上空で待機していました。
さらに海戦の翌日、日本軍機は再び沈没現場に飛来し、花束を献花しています。
このような日本人の武士道精神は、様々な戦場で発揮されています。敗者をいたわり、卑怯を行わないのが日本人です。
「水に落ちた犬は叩け」などと言う、どこかの国とは違います。

ねずさんのひとりごと「マレー沖海戦と戦艦大和・・・命をかけて守った日本


戦後、アメリカが一番恐れたのが、日本の武士道精神でした。
逆に言えば、武士道精神の復活こそが日本の復活に必要なことです。

「永遠のゼロ」を是非観てください。
私は映画館に入るのが遅くなったため、前の方の端の席しか空いていませんでした。
良い席でご覧いただくために、早めにお入りください。


過去の記事

日本の戦いとは何であったか

日本の戦いとは何であったか(2)

子供を花のように愛する日本



短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア