スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我に潜む刃

新緑


漢字の成り立ちには、深い洞察力が感じられます。

「我」という漢字の左側は、鋭いのこぎりの歯を表し、右側は両刃の剣に長い柄をつけた武器「戈(ほこ)」を表しているそうです。
「我」には危険な武器が二つ入っており、意識して自分を律しなければ危険なものであることが分かります。

様々な人間関係のトラブルや夫婦家族のいさかい、すべての原因は「我」にあります。国と国との争いも、「我」の集合です。

人間の争いは、自分の利益や都合だけを考える我欲や我がまま、自我が肥大した傲慢や虚栄、あるいは自分の意見を押し通す自己中心性などよって起きます。
夫婦や家族の間は、遠慮がないために自我が出やすく、余計に気をつけなければならないでしょう。

「我」は、人も自分も傷つける両刃の剣です。
人を傷つけた我という刃は、寸分たがわず自分を傷つけますが、それが自分に返るまでに時間差があり、原因結果の法則が理解しにくい仕組みになっています。

もし他人に悪を行い、その結果が瞬時に自分に返ってくれば、人は悪を行わないでしょう。しかしその場合、行動の基準は物理法則のように有無を言わせぬものとなり、自由意志での選択ではなくなります。結果が分からないから試行錯誤し、学んで行きます。

人間はみんな真っ白でまん丸い心で生まれてきます。しかし、成長し「我」が大きくなるにつれて心を汚し、ゆがめて行きます。
人間の目は外に向いて付いており、人の欠点や過ちは目につき許すことができませんが、自分を外から見ればきっと他人と同じことをしています。

「人の振り見て我が振り直せ」、昔の人のさりげない言葉に、我をただす知恵があります。

夜、交差点で対向車のライトがまぶしいと不快に思う時、自分の車のライトも相手にはまぶしいはずです。
自分がライトを消せば、相手も消してくれます。
「譲れば道は広い」と言われますが、譲れないのが「我」です。自分から譲れば、相手も譲ってくれます。

自分を意味する漢字に「吾」があります。
「吾」の字の「五」は木で作った蓋で、下の口は、祝詞(のりと)を入れる器です。
器の上に五をのせて蓋をし、祈りの効果を守る意味が吾(ご)だそうです。
本来「まもる」という意味の「吾」が、「われ」という漢字として使われるようになりました。

自我の危険性を内包する「我」と、神聖さを表す「吾」、人間は聖と俗を併せ持っています。

「我」を小さくするための修行が、人生なのでしょう。


参考:大紀元日本「争いの元は我
親子で学ぼう!漢字のなりたち






国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

宮崎に光を

NewsMedia_177698.jpg

口蹄疫の蔓延によって、日毎に数多くの牛や豚が殺処分されています。
牛や豚を、家族のように大事に育ててきた畜産農家の方々の苦しみ、悲しみは、察するに余りあります。
ある畜産農家の方が、その思いを「地獄絵図だ」と言われていましたが、現場にいない身には、その悲痛な言葉にさえ希薄な反応しか示すことしかできないことを、申し訳なく思います。

発生当初は高圧電流によって殺処分していたようですが、今は余りの頭数に、炭酸ガスによっても処理していると言います。
家族のような牛や豚の命を、苦しみの中で奪わねばならない畜産農家の人たちにとって、それは地獄絵図と言うしかない悲惨な光景でしょう。

今回の口蹄疫の蔓延には、政府の初動対応や報道規制、強力な消毒液の配布方法など、納得できないことが少なくありません。しかし、あえて批判を止めます。
日本の畜産農家が、かって経験したことの無い危急存亡の中で、口蹄疫を終焉させるために、現政権が最善の方法を実行してくれることを願うばかりです。

しかし、見過ごすことの出来ない発言があったので、そのことだけは記しておきます。
「県家畜保健衛生所が最初の発生例の約3週間前の3月末に、農場に立ち入り検査をしながら感染を見逃していたことが分かった」との農水省の発表です。
もしこのことが事実であったとしても、口蹄疫の蔓延を防げなかった責任を、宮崎県と県の家畜保健衛生所に押し付けるような、卑劣な発言を看過することは出来ません。

2chに次のような書き込みがありました。。

「獣医の誤診で1週間対応が遅れたのが致命的だった」
《2010/05/16(日)日課の人 11:00:46
怒りと憎悪で我を忘れそうな時は、
『この不快感は私に由来するものではない。お前(不快感)は創造主の所へ還りなさい。』
と、となえてみてください。気持ちが軽くなったら帰還した証拠です

:sage :2010/05/16(日) 名無しさん 11:06:37
日課の人には申し訳ないが、怒りで泡を吹きそうだ。

>TBSで岸井「獣医の誤診で1週間対応が遅れたのが致命的だった」

俺ウシとブタの現場臨床獣医だけど、マジでこれ言ったの?
だったら、許せんよ。
あのとき獣医は即座に家畜保健衛生所呼んで立ちあわせてるよ。
10年前の教訓をしっかり身につけた、すばやい対処だったよ。

今、全国から召集もかかってないのにブタの獣医が宮崎に集結してるよ。
移動も宿泊も食事もぜんぶ自腹だよ。
宮崎だけで収束させるんだってがんばってるよ。

10年前の宮崎口蹄疫ではね、発見報告した獣医さん宅に
夜ごと嫌がらせ電話なりぱなしだったよ。
余計なもん見つけやがって、お前ひとりで宮崎おとしめたーってね。
電話番の奥さん、入院したんだよ。
獣医なら、みんなこの話覚えてるよ。
それを知ってても、第一発見者ののろしを上げたんだよ。即座に。

それを。。。

『この不快感は私に由来するものではない。お前(不快感)は創造主の所へ還りなさい。』
『この不快感は私に由来するものではない。お前(不快感)は創造主の所へ還りなさい。』 》
『この不快感は私に由来するものではない。お前(不快感)は創造主の所へ還れったら還りやがれ!。』

農水省の今回の発表により、宮崎県の家畜保健衛生所や獣医さんには、多くの批判や嫌がらせが殺到しているのではないかと懸念します。
毎日の寝食を削る献身的な働きで、心身ともに疲れきった担当者たちが、心無い電話で傷つき、おとしめられることの無いように祈らざるをえません。

今回農水委員会で、宮崎県選出の国会議員である江藤拓氏を初めて知りました。
情熱、正義感、誠意、自己献身の溢れる様に、今の日本にこれほどの国会議員がいたのかと感銘を受けました。
久しぶりに人物を見た思いがします。

下記動画を是非ご覧ください。
殺される家畜と農家の人々のことを考えれば、与党野党関係なく真剣に取り組まなければならないはずです。
野次を飛ばすことなどありえません。









参考:「川南町のムッチー牧場だよ~ん

みゆきな日々
国際有機認証「しらい田七人参」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。