スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の未来と新成人

hikari.jpg


四書五経の「中庸」に、次のような文章があります。
「国家将にに興らんとするや、必ず禎祥(ていしょう)あり、国家将に亡びんとするや、必ず妖孽(ようげつ)あり』
~国が興隆するときは、必ずめでたい兆しがあり、滅亡するときは必ず災いの兆しがある。

致知出版社の「小さな人生論」藤尾秀昭著では、次のように説明しています。

 “『大漢和辞典』の編纂などにより、文化勲章を受けた中国哲学者諸橋轍次博士の解説によると、幸福の兆しとは青年の意気が上がり、人情が厚くなることだという。災いの兆しとは、官吏が堕落したり、邪教がはびこったりすることを指すという。
これもまた、いまの日本の現実を鋭く指摘しているようで、慄然とならざるをえない。”

日本に滅亡の兆しが現れて久しくなりますが、確かにその兆し通り、日本は滅亡の道を歩んできました。
拝金主義、利己主義、刹那的快楽主義、自らの国をさげすみ否定する自虐史観などという滅亡の兆しは、およそ日本人には無縁なものでしたが、戦後の日本弱体化計画は、巧妙に、見事に目的を達成しました。

その一方、青年の意気が上がり、人情が厚くなるというめでたい兆しは、災いの兆しに反比例して日本から消えて行きました。
ところが先日の成人式のアンケートによると、77%の新成人が、自分達が日本を変えると答えています。
これは久しく見なかった、めでたい兆しではないでしょうか。

バブル以降、失われた20年と言われますが、新成人たちは日本の苦難の中で育ってきました。
家貧しくて孝子顕る(あらわる)、そんな言葉を思い出します。
自分たちが国を変えて行こうという若者が現れたのは、高度成長後、多分初めてのことではないかと思います。

ネット通して日本の戦争と戦後の真実を知り、素晴らしい日本を蘇らせたいと考えるに至った若者たちも、少なくないと思います。
また、東日本大震災という不幸が、助け合い思いやる、日本人の優しい心を蘇らせました。

k_matsuhita_photo.jpg

先の「小さな人生論」の続きに、松下幸之助の言葉が紹介されています。
『あるとき、経営の神様松下幸之助は若者から、「国の政治と会社の経営は同じものか」と問われ、「同じだ」と答え、「業種を問わず、会社経営に成功する三つの条件がある」と続けます。

一つは絶対条件で、経理理念を確立すること。これができれば経営は50%は成功したようなものである。
二つは必要条件で、1人ひとりの能力を最大限に生かす環境を作ること。
三つは付帯条件で、戦略戦術を駆使すること。これを満たせば経営は100%成功する。』

いま日本と言う国の経営を担っている民主党は、絶対条件である国家観や綱領を持たず、羅針盤のない船のような政治を続けています。
松下政経塾出身の首相や政治家たちは、松下幸之助の言葉を何と思っているのでしょうか。

哲学や理念がない政治家、国を愛する心さえ持たない政治家に、何も期待することはできません。
せめて日本人の心にようやく現れてきた復活の兆しを、彼ら政治家が潰さないことを願うばかりです。
]




スポンサーサイト

明けましておめでとうございます

c0139575_1321139.jpg


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

穏やかな陽気で迎えた元旦でした。
何事もなく一年が過ぎて行った時代が終わり、何が起きるか予測のつかない時代になりました。
それゆえに、今年一年、穏やかな年であってほしいと願います。

皆さまにとって、幸多き年となりますようお祈りいたします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。