スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命と神

Dna-split.png   AGCT_DNA_mini.png

 DNAの二重らせん       4つの塩基配列


DNAの不思議から、生命と神を考えてみたいと思います。

大阪大学の元医学部教授・学長で、文化勲章を受章した岸本忠三先生が書かれた、「いのちの不思議」という本があります。今回の記事を書く参考にしたいと思い探しましたが見当たらず、メモと記憶を頼りにご紹介します。間違いがあるかも知れませんし、素晴らしい本ですので是非お読み下さい。

岸本先生がこの本を書いた時は、大阪大学医学部教授であったため、神と言う言葉を使われていません。
しかし、明らかに「いのちの不思議」に、神の存在を見られています。


DNAは長い鎖が、右巻きの二重らせんになったものです。アデニン(A),チミン(T)、シトシン(C),グアニン(G)の、四つの塩基(ヌクレオチド)が、AとT、CとGが対になっています。

DNAは20~30ミクロンの細胞核に折りたたんで詰め込まれています。伸ばすと1.8mになります。
針金を1/1000ミリにすると、息を吹きかけただけで切れます。しかしDNAはその更に1/5000の幅で、重さは1/2000億グラムです。世界の人口が60億とすれば、世界中の人間のDNAをすべて足しても、約3/1000グラムです。

この小さなDNAに書き込まれた情報量は、1ページに1000字が印刷された1000ページの本、1000冊に相当します。 このような奇跡的な情報処理が行われています。

250px-DNAE38080alignmentE38080written_in_paper.jpg
     記述されたDNA配列

タンパク質はDNAの情報に基づいて作られ、20種類のアミノ酸の組み合わせでできています。(アミノ酸の種類は20種類しかありません) 
最も小さなタンパク質は、20種類のアミノ酸が100個つながってできています。

その組み合わせの数は、20100 =10130 となります。
従って、アミノ酸の組み合わせで、意味のある特定のタンパク質ができる確率は1/10130です。
この数字は確率的にゼロを意味します。

宇宙には数千億の銀河系があり、それぞれの銀河系に数千億の星があると言われています。
無数の星の数と思われますがその数は、数千億×数千億=1023 に過ぎません。

宇宙ができてから150億年(1017経過した今日まで、毎秒ごとに100億個のタンパク質ができるとして、作られるタンパク質の数は、100億×1017=1027です。意味のあるタンパク質ができる確立は1027/10130で、確率的にゼロです。たった1個のタンパク質ができる可能性さえゼロなのです。



生体は、心臓、肺、、肝臓、腎臓、胃、腸などの各臓器や部位が、それぞれ自分の役割を果たしながら、消化器系、呼吸器系、神経系、循環器系、内分泌系などとして、協力し合って体を維持しています。その上さらに、体全体が調和して生命を維持しています。

一体誰がこのような精緻で巧妙な仕組みを作ったのでしょう。
偶然(!)にできる可能性が無いことは、上記で明らかです。

進化論では、生命の自然発生から偶然の積み重ねで、人類まで進化したと言います。しかし、アメーバーのような原始的生命にもDNAがあります。
極小で巧妙な情報伝達機構が原始的な生命に宿り、その情報のほとんどが人類と同じであるとしたら、アメーバーが出来た時には進化の終点である人類に至る設計図が出来ていたと考えざるを得ません。

そこに神と言う偉大な叡智を感じることは、科学的思考の放棄ではなく、むしろ合理的な判断です。

私たちが意識しなくても、心臓が動き、食べたものが消化吸収され、体温を36度に維持し、傷や病気を勝手に治してくれます。生かされています。

当たり前と思っている命の営みの、すべてが奇跡です。
生まれた時から、余りにも奇跡が身近にあふれているため、それを不思議とも思わず、そこにある神の意思と愛に気づきません。

生かされていることに、毎日感謝したいと思います。







国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」
スポンサーサイト

桜の歌人

sakura6.jpg

櫻ばな いのち一杯咲くからに 
       いのちをかけて われ眺めたり ー岡本かの子ー 


春の喜びを伝える桜ほど、日本人に愛され続けた花はありません。

本居宣長の、「しきしまの やまと心を人とはば 朝日ににほふ山桜花」は有名ですが、寒い冬が終わり、桜の花と共に、いのちあふれる春を迎えた喜びが感じられません。観念的な歌だと思います。
一茶の俳句、「日本は はいり口から 桜かな」の方が、単純に素直に、日本人が昔から桜を愛していたことを歌っています。

桜を詠んだ代表的な歌人は、何と言っても西行です。

西行の歌には、桜の開花が近づいてきた時の心のときめき、咲いた桜とともにある喜び、咲いた桜がいつはかなく散るのか、気がかりで仕方の無い心の様が、素直に切実に詠われています。
恋人を歌っても、西行が桜を歌ったほどには歌えないでしょう。

次のように歌う西行のこころは、日本人なら良く理解できるのではないでしょうか。

吉野山 こずゑの花を見し日より 心は身にも添はずなりけり

たぐひなき 花をし枝に咲かすれば 桜に並ぶ木ぞなかりける

花見れば そのいはれとはなけれども 心のうちぞ苦しかりける

春風の 花を散らすと見る夢の さめても胸のさわぐなりけり

眺むとて 花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ悲しかりけれ

いざ今年 散れと桜を語らはん なかなかさらば風や惜しむと

梢うつ 雨にしをれて散る花の 惜しき心を何にたとへむ

西行の桜への哀切な思いは、桜の花の咲く下で死を迎えたいとの歌に集約されています。
ここまで桜を愛した歌人はいなかったでしょう。
そして西行のこの願いは、旧暦如月の頃に死を迎え、遂げられました。


願わくは 花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃








ヘレン・ケラーの恩人 、 塙 保己一(はなわ ほきいち)

hokiiti.jpg  nakamura-2.jpg
    塙 保己一       ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーが昭和12年に初めて来日した時、まっさきに渋谷の温故学会(塙保己一の学問を継ぐ研究所)を訪問して、保己一の木像に触れ、「私は塙先生のことを知ったお陰で、障害を克服することができました。心から尊敬する人です」と、感謝の言葉を述べています。

塙保己一は盲目でありながら大学者となり、「群書類従」と言う有名な古典全集を編集刊行しています。
「群書類従」は、古今・新古今、源氏物語、神皇正統記などなどを編集した、1270種、530巻666冊に及ぶ大変な労作です。これらの膨大な文献を、目が見えなかった保己一が学ぶためには、いったいどれだけの努力を要したのか、想像を絶します。

群書類従」をクリックして、是非目録を確認してみてください。この目録を見て感嘆しない人はいないはずです。我々目が見える人間が、この内何冊を読めるでしょうか。
無論、点字など無い時代です。保己一はおそらく誰かに読んでもらい、それを脳と心に刻み付けたのでしょう。

以前ご紹介しました、日本一の知恵工場と言われる、㈱タニサケさんが「歴史と人物に学ぶー上田三三生著」という小冊子を出しています。この中から塙保己一(はなわ ほきいち)をご紹介します。

jyogakuin.jpg keller.jpg

現在の埼玉県児玉町に生まれた塙保己一は、3歳で眼病にかかり、7歳で失明しました。針やあんまを身につけようと江戸に出ますが上達せず、代わりに学問が好きだったことを認めてくれた師匠や回りの人の手助けで学者の道を志します。血のにじむような努力の結果、水戸藩や幕府の後援を受け、和学講談所という、今で言えば国学研究所を開き、多くの弟子を育てます。

「群書類従」は、我が国の古い貴重な文書が、写本のままで一部しかなければ、焼けたり紛失したりする恐れがあるので、印刷(木版)して全集のかたちにし、後世に大切に伝えようとする保己一の発案でした。

保己一は独力で巨額の費用を工面して、四十数年の歳月をかけ完成します。
水戸光圀「大日本史」は、二百六十年の歳月と、数千人の協力によってできた大事業でしたが、こちらは盲目の学者ひとり(もちろん支援者はたくさんいますが)の力による、「大日本史」に劣らぬ大仕事でした。

今の大学にあたる和学講談所の経営や群書類従出版の功績を認められて、保己一は総検校(盲人の最高位)となり、農民の出身ながら旗本並の待遇を受け、将軍にお目見えを許されました。

かって保己一が源氏物語の講義をしていた夜、風のため灯かりが消え、弟子たちがあわてて、「先生、ちょっとお待ち下さい」と申しました。事情を知った保己一が言うには、「さてさて目明きとは不自由なものだなあ」

「群書類従」の版木は、17,242枚で国の重要文化財に指定され、今も温故学会に保存されています。

hangi_soko.jpg
17,000枚余の版木の一部

ヘレン・ケラーは三重苦(盲聾唖)を克服して、大学まで卒業し、障害者の福祉に貢献した人です。どうして塙保己一のことを知っていたのでしょうか。

電話を発明したグラハム・ベルは、祖父・父・本人と三代続いた唖者教育一家でした。ヘレン・ケラー6歳の時相談を受けたベルは、家庭教師としてサリバン女史を紹介し、両親に保己一のことを語って聞かせました。

ヘレンが生まれる少し前のこと、ベル博士のもとで学び、塙保己一について詳しく博士に話した日本人留学生がいたのです。井沢修二という青年で、後に文部省高官・教育者(信州高遠藩出身、音楽教育や吃音、盲唖教育に力を注ぐ)として著名な人です。「紀元節」の歌の作曲者でもあります。

へレンが感動したように、保己一の話に今も励まされ、勇気づけられる多くの人がいるに違いありません。
文政四年(1821年)七十六歳没

塙保己一のエピソード  ・記憶力  ・集中力  ・怒らぬ誓い  ・保己一の死後


ヘレン・ケラーが来日した時、ある日本の女性と会っています。中村久子さんです

origami.jpg

中村久子さんは幼い頃に脱疽にかかり、両手両足を切断しました。近所の子供たちから「だるま」と呼ばれ、外に出られないほど残酷ないじめに会いました。母親は久子さんが将来一人になっても生きて行けるように、厳しく何でも自分でやらせ、口で針に糸を通し、縫い物までできるようにしました。見世物小屋で、口での裁縫を見せ、暮らしていたこともあります。

こうした人間が味わう最も厳しい人生の中で、

「人の命とはつくづく不思議なもの。確かなことは自分で生きているのではない。

生かされているのだと言うことです。どんなところにも必ず生かされていく道がある。

すなわち人生に絶望なし。いかなる人生にも決して絶望はないのだ。」


との人生観に至りました。

日本のヘレン・ケラーと呼ばれていますが、ヘレン・ケラーは中村久子さんと会い、「私より不幸な人、しかし私より偉大な人」と語っています。

現在、日本のマスコミは差別用語を使わず、ハンディキャップのある人たちを傷つけないようにしています。
思いやりは人間として大事なことですが、弱者と言う言い方は、能力や可能性を制限するものです。
塙保己一にしろ、中村久子さんにしろ、厳しい環境に打ち勝ち、偉大な人間になりました。
特別な人かも知れません。しかし意思の力と向上心で、人間はここまで強く、ここまで偉大になれることを示してくれました。
真の強者です。

fude.jpg


*リンクフリーです。





音の世界からあの世を考える

image8.jpg


今回の話は書くことにためらいがあります。しかし今の時代には受け入れてもらえると考え、誤解を恐れず書くことにしました。

3次元、4次元、5次元などの次元とは何でしょう。
次元は音楽のオクターブの構造を考えると良くわかります。ドレミファソラシドの上にドレミファソラシドが続き、その上にさらにドレミファソラシドが続いています。

オクターブと同様に、次元はそれぞれ隔絶された世界ではなく、3次元の世界と4次元、5次元の世界は切れ目無く続いています。振動数が高ければ高いオクターブになるように、高い振動数が高い次元となります。

オクターブは倍音の関係にありますが、次元は地震のマグニチュードのように、対数関係と考えた方が良さそうです。つまりマグニチュードが1違えばエネルギーは32倍、2違えば1000倍となるように、次元が上がれば飛躍的にエネルギー量が増えます。

宇宙にあるものはすべてエネルギーで出来ています。エネルギーの振動数が一番低く、粗いのが物質です。振動数が高いものが魂(霊)です。水を冷やせば氷に、熱すれば水蒸気になります。振動数による相転移ですが、魂と肉体もエネルギーの相の違いです。

肉体は物質でこの世限りですが、肉体を去った霊は永遠に存在し、輪廻転生を繰り返して魂の修行を続けます。エネルギー保存の法則です。

魂は本来5次元以上の振動数ですが、今世で自分のことだけを考え、人を犠牲にする人生を送った人は、魂の振動数が低く、粗い状態であの世に帰るため、本来帰るべき霊界(5次元)以上に帰れず、幽界(4次元)に留まることになります。4次元は霊的な世界としては最も物質に近い、粗い振動数の世界です。

魂の振動数が高まるにつれ、6次元、7次元、8次元と続きます。振動数が高いほど光の量が増えます。
アインシュタインの相対性原理は、E=MC2 (エネルギー=質量×光の速度の2乗)ですが、昔、エネルギーをなぜ光の速度で説明できるのか分かりませんでした。

この関係式、E=hν (エネルギー=プランク定数×振動数)に見られる通り、振動数が高いほどエネルギーが大きくなります。つまり次元が高いほどエネルギーが高く大きくなります。
(プランク定数 = 6.626068 × 10-34 m2 kg / s)

振動数の高い世界は調和された世界と考えられます。音で例えれば、調和された音は倍音を繰り返して振動数を高め、最後は光となります。不調和な音は倍音とならず、熱エネルギーになって消えて行きます。
魂の振動数を高める為には、魂を調和させなければならず、調和する為には自分の生き方を振り返り、自己中心の見かた、生きかたを改めなければなりません。

物質的豊かさは幸せの必要条件ですが、何十兆、何百兆円あっても不幸せな人がいるように、幸せの十分条件ではありません。物質的豊かさと共に、心の調和が幸せの条件です。
宇宙を支配する法則は調和です。

これから人類は厳しい状況を迎えることになると思います。それは地球の振動数が高まり、その高い振動数に適応できない人間が生きてゆくことが出来なくなるためです。そのことは既に起きつつあり、加速度的に激しい変化となって表れます。

今回の世界不況は、人類が物質にとらわれず、心の調和にこそ幸せがあることを知るチャンスをだと思います。

音楽と天国の話で締めくくります。
宗教家のカール・バルトは、「もし天国で天使たちが音楽を奏でているとしたら、それはモーツアルトの音楽だろう」と書いています。
アインシュタインは死とは何かと聞かれて、「死とはモーツアルトが聴けなくなることだ」と答えています。
いったいモーツアルトの音楽は、なぜ天国的に響くのでしょうか。それは天国が調和の世界であり、モーツアルトの音楽には天国にふさわしい調和があるからだと思います。



モーツアルト「アヴェ・ヴェルム・コルプスーまことのお体」







国際有機認証「しらい田七人参」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。