スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国との相互理解に必要なこと

national_0602_026.jpg
Searchina

かっての日本と比較すると、最近の日本は悪いところばかりが目につきますが、外から見れば日本にはまだ立派な礼儀や習慣や心が残っているようです。

中国最大のサイト「Searchina」に、日本を訪ねた中国人が初めて知った日本のへの驚きと感動が報告されています。
彼らが一様に述べているのは、反日教育によって日本に良い印象を持っていなかったのが、日本訪問によって変わってきたことです。

中国や韓国は反日政策を行っているため、日本に反感や恨みを持つ多くの人がいます。
そのことに対して日本はきちんとした反論をして来なかったため、歪曲され、ねつ造された歴史が事実として定着しています。
日本を訪れ、日本の現実を知ってもらうことは歓迎すべきことですが、反論すべきことを毅然として反論しなければ、いつまでも相互理解は進まず、望ましい交流はできないでしょう。

戦後、日本のすべてが否定され今日に至っていますが、日本人自身が正しい歴史を知らなければ、反日政策に対して正しい反論を行うことはできません。

欧米列強の脅威を知った幕末の志士たちは、命を掛けて日本を守ろうとしました。
革命は抑圧された側が、抑圧した側に対して行うものですが、明治維新は支配階級と言うべき武士たちが、自らの特権を捨てて階級の無い社会を作りました。
世界の歴史上、空前絶後の出来事ですが、それが日本を守る最善の道だと判断したからです。

幕末の志士達は、イギリスの東インド会社が行った残虐(例えば、自動織機を売るため、おびただしいインド人織工の手首を切り落とした)や、アヘンによって中国人が廃人にされ、国を蹂躙された中国の実態を良く知っていました。
欧米列強の植民地政策との戦いは太平洋戦争に至り、日本は力尽き敗戦を迎えましたが、日本の戦いによって、アジア・アフリカの国々が独立できたことは事実です。

この間の出来事はネット上で調べることができます。是非ご確認ください。

「Searchina」に掲載されている、日本に来て感動した中国の人たちの感想をご紹介します。

中国から見た日本「恐ろしい日本人に学べ!」
「私はこれまでに一人の日本人とも接触したことが無く、日本人に対しても好印象は持っていない。私の日本人に対する理解は年長者から聞いた話や本や映画、テレビを通じて知ったことばかりである。
  ー略ー  
  書籍「醜い中国人」の作者、柏楊氏はかつて、「日本人は一人だけであれば虫のような存在だが、三人集まれば龍になる」といったことがあるが、これの正反対の存在が中国人である。感情抜きで日本人を見れば、我々中国人に欠けている多くの美点を日本人の中に見出すことが出来るだろう。

  1994年、広島で開催されたアジアオリンピックの閉会式終了後のことだった。スタジアムには閉会式を見るために6万人が集まったが、彼らが去ったあとにはゴミ一つ落ちていなかったという。これについて、世界中の主要紙が「恐ろしい!」と報じたものである。

  95年に阪神大震災が発生した際、ある銀行が被災者向けに無担保・無利子の融資を行った。融資の条件は名前と連絡先を記載することだけであったそうだが、この融資を受けた全ての被災者が返済したという。こういった部分こそが日本人は「恐ろしい」と言われる所以であろう。

  過去の日本人に対する感情を持っているため、我々は今日の日本人の姿を正しく捉えられていない。私は感情的になって日本人を恨み続けるよりも、冷静になって日本人に学び、自らを向上させるべきだと考える。敵であろうと味方であろうと、優れている箇所は学び、取り入れるべきだ。報復のための最も良い方法は相手よりも優れる存在になることである。」

4d7d8abf449c08fb1a5b5000.jpg
Searchina

客室乗務員が語る日本人の素養の高さ
「大学で日本語を専攻した私の友人は、大学卒業後にアモイにある全日空(ANA)支店に就職した。このたび、彼女が出張で北京に帰ってきたため、私たちはしばらくぶりに顔を合わせることが出来た。彼女に仕事面で何が最も感慨深かったかを尋ねたところ、何件かの出来事を話してくれたのだった。

  全日空を利用するのは大部分が日本人だというが、ある時、東京行きの荷物を大阪に運んでしまうミスが発生したことがあったという。その荷物の持ち主であった男性は全日空にとっての上顧客であったため、社員たちは緊張した面持ちで男性に謝罪を行ったという。

  しかし、男性の反応は予想を裏切るものであり、穏やかな態度で社員たちの労をねぎらう言葉を発したのだという。友人が言うところによると、人は立場が高くなればなるほど姿勢は低くなり、そしてこういう人間こそが本当に成功することが出来るのだと語った。

  またある時、空港内でペットボトルを持ちながら走り回っている子供がいたという。彼女は子供に何か助けが必要かを尋ねたところ、その子供は「どのゴミ箱にペットボトルを捨てればよいか分からない」と答えたそうで、このような小さな子供でもゴミの分別という概念を持っていることに驚いたという。

  中国人が国外に出ようとしてもビザ取得が非常に難しいのが現実だ。しかし、日本人は同じアジア人だというのにビザの取得は非常に簡単であり、ビザ無しで訪問することが出来る国も多くある。これは日本経済によるものではなく、外国人が日本人の教養・素養を中国人よりもはるかに高く評価していることに起因するものであろう。

  人間の素養は行動一つ一つの細かいところに見え隠れするものであり、いくら素養を高いように飾って装っても最後には必ず露見するものだ。人にとって国籍は最大の名刺となると言っても過言ではないだろう。」


【「生卵」を通じて感じた日本人の恐ろしさ
「 仕事のため、私は愛憎相半ばする日本を訪れることとなった。日本に足を踏み入れて、まず驚いたのは日本人の秩序への意識の高さである。

  日本の道路では、気の向くままに車線変更する車などは見られなかった。交差点で対向車に出会えば、双方がほぼ同時に停車し、互いに譲り合っていた。横断歩道では、ほぼ全ての車が停車し、歩行者に道を譲るのであった。

  日本を訪れる前は中国国内での報道にあるとおり、物価が非常に高いのだと思っていたが、一人当たりGDPが中国より数十倍も多い国であるにもかかわらず、日本の物価が中国と大差ないのには驚いた。中国に比べ、交通費や外食費が多少高いくらいで、食材や洋服、日用品、車、電化製品などは意外と安かった。

  日本滞在中はホテルに泊まっていたのだが、朝食は日本食であった。日本人は生卵をご飯にかけ、醤油を加えて食べる習慣があるが、私は生の食べ物は嫌だったので、他のおかずだけを食べ、生卵は食べずに残していた。

  次の日の朝食にも同じように生卵があった。眉間にしわを寄せながら、何気なしに卵を触ってみると、今日の卵は熱いではないか。周りの客の様子を見てみると、皆は普通に生卵を食べており、私の卵だけが熱を通してあるようであった。

  私は生卵を食べないということを誰かに喋ったことは無く、ただ生卵を食べずに残しただけである。ホテルの従業員は私が生卵を食べない人間であることを見抜き、次回からは熱を加えた卵を供してくれたのである。

  この出来事は、私が日本で最も震撼した出来事であった。日本人は敬服の念を抱かせる民族であると同時に、何と恐ろしい民族なのだろう。」

column_1015_007.jpg
Searchina

日本で暮らす中国人が帰国をためらう訳
「 私は今でも、十数年前の日本で暮らした生活を思い出すことがある。旅行で日本を訪れただけでは何とも思わないかもしれないが、ある一定の期間を日本で暮らしてみれば、恐らくはもう帰国したくないとの気持ちが芽生えていることだろう。

  日本滞在中、地下鉄から地上へ出てみると雨が降っていたときがあった。私は傘を持ち合わせていなかったのだが、それに気付いた日本人のご婦人が自分が持っていた傘に入れてくれたのである。私達はおしゃべりをしながら歩き、とても楽しく、そしてとても感動したのを覚えている。

  中国であれば見知らぬ人が助けてくれるなど思いもつかないことであるうえ、知らない人が近づいてきたら何か企んでいるのではないかと思うことであろう。

  外国での生活は物質面で満ち足りているということもあるが、最も大きいのは人間関係だと思う。煩わしさがなく、静かな生活を送ることが出来るのだ。

  中国人同士の人間関係は全て「利害関係」であり、話をするにも仕事をするにも「利害関係」であることを気に留めていなければならないため、非常に疲れてしまう。これこそが日本で生活したことのある中国人が帰国をためらう最大の原因ではないだろうか。」

column_0930_005.jpg
Searchina 四川大地震に対する日本の救援活動への感謝

大陸の中国人が知らない日本
「 まず日本の治安であるが、日本は世界で最も安全な国と言われている。しかし、近年は大陸出身者の増加により、日本の秩序・安全は下降線をたどっている。なぜなら中国人は日本でありとあらゆる悪事を働くからである。例えば、窃盗や詐欺、交通ルールの無視、ゴミのポイ捨てなどを挙げることが出来るが、まさに中国人として面汚しの事態である。

  また、日本では物を失くすのが難しいほどである。私が学校に通っていたとき、財布と携帯電話を教室に置き忘れてしまったことがあったが、翌日、教室には私の財布と携帯電話が置かれていたのだった。また、私はこれまで6回も財布を落としたことがあるが(注、ちょっと落とし過ぎですね)、その都度、一円も盗まれること無く私の手元に戻ってきている。ある時などは、財布を落としたことに気付いた日本人が私のところまで走り寄ってきて財布を手渡すと、そのまま去ってしまった。これには本当に驚かされた。

  私は風邪で入院したことがあったのだが、入院期間中、学校で共に学ぶ中国人学生はあまりお見舞いに来てくれなかった。中には一度も来てくれなかった人もいたが、私の身の回りの日本人の多くが見舞いに来てくれた。彼らは花やチョコレート、人によってはお金までも持参して見舞ってくれたのだった。

  また、私の学校の留学生が住む家が火事になったとき、日本人学生は彼のためにお金や物資を寄付していたのと対照的に、中国人留学生たちは全く無関心であった。多くの留学生たちは日本滞在中に「感動の涙」を流すことがあるが、それは日本には自国では体験できない人間関係があるからだろう。

  利己的で冷酷、法を守らず、他人をだますという往年の日本のイメージは存在しない。だから私は大陸の中国人たちに本当の日本を伝えたいと思ったのである。」



7月から中国人に対するビザの発給が緩和され、これまでの10倍以上の人が来日すると予想されます。
ゴミのポイ捨てやあたり構わず痰を吐き大声でしゃべるなど、マナーの悪さや治安の悪化が懸念されています。
経済効果を求める声ばかりが多いようですが、これを機に日本に対する正しい理解が進むことを願います。

日本が外国から評価され、愛されるのは、日本人の優しさや思いやり、礼儀正しさなどの心の豊かさに対してであり、いつまでもその心を失なってはならず、また子供たちにも伝えていかなければならないことを改めて思います。





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

成功法則を考える

ise 032


成功法則を実行すれば願いが実現でき、幸福になれるという本がたくさん出ています。代表的なものが「マーフィーの法則」です。
本当にそうなのか、成功法則について考えてみたいと思います。

成功法則は、プラス思考で生きることと、潜在意識に願望を植えつけることの2点に集約されます。

潜在意識に植えつけられたものは、現実化する仕組みがあり、イエスもそのことを語っています。

「まことに、あなたがたに告げる。
 だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、
 ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになる。

 だからあなたがたに言う。
 祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。
 そうすれば、その通りになる。
」 (マルコによる福音書)

想念は現実を作ります。
何か物を作る時には、まずデザインを考え、デザインが具体的であるほど、思った通りのものが出来ます。
具体性は、成功法則の重要な要素です。

問題はそれを実行した人の内、どれだけの人の願望が実現し、幸せになったかと言うことです。
このような成功法則を読む人は、多分何冊も読んでいるはずです。何冊も読むと言うことは、読んで実行したが、うまく行かなかったからでしょう。

なぜ実現しないのでしょうか。
成功法則には、欠けている視点があるのではないでしょうか。

人は幸福から学ぶことはできません。学ぶことができるのは不幸や困難からです。
人生が魂の成長のための学校であるとしたら、厳しい環境や不幸は気づきを得るための重要なチャンスであり、容易な願望の実現が、学びの機会を奪うことさえあります。

宇宙はエネルギーと法則によって成り立っています。
エネルギー自体に善悪はありませんが、宇宙の法則に反する思いと行いによって、マイナスのエネルギーとして働きます。
願望実現のためには、プラス思考だけでなく、行為もプラスでなければならないはずです。


ise 027

カー用品のイエローハットの鍵山秀三郎さんが始めたトイレ掃除運動があります。
入試が零点でも高校に入れる「高校全入」の実施によって、教育が荒廃していた広島で、鍵山さんたちは県警本部長と協力して、暴走族の少年たちをトイレ掃除運動に参加させました。

トイレ掃除を行う内に、すさんでいた少年たちの心に、人のために奉仕する喜びが生まれ、全国有数であった少年犯罪が急速に減っていったのです。
少年たちの人生は、奉仕によって好転しました。ここに願望実現のヒントがあります。
(この時、高校全入を実施して広島の教育を破壊し、子供たちの人生を狂わせた人間が、テレビで教育を語っていました。反省を知らぬ人間です。)

トイレ掃除に関わるもう一つの話があります。ご主人をガンで亡くした72歳の女性の話です。
ご主人が亡くなった後、当時65歳であったこの方は、毎朝5時に起きて大手スーパーのトイレ掃除を始めました。
このスーパーにはバックヤード(作業所)を含めて49のトイレがあり、1分の休憩時間も無く2時半まで働きました。
そして夕方からは居酒屋で焼き鳥の串を刺す仕事をし、その後さらに外食チェーンで食器洗いをしました。終わるのは夜11時でした。

この生活を続ける内に体重が激減し、微熱と咳が出るようになり、このままでは死んでしまうと思い始めた時、5人のフィリピン人女性が派遣会社に入り、彼女はその日の内に首を言い渡されました。
しかしフィリピン女性たちによって、自分は命を助けられたと感じたと言います。

(実はこの女性は歯科医の奥さんでした。しかし、そこまでして金を稼がなければならない理由があったのです。そのことはまたご紹介することがあるかも知れません。)

このような限界を越える仕事をしながら、トイレ掃除においても「仕事をさせて頂いて有難うございます」と、心の中で感謝していたと言います。
それから間もなくある仕事と出会い、今は十分な生活をしています。成功法則を実行したわけではなく、必死に働きながら感謝を忘れなかった心に、原因結果の法則が働いたのでしょう。

成功法則が間違っているわけではありません。
しかし、自力による努力と、心の修正を伴なわない成功法則は本物と言えず、またその願望は成就しにくいのではないかと思います。





国際有機認証「しらい田七人参」

テレビと映画のこと

10042374641.jpg




過日、ある役者さんと話をしましたが、長年芸を養ってきた人たちが、不況によって厳しい状況に置かれているようです。
この方も付き人の給料を払うのが大変なほどギャラが下がっており、出演した映画のギャラも未払いになっていると言われていました。

不況によりどの企業も厳しい状況にあり、ギャラが下がることは止むをえません。
問題は、最近のテレビが吉本興業やジャニーズ事務所に席巻され、本物の芸を持った役者の活躍の場が奪われていることです。
どのチャンネルも、お笑い、クイズ、グルメ番組で、出演者も同じような顔ばかりです。

売れているタレントを出すのはテレビ界として仕方の無いことですが、余りにも見識の無い、安易なタレントの起用が目に付きます。
製作者として恥ずかしくないのだろうかと思いますが、残念ながら視聴者もそのような番組に慣らされてしまって、視聴率が稼げることも原因です。


villon_01.jpg


テレビと似た現象が映画界にもあります
昨年公開された「ヴィヨンの妻」はカナダの映画祭で最優秀監督賞を取っただけあって、見終わった後に余韻が残る佳作でした。
舞台となる戦後の貧しい時代の雰囲気を良く表現しており、松たか子も破滅的な夫を受け入れ、献身的に支える妻を魅力的に演じていました。(この人は興味の無い女優でしたが、見直しました)

主役の浅野忠信は売れっ子で多くの映画に出演していますが、この映画では献身的な女房を裏切り、浮気に走る救い難い男を見事に演じており、この虚無的な雰囲気を出せるのは、彼以外に考えられないと思わせる演技でした。

脇を固める役者も演技派を揃えていましたが、酒場の女を演じる広末涼子は、なぜ男が献身的な女房を裏切ってまで彼女との浮気に走り、ついには心中未遂に至るのか、それを共感させる女の魅力や情念が感じられませんでした。
広末涼子の批判をしましたが、彼女の責任というより、人気を優先させる製作者の問題です。


soundofmusicFV_SD_S1.jpg


映画が好きで昔から良く見ました。心に残る映画はほとんどが昔の映画です。
思いつくままに挙げれば、「ローマの休日」、「サウンドオブミュージック」、「ウエストサイドストーリー」、ヒッチコックの「めまい」、「シェーン」、ローレンス・オリビエの「ハムレット」「ロメオとジュリエット」、「第三の男」、「シベールの日曜日」、黒澤明の「生きる」などなど、切がありません。
最近では、「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」が良く出来た映画でした。


b56fb6668f3a02aeae2425a82ee09d80.jpg

ローマの休日」でグレゴリー・ペックが、コツコツと靴の音を響かせ去っていく最後のシーンは、叶わぬ恋の思い出と、それをを忘れようとする男の思いが、静かに、見事に表現されていました。
ちなみに、「男のロマン」なる安っぽい言葉に抵抗を感じます。「ロマン」は中世の騎士物語が語源でした。
「そなたか、それとも死か」、これならロマンです。

ローマの休日」は、オードリー・ヘップバーンが人生で一番美しく輝いた時を捉えた、奇跡のような作品でした。
ローマンホリデイ、まさにロマンです。

10012133198.jpg10012133201.jpg10012133199.jpg

昔の映画は、なぜ心に残るのでしょうか。
昔の映画でまず気づくのが、人間を描いていることです。
人間の愛、喜び、悲しみ、勇気、感動は、時代を越えて人の心を打ちます。
最近の3Dや派手なアクションは、見ているときは楽しくても、その場限りで心に残りません。

人が求めているのは感動であり、そのことをテレビや映画の製作者はもう一度思い返し、良い作品を、その作品にふさわしい演技者で製作してほしいと思います。

映画のことを書き出すと切がありませんので結論にします。
結論
ローマの休日」が、やはりNo.1。

(追記)
今日、「マイケル・ジャクソン King of pop」の上映を見てきました。
内容は淡々としたドキュメントで、歌も踊りもありません。
これは失敗かなと思いながら見ていましたが、見終わった後に、感動と言っても良いほどの暖かい気持ちに包まれていたのは意外でした。

優しい声で静かに話す姿は、King of popとは無縁なもので、稀有な優しさに満ちた人間でした。
極貧と父親の暴力に耐えて育った生い立ちが、彼を優しくしたのでしょう。
慈善事業に熱心だったのも、子供たちを救いたいと言う本心からだったと信じます。

マイケル・ジャクソンの実像を知ることのできる映画でした。
機会があればご覧下さい。




国際有機認証「しらい田七人参」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。