スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治への畏敬

saneyuki_p0.jpg
  秋山真之

NHKが11月29日から、「坂の上の雲」を放送します。
登場人物の秋山真之 (さねゆき)は、明治の数多い武人の中でも、最も偉大な人物だと思っています。

秋山真之は日本海海戦でバルチック艦隊を撃滅したT字戦法を編み出し、世界の海軍に衝撃を与えました。
その武勲と名声は東郷元帥に譲りましたが、名参謀として日本を救い、透徹した分析力で世界の行く末までも予測した、まれに見る武人です。

ドラマには秋山真之の他、その兄で陸軍大将であった秋山好古と正岡子規も登場します。
この3人を生んだ愛媛県松山市は道後温泉で有名ですが、歴史的、文化的な雰囲気が漂う、魅力的な城下町です。個人的にも係わりがあり、とても好きな町ですが、松山は秋山真之を生んだというだけで、日本国に貢献したとさえ思っています。

25_4.gif
  海上自衛隊ホームページより

以前、海上自衛隊の洋上訓練に乗艦させてもらったことがあり、その時、心に残ったことが二つあります。
一つは、艦内で体験した自衛官たちの規律です。その時お会いした艦長は、穏やかでありながら毅然とした強さが感じられる方でした。隊員たちの、艦長始め上官に対する挨拶は、体育会系のように押さえつけられてするものではなく、敬意の気持ちが自然に現れた爽やかなものでした。
その挨拶の気持ち良さと、規律の美しさは初めて体験するもので、旧帝国海軍はイギリス風のスマートさが特徴だと言われていましたが、その伝統が生きていることが印象的でした。


tougou.jpg
   東郷元帥

もう一つ心に残ったのが、ゲストルーム(艦長室?)に飾られている東郷元帥の肖像画でした。
艦長の話によれば、東郷元帥の肖像は、世界の多くの軍艦に飾られており、日本海海戦でバルチック艦隊を完膚なきまでに破った東郷元帥は、世界の軍人から今も尚、最も尊敬されている人物だと言います。

バルチック艦隊を破った日本海軍の勝利は、世界を驚かせました。ロシアの脅威にさらされていた多くの国が驚喜し、トルコとフィンランドには、東郷元帥の肖像画をラベルに使ったトーゴービールがあり、トルコのイスタンブールにはトーゴー通りがあります。

イギリスのネルソン提督が、スペイン・フランス艦隊を破ったトラファルガー海戦と比較され、あるいは、それよりも更に偉大な武功だと称賛されています。
そして、日本海海戦の戦略を練り、指揮を執ったのが秋山真之でした。


bot_01.jpg
  日本海海戦

明治時代に活躍した人たちは、自分を厳しく律し、限界までの努力で持てる能力を精一杯発揮すると共に、常に国のために自分を投げ出す気概を持って生きていました。
それは、文化・芸術・経済・軍事、すべての分野で見られる明治人の特徴です。
このような日本人によって、明治維新から僅か30~40年で、世界の列強に比肩し得る国となりました。

日本の歴史上、これほど人物を生み出した時代はないと思います。
その理由は教育にあります。
吉田松陰から思うこと」で書きましたが、日本に武士道精神が一番根付いたのは明治時代でした。士農工商が廃止され、廃藩置県で職を失った多くの武士が教員になりました。当時、教員の80%が武士だったといわれています。

残念ながら明治のような時代は、もう二度と来ないでしょう。
明治という時代そのものが、輝かしい坂の上の雲でした。




国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

2012年に何が起こるのか

091106-05-solar-storms-maximum_big.jpg
 Photograph ナショナル・ジオグラフィック

2012年12月23日に、地球はフォトンベルトの強いエネルギーで、人類始まって以来の大転換期を迎えると言われています。
フォトンベルトとは強烈な電磁気エネルギーを持った、巨大な光子の帯のことです。
1996年にハッブル宇宙望遠鏡で撮影され、初めて存在が確認されました。

フォトンベルトについてもっとも詳しい情報を公開していたのはNASAでした。
ハッブル宇宙望遠鏡でのフォトンベルトの写真や規模など、天文学的事実としての詳細な情報が公開されていましたが、今から7年位前、突然その情報が削除され、その後フォトンベルトについては一切情報公開が行われていません。

世界最大の科学・教育機関である、ナショナル・ジオグラフィックのホームページには、2012年関連の多くの情報が記載されています。しかし、フォトンベルトについては沈黙を保っており、返って事の重大性を物語っているように思えます。

2012年に起きうる可能性について、ナショナル・ジオグラフィックに掲載された科学的事実をご紹介します。

081217-solar-breaches_big.jpg
 Photograph ナショナル・ジオグラフィック


2012年、フォトンベルトの強烈な電磁波によって、地球上の電気製品が一切使えなくなると言う「予言」があります。

このことについて、ナショナル・ジオグラフィックの一年前の記事に、「磁気シールドに破れ、太陽嵐の影響懸念」として、地球の磁場の内側に、太陽粒子の厚い層が存在しており、太陽に対する地球の防御体制に大きなほころびが存在する可能性が報じられています。

NASAの観測衛星テミスのデータによって、地球の磁場が作る球状の防御壁である磁気圏の内側に、厚さ6500キロほどの太陽粒子の層が形成されており、急速に成長していることが明らかになったと言います。

現在、太陽活動は100年ぶりの極小期にあり、太陽から黒点が消えています。ニューハンプシャー大学の物理学者ジミー・レーダー氏は、 2012年の太陽活動の活発化により、蓄積した太陽粒子が次のような事態をもたらすと説明します。

「旧式のガスストーブのようなものだ。ガス栓をひねってすぐに火を付ければなにも問題はないが、栓をひねった後しばらく放置してから火を付けたらどうなるか?“ドカン!”となるだろう」

その時、すべての送電線やコードが焼ききれる程のエネルギーが発生する可能性があり、そうなれば、すべての電気製品が使えなくなるとの「予言」が現実になります。

091106-01-polar-shift-destroy-planet_big.jpg
Photograph ナショナル・ジオグラフィック


スピリチュアル系の情報として、2012年にはポールシフト(自転軸移動)が起きると言われています。
ポールシフトは岩石の磁気分析から、過去に何度も起きていることが判明していますが、一般的には何百万年もかけてゆっくりと移動し、地震のような急激な動きではないようです。

これに関連する記事が、昨年のナショナル・ジオグラフィックに載っていましたが、今回確認したところ削除されていました。
記憶している内容は、地球の地磁気が急速に減少している。特に南アでは5%も減少しており科学者は衝撃を受けている。ポールシフトが起きる可能性があり、さらに地磁気が減少すれば、ポールジャンプさえ起きる恐れがある、と言うものでした。

ポールジャンプは、赤道が一挙に北極に移動するような現象です。シベリアのマンモスが氷漬けで死んでいるのも、ポールジャンプによるものだと考えられています。

マンモスの死因は、巨大隕石の衝突で舞い上がった大量の塵が太陽光をさえぎり、そのために温度が急激に低下したためではないかと言われますが、マンモスの胃の中に温かい地域の草が未消化で残っている事から、隕石の衝突によりポールジャンプが起き、いきなり極寒化したと考えられます。
隕石の衝突は、マンモスが絶滅した13000年程前の地層に、大量のイリジウムが存在することから証拠づけられています。

091106-03-milky-way-collapse_big.jpg
 Photograph ナショナル・ジオグラフィック


銀河直列も2012年ポールシフトの原因に挙げられています。
天の川銀河の中心と、太陽、地球が一直線に並ぶということから“銀河直列”と命名され、2万6000年に1度しか起こらないと言われます。
このような天体配列により、銀河レベルの非常に強力な未知の力が地球を襲い、地球の自転軸が変動するポールシフトを起こすと言うものです。

2012年のフォトンベルトによって起こるとされる、最大の出来事は次元上昇(アセンション)です。この時、地球は5次元に上昇し、4次元以下が消滅すると言われています。残念ながら、このことは現代科学の領域を超えており、科学の側からの記事がありません。

次元上昇が起きるとすれば、現在の地球が、極めて高い振動数の世界(霊的な世界)に移行することになります。物質はエネルギーの振動数が最も低くて、粗い世界であり、一方、フォトン(光子)は、最も振動数の高い世界です。もし、この高い振動数の影響を地球が受け次元上昇するとすれば、地球のみならず、太陽系全体が次元上昇するはずです。

次元上昇については、個人的には起きると信じており、そうなってほしいと願っていますが、限られた人たちがスピリチュアルな世界から情報を発信しているため、残念ながら確認する方法がありません。
次元については過去の記事、「音の世界からあの世を考える」をご覧ください。

注意したいのは、フォトンベルトについての情報に、様々なノイズが混じっていることです。

たとえば自分達の宗教を信じれば救われるとか、UFOが救いに来るというものです。
フォトンベルトが人類に覚醒をもらす壮大な計画によって起き、高い振動数の世界に次元上昇するのであれば、たとえUFOが来たとしても、一人一人が思いと行いを正し、宇宙の根本原理である調和された意識になる意外に救われる道はないはずです。

2012年とは関係がありませんが、地球温暖化Co2説を否定する記事を付記します。

070228-mars-warming_big.jpg
 Photograph NASA

「2005年にNASAの火星探査機マーズ・オデッセイが送ってきたデータを分析した結果、火星の南極付近にある二酸化炭素の「氷冠」が、3年連続して減少していることがわかった。ロシアのサンクトペテルブルグにあるプルコボ天文台の宇宙研究主任であるハビブロ・アブダサマトフ氏は「火星のデータは、現在の地球温暖化の原因が太陽の変化にある証拠であり、長期間にわたって太陽の照射熱が増えたために地球と火星の両方が暖められている」と主張する。」

最後に、禁煙生活のご報告です。
昨日、ストレスの溜まる打ち合わせを長時間していて、タバコに手を付けてしまいました。
せっかく、励ましを頂きながら情け無い話です。
仕切り直しで、一からやり直します。 トホホ・・・




国際有機認証「しらい田七人参」

心に従って生きる

800px-Daikakuji_Chokushimon.jpg
大覚寺 


自分の心に従って生きることは簡単ではありません。周りとのしがらみや損得に縛られず、心の示す通りに生きるには、信念と強さと心の声に従う素直さが必要です。
そのような生き方をしてきた知人がいます。

知人は学生時代に仏教に興味を持ち、京都の大覚寺に参禅していましたが、熱心さを管長に認められて、食事を頂き、寝泊りを許されるようになっていました。

ある日、大覚寺の庭で思いつめた様子の少女を見かけ、気になっていると管長が近づいて行きました。

管長はその少女に、「何が見えますか」と尋ねました。
少女が庭には咲いている小さな花を見て、「きれいな花が見えます」と答えたところ、管長は、「きれいなのは、花をきれいだと思う、あなたの心ですよ」と言うと、少女はその言葉にパッと顔が明るくなりました。
管長はそれを見て去って行ったそうです。

管長の言葉の意味はこうだと思います。
心で見るもの」で書きましたように、美しい花があるのではなく、花を美しいと感じる心によって、花は美しくなります。「美しい花が見えます」と言った少女の心に、美しさがあったのです。
知人はその光景が深く心に残り、今も忘れられないと言います。


photo.jpg

知人が夏休みに帰省する時、思いついてある瀬戸内海の島に寄って帰ることにしました。
島を歩いていると、植木の手入れをしているおじいさんがいました。
何気なく話しかけるとおじいさんは、「学生さんですか」と聞きます。
日本で最難関の大学の学生であった彼は、鼻高々に「学生です」と答えたところ、「わしは小学校しか出ていない」と言い、「植物は何があったら育つか」と聞いてきました。

「光と水」と答えたところ老人は、「足りないものがある、風がなければ育たない」と言います。
意外な言葉に、「風ですか」と聞き返すと、「ただの風じゃない、どんな風か分かるか」と再び聞きました。
「いえ」と答えるとおじいさんは、「春には春の風、夏には夏の風がいる」と言ったのです。

それを聞いて、鼻高々だった彼は、高慢の鼻を折られてしまいました。
このお年寄りには知恵がある。知恵は学歴ではないと思い知らされたのです。

その後色々な経緯があって悩んだ末、彼は学んでいる大学を辞め、好きな歴史を学ぶことを決断しました。その決断は、人生を選択する重いものでした。彼が中退したのは京都大学医学部でした。医者は自分の人生の目的ではないと考えたのです。

彼はドイツやスイスで暮らした後、現在、自分一人の小さな会社を経営し、彼を慕う若い人たちとキャンプをしたり、一緒に酒を飲んだり、年に数回の旅をしたりして人生を楽しんでいます。
陶器の目利きであり、ギターの名手であり、本を愛し、平凡であっても豊かな人生を送っています。

もし彼がそのまま医学部を卒業していれば、今頃は教授か病院の要職についていたことでしょう。
少なくとも名医として、何人もの命を救える人であったことは確かです。

昨年、彼の親友が急死した時、カルテを確認し、病院側の過失を指摘しました。その指摘は正しく、病院側は300万円の医療費の請求を放棄しています。但し、カルテを見たのは、親友の死因を確認するためであり、過失をとがめるためではありません。

学歴がその人を不幸にすることがあります。
傲慢になったり、学歴に見合った境遇ではないと、不平不満の人生を送る人もいます。
彼は地位や名誉や財産には興味がありません。自分の心に素直に生きています。
学識をひけらかさず、謙虚で暖かく、人生を豊かに生きています。

人間の生き方、豊かな人生とは何かを考えさせてくれる人です。





国際有機認証「しらい田七人参」

清廉の文化

Kazahinomi-sai04.jpg
伊勢神宮 Wikipedia

日本人の清廉さの起源を考えて、すぐに思い浮かんだのが禊(ミソギ)でした。

禊は、神の前に出るために、水で心と体を清めることです。 日本人が古来から大切にした、清潔、簡素、正直などの特性は、心身やまわりの穢れ(ケガレ)を清め、虚飾を排して神の前に立つための条件でした。

日本人がこのような考えになった背景には、至る所に美しい森と清流があった、日本の豊かな自然環境が関わっていたはずです。

山形在住のアメリカ人、ダニエル・カールさんが、初めて新幹線に乗った時、川の多さに驚き、東京から大阪までいくつ川があるか数えようとして、余りの多さに途中で止めたと言います。
日本は国土の70%が山で、山から海までの距離が短いため、きれいな川に恵まれています。しかし、平野の多いアメリカやヨーロッパには、あまり川がありません。

日本では昔、トイレを清潔にするために川に張り出して作り、厠と呼びました。 しかし、パリではフランス革命までは家の窓からオマルの糞尿を路に捨てていたため、汚くて臭くて歩けませんでした。
ベルサイユ宮殿にもトイレが無く、庭や宮殿内で済ませていたと言われています。(ヴェルサイユ宮殿の水はセーヌ川から引いています。何kmあるのでしょうか)
風呂に入る習慣も無く、貴族でさえめったに風呂に入らなかったため、香水を必要としたのでしょう。

intro_domaine.jpg
ヴェルサイユ宮殿 

この背景には、豊かな水に恵まれている日本と、川の少ない国との違いがあるでしょうが、清流に恵まれた国は他にもあるのに、なぜ日本にだけに穢れをそそぎ、清廉簡素を尊ぶ神道が生まれたのでしょうか。
特別なことには特別な理由があるはずです。思想と言うべきこのような習俗には、神は過剰な装飾を嫌い、清廉さの中に宿るとの考えがあったはずであり、その教えを説いた精神的指導者がいたはずです。

神道には仏陀やイエスのような大指導者がいなかったというのが定説です。しかし、古事記に書かれていることがすべてフィクションであるとすれば、何の目的で大事に語り継がせる必要があったのでしょうか。
アマテラスと呼ばれるような精神的指導者が実在し、その教えを語り継いでいたのが、何百年、何千年かの内に、伝言ゲームのように神話となったと考える方が自然です。


昭和初期に日本に来たドイツ人の建築家、ブルーノ・タウトは、桂離宮の余分な装飾を排除した簡潔な美に感動し、「泣きたくなるほど美しい」建築と賞賛しています。(日本美の再発見ー岩波新書)
日本建築は、御所や離宮のような最高位者の住居においてさえ、過剰な装飾を嫌い、簡潔な清明さを追求するものでした。このような簡潔さに美を求める心は、31文字に思いを込める和歌にも現れています。


800px-Katsura.jpg
750px-Katsura_Imperial_Villa.jpg
桂離宮 Wikipedia

無論、装飾を極める美もあります。ヨーロッパの王朝建築や文化がその典型です。日本人はそのような美の豊かさや豪華さに憧れてきました。しかし、日本人が過去から培ってきた、簡素・清廉の美は、日本人しか成し得なかった一方の美の極致です。私たちは自らの文化の価値を見失っていないでしょうか。


著名な作家であり、フランス国営文化放送プロデューサーとして紫式部から三島由紀夫まで多くの優れた日本文化を紹介した、オリヴィエ・ジェルマントマ氏の言葉を、国際派日本人養成講座よりご紹介します。

「世界のひと握りの人間が死に金を積み上げて、その上にどっかとあぐらをかき、たらふく食って身動きもならないありさまであるのにひきかえ、何億という老若男女が飢えて、食する物なき惨状なのであります。かと思えば、先進諸国では、暴力、人種間の怨恨、強姦、麻薬などが増大する一方、日本でさえその例外ではないのです。これが「進歩」でしょうか。現代人をして守銭奴以外の何者かたらしめるためには世界は日本を必要としているのです。」

「比叡山を歩いている途中、驟雨に見舞われ、駆け込んだ旅館で食事のもてなしを受けた。見れば、中央に、一匹の焼き魚が、小舟の姿に似せてぴんと反りを打たせ、周囲に漆器の小鉢が点々と配されています。その一つ一つに、野菜、根菜、山菜のたぐいが盛られ、まるでブーケのよう。(中略)最後に添えられた林檎は、何の変哲もない代物が、ここでは皮を剥ぎ、刻まれて、花咲ける姿と化しているのです・・・・・。


bde85cd3.jpg
midoriさん お借りします

なんだ、つまらない、と皆さんはお考えかもしれません。これほどの調和も、あなたがたにとっては文字通り日常茶飯事でありましょうから、西洋人にとっては日常生活の中にかくも素朴にして強力な美を見いだすことが、いかに深い悦びであるか、それをお伝えできないもどかしさに私は苦しむのです。

これほどの能力を生来身につけていながら、皆さんは、ただそれを当然のことと見なし、いかにそれが豊饒を約束するものであるかに気がついておられない。より大きな、心の豊かさを求めるうえに、このように素朴な小径ありというのに、そして日本民族の、かかる天性をもって、これをさししめすことで、どんなにか皆さんは、二十世紀末の人類を救済しうるのに、と思わずにはいられません。」
  (日本待望論、オリヴィエ・ジェルマントマ、産経新聞社)


フランス文化はこの100年、世界を圧倒してきました。そのフランスが今も尚、最も日本文化を理解しているのは、華やかな自国文化の対極にあって、簡素、平明に見えながら、実は巧緻を極める日本文化の本質を、鋭く理解しているためでしょう。もしかしたら我々以上に。




国際有機認証「しらい田七人参」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。