スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の力

futta2135m.jpg


千葉県市川市の元高校教師、小関光比古さんが、「日本語の美しさ 後世まで」と題して読売新聞に投書されていました。ご紹介します。

『「雪辱」という言葉を久しぶりに耳にしました。最近は、復讐を意味する英語の「リベンジ」に取って代わられた感があります。
雪辱は「辱(はじ)を雪(そそぐ)」ということです。そこから、試合などで前に負けた相手に勝つことも意味します。雪辱には漢字ならではの美しさがあります。語感には落ち着いた響きがあり、改めて日本語の美しさに気づかされます。

在職中、高校生を対象に、流行語や若者言葉と、古来の日本語のどちらが美しいかを調査したことがあります。その結果、生徒が美しいと感じた言葉は、圧倒的に古来の日本語でした。「時雨」「五月雨」「如月」などを美しいと感じ、「うざったい」「ださい」「きもい」などは汚いと感じていたのです。
カタカナ語や略語が氾濫し、美しい日本語が消えていくことが残念でなりません。
言葉は変わりゆくものと重々承知した上で、だからこそ、美しい日本語を残していきたいという思いを強くします』



まったく同感です。雪辱には名誉を回復するという意味がありますが、リベンジの第一義は復讐であり、スポーツマンシップにふさわしい言葉ではありません。
似たような英語の乱用に「リスペクト」があります。若者たちはむやみに「リスペクトする」と言いますが、別に相手を尊敬しているわけではなく、単にはやり言葉を使っているに過ぎません。このように若者たちが無批判にはやり言葉を使う背景には、マスコミによる言葉の垂れ流しがあります。


P1110030.jpg


秋田にある国際教養大学で3年間学んでいる留学生の話です。個人主義の欧米人でありながら、一緒にいる人が少し寒そうだと思えば窓をサッと閉める心配りをします。そのような心遣いができるようになった理由について、間違いなく日本語のお陰だと言います。
日本語には、尊敬語、丁寧語、謙譲語など、相手の立場や気持ちを配慮する豊かな言葉があります。その言葉を使っている内に、相手を思いやる気持ちが身について来たのでしょう。

一例で断定するのは早計かも知れませんが、日本語であればそのような力があるのではないかと納得させられる話です。
勿論日本語であっても、汚い言葉や乱暴な言葉を覚えれば、そのような性格になるでしょう。
もしかしたら親切な人が多い、秋田の風土も影響しているかも知れません。

世界で最も豊かな言語が日本語です。
小関さんが投書で例に出された、「時雨」「五月雨」の他、日本語には、春雨、秋雨、氷雨、夜来の雨、通り雨、にわか雨、小糠雨、篠突く雨、恵みの雨など、雨に関する多くの言葉があります。
『広辞苑』には雨に関する見出し語が、何と185あると言います。こんな言語は他にありません。


funeoamu.png


先日「舟を編む」という映画を見ました。
2012年度の本屋大賞第1位に輝いた、三浦しをん原作の、「舟を編む」の映画化ですが、とても丁寧に作られた良い作品でした。

玄武書房という出版社が、15年の歳月をかけて、24万語収録の『大渡海(だいとかい)』という辞書を作り上げていく話です。「舟を編む」とは、言葉の海を進んで行く舟である辞書を編纂することを意味しています。
主演の松田龍平は、辞書編纂に携わる、ネクラで人とのコミュニケーション能力の無い主人公、馬締(まじめ)光也を好演しており、妻となる宮崎あおいも魅力的な演技でした。


imagesCAH61WMU.jpg


この映画を見ていて思ったのは、『広辞苑』や『大辞林』、『大辞泉』のように、24万語を収録するような大部な辞書は、もう作れないのではないかということです。10数年の歳月と努力と費用を傾けて完成しても、買う人はほとんどいないでしょう。
パソコンで文書を作るのに辞書は必要ありません。多分、多くの人が何年も辞書を使っていないのではないでしょうか。
字を調べるのに携帯電話を使っている人もたくさんいます。

パソコンやスマートフォンに係わる時間が増え、読書人口が減っています。
簡便さには副作用があり、その追求の先には底の浅い文明があるような気がします。
日本の文化と日本人の心を作ったのは日本語の力であり、日本語を失うことは日本を失うことを意味するのだと思います。
そのことを忘れてはいけないと思います。



国際教養大学の成功のヒミツ ーセンター試験の成績は東大文系並




スポンサーサイト

もう一度、原発と放射線を考える

001.jpg


除染基準の1ミリシーベルトが、約16万人の避難住民の帰宅を阻んでいます。
民主党政権が作った除染の枠組みは、元々、国際放射線防護委員会(ICRP)の基準に沿って、年間積算線量20ミリシーベルト未満でしたが、徹底除染を求める地元の要望を受け、1ミリシーベルトに変更しました。

1ミリシーベルトには医学的な根拠がなく、しかも日本の自然放射線量1.4ミリシーベルトを下回るため、達成は不可能です。不可能な数値を見直さなければ、避難している方々がわが家に帰ることも不可能です。

福島の除染、1ミリシーベルト目標の見直しを

100ミリシーベルト以下の微量放射線が、健康に良い影響を与えることは、以前の記事「低レベル放射線は健康に良い!」に書きました。
しかし、放射線は健康に悪影響を及ぼすとして、いつも引き合いに出されるのが甲状腺異常です。

甲状腺ホルモンのトリヨードチロニン(トリヨードサイロニン)やトリヨードチロキシン(サイロキシン)は、いずれも分子中のチロシンにヨウ素(ヨード)が結合してできています。
従って、これらのホルモンを産生するためにはヨードが必要です。原発事故の際にヨード剤を摂取するのは、体内に十分なヨウ素があれば、放射性ヨウ素を甲状腺に取り込まないからです。

3_1.png


ところで日本人は、日常的に海藻を食べている唯一の国民であり、本来、日本食を食べていればヨウ素が不足することはありません。またさらに味噌や醤油や漬け物などの発酵食品を摂っており、日本人は世界で一番放射性ヨウ素の害を免れている国民でした。

福島で暮らす人たちに、甲状腺異常が見られるとの報道が繰り返されますが、放射線の影響だと断定できるのでしょうか。
ストレスがすべての不調の原因となることは医学の常識です。避難所生活のストレスや家族を失った悲しみなどが、甲状腺に異常を与えることは当然考えられることであり、すべて放射線の影響であると断じることはできないはずです。

甲状腺ガンを原発事故と結び付ける報道もありますが、ルイ・パスツール医学研究センター分子免疫研究所の藤田哲也所長は、放射線被爆でガンを発症した場合、発見できる大きさになるまで平均25年かかると述べています。甲状腺ガンと放射線を結び付ける報道を、そのまま受け入れるべきではないと思います。


201301-cover.jpg


「致知」2013年1月号に、アイコンテクノ㈱会長金子和夫の記事がありました。
「・・・現在の日本の「脱原発」の動きは、まったく科学的ではないと思うのです。あの原発事故は、原発そのものに問題があったのではなく、人的ミスによって引き起こされたものだからです。私は震災の直後、元電力中央研究所名誉特別顧問の服部禎男さんとご縁をいただきました。服部さんはいわば原子力発電の専門家。

40年前、あの福島第一原発の設計時に東電に意見を求められた際、日本が地震国であることから、非常用電源は「①別々の場所に、②別種類のものを3倍の12台設置して、③常時稼働させておく」ことを提案したといいます。すると東電は「そんな無駄なことはできない」と断ったそうです。

しかも、あろうことか、東電は非常用電源装置を海側の低い位置に設置。そうして津波によって非常用電源が冠水したことが、今回の水素爆発の原因です。事実、同じ福島第一原発の中でも非常用電源が高台に設置されていた五、六号機はなんともありませんでした。
また、より揺れの大きかった女川原発も非常用電源が山手側にあったため、無事だったのです。

要するに、東電が服部さんの提案に従っておけば冠水はしなかっただろうし、そうすればマグニチュード9の地震でも原発は安全に稼働していたわけです。
ここは非常に大事なことです。しかし、この点を指摘している報道は一切ありません。・・・」


原発が停止して、天然ガス等の輸入代金が3兆6千億余分に掛かっており、さらに原発停止中の維持経費が1兆2千億掛かっています。原発停止は国力を弱める大きな重しとなっていますが、活断層の有無が原発再稼働の条件として挙げられています。

敦賀原発の活断層調査に、変動地形学の専門家が加わっていなかったことが問題となっていましたが、そもそも活断層の研究で地震が予知できないことは、東大地震研究所や予知地震・火山噴火予知研究協議会が認めていることです。

東大を中心とする地震予知研究に、年間270億以上の予算がつぎ込まれていますが、何らの実績も上げないまま、巨大な研究費を食い潰しており、東大とゼネコンの既得権益だと批判されています。


20130328k0000e040200000p.jpg


東大地震研究所が立川断層帯トレンチ調査で、コンクリート片を活断層の証拠だと勘違いして発表し、その後、現場を見学した一般人からコンクリート片だと指摘を受けて訂正しました。
滑稽と言わざるを得ない出来事でしたが、要は巨額の予算を投じる調査で、活断層を発見しなければ格好がつかないと言う意識が、コンクリート片に飛びつかせたのでしょう。そのことを東大地震研究所佐藤教授は、「催眠術にかかった」と述べています。

全国の原発の活断層調査にもこの意識が働いていたはずです。つまり万一地震による原発事故が起きた時、責任を追及されないために、良く分らない調査結果に対しても、一応活断層の恐れがあると発表しておけば安心だということです。


20080630_001.jpg 
中国の原発 
25165-6.jpg
韓国の原発


PM2.5が偏西風に乗って日本に来ましたが、中国には稼働中の原発が14基、建設中が27基、計画中が50基、提案中が110基あります。韓国には20基の原発があり、7基が今年完成予定です。
韓国の原発はしょっちゅうトラブルを起こしており、最近も原子炉部品に亀裂があったり、非常電源が作動しなかったりのトラブルが発生しています。
手抜き工事が当たり前の中国では、何が起きても不思議ではありません。日本よりはるかに危険な多数の原発が、風上で稼働しています。

原発の反対運動には、中国や韓国の反日勢力も加わっているようです。その意味は日本から原発が無くなれば、日本の国力を弱めることができることと、世界一の日本の原発技術が格安で入手できるからでしょう。

先のアイコンテクノ㈱会長金子和夫さんは、「私がいまの日本を見て危険に思うのは、政治もマスコミも、いつも国民に「AかBか」の二者択一を迫ることです。・・・あらゆる情報を開示し、考え得る限りのケースを想定し、そこから取捨選択をして最善を選ぶのであれば納得できますが、そのプロセスを省き、「賛成か、反対か」だけを問う。それが現在の日本社会ではないでしょうか」、と述べています。

三次元の世界は、すべて相対的に出来ています。
すべての価値は相対的であり、どんな正しい意見にも、いくばくかの反対意見が成立します。
原発反対にも正当な理由があり、原発再稼働にも正当な理由があります。

争いは「正しさ」の主張から始まることを、以前の記事で書きました。
正しさは、「あれか、これか」の中ではなく、「あれも、これも」の中にあります。

参考:「正しさについて





人間は進歩しているのか

The_Parthenon_in_Athens.jpg


人間は進歩しているのだろうかと考える時、まず思い浮かぶのが古代ギリシャです。
今から2500年ほど前の古代ギリシャでは、ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの哲学者や、アルキメデス、ユークリッドなどの科学者、ホメロス、アイスキュロス、ソフォクレスなどの文学者が次々と現れました。

ソクラテスと弟子のプラトンは、この世とあの世の真実をほとんど知っていました。歴史上、最高の哲学者です。
ギリシャ悲劇の傑作、ソフォクレスの「オイディプス」を電車の中で読み始め、あまりの面白さに、電車を降りて歩きながら読んだことを思い出します。古代ギリシャでは地球が丸いことがわかっており、地球の外周も概略で計算していました。

2500年前の世界を見ると、仏陀や孔子、老子他、多くの心の指導者が現れており、 2000年前にはキリストが誕生しています。
この時代に世界で多くの精神的指導者が現れたことを、哲学者のヤスパースは、「軸の時代」と名づけました。人類の心の軸です。

なぜ2500年前に、これほど多くの精神的指導者が出たのかはわかりませんが、これらの偉大な人たちを想起すると、人類は進歩していないのではないかとの思いを強くします。

ところで、プラトンが著書「ティマイオス」「クリティアス」の中で、賢者ソロンがエジプトの神官から聞いた話しだとしてアトランティスのことを述べています。
今から12000年前、現在の科学より遥かに進んだ技術を有していたアトランティス大陸が 一夜にして海中に没したと言われています。

atlantis02.jpg

アトランティスは物質文明の中で心を失い、神の怒りをかって滅んだと言われ、滅亡を事前に察知した人達がエジプトやマヤに逃れ、ピラミッドを築いたと言われます。
アトランティスの存在については証拠がなく、フィクションだとする説がありますが、スフィンクスには水の浸食跡があり、それが可能だったのは12000年前のことであり、このことを裏付けているのかも知れません。
ヨーロッパ種のウナギの産卵場所が、かってのアトランティス大陸があった場所ではないかという説もあります。

話は変わりますが、ウナギの稚魚であるシラスが激減し、昨年はkg200万円以上していました。一方、ヨーロッパ種のウナギの稚魚は、kg10万余りと格安です。

あるウナギ漁業協同組合の役員に、なぜヨーロッパ種のウナギのシラスを輸入しないのかと聞いたところ、ヨーロッパ種はジャポニカ種に比べて病気に弱く、多量の薬剤を使わなければ養殖できないからだそうです。
しかし日本の薬剤使用基準では養殖できないヨーロッパ種が、中国などで大量の薬剤を与えられて養殖され、日本に入ってきています。ばかげた話です。
これだけ日本のシラスが高騰しているのですから、ヨーロッパ種が使えるように法律を改正すべきです。中国産を輸入するより、はるかにはるかに(お好みではるかにを追加してください)安全です。

話が逸れましたが、知識や技術は蓄積でき、伝承が可能です。しかし人間は年を取って経験を重ね、ようやく人生の機微や法則を理解し始めた頃にこの世を去ります。
人生が1回きりで輪廻転生しないのであれば、人間はいつもゼロから人生を始めなければならず、何万年経っても進歩しないはずです。

神はそのような効率の悪い仕組みは作られなかったようです。
魂を向上さす、もっとも合理的な仕組みが輪廻転生です。
人間の魂の中には、これまでの輪廻転生のすべての記憶が蓄積されています。般若心経の、「般若波羅蜜多―パニャパラミタ」とは、「内在された偉大な叡智」という意味ですが、これは過去世で学んだことのすべてが、魂に内在されていることを意味します。

王羲之~3


しかし人間は、過去世の記憶を忘れて生まれてきます。
過去世の記憶は潜在意識の中に蓄積されていますが、もし過去世をすべて覚えていたら、過去世で自分を殺した人間や、自分を苦しめた人間に対して復讐心が生まれ、憎しみの連鎖が止まることはありません。

人間は表面意識が真っ白な状態で生まれて来ます。それはイエスキリストも我々も同じ条件です。その後の教育や躾や努力によって魂を磨いて行きますが、魂を磨くためには苦労と言う砥石が必要です。自分の置かれた困難を肯定し、何かを学んだ時、人はその苦労から卒業し、次のステップに向かうようです。
言うまでもなく、人間は金や地位や名誉をあの世に持って帰ることはできません。
持って帰ることができるのは学んだことだけです。

この世で一番重要な事が教育であることは、孔子や孟子を生んだ中国が唯物論教育の結果、平気で人をだまし、略奪するエゴの塊になっていることを見ればわかります。
人の表面意識は白紙であるがゆえに、教育によって貪欲な人間にも、人に奉仕する人間にもなります。

日本を変えるには経済の復興だけでなく、日本と言う国を否定し、国を思う心を否定した戦後教育を正し、正直で親切で信義を重んじ、親孝行や友情や長幼の序を大切にした昔の教育に戻すことが第一であると考えます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。